【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171118174520.html
大食いの女性の特徴

大食いの女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
大食いの女性の特徴

皆さんの周りに食事やおやつを1日に何度も食べるような、または1回の食事の量がとてつもない量食べるような人がいるかもしれません。

今回はそんな大食いの人の特徴についてご紹介します。

大食いはたくましくして体型の良い方をイメージするかもしれませんが、実際は有名人で大食いの人や、大きい大会に行っているような人は、細い人も結構います。

では大食いの特徴には何があるんでしょう。

  • 胃が丈夫
  • 消化する時栄養は吸収しない
  • 良い体型・運動
  • 食べるのが大好き
  • たくさん食べられる所が好き
  • 噛まない・スピードが早い
  • まとめ

1. 胃が丈夫

胃が丈夫

大食な人の特徴で、意外と体型は関係ないと言う説もあります。

胃が丈夫なことで、動きが活発で食べたものをすぐに腸へ送ります。

普通は胃の中に弁という食べた物や血流などを少しずつ消化させ、送り出すような働きのものが、きつく締まっていてすぐには食べ物などが腸へとは行きません。

しかし体質により弁という器官がとてもゆるい人がいて、そういう人は食べたものがすぐに胃から朝腸へ移動され、あまりお腹がすぐいっぱいにはなりません。

また、胃が丈夫ということで、普通の人ならある程度限界まで膨らむとお腹一杯と感じるのですが、胃が普通の人よりも大きく膨らむ人や、内臓同士の少しの空間をうまく活用し胃がそこまで広がる人などは、その分普通の人よりもたくさん食べることができます

2. 消化する時栄養は吸収しない

消化する時栄養は吸収しない

上で述べたように、胃からすぐに腸に食べたものが送られてくる人がたくさん食べることができます。

その時腸でもあまり消化はせずに、すぐ排泄物となってその食べたものが出ます。

なので大食いの人は食べた分、トイレの回数も増えると言われています。

このようにもし胃から腸へすぐに食べ物が移動され、そこで栄養を全部吸収していると栄養がありすぎてその人は太ります。

しかし腸でもあまり栄養の吸収はされず、すぐに排泄されるので大食いの人でも太っていないと言う場合があるのです。

3. 良い体型・運動

良い体型・運動

先ほどは大食な人に太っていない人もいるといましたが、やはり全体的に見ると大食いの人は体型がしっかりした人が多いかもしれません。

理由としてはやはり体が大きい分たくさんのエネルギーを消費します。

その結果としてその消費したエネルギー分だけ、体がエネルギーを干してるのでたくさん食べるのです。

また顎などがしっかりしている人は食事でいろんなものを食べても、他の人より顎が疲れる事はありません。

強靭な顎を持っている人の方がものを上手に噛み砕き食べるので栄養の吸収も良くなり、余計に体型ががっしりしてくるのです。

また、普段運動やスポーツなどをしている人はよく食べることがあります。

それは普段の運動やスポーツなので、消費されているエネルギーが普通の人よりはだいぶ多いので、その分エネルギーを体に吸収するためにお腹が空き、ものたくさん食べるのです。

スポーツ選手やアスリートなどは、たくさん食べ筋力や体力をつけないといけないので、大食いの人が多いです。

4. 食べるのが大好き

食べるのが大好き

食が好きで食に強いこだわりを持っている、という人も大食いな人が多いかもしれません。

理由は普段から食べるということが好きで、いろいろなところで、いろいろなものを食べたり、デザート、イタリアン、フレンチなど特定の料理にこだわりを持っている人もいますが、そういうこだわりがある人は性格として、食べるのが好きと言うことなので一般の人よりは多くの傾向が多いようです。

5. たくさん食べられる所が好き

たくさん食べられる所が好き

上記で述べたのとは逆に食にこだわりを持っていなくて、とりあえず何でもいいからたくさん食べたい、と言う大食いの方も多いかもしれません。

こういう人は食べ放題やバイキングのような、決まった時間、決まったお金でいくらでも食べられるというものを好む傾向にあり、高級レストランでおしゃれな料理を楽しむ、と言うものではなく庶民的なお店でいいので安くたくさん食べたいと言う考えを持っていることが多いです。

6. 噛まない・スピードが早い

噛まない・スピードが早い

また他の特徴として、食事の際に口に入れた物あまり噛まず、すぐ飲み込んでしまうと言う人や、食べるスピードが速いと言う人がいます。

理由としては人は、ものを食べるとそのものを噛むことで脳の満腹中枢が刺激され、そろそろお腹いっぱいだよと言う命令がやってきて、お腹いっぱいになります。

しかしものをあまり噛まず飲み込んだり、食べるスピードが異常に早いと、この満腹中枢があまり刺激されず、他の人よりもたくさんの量食べることができます。

しかしこれは気づいた頃には、すごく胃の中が限界まで膨らんでいて、お腹がいっぱいになってしまうということも起きるので気をつけないといけません。

このように大食いの人にはいろいろな特徴がありますが、上記で述べたように体型が良い大食いの人はいますし、逆に痩せている人でも大食いの方はいます。

見た目ではその人がどのくらい食べるのか、なかなか判断するのは難しいので、一緒に食事に行くことでその人の食べ方や食べる量がわかることも多いのではないでしょうか。

まとめ

ものをたくさん食べられるのは、特別な体質を持っていたり、普段運動やスポーツをしている人などが多いので、一般の人はそんなに無理にたくさん食べると体に良くありません自分の適切な量を適切なペースでゆっくりと食べるそれが体には1番いいのです。

