【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171121134407.html
男性に惚れやすい女性の特徴

男性に惚れやすい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
男性に惚れやすい女性の特徴

女性に対して好意を抱いたとき、その女性が人に惚れやすい人ならばアプローチをする勇気が持てます。

また、お付き合いをしている女性が惚れやすいという性質があるとすれば、浮気のリスクも高まるでしょう。

きちんと女性の特徴を掴んでいれば、少なからず予防線を張っておけます。

今回は「惚れやすい女性の特徴」について書いていきます。

  • 親からの愛情を受けて育った女性
  • コンプレックスのある女性
  • 精神的に弱っている女性
  • ツライ男性経験がない女性
  • 生理から約二週間後
  • タッチの多い女性
  • 男性をよく観察する女性
  • 用事がなくても連絡をしてくる女性
  • まとめ

1. 親からの愛情を受けて育った女性

親からの愛情を受けて育った女性

小さい頃から親からの愛情をきちんと受けていれば、他人に対しても心を開きやすくなります。

なにもなくても「人は親切で優しい」という認識を持っていれば、少しの親切でグッと心理的な距離も縮まります。

ですので、親と良好な関係を築いている女性は、そうでない女性と比べると「惚れやすい」といえます。

そうでない女性というのは、子どもの頃から愛情が不足していると他人を信用することができにくくなりやすいからです。

2. コンプレックスのある女性

コンプレックスのある女性

コンプレックスを抱えている女性はとても多いです。

コンプレックスというのは、自分のどこかに「自信のなさ」を抱えていることです。

それが強ければ強いほど、自虐的であったり自分を卑下するような思考をしています。

そういった女性は、自分以外はみんな自分に自信を持っている人間だと思い、そんな人から少しでも優しくされたりすることで「こんな私に親切にしてくれる」と感じるのです。

また、コンプレックスを抱えている異性に対しても「共感」できるということから「気持ちが通じ合っている」と感じたりして好きになってしまうことがあります。

この理論の逆説を言うなれば、自分に自信のある女性は異性に対しても「完璧」を求めやすいのです。

自分を過大評価していることが多く、自分に見合う、釣り合う男性を求めるのです。

そうすると、だんだんと男性に対して、欠点ばかりを見出してしまうようになってしまいやすいのです。

身の回りにおいても、とても美人な人よりも少し欠点のあるような女性の方がモテていたり、常にパートナーを切らさないという状況が思い当たる方は多いのではないでしょか。

3. 精神的に弱っている女性

精神的に弱っている女性

これはよく知れ渡っていることではないでしょうか。

精神的に弱っているときには、男性や女性に関わらず適切な判断力を欠いていることが多いからです。

なんでもないときに、自分にかけられる励ましや労りの言葉は良い意味で聞き流すことが多いです。

しかし、落ち込んでいるときなどに、優しい言葉をかけられると妙に心にしみたりすることがあるでしょう。

それをときには、「恋心」と錯覚し勘違いしてしまうのです。

これと同じように、自分の弱っていることを言葉にする女性は「弱っているスキ」をアピールすることで男性を惹きつけようとすることもあります。

4. ツライ男性経験がない女性

ツライ男性経験がない女性

誰かを好きになったときには、それがゆえに「ツライ」という思いも経験していることが多くあります。

それが浮気などの「裏切り」という形の場合には、大変な痛手を心に負うでしょう。

そうすると男性への不信感を抱きやすく、警戒心も強いのです。

反対にそういった経験が少なければ、昔の恋愛に対してもダメージが残っていることは少なく、男性に対しての警戒心も弱いのです。

5. 生理から約二週間後

生理から約二週間後

動物には「生殖本能」というものが備わっています。

これは子孫を残そうとする本能です。

そして、女性の場合には、子どもを妊娠しやすい時期があります。

それが生理から約二週間後の「排卵日」です。

この時期には、知らず識らずのうちに男性を求めやすくなります。

それは動物的な本能で、カラダが男性を求めているからです。

6. タッチの多い女性

タッチの多い女性

タッチが多い女性というのは、男性に対して嫌悪感が少なく他人との心理的な距離感が近いのです。

また、欲求不満であることからボディタッチが多くなっているという場合もあります。

そういった女性は、男性が少しでも「好意」を示してくれたらすぐにその気になってしまいやすいのです。

7. 男性をよく観察する女性

男性をよく観察する女性

観察しているかどうかは、一見なかなか分かりづらいと感じるかもしれません。

分かりやすい行動としては、男性の目を見て話す女性です。

女性は現実的な生き物ですし、したたかです。

自分が痛手を負うような可能性はできるだけ回避したいのです。

そのために、男性をよく観察して少しでも「見込み」があるかどうか確認しているのです。

つまり「好き」という気持ちが少しでも報われるように、「理性」でコントロールできるのです。

男性の気持ちを確かめるために、好意的な言葉をわざと投げかけてそれに対してのリアクションを見る場合もあります。

けっして好意を伝える言葉ではなく、好意的な言葉です。

たとえば「素敵だね」「かっこいい」というような男性を褒める言葉です。

8. 用事がなくても連絡をしてくる女性

用事がなくても連絡をしてくる女性

彼氏や旦那さんという特定のパートナーがい類内に関わらず、用事がなくても連絡を取ってくるという女性は惚れやすいです。

用事がないのに連絡をしてくるというのは、繋がっていたいという思いやひとりにはなりたくないという気持ちの現れです。

ひとりになりたくなければ、同性である女の友だちに連絡をしても良いところを、あえて男性の友だちや知り合いを選ぶということは「異性」になにかを求めているということです。

