【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171120170253.html
男性を尻に敷く女性の特徴

男性を尻に敷く女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
男性を尻に敷く女性の特徴

夫婦の特徴として「亭主関白」といものがあります。

その夫婦関係は、旦那様の権限が強く、奥さんはその旦那さんの3歩後ろを歩くようについていくというような表現をされます。

反対に「かかあ天下」と呼ばれる夫婦形態もあります。

そしてそれは、奥さんが旦那さんを尻に敷くというような表現をされることがよくあります。

この「旦那さんを尻に敷く女性」についてどのようなイメージを持たれるでしょうか。

今回は、この旦那さんを尻に敷く女性の特徴について書いていきます。

  • 長女である
  • せっかちである
  • 社会的地位がある
  • 自分の親がかかあ天下だった
  • おしゃべりが上手な女性
  • 意見をしっかり言える女性
  • まとめ

1. 長女である

長女である

長女である、言い換えれば弟や妹がいる女性のことです。

男性を尻に敷くという女性は、ついつい男性に意見をしてしまいたくなるのです。

それは、自分よりも小さな弟や妹に対しての助言や指導というような愛情の表現に似ています。

世話好きで、見守るというよりも口や手が出てしまうのです。

ですので、旦那さんに対しても弟や妹を指導するように、しつけたいという気持ちの現れなのです。

また、子どもの頃から弟や妹の扱いに慣れているといことは、人を上手に使うことが自然と身についているので知らず識らずのうちに男性を尻に敷いてしまうのでしょう。

しかし人を自分の思い通りに動かすというのは、ある種の才能と言えます。

そのようなノウハウ、才能を持った人は女性に限らず多くはないでしょう。

2. せっかちである

せっかちである

上記でついつい口が出てしまうと書きましたが、つまりはガマンができないという女性が多いです。

他人のペースに合わせられずに、人のことをも自分のペースに巻き込んでしまいたいのです。

こういった女性の特徴をさらに述べるとすれば、視野が狭く融通が効かないということが挙げられます。

自分が思い描いていることから逸れると、不安で必ず口や手を出して軌道修正をしてくるでしょう。

そうなると旦那さんの方が、奥さんの方に合わしていくしかなくなるのです。

悪く言えば、ワガママで頑固という表現をされるでしょう。

しかし物事は二面性があります。

良い風に言い換えれば、一途でブレないという特徴を持っているとも言えます。

3. 社会的地位がある

社会的地位がある

旦那さんである男性を尻に敷くというのは、奥さんである自分が旦那さんよりも優位な立場にあるという感覚から起こりうるのです。

それは決して旦那さんのことを馬鹿にしているのではないのですが、心のどこかで自分の方が優れているという気持ちを持っているのです。

それは、社会的に自分が認められているという事実に裏付けられた自信がある場合が多いです。

仕事ができる女性は、プライベートにおいても現実的で効率の良い言動をとるのです。

そしてそれを、パートナーとの関係性を築く上でも発揮しているだけなのです。

4. 自分の親がかかあ天下だった

自分の親がかかあ天下だった

子どもは親の姿を見て育ちます。

幼い頃から、父親が母親の尻に敷かれているところを見て育てば将来、自分もそうなる傾向が強くなってきます。

親というのは、自分がいちばん近くで見る「夫婦像」です。

それが夫婦の基本的な関係性だと認識しているのです。

5. おしゃべりが上手な女性

おしゃべりが上手な女性

おしゃべりが上手ということは、頭の回転も早く上手に男性を口車に乗せてしまうのです。

彼女になにかを伝えようとしていたのに、気づけば彼女の思い通りに状況が進んでいるということはないでしょうか。

反論をしようとしても、言いくるめられてしまうので結果的に、おしゃべりの上手な女性が優位な立場にあるような構図になってしまうのです。

それに女性は、現実的な考え方をする生き物ですので、もしも旦那さんが“感覚的なことを"しゃべろうものなら簡単に論破されてしまうでしょう。

6. 意見をしっかり言える女性

意見をしっかり言える女性

意見を言えるということは、物事に対して自分なりの考えを持っているということです。

なんでもないことのように感じるかもしれませんが、しっかりと自分の目で見た自分の頭で考えたという過程を経て「意見」を持つというのは男性でもなかなか難しいのではないでしょうか。

