【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171120165440.html
マスク美人になる女性の特徴

マスク美人になる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
マスク美人になる女性の特徴

昔からメガネ美人という言葉がありますが、ここ数年話題になっているのがマスク美人。

マスクは今や、風邪対策のためだけのアイテムではありません。

そんなマスク美人になれるのはどんな人なのか、どういう点に気を付けるとマスク美人になれるのか、まとめてみました。

  • 目にインパクトがある人におすすめ
  • 口元にコンプレックスがある人におすすめ
  • 顔が小さい人におすすめ
  • 鼻にコンプレックスがある人
  • 顔の形が嫌いな人
  • メガネをかけていない人はあまりマスクは適さない
  • 似合うマスクの形や色をみつける
  • マスクをつけたときに気を付ける!?こと
  • まとめ

1. 目にインパクトがある人におすすめ

目にインパクトがある人におすすめ

マスクをすると、顔半分が隠れてしまいます。

それだけに大切なのは出ている上半分。

目が大きくて印象的な人はその部分が強調されます。

逆に全体的にかわいい印象の人でも瞳がつぶらだとマスクをすることで、瞳しか見えなくなり総合的な判断ができない分、地味な印象になってしまいます。

つぶらな瞳の人はとくに、しっかりとアイメイクをすることが大切です。

2. 口元にコンプレックスがある人におすすめ

口元にコンプレックスがある人におすすめ

顔の中でも口元にコンプレックスがあるという人は、マスクが効果的です。

ストレートに自分の嫌な部分を隠すことができます。

唇の形が嫌いとか、唇の血色が悪いなどの、悩みを隠すことはもちろんですが、口の回りに吹き出物ができてしまったときにもぴったりです。

冬の悩みでもあるガサガサ唇もマスクでかくせますね。

3. 顔が小さい人におすすめ

顔が小さい人におすすめ

美人の特徴のひとつでもある小顔。

顔の小ささを強調することができます。

顔面積が広いと、マスクが顔の中に収まってしまいますが、顔が小さいとマスクが顔よりもはみ出るので、より顔が小さく見えますよね。

ただ、顔の小ささに自信がない人でも大丈夫です。

最近は大きなサイズのマスクが売られています。

女性用と男性用でもサイズが違ったりするので、あえて男性用を選べば小顔に見える効果に期待大です。

ただし、大きければ大きいほどいいわけではなく、小顔の人が下手に大きすぎるマスクをつけるとマスクにうもれて怪しく見えるので注意です。

その人にあったベストの大きさを見つけてください。

4. 鼻にコンプレックスがある人

鼻にコンプレックスがある人

マスクは、口元も隠しますが、鼻も半分隠れます。

なので鼻にコンプレックスがある人にもおすすめです。

鼻が低い、小鼻が広がっている、鼻の穴が上に向いている、鼻が大きいなど、鼻に関するあらゆる悩みをマスクが隠してくれます。

鼻が高い人はせっかくのポイントが隠れてしまうので要注意です。

最近は、鼻の部分にマスクを被せない人もいますが、本来のマスクの使い方ではないのでそれはちょっとはずかしいかもしれませんね。

5. 顔の形が嫌いな人

顔の形が嫌いな人

マスクは顔の形までも隠してくれます。

しもぶくれ、えらはり、長いあごなど、顔のパーツというよりもりんかくに悩みがあるかたはマスクをすることでその部分も隠れてしまいます。

なので逆にシャープな顎がポイントの人はマスクをしてしまうと、そのチャームポイントが消えてしまうのであまり好ましくありません。

また、顔の長さを気にしている人がマスクをすると、顔の長さをごまかせるので多少はカバーできますが、その際に顎までしっかり覆ってくれるマスクを選ぶことが大切です。

6. メガネをかけていない人はあまりマスクは適さない

メガネをかけていない人はあまりマスクは適さない

メガネをかけてマスクをしてもメガネが曇らない、というマスクも最近は多いですが、マスク美人にメガネは必要ないアイテムです。

というのも、マスクで顔が半分隠れる上に、メガネで目のまわりまで枠がついてしまうと、美人かどうかと言う前に、あまり顔の判断ができなくなってしまうので要注意です。

どうしてもメガネをかけてマスクをしなければいけない人は、メガネのサイズやフレームに注意してください。

インパクトがありすぎすメガネはマスクとの相性がよくないですね。

7. 似合うマスクの形や色をみつける

似合うマスクの形や色をみつける

最近のマスクはとにかく種類が豊富です。

昔ながらの長方形サイズは今もありますが、顔の形にぴったりフィットする立体的マスクもありますし、またサイズも様々。

さらに、色に至っても定番の白に加えてほのかにピンク色などの色つきや、大胆にブラックのマスクもあって、男性に特に人気です。

色々と選んでみるのも楽しいですよね。

マスクのパッケージに、美人という言葉が入っているものもありますが、洋服と同じですべての人に似合うわけではないので、マスク美人をめざすためにも色んなマスクをつけてみて合ったものを見つけてください。

