【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171121173113.html
二番目に好きな人と付き合う女性の特徴

二番目に好きな人と付き合う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
二番目に好きな人と付き合う女性の特徴

二番目に好きな人と付き合う女性というのは本意ではないかもしれませんが、実はメリットがたくさんあったりします。

そんな女性の特徴を8つ取り上げてみましょう。

  • とりあえず保険という感じで付き合う
  • 背伸びをしないで済む
  • 相手に振り回されることがない
  • 自分から惚れたわけではないという優越感
  • 相手は自分を嫌いにならないという思い
  • タイプの違う男性を体験したい
  • 現実的な思考を持つことができる
  • 相談相手になってくれる
  • まとめ

1. とりあえず保険という感じで付き合う

とりあえず保険という感じで付き合う

本命ではないものの、自分からすると悪くはなく、まあまあな男性であるゆえに二番手ではあるもののお付き合いをする女性がいますが、それはとりあえず本命が自分に振り向いてくれるまでの保険のような感じであり、誰も付き合わないのは寂しいしそこそこの男性に相手をしてもらえるのであれば、それも悪くないという感じです。

もしその二番目の男性でも付き合っているうちに、好きになっていく可能性はあるという感じであえてその流れに身を任せているようなところがあります。

2. 背伸びをしないで済む

背伸びをしないで済む

大好きな本命の男性をゲットしたいと思うとかなり頑張らないといけないのですが、二番目の男性となると相手に嫌われればそれでも構わないというくらいに自分らしくありのままを出して付き合うことができる、その気楽さがやめられないのかもしれません。

背伸びをしていい女を演じる必要がないというのは楽であり、自分を出せることに楽しさを見いだしていることもあるでしょう。

3. 相手に振り回されることがない

相手に振り回されることがない

本命でないゆえに相手に期待することは少ないし、相手に誘われてもある程度都合があれば平気で断ることができるし、その点ではこの交際の主導権が自分にあり、相手に振り回されることがありません。

仕事や趣味やその他自分のしたいことに時間を使い、同性とも遊びに行ったりすることができるでしょう。

本命がいるとそんなことも躊躇してしまうものですが、二番手の彼氏が相手であれば、それほど彼のことを気にすることなく自分のペースを保つことができるのです。

4. 自分から惚れたわけではないという優越感

自分から惚れたわけではないという優越感

相手から自分のことを好きと言われて、どちらかというと自分は好きという感情はなかったけど断ることができなかったという感じであれば、相手が一方的に自分に惚れたという立場であり、それは優越感になります。

そして特に自分に弱みがあるわけでもありませんし、相手が好き好きモードなので、自分としては冷静に相手を見ることができます。

自分から本命を追いかけるようなお付き合いではないために、なにかと上に立てる優越感は良い気持ちかもしれません。

5. 相手は自分を嫌いにならないという思い

相手は自分を嫌いにならないという思い

一方的に自分が一途に相手を好きになる場合には相手はどんな反応をするのか、そして自分を嫌いになるのではないかという不安がいつもどこかにあるものです。

ですが、二番目の男で相手から告白された場合に付き合うというケースだと、自分の多少のわがままを出すこともできるし、自分らしく気取らなくても彼は自分を嫌いにならないという安心感のようなものがあったりします。

それは嬉しいし楽しいし、一緒にいてもドキドキするような恋はあまりないとしても、気を使わずリラックスできる時間となるのです。

6. タイプの違う男性を体験したい

タイプの違う男性を体験したい

本命と楽しく恋をしたいのは確かなのですが、二番目の彼と付き合うことでタイプの違いを楽しんだり、自分はモテるのだという気持ちやそうした彼からも刺激を得てみたいという気持ちがあったりします。

いざという時には助けてくれたり、自分にとって損はないという思いであり、親しい男友達のような感覚で付き合えるとそこから学ぶことも多いし、本命とどのようにお付き合いしていけばいいのか、男心を学ぶ機会になるというしたたかな計算までするかもしれません。

7. 現実的な思考を持つことができる

現実的な思考を持つことができる

本命をゲットするのは夢のように思えるかもしれませんし、もしそんなことになったら夢中になって何もかも手がつけられなくなってしまうかもしれません。

二番目の男と付き合うことで現実的に恋というものを考えたり、冷静に今の自分を見たりできるものです。

自分に合うのは二番目くらいの彼のレベルなのだということに気がつくようになることもあり、現実を直視できるようになるのです。

8. 相談相手になってくれる

相談相手になってくれる

女友達では相談しにくい、あるいは良い返答を期待できないときに、男性に相談してみたいと思うことはあるものです。

理性的で視野が広い男性は冷静にアドバイスをしてくれるかもしれず女性とは違うアイデアを持っているものです。

そんな男性からの助けを求めやすいのが二番目の彼であり、親身になって相談に乗ってくれることでしょう。

まとめ

二番目の彼氏と付き合うというのは実はとても賢いことであり、二股をかけているような罪悪感を持つかもしれませんが、女性にとって彼はありがい存在になってくれることが多く、自分を出せるあるいは無理せずに自分らしく振舞うことができる相手と交際できるというのはコンフォータブルだと感じることでしょう。

