【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171121134023.html
鹿児島県の女性の特徴や性格、恋愛傾向

鹿児島県の女性の特徴や性格、恋愛傾向 | LADYCO

LADYCO
鹿児島県の女性の特徴や性格、恋愛傾向

鹿児島県の女性の特徴をまとめてみました。あなたの周りには鹿児島県の女性はいませんか?

  • 鹿児島県の女性の揺るがない芯の強さは歴史的背景から来たもの
  • 秀吉も徳川家も恐れた頑固さは鹿児島県の女性の口が固さにも出ています
  • 保守的と思われがちですが本音としては新しもの好き
  • 九州では福岡県をライバルと考えるのは男性以上かもしれません
  • 鹿児島県は女性もお酒が強い人が多い
  • サマになっていればプレイボーイもいいが軽ければ視界にも入れません
  • 情が深くて面倒見がいいのも鹿児島県の女性
  • 初対面では解らないかもしれない鹿児島県の女性の良さ

1. 鹿児島県の女性の揺るがない芯の強さは歴史的背景から来たもの

鹿児島県の女性の揺るがない芯の強さは歴史的背景から来たもの

鹿児島県の中で、もっとも日本中に知られている女性のひとりに挙げられるのが大河ドラマでもお馴染みの篤姫です。

徳川家13代目将軍の家定の正室である篤姫は、時代が激しく揺れ動く中で、家族を守り抜き平和を願い続けていました。

明治維新後、生活に困窮した時期でも実家である薩摩藩の経済援助を断って、徳川家の人間として生き抜いた姿に感動した人も少なくないでしょう。

郷土の偉人に対して誇りを持っている鹿児島県人の中でも、特に女性は篤姫を崇拝していることもあり、現代社会でも伝統を重んじる古風なしっかりした人が多いです。

2. 秀吉も徳川家も恐れた頑固さは鹿児島県の女性の口が固さにも出ています

秀吉も徳川家も恐れた頑固さは鹿児島県の女性の口が固さにも出ています

秀吉の天下統一で鬼門の土地だった鹿児島県を統治していたのは、島津家ですが昔から地元で圧倒的な支持を得ています。

江戸時代の徳川家の鎖国政策にとっても中々、管理が行き届かなくて実際のところは長崎の出島以外でも貿易が行なわれていたのは、鹿児島県です。

外からの情報を仕入れたとしても、約束や秘密を徹底的に守る県民性が昔から男女ともに根付いています。

結婚相手としても人間的に信用できる上に、大きな会社の中でも鹿児島県の女性は大事なポジションを任せられると評価が高いようです。

3. 保守的と思われがちですが本音としては新しもの好き

保守的と思われがちですが本音としては新しもの好き

伝統を大切にするといった県民性は言い換えると保守的な面もありますが、鹿児島は室町時代には日本の中でもいち早く外国の文化を取り入れた地域のひとつです。

西京の大内氏や堺の細川氏のように勘合符貿易が盛んだったわけではありませんが、人やものの交流が行なわれていました。

最も有名なのが種子島の鉄砲伝来ですが、その後の鹿児島に多くの宣教師が入ってきます。

島津のお殿様からすると、新しいものが入ってきて面白いと考え、軍事面でも西洋の技術を早く受け入れていることから、女性は県外や外国の文化にも興味を持っています。

4. 九州では福岡県をライバルと考えるのは男性以上かもしれません

九州では福岡県をライバルと考えるのは男性以上かもしれません

鹿児島県民は九州の中では福岡県にライバル心を持っていて、男性よりも女性にその傾向が強いとされています。

近年は九州の高校のスポーツ事情の勢力図が多少異なって来ていますが、人気の高校野球やサッカーで特に歴史があって強いのが鹿児島と福岡です。

福岡県には九州各地の出身の女性を多く見られますが、鹿児島出身はそれほど多くありません。

福岡は便利と考えていますが、チャンスや成功を考えて女性が東京や大阪へ行くことも稀ではなく、ほかの九州の県と違って中央志向が強いと言えます。

5. 鹿児島県は女性もお酒が強い人が多い

鹿児島県は女性もお酒が強い人が多い

