【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171117155458.html
男顔の女性の特徴

男顔の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
男顔の女性の特徴

男顔、と言われたことのある方はいませんか?

綺麗な女優さんの中でも、女性的な人と、どちらかといえば中性的で凛々しい印象の人がいますよね。

女性も社会進出する時代、シャープな印象の男顔の人は仕事で有利になるかもしれません。

一方で、はんなりとした優しい顔の方がモテやすく、もっと女っぽい顔になりたいとお悩みの男顔の方もいます。

今回は、どういった顔が男顔と言われるのか、特徴を上げていきます。

  • 眉が凛々しい
  • 眼光鋭い
  • 鼻が高く彫りが深い
  • 唇が薄い
  • ショートカット
  • メイクに色を使わない
  • 背が高い
  • まとめ

1. 眉が凛々しい

眉が凛々しい

イケメンの男性に特徴的なのが、まっすぐで凛々しい眉です。

女性でも、まっすぐではっきりとした眉の方は男顔、と言われる傾向があります。

よく男顔の女優としてあげられる、海外ではエマ・ワトソン、日本でも黒木メイサさんなどははっきりとした美しい眉をしています。

逆に、女性らしい印象を与える眉は、多少輪郭がぼかしてあり、アーチ状の眉、黒よりも茶色など柔らかな色の眉です。

2. 眼光鋭い

眼光鋭い

「男の目には糸を引け、女の目には鈴を張れ」という諺がありますが、その通り、つり目で鋭い眼光の場合は男らしくキリッとした顔になります。

逆に、パッチリとした丸い目は女性らしい可愛い顔というイメージが強いです。

目はアイメイクで印象を変えやすい部分ですので、男顔になりたい方はアイラインをしっかりと引き強い目に、女顔になりたい場合はマスカラや付けまつげを使ってパッチリとした目にすると顔の全体の印象がガラッと変わります。

3. 鼻が高く彫りが深い

鼻が高く彫りが深い

一般に、女性より男性の方が彫りの深い顔をしています。

そのため、彫りの深い女性は男顔と言われることが多いです。

特に、しっかりとした鼻筋、シャープな顎のラインは男性的な印象を強めます。

鼻が高く彫りが深いことは美形の条件でもありますので、人気のある女優さんでも男顔と言われる方は多いです。

4. 唇が薄い

唇が薄い

昔、一時期アヒル口が流行しましたが、ふっくらした唇は女性らしい印象を与えます。

どちらかといえば薄い唇は男性的な要素です。

唇が薄い場合、知性的な印象ですのでそのままでも勿論素敵ですが、もしより女性らしい感じがよければピンク色のリップメイクをする、コンシーラーで唇の輪郭を消し、よりふっくらした唇っぽくなるようにリップラインを整える等してみると、日頃とは違った顔になります。

5. ショートカット

ショートカット

ショートカットの女性は、同じ顔でも男顔という印象を与えやすいです。

髪型自体もそうですが、ショートカットのため輪郭、眉などが目立ち、より男顔の要素の印象が強まります。

ですが、ロングにする以外でも、ショートカットのままでも、丸みのあるカットにする、カラーを明るい色味にする、アクセサリーをつけるなどして、女性的な印象を与えることができます。

6. メイクに色を使わない

メイクに色を使わない

メイクするときに、カラーを取り入れる方と、ブラックや茶色などナチュラルな色味だけを使う方がいますが、ナチュラルな色味だけを使った場合男顔という印象を与えやすいです。

アイメイクやチーク、口紅などに赤みのある色を使うと、女性的な印象になります。

赤みのある色を使うと、しっかりメイクしている感じが出ますし、血色がよく生き生きとした印象を与えられるので、人に会う営業職の方には特にオススメです。

逆に、法律、経理などといった固い印象を与えたい場合、ナチュラルカラーにとどめることでしっかりしたシャープな女性に見えることでしょう。

7. 背が高い

背が高い

厳密には顔には関係ないのですが、背が高い女性は男顔と言われることが多いです。

背の高さが、顔についても男性的な印象を与えるのでしょう。

背の高い女性はモデルみたいと憧れの的になりますが、一方で本人たちは背の高さがコンプレックスになってしまい、ヒールのないスニーカーを履く、足を目立たせないパンツスタイルにするなど、なるべく低く見せたい場合もあるようです。

しかし、男顔の女性の場合はスニーカーやパンツルックなど中性的なアイテムは男性的な印象を強めてしまい逆効果です。

より女性的な印象を与えたい場合は、スカートを履く、フェミニンな服を着るなどして服装で調整しましょう。

逆に、キリッとした男顔の印象を与えたい場合は頑張って高いヒールを履くなどして、背を高く見せると効果的です。

まとめ

男顔は知的で凛々しい印象を与えるため、女優さんのような男顔になりたいと憧れる女性も多いです。

宝塚の男役などは人気のある男顔の女性の代表ですよね。

そこで、今回は男顔の印象を与える要素をいくつかあげましたが、いかがでしょうか。

自分にも一つぐらい当てはまるポイントがあった方も多いのではないでしょうか。

男顔、女顔はたった一つの要素で決まるものではなく、目鼻立ち、髪型、メイク、スタイル、ファッションなど様々な要素が複合的に組み合わさって作られています。

女顔の女性がキリッとした顔にしたい、男顔の女性がより女性的な印象にしたい場合は、元々の顔は変わらずとも、メイク、ファッションなどを変えることで、男顔、女顔に近づけることでしょう。

男顔、と言われたことのある方はいませんか?