皆さんの周りに食事やおやつを1日に何度も食べるような、または1回の食事の量がとてつもない量食べるような人がいるかもしれません。

今回はそんな大食いの人の特徴についてご紹介します。

大食いはたくましくして体型の良い方をイメージするかもしれませんが、実際は有名人で大食いの人や、大きい大会に行っているような人は、細い人も結構います。

では大食いの特徴には何があるんでしょう。


胃が丈夫

大食な人の特徴で、意外と体型は関係ないと言う説もあります。

胃が丈夫なことで、動きが活発で食べたものをすぐに腸へ送ります。

普通は胃の中に弁という食べた物や血流などを少しずつ消化させ、送り出すような働きのものが、きつく締まっていてすぐには食べ物などが腸へとは行きません。

しかし体質により弁という器官がとてもゆるい人がいて、そういう人は食べたものがすぐに胃から朝腸へ移動され、あまりお腹がすぐいっぱいにはなりません。

また、胃が丈夫ということで、普通の人ならある程度限界まで膨らむとお腹一杯と感じるのですが、胃が普通の人よりも大きく膨らむ人や、内臓同士の少しの空間をうまく活用し胃がそこまで広がる人などは、その分普通の人よりもたくさん食べることができます

消化する時栄養は吸収しない

上で述べたように、胃からすぐに腸に食べたものが送られてくる人がたくさん食べることができます。

その時腸でもあまり消化はせずに、すぐ排泄物となってその食べたものが出ます。

なので大食いの人は食べた分、トイレの回数も増えると言われています。

このようにもし胃から腸へすぐに食べ物が移動され、そこで栄養を全部吸収していると栄養がありすぎてその人は太ります。

しかし腸でもあまり栄養の吸収はされず、すぐに排泄されるので大食いの人でも太っていないと言う場合があるのです。

良い体型・運動

先ほどは大食な人に太っていない人もいるといましたが、やはり全体的に見ると大食いの人は体型がしっかりした人が多いかもしれません。

理由としてはやはり体が大きい分たくさんのエネルギーを消費します。

その結果としてその消費したエネルギー分だけ、体がエネルギーを干してるのでたくさん食べるのです。

また顎などがしっかりしている人は食事でいろんなものを食べても、他の人より顎が疲れる事はありません。

強靭な顎を持っている人の方がものを上手に噛み砕き食べるので栄養の吸収も良くなり、余計に体型ががっしりしてくるのです。

また、普段運動やスポーツなどをしている人はよく食べることがあります。

それは普段の運動やスポーツなので、消費されているエネルギーが普通の人よりはだいぶ多いので、その分エネルギーを体に吸収するためにお腹が空き、ものたくさん食べるのです。

スポーツ選手やアスリートなどは、たくさん食べ筋力や体力をつけないといけないので、大食いの人が多いです。

食べるのが大好き

食が好きで食に強いこだわりを持っている、という人も大食いな人が多いかもしれません。

理由は普段から食べるということが好きで、いろいろなところで、いろいろなものを食べたり、デザート、イタリアン、フレンチなど特定の料理にこだわりを持っている人もいますが、そういうこだわりがある人は性格として、食べるのが好きと言うことなので一般の人よりは多くの傾向が多いようです。

たくさん食べられる所が好き

上記で述べたのとは逆に食にこだわりを持っていなくて、とりあえず何でもいいからたくさん食べたい、と言う大食いの方も多いかもしれません。

こういう人は食べ放題やバイキングのような、決まった時間、決まったお金でいくらでも食べられるというものを好む傾向にあり、高級レストランでおしゃれな料理を楽しむ、と言うものではなく庶民的なお店でいいので安くたくさん食べたいと言う考えを持っていることが多いです。

噛まない・スピードが早い

また他の特徴として、食事の際に口に入れた物あまり噛まず、すぐ飲み込んでしまうと言う人や、食べるスピードが速いと言う人がいます。

理由としては人は、ものを食べるとそのものを噛むことで脳の満腹中枢が刺激され、そろそろお腹いっぱいだよと言う命令がやってきて、お腹いっぱいになります。

しかしものをあまり噛まず飲み込んだり、食べるスピードが異常に早いと、この満腹中枢があまり刺激されず、他の人よりもたくさんの量食べることができます。

しかしこれは気づいた頃には、すごく胃の中が限界まで膨らんでいて、お腹がいっぱいになってしまうということも起きるので気をつけないといけません。

このように大食いの人にはいろいろな特徴がありますが、上記で述べたように体型が良い大食いの人はいますし、逆に痩せている人でも大食いの方はいます。

見た目ではその人がどのくらい食べるのか、なかなか判断するのは難しいので、一緒に食事に行くことでその人の食べ方や食べる量がわかることも多いのではないでしょうか。

ものをたくさん食べられるのは、特別な体質を持っていたり、普段運動やスポーツをしている人などが多いので、一般の人はそんなに無理にたくさん食べると体に良くありません自分の適切な量を適切なペースでゆっくりと食べるそれが体には1番いいのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-