九州の酒豪ランキング選手権では、おそらく鹿児島が1位かもしれませんが、隣県のおっとりのんびりしている宮崎県の男性も可なりお酒が強い人が多いです。

また、鹿児島はお酒が強い女性が多いので、やはり九州では一番強い地域といえるでしょう。

お酒といっても薩摩の芋焼酎になり、酔わせてしまおうと軽く見ていると県外の男性はつぶれてしまうこともありますので甘く考えない方が賢明です。

仕事や家庭では勤勉ですが、南国の気候もあって元々は大らかなのが、お酒の席ではそれがよくわかると言われています。

6. サマになっていればプレイボーイもいいが軽ければ視界にも入れません

サマになっていればプレイボーイもいいが軽ければ視界にも入れません

「ぼっけもん」と言う方言がありますが、大胆で豪快な県民性を表しています。

チャラチャラした男性はもてないと鹿児島ではいわれていますが、「英雄色を好む」のことわざにもあるようにサマになっていればむしろ人気の場合もあります。

恋愛の当事者でなければ問題なく話題性としても鹿児島の気風に合っていて、力強く仕事ができる男性はもてます。

ただ、単なる軽いだけの男性は鹿児島の女性からすると恋愛対象外どころか、視界にも入れない場合もあります。

また、女性のガードの固さは、日本でも屈指と言っても過言ではありません。

7. 情が深くて面倒見がいいのも鹿児島県の女性

情が深くて面倒見がいいのも鹿児島県の女性

単なる軽さは軽蔑されますが、仕事上で行き詰ることや難題を持ちかけられて苦しんでいる時に、頼りになるのが鹿児島県民です。

ただ、普段の付き合いの延長になるので、日頃からの人間関係は大切なので、お酒好きなこともあり定期的な飲みュニケーションが必要です。

裏切らない、できる限りの誠意を尽くす人間としての温かさが鹿児島県人にありますので、恋愛と言うよりも結婚相手としてもとてもいいと言われています。

8. 初対面では解らないかもしれない鹿児島県の女性の良さ

鹿児島の女性のお洒落具合に関しては、決して流行に左右されることはなく、自由に上手く着こなしているのが印象的です。

男尊女卑の文化が根強い地域なだけあって、女性は仕事も家事もバリバリにこなす人が多いです。

会社でも家族でも縦社会で生きている女性が多いので、男性にとっては理想のタイプに映るかもしれません。

ただ、初対面では鹿児島県の女性の特徴に気付かないこともあるでしょう。

男性のタイプは見かけよりも人間性や性格を重視して、時間をかけながら信用を築き上げて行くので、結婚生活も失敗が必然的に少なくなります。

鹿児島県の女性の特徴をまとめてみました。あなたの周りには鹿児島県の女性はいませんか?


鹿児島県の女性の揺るがない芯の強さは歴史的背景から来たもの

鹿児島県の中で、もっとも日本中に知られている女性のひとりに挙げられるのが大河ドラマでもお馴染みの篤姫です。

徳川家13代目将軍の家定の正室である篤姫は、時代が激しく揺れ動く中で、家族を守り抜き平和を願い続けていました。

明治維新後、生活に困窮した時期でも実家である薩摩藩の経済援助を断って、徳川家の人間として生き抜いた姿に感動した人も少なくないでしょう。

郷土の偉人に対して誇りを持っている鹿児島県人の中でも、特に女性は篤姫を崇拝していることもあり、現代社会でも伝統を重んじる古風なしっかりした人が多いです。

秀吉も徳川家も恐れた頑固さは鹿児島県の女性の口が固さにも出ています

秀吉の天下統一で鬼門の土地だった鹿児島県を統治していたのは、島津家ですが昔から地元で圧倒的な支持を得ています。

江戸時代の徳川家の鎖国政策にとっても中々、管理が行き届かなくて実際のところは長崎の出島以外でも貿易が行なわれていたのは、鹿児島県です。

外からの情報を仕入れたとしても、約束や秘密を徹底的に守る県民性が昔から男女ともに根付いています。

結婚相手としても人間的に信用できる上に、大きな会社の中でも鹿児島県の女性は大事なポジションを任せられると評価が高いようです。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-