綺麗な女優さんの中でも、女性的な人と、どちらかといえば中性的で凛々しい印象の人がいますよね。

女性も社会進出する時代、シャープな印象の男顔の人は仕事で有利になるかもしれません。

一方で、はんなりとした優しい顔の方がモテやすく、もっと女っぽい顔になりたいとお悩みの男顔の方もいます。

今回は、どういった顔が男顔と言われるのか、特徴を上げていきます。


眉が凛々しい

イケメンの男性に特徴的なのが、まっすぐで凛々しい眉です。

女性でも、まっすぐではっきりとした眉の方は男顔、と言われる傾向があります。

よく男顔の女優としてあげられる、海外ではエマ・ワトソン、日本でも黒木メイサさんなどははっきりとした美しい眉をしています。

逆に、女性らしい印象を与える眉は、多少輪郭がぼかしてあり、アーチ状の眉、黒よりも茶色など柔らかな色の眉です。

眼光鋭い

「男の目には糸を引け、女の目には鈴を張れ」という諺がありますが、その通り、つり目で鋭い眼光の場合は男らしくキリッとした顔になります。

逆に、パッチリとした丸い目は女性らしい可愛い顔というイメージが強いです。

目はアイメイクで印象を変えやすい部分ですので、男顔になりたい方はアイラインをしっかりと引き強い目に、女顔になりたい場合はマスカラや付けまつげを使ってパッチリとした目にすると顔の全体の印象がガラッと変わります。

鼻が高く彫りが深い

一般に、女性より男性の方が彫りの深い顔をしています。

そのため、彫りの深い女性は男顔と言われることが多いです。

特に、しっかりとした鼻筋、シャープな顎のラインは男性的な印象を強めます。

鼻が高く彫りが深いことは美形の条件でもありますので、人気のある女優さんでも男顔と言われる方は多いです。

唇が薄い

昔、一時期アヒル口が流行しましたが、ふっくらした唇は女性らしい印象を与えます。

どちらかといえば薄い唇は男性的な要素です。

唇が薄い場合、知性的な印象ですのでそのままでも勿論素敵ですが、もしより女性らしい感じがよければピンク色のリップメイクをする、コンシーラーで唇の輪郭を消し、よりふっくらした唇っぽくなるようにリップラインを整える等してみると、日頃とは違った顔になります。

ショートカット

ショートカットの女性は、同じ顔でも男顔という印象を与えやすいです。

髪型自体もそうですが、ショートカットのため輪郭、眉などが目立ち、より男顔の要素の印象が強まります。

ですが、ロングにする以外でも、ショートカットのままでも、丸みのあるカットにする、カラーを明るい色味にする、アクセサリーをつけるなどして、女性的な印象を与えることができます。

メイクに色を使わない

メイクするときに、カラーを取り入れる方と、ブラックや茶色などナチュラルな色味だけを使う方がいますが、ナチュラルな色味だけを使った場合男顔という印象を与えやすいです。

アイメイクやチーク、口紅などに赤みのある色を使うと、女性的な印象になります。

赤みのある色を使うと、しっかりメイクしている感じが出ますし、血色がよく生き生きとした印象を与えられるので、人に会う営業職の方には特にオススメです。

逆に、法律、経理などといった固い印象を与えたい場合、ナチュラルカラーにとどめることでしっかりしたシャープな女性に見えることでしょう。

背が高い

厳密には顔には関係ないのですが、背が高い女性は男顔と言われることが多いです。

背の高さが、顔についても男性的な印象を与えるのでしょう。

背の高い女性はモデルみたいと憧れの的になりますが、一方で本人たちは背の高さがコンプレックスになってしまい、ヒールのないスニーカーを履く、足を目立たせないパンツスタイルにするなど、なるべく低く見せたい場合もあるようです。

しかし、男顔の女性の場合はスニーカーやパンツルックなど中性的なアイテムは男性的な印象を強めてしまい逆効果です。

より女性的な印象を与えたい場合は、スカートを履く、フェミニンな服を着るなどして服装で調整しましょう。

逆に、キリッとした男顔の印象を与えたい場合は頑張って高いヒールを履くなどして、背を高く見せると効果的です。

男顔は知的で凛々しい印象を与えるため、女優さんのような男顔になりたいと憧れる女性も多いです。

宝塚の男役などは人気のある男顔の女性の代表ですよね。

そこで、今回は男顔の印象を与える要素をいくつかあげましたが、いかがでしょうか。

自分にも一つぐらい当てはまるポイントがあった方も多いのではないでしょうか。

男顔、女顔はたった一つの要素で決まるものではなく、目鼻立ち、髪型、メイク、スタイル、ファッションなど様々な要素が複合的に組み合わさって作られています。

女顔の女性がキリッとした顔にしたい、男顔の女性がより女性的な印象にしたい場合は、元々の顔は変わらずとも、メイク、ファッションなどを変えることで、男顔、女顔に近づけることでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-