まとめ

男性や女性に関わらず、自信のないところや、弱っているときには人に惹かれやすいのです。

また、人との距離感が近いという女性は誰にでも心を開きやすく、惚れやすいといえるでしょう。

女性に対して好意を抱いたとき、その女性が人に惚れやすい人ならばアプローチをする勇気が持てます。

また、お付き合いをしている女性が惚れやすいという性質があるとすれば、浮気のリスクも高まるでしょう。

きちんと女性の特徴を掴んでいれば、少なからず予防線を張っておけます。

今回は「惚れやすい女性の特徴」について書いていきます。


親からの愛情を受けて育った女性

小さい頃から親からの愛情をきちんと受けていれば、他人に対しても心を開きやすくなります。

なにもなくても「人は親切で優しい」という認識を持っていれば、少しの親切でグッと心理的な距離も縮まります。

ですので、親と良好な関係を築いている女性は、そうでない女性と比べると「惚れやすい」といえます。

そうでない女性というのは、子どもの頃から愛情が不足していると他人を信用することができにくくなりやすいからです。

コンプレックスのある女性

コンプレックスを抱えている女性はとても多いです。

コンプレックスというのは、自分のどこかに「自信のなさ」を抱えていることです。

それが強ければ強いほど、自虐的であったり自分を卑下するような思考をしています。

そういった女性は、自分以外はみんな自分に自信を持っている人間だと思い、そんな人から少しでも優しくされたりすることで「こんな私に親切にしてくれる」と感じるのです。

また、コンプレックスを抱えている異性に対しても「共感」できるということから「気持ちが通じ合っている」と感じたりして好きになってしまうことがあります。

この理論の逆説を言うなれば、自分に自信のある女性は異性に対しても「完璧」を求めやすいのです。

自分を過大評価していることが多く、自分に見合う、釣り合う男性を求めるのです。

そうすると、だんだんと男性に対して、欠点ばかりを見出してしまうようになってしまいやすいのです。

身の回りにおいても、とても美人な人よりも少し欠点のあるような女性の方がモテていたり、常にパートナーを切らさないという状況が思い当たる方は多いのではないでしょか。

精神的に弱っている女性

これはよく知れ渡っていることではないでしょうか。

精神的に弱っているときには、男性や女性に関わらず適切な判断力を欠いていることが多いからです。

なんでもないときに、自分にかけられる励ましや労りの言葉は良い意味で聞き流すことが多いです。

しかし、落ち込んでいるときなどに、優しい言葉をかけられると妙に心にしみたりすることがあるでしょう。

それをときには、「恋心」と錯覚し勘違いしてしまうのです。

これと同じように、自分の弱っていることを言葉にする女性は「弱っているスキ」をアピールすることで男性を惹きつけようとすることもあります。

ツライ男性経験がない女性

誰かを好きになったときには、それがゆえに「ツライ」という思いも経験していることが多くあります。

それが浮気などの「裏切り」という形の場合には、大変な痛手を心に負うでしょう。

そうすると男性への不信感を抱きやすく、警戒心も強いのです。

反対にそういった経験が少なければ、昔の恋愛に対してもダメージが残っていることは少なく、男性に対しての警戒心も弱いのです。

生理から約二週間後

動物には「生殖本能」というものが備わっています。

これは子孫を残そうとする本能です。

そして、女性の場合には、子どもを妊娠しやすい時期があります。

それが生理から約二週間後の「排卵日」です。

この時期には、知らず識らずのうちに男性を求めやすくなります。

それは動物的な本能で、カラダが男性を求めているからです。

タッチの多い女性

タッチが多い女性というのは、男性に対して嫌悪感が少なく他人との心理的な距離感が近いのです。

また、欲求不満であることからボディタッチが多くなっているという場合もあります。

そういった女性は、男性が少しでも「好意」を示してくれたらすぐにその気になってしまいやすいのです。

男性をよく観察する女性

観察しているかどうかは、一見なかなか分かりづらいと感じるかもしれません。

分かりやすい行動としては、男性の目を見て話す女性です。

女性は現実的な生き物ですし、したたかです。

自分が痛手を負うような可能性はできるだけ回避したいのです。

そのために、男性をよく観察して少しでも「見込み」があるかどうか確認しているのです。

つまり「好き」という気持ちが少しでも報われるように、「理性」でコントロールできるのです。

男性の気持ちを確かめるために、好意的な言葉をわざと投げかけてそれに対してのリアクションを見る場合もあります。

けっして好意を伝える言葉ではなく、好意的な言葉です。

たとえば「素敵だね」「かっこいい」というような男性を褒める言葉です。

用事がなくても連絡をしてくる女性

彼氏や旦那さんという特定のパートナーがい類内に関わらず、用事がなくても連絡を取ってくるという女性は惚れやすいです。

用事がないのに連絡をしてくるというのは、繋がっていたいという思いやひとりにはなりたくないという気持ちの現れです。

ひとりになりたくなければ、同性である女の友だちに連絡をしても良いところを、あえて男性の友だちや知り合いを選ぶということは「異性」になにかを求めているということです。

男性や女性に関わらず、自信のないところや、弱っているときには人に惹かれやすいのです。

また、人との距離感が近いという女性は誰にでも心を開きやすく、惚れやすいといえるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-