【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171120165653.html
運転が嫌いな女性の特徴

運転が嫌いな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
運転が嫌いな女性の特徴

せっかく免許を取っても運転が苦手で運転を避ける女性や、そもそも免許すら取らないと決めている女性もいます。

それは何故なのでしょうか。

特徴を見てみましょう。

  • 緊張しやすいタイプである
  • 悪いことばかり考えてしまう
  • 徒歩や自転車が好き
  • 男性の車の助手席に乗りたい
  • 注意力がない
  • 同時にいろいろやることが苦手である
  • 運転すると素が出てしまう
  • 方向音痴である
  • まとめ

1. 緊張しやすいタイプである

緊張しやすいタイプである

緊張しやすい女性は運転免許を取りに行くところから苦痛に感じることでしょう。

そのせいで免許すら取り終えずに教習所に通うのを辞めてしまったり、免許を取っても一度も運転せずずっとペーパードライバーなんてこともよくあります。

緊張しながら車に乗れる便利さを取るか、便利を諦めて緊張のストレスから開放されるか、迷った末に後者を選ぶことで楽になれます。

多少不便でも緊張するよりはずっとマシなのでその不便さも我慢できます。

2. 悪いことばかり考えてしまう

悪いことばかり考えてしまう

「もし事故にあったらどうしよう」「運転中に車が故障したらどうしよう」と悪いことばかり考えてしまうネガティブな女性は運転が嫌いになるのも当然です。

運転を楽しめず、不安をかかえた危険な道具にしか感じることができません。

悪いことを考えながら運転するせいもあって運転自体もおっかなびっくり、不安定で危険な走行となってしまいます。

そして、余計に危ない機会を自らが作り出してしまうことになります。

3. 徒歩や自転車が好き

徒歩や自転車が好き

健康や節約を考えて徒歩や自転車での移動を好む女性もいますが、そんな女性にとっては運転はそれほど必要もなく、車ばかりに頼る人を横着者だとか贅沢者と考えたりすることもあります。

そして、抵抗を感じながら車ばかり乗る人を冷たく見続けると運転が嫌いになっていきます。

自分も同じように横着したり贅沢しているような罪悪感を感じてしまいますし、むしろ公共の乗り物を乗りこなす人の方が都会的では?と人の目も気になりだします。

4. 男性の車の助手席に乗りたい

男性の車の助手席に乗りたい

常に男性のマスコットのようにモテモテ女性でいたりそうありたいと願っている女性は、自分が運転をするよりも男性の車の助手席に乗っている自分に満足するでしょう。

自分で運転するなんて惨めだとか寂しいと感じることもありますし、それがいつものことでないとそのうち面倒にも思えてきます。

だんだん運転をしなくなれば運転の楽しさも忘れてしまい、嫌いにもなっていくのではないでしょうか。

5. 注意力がない

注意力がない

注意力がないと自分で認識している女性は車の運転が嫌いです。

標識や歩行者に注意をすることに自分で危険を感じて運転が怖くなり、自己に対する恐怖によって運転に異常なストレスを感じてしまいます。

運転=疲れるものというイメージができてしまい、心身ともに疲れ果ててしまうのです。

注意力がないと人を乗せた時も下手だと言われたり怖がられてしまうことも多く、そのせいで自己嫌悪に陥って運転を避けるようになるケースもあります。

6. 同時にいろいろやることが苦手である

同時にいろいろやることが苦手である

運転は同時に手元や足元の操作と前方の確認をしなければならず、同乗者がいればおしゃべりにも付き合わなければいけません。

器用さに自信がないと運転にも自信が持てないのは当然ですし、責任感が強いと「なんとかなる」では運転できなくなってしまいます。

たとえ免許を取っても苦手なままなんとか取れたという人も多いので、自分は運転に向いていないから乗るのを控えようと諦める女性もいます。

7. 運転すると素が出てしまう

運転すると素が出てしまう

運転すると急に乱暴になって車線変更ばかりしたくなったり、他の車に「邪魔!」などと暴言を吐いてしまう人もいます。

女性でもつい素がでてしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな姿を自分で嫌だと感じていたり、人に見せたくないと思っている女性は運転が自分を変えさせる危険なアイテムに感じて運転が嫌いになるかもしれません。

素を出して同乗者である恋人や友人に嫌われてしまったり、他者とトラブルになるのはごめんだと考えている人です。

また、逆に臆病な素が出てなかなか追い越しできないような人もいます。

それはそれでちょっと恥ずかしい思いをします。

8. 方向音痴である

方向音痴である

方向音痴である女性はカーナビがあってもうまく走れなかったり地図を見ることが苦手である場合も多く、道に迷って苦労した経験も多いでしょう。

運転すると面倒なことになるため、運転が嫌いになっていきます。

方向音痴な女性は確実に運転できる近場だけ乗ろうとすることもあるため、それなら無理に車に頼らなくてもなんとかなるのでは?と気づいて車から足が遠のくこともあるでしょう。

まとめ

運転が嫌いな女性は自分が運転に向いていないことに早めに気づいたパターンが多そうです。

人に迷惑をかけるのを嫌う真面目な人や、臆病な性格のあまりトラブルや事故を恐れて起きる前に運転を諦めるなんてことも多く、ペーパードライバーというちょっと不便な生活であってもより安全な道を選ぶ女性も多いのだと日々感じます。