やがて二番目の彼が本命になる日もそう遠くないかもしれません。

二番目に好きな人と付き合う女性というのは本意ではないかもしれませんが、実はメリットがたくさんあったりします。

そんな女性の特徴を8つ取り上げてみましょう。


とりあえず保険という感じで付き合う

本命ではないものの、自分からすると悪くはなく、まあまあな男性であるゆえに二番手ではあるもののお付き合いをする女性がいますが、それはとりあえず本命が自分に振り向いてくれるまでの保険のような感じであり、誰も付き合わないのは寂しいしそこそこの男性に相手をしてもらえるのであれば、それも悪くないという感じです。

もしその二番目の男性でも付き合っているうちに、好きになっていく可能性はあるという感じであえてその流れに身を任せているようなところがあります。

背伸びをしないで済む

大好きな本命の男性をゲットしたいと思うとかなり頑張らないといけないのですが、二番目の男性となると相手に嫌われればそれでも構わないというくらいに自分らしくありのままを出して付き合うことができる、その気楽さがやめられないのかもしれません。

背伸びをしていい女を演じる必要がないというのは楽であり、自分を出せることに楽しさを見いだしていることもあるでしょう。

相手に振り回されることがない

本命でないゆえに相手に期待することは少ないし、相手に誘われてもある程度都合があれば平気で断ることができるし、その点ではこの交際の主導権が自分にあり、相手に振り回されることがありません。

仕事や趣味やその他自分のしたいことに時間を使い、同性とも遊びに行ったりすることができるでしょう。

本命がいるとそんなことも躊躇してしまうものですが、二番手の彼氏が相手であれば、それほど彼のことを気にすることなく自分のペースを保つことができるのです。

自分から惚れたわけではないという優越感

相手から自分のことを好きと言われて、どちらかというと自分は好きという感情はなかったけど断ることができなかったという感じであれば、相手が一方的に自分に惚れたという立場であり、それは優越感になります。

そして特に自分に弱みがあるわけでもありませんし、相手が好き好きモードなので、自分としては冷静に相手を見ることができます。

自分から本命を追いかけるようなお付き合いではないために、なにかと上に立てる優越感は良い気持ちかもしれません。

相手は自分を嫌いにならないという思い

一方的に自分が一途に相手を好きになる場合には相手はどんな反応をするのか、そして自分を嫌いになるのではないかという不安がいつもどこかにあるものです。

ですが、二番目の男で相手から告白された場合に付き合うというケースだと、自分の多少のわがままを出すこともできるし、自分らしく気取らなくても彼は自分を嫌いにならないという安心感のようなものがあったりします。

それは嬉しいし楽しいし、一緒にいてもドキドキするような恋はあまりないとしても、気を使わずリラックスできる時間となるのです。

タイプの違う男性を体験したい

本命と楽しく恋をしたいのは確かなのですが、二番目の彼と付き合うことでタイプの違いを楽しんだり、自分はモテるのだという気持ちやそうした彼からも刺激を得てみたいという気持ちがあったりします。

いざという時には助けてくれたり、自分にとって損はないという思いであり、親しい男友達のような感覚で付き合えるとそこから学ぶことも多いし、本命とどのようにお付き合いしていけばいいのか、男心を学ぶ機会になるというしたたかな計算までするかもしれません。

現実的な思考を持つことができる

本命をゲットするのは夢のように思えるかもしれませんし、もしそんなことになったら夢中になって何もかも手がつけられなくなってしまうかもしれません。

二番目の男と付き合うことで現実的に恋というものを考えたり、冷静に今の自分を見たりできるものです。

自分に合うのは二番目くらいの彼のレベルなのだということに気がつくようになることもあり、現実を直視できるようになるのです。

相談相手になってくれる

女友達では相談しにくい、あるいは良い返答を期待できないときに、男性に相談してみたいと思うことはあるものです。

理性的で視野が広い男性は冷静にアドバイスをしてくれるかもしれず女性とは違うアイデアを持っているものです。

そんな男性からの助けを求めやすいのが二番目の彼であり、親身になって相談に乗ってくれることでしょう。

二番目の彼氏と付き合うというのは実はとても賢いことであり、二股をかけているような罪悪感を持つかもしれませんが、女性にとって彼はありがい存在になってくれることが多く、自分を出せるあるいは無理せずに自分らしく振舞うことができる相手と交際できるというのはコンフォータブルだと感じることでしょう。

やがて二番目の彼が本命になる日もそう遠くないかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-