8. マスクをつけたときに気を付ける!?こと

マスクをつけたときに気を付ける!?こと

これからの季節、風邪の予防のためにも、マスクは効果的ですが、長時間の外出になると注意が必要です。

マスクをはずさなければならないときもあることを頭にいれておきましょう。

メイクをしてマスクをすると、はずしたときにマスク部分のメイクがとれていることもあります。

はずしたときは鏡でチェックしましょう。

半分メイクははずかしいですからね。

まとめ

どんな形であれ、常にきれいでいたいと思うのが女心。

また、コンプレックスのない女性は、なかなかいませんよね。

もしそのコンプレックスが口元であるとき、マスク一枚で変わるのであれば嬉しいですよね。

是非この冬は自分にぴったりのマスクを見つけて、マスク美人を目指してみてはいかがでしょうか。

昔からメガネ美人という言葉がありますが、ここ数年話題になっているのがマスク美人。

マスクは今や、風邪対策のためだけのアイテムではありません。

そんなマスク美人になれるのはどんな人なのか、どういう点に気を付けるとマスク美人になれるのか、まとめてみました。


目にインパクトがある人におすすめ

マスクをすると、顔半分が隠れてしまいます。

それだけに大切なのは出ている上半分。

目が大きくて印象的な人はその部分が強調されます。

逆に全体的にかわいい印象の人でも瞳がつぶらだとマスクをすることで、瞳しか見えなくなり総合的な判断ができない分、地味な印象になってしまいます。

つぶらな瞳の人はとくに、しっかりとアイメイクをすることが大切です。

口元にコンプレックスがある人におすすめ

顔の中でも口元にコンプレックスがあるという人は、マスクが効果的です。

ストレートに自分の嫌な部分を隠すことができます。

唇の形が嫌いとか、唇の血色が悪いなどの、悩みを隠すことはもちろんですが、口の回りに吹き出物ができてしまったときにもぴったりです。

冬の悩みでもあるガサガサ唇もマスクでかくせますね。

顔が小さい人におすすめ

美人の特徴のひとつでもある小顔。

顔の小ささを強調することができます。

顔面積が広いと、マスクが顔の中に収まってしまいますが、顔が小さいとマスクが顔よりもはみ出るので、より顔が小さく見えますよね。

ただ、顔の小ささに自信がない人でも大丈夫です。

最近は大きなサイズのマスクが売られています。

女性用と男性用でもサイズが違ったりするので、あえて男性用を選べば小顔に見える効果に期待大です。

ただし、大きければ大きいほどいいわけではなく、小顔の人が下手に大きすぎるマスクをつけるとマスクにうもれて怪しく見えるので注意です。

その人にあったベストの大きさを見つけてください。

鼻にコンプレックスがある人

マスクは、口元も隠しますが、鼻も半分隠れます。

なので鼻にコンプレックスがある人にもおすすめです。

鼻が低い、小鼻が広がっている、鼻の穴が上に向いている、鼻が大きいなど、鼻に関するあらゆる悩みをマスクが隠してくれます。

鼻が高い人はせっかくのポイントが隠れてしまうので要注意です。

最近は、鼻の部分にマスクを被せない人もいますが、本来のマスクの使い方ではないのでそれはちょっとはずかしいかもしれませんね。

顔の形が嫌いな人

マスクは顔の形までも隠してくれます。

しもぶくれ、えらはり、長いあごなど、顔のパーツというよりもりんかくに悩みがあるかたはマスクをすることでその部分も隠れてしまいます。

なので逆にシャープな顎がポイントの人はマスクをしてしまうと、そのチャームポイントが消えてしまうのであまり好ましくありません。

また、顔の長さを気にしている人がマスクをすると、顔の長さをごまかせるので多少はカバーできますが、その際に顎までしっかり覆ってくれるマスクを選ぶことが大切です。

メガネをかけていない人はあまりマスクは適さない

メガネをかけてマスクをしてもメガネが曇らない、というマスクも最近は多いですが、マスク美人にメガネは必要ないアイテムです。

というのも、マスクで顔が半分隠れる上に、メガネで目のまわりまで枠がついてしまうと、美人かどうかと言う前に、あまり顔の判断ができなくなってしまうので要注意です。

どうしてもメガネをかけてマスクをしなければいけない人は、メガネのサイズやフレームに注意してください。

インパクトがありすぎすメガネはマスクとの相性がよくないですね。

似合うマスクの形や色をみつける

最近のマスクはとにかく種類が豊富です。

昔ながらの長方形サイズは今もありますが、顔の形にぴったりフィットする立体的マスクもありますし、またサイズも様々。

さらに、色に至っても定番の白に加えてほのかにピンク色などの色つきや、大胆にブラックのマスクもあって、男性に特に人気です。

色々と選んでみるのも楽しいですよね。

マスクのパッケージに、美人という言葉が入っているものもありますが、洋服と同じですべての人に似合うわけではないので、マスク美人をめざすためにも色んなマスクをつけてみて合ったものを見つけてください。

マスクをつけたときに気を付ける!?こと

これからの季節、風邪の予防のためにも、マスクは効果的ですが、長時間の外出になると注意が必要です。

マスクをはずさなければならないときもあることを頭にいれておきましょう。

メイクをしてマスクをすると、はずしたときにマスク部分のメイクがとれていることもあります。

はずしたときは鏡でチェックしましょう。

半分メイクははずかしいですからね。

どんな形であれ、常にきれいでいたいと思うのが女心。

また、コンプレックスのない女性は、なかなかいませんよね。

もしそのコンプレックスが口元であるとき、マスク一枚で変わるのであれば嬉しいですよね。

是非この冬は自分にぴったりのマスクを見つけて、マスク美人を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-