中には運転を仕事としながら飽き飽きしてしまい、すっかり嫌いになったという女性もいるでしょう。

運転を好きになるには飽きない頻度で得意でいることが必要なのかもしれません。

せっかく免許を取っても運転が苦手で運転を避ける女性や、そもそも免許すら取らないと決めている女性もいます。

それは何故なのでしょうか。

特徴を見てみましょう。


緊張しやすいタイプである

緊張しやすい女性は運転免許を取りに行くところから苦痛に感じることでしょう。

そのせいで免許すら取り終えずに教習所に通うのを辞めてしまったり、免許を取っても一度も運転せずずっとペーパードライバーなんてこともよくあります。

緊張しながら車に乗れる便利さを取るか、便利を諦めて緊張のストレスから開放されるか、迷った末に後者を選ぶことで楽になれます。

多少不便でも緊張するよりはずっとマシなのでその不便さも我慢できます。

悪いことばかり考えてしまう

「もし事故にあったらどうしよう」「運転中に車が故障したらどうしよう」と悪いことばかり考えてしまうネガティブな女性は運転が嫌いになるのも当然です。

運転を楽しめず、不安をかかえた危険な道具にしか感じることができません。

悪いことを考えながら運転するせいもあって運転自体もおっかなびっくり、不安定で危険な走行となってしまいます。

そして、余計に危ない機会を自らが作り出してしまうことになります。

徒歩や自転車が好き

健康や節約を考えて徒歩や自転車での移動を好む女性もいますが、そんな女性にとっては運転はそれほど必要もなく、車ばかりに頼る人を横着者だとか贅沢者と考えたりすることもあります。

そして、抵抗を感じながら車ばかり乗る人を冷たく見続けると運転が嫌いになっていきます。

自分も同じように横着したり贅沢しているような罪悪感を感じてしまいますし、むしろ公共の乗り物を乗りこなす人の方が都会的では?と人の目も気になりだします。

男性の車の助手席に乗りたい

常に男性のマスコットのようにモテモテ女性でいたりそうありたいと願っている女性は、自分が運転をするよりも男性の車の助手席に乗っている自分に満足するでしょう。

自分で運転するなんて惨めだとか寂しいと感じることもありますし、それがいつものことでないとそのうち面倒にも思えてきます。

だんだん運転をしなくなれば運転の楽しさも忘れてしまい、嫌いにもなっていくのではないでしょうか。

注意力がない

注意力がないと自分で認識している女性は車の運転が嫌いです。

標識や歩行者に注意をすることに自分で危険を感じて運転が怖くなり、自己に対する恐怖によって運転に異常なストレスを感じてしまいます。

運転=疲れるものというイメージができてしまい、心身ともに疲れ果ててしまうのです。

注意力がないと人を乗せた時も下手だと言われたり怖がられてしまうことも多く、そのせいで自己嫌悪に陥って運転を避けるようになるケースもあります。

同時にいろいろやることが苦手である

運転は同時に手元や足元の操作と前方の確認をしなければならず、同乗者がいればおしゃべりにも付き合わなければいけません。

器用さに自信がないと運転にも自信が持てないのは当然ですし、責任感が強いと「なんとかなる」では運転できなくなってしまいます。

たとえ免許を取っても苦手なままなんとか取れたという人も多いので、自分は運転に向いていないから乗るのを控えようと諦める女性もいます。

運転すると素が出てしまう

運転すると急に乱暴になって車線変更ばかりしたくなったり、他の車に「邪魔!」などと暴言を吐いてしまう人もいます。

女性でもつい素がでてしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな姿を自分で嫌だと感じていたり、人に見せたくないと思っている女性は運転が自分を変えさせる危険なアイテムに感じて運転が嫌いになるかもしれません。

素を出して同乗者である恋人や友人に嫌われてしまったり、他者とトラブルになるのはごめんだと考えている人です。

また、逆に臆病な素が出てなかなか追い越しできないような人もいます。

それはそれでちょっと恥ずかしい思いをします。

方向音痴である

方向音痴である女性はカーナビがあってもうまく走れなかったり地図を見ることが苦手である場合も多く、道に迷って苦労した経験も多いでしょう。

運転すると面倒なことになるため、運転が嫌いになっていきます。

方向音痴な女性は確実に運転できる近場だけ乗ろうとすることもあるため、それなら無理に車に頼らなくてもなんとかなるのでは?と気づいて車から足が遠のくこともあるでしょう。

運転が嫌いな女性は自分が運転に向いていないことに早めに気づいたパターンが多そうです。

人に迷惑をかけるのを嫌う真面目な人や、臆病な性格のあまりトラブルや事故を恐れて起きる前に運転を諦めるなんてことも多く、ペーパードライバーというちょっと不便な生活であってもより安全な道を選ぶ女性も多いのだと日々感じます。

中には運転を仕事としながら飽き飽きしてしまい、すっかり嫌いになったという女性もいるでしょう。

運転を好きになるには飽きない頻度で得意でいることが必要なのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-