また、それをしっかりと自分の言葉にできるということは旦那さんであろうが躊躇なく伝えられるということで男性の方が、言い方は悪いかもしれませんが屈してしまうのです。

まとめ

「女性の尻に敷かれている」と聞くと世間ではあまり良い印象を持たれないかもしれません。

それは男性を立てることのできない女性というイメージからでしょうか。

もしくは、たまにテレビなどのメディアでもよく目や耳にした「鬼嫁」というもののイメージが先行しているからではないでしょうか。

しかし、一般的に女性の方が男性よりも現実的なものの考え方をすると言われています。

家庭を上手くやりくりするというノウハウを持っている女性と「夫婦」という関係を築くとすれば、上手に手のひらで転がされる方が良い結果をだせることも多いはずです。

旦那さんを尻に敷く女性の特徴をしっかり掴んで、あえてそういった女性を探すというのも良い方法といえます。

夫婦の特徴として「亭主関白」といものがあります。

その夫婦関係は、旦那様の権限が強く、奥さんはその旦那さんの3歩後ろを歩くようについていくというような表現をされます。

反対に「かかあ天下」と呼ばれる夫婦形態もあります。

そしてそれは、奥さんが旦那さんを尻に敷くというような表現をされることがよくあります。

この「旦那さんを尻に敷く女性」についてどのようなイメージを持たれるでしょうか。

今回は、この旦那さんを尻に敷く女性の特徴について書いていきます。


長女である

長女である、言い換えれば弟や妹がいる女性のことです。

男性を尻に敷くという女性は、ついつい男性に意見をしてしまいたくなるのです。

それは、自分よりも小さな弟や妹に対しての助言や指導というような愛情の表現に似ています。

世話好きで、見守るというよりも口や手が出てしまうのです。

ですので、旦那さんに対しても弟や妹を指導するように、しつけたいという気持ちの現れなのです。

また、子どもの頃から弟や妹の扱いに慣れているといことは、人を上手に使うことが自然と身についているので知らず識らずのうちに男性を尻に敷いてしまうのでしょう。

しかし人を自分の思い通りに動かすというのは、ある種の才能と言えます。

そのようなノウハウ、才能を持った人は女性に限らず多くはないでしょう。

せっかちである

上記でついつい口が出てしまうと書きましたが、つまりはガマンができないという女性が多いです。

他人のペースに合わせられずに、人のことをも自分のペースに巻き込んでしまいたいのです。

こういった女性の特徴をさらに述べるとすれば、視野が狭く融通が効かないということが挙げられます。

自分が思い描いていることから逸れると、不安で必ず口や手を出して軌道修正をしてくるでしょう。

そうなると旦那さんの方が、奥さんの方に合わしていくしかなくなるのです。

悪く言えば、ワガママで頑固という表現をされるでしょう。

しかし物事は二面性があります。

良い風に言い換えれば、一途でブレないという特徴を持っているとも言えます。

社会的地位がある

旦那さんである男性を尻に敷くというのは、奥さんである自分が旦那さんよりも優位な立場にあるという感覚から起こりうるのです。

それは決して旦那さんのことを馬鹿にしているのではないのですが、心のどこかで自分の方が優れているという気持ちを持っているのです。

それは、社会的に自分が認められているという事実に裏付けられた自信がある場合が多いです。

仕事ができる女性は、プライベートにおいても現実的で効率の良い言動をとるのです。

そしてそれを、パートナーとの関係性を築く上でも発揮しているだけなのです。

自分の親がかかあ天下だった

子どもは親の姿を見て育ちます。

幼い頃から、父親が母親の尻に敷かれているところを見て育てば将来、自分もそうなる傾向が強くなってきます。

親というのは、自分がいちばん近くで見る「夫婦像」です。

それが夫婦の基本的な関係性だと認識しているのです。

おしゃべりが上手な女性

おしゃべりが上手ということは、頭の回転も早く上手に男性を口車に乗せてしまうのです。

彼女になにかを伝えようとしていたのに、気づけば彼女の思い通りに状況が進んでいるということはないでしょうか。

反論をしようとしても、言いくるめられてしまうので結果的に、おしゃべりの上手な女性が優位な立場にあるような構図になってしまうのです。

それに女性は、現実的な考え方をする生き物ですので、もしも旦那さんが“感覚的なことを"しゃべろうものなら簡単に論破されてしまうでしょう。

意見をしっかり言える女性

意見を言えるということは、物事に対して自分なりの考えを持っているということです。

なんでもないことのように感じるかもしれませんが、しっかりと自分の目で見た自分の頭で考えたという過程を経て「意見」を持つというのは男性でもなかなか難しいのではないでしょうか。

また、それをしっかりと自分の言葉にできるということは旦那さんであろうが躊躇なく伝えられるということで男性の方が、言い方は悪いかもしれませんが屈してしまうのです。

「女性の尻に敷かれている」と聞くと世間ではあまり良い印象を持たれないかもしれません。

それは男性を立てることのできない女性というイメージからでしょうか。

もしくは、たまにテレビなどのメディアでもよく目や耳にした「鬼嫁」というもののイメージが先行しているからではないでしょうか。

しかし、一般的に女性の方が男性よりも現実的なものの考え方をすると言われています。

家庭を上手くやりくりするというノウハウを持っている女性と「夫婦」という関係を築くとすれば、上手に手のひらで転がされる方が良い結果をだせることも多いはずです。

旦那さんを尻に敷く女性の特徴をしっかり掴んで、あえてそういった女性を探すというのも良い方法といえます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-