【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171117155333.html
大分県の女性の特徴

大分県の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
大分県の女性の特徴

大分県の女性に多い恋愛傾向や性格・特徴をまとめてみました。

あなたの周りには大分県の女性はいませんか?

  • 地政学から見られる大分県の女性の明るさ
  • 欧州の文化をいち早く取り入れた地域だけあって外交的です
  • 多様性もありキャパが広い女性が多いのでナーバスな性格は嫌われます
  • 都会的な面と素朴な部分が交差するバランス感覚の良さも見逃せません
  • 昭和フォークのヒット曲が生まれた土壌から来る恋愛事情
  • 大分県の男性は口達者が多いものの口先だけは嫌われます
  • 結婚相手として人気が高い大分県の女性
  • 愛想の良さと軽さは結び付かない
  • 大分では繋がりを大切にする人が好まれます

1. 地政学から見られる大分県の女性の明るさ

地政学から見られる大分県の女性の明るさ

大分県は室町時代から海運業が盛んな地域で、九州の中では政治経済や文化的な繋がりが関西と古くから最も深い地域です。

隣県との交流も盛んなことで、社交性があって大阪風のノリの明るさを好むのが大分県の女性の特徴のひとつに挙げられます。

沈黙より雄弁が金なので、仕事でも恋愛でもテンポが良くて少々口数が多くても飽きが来ない関係が望まれると言えるでしょう。

2. 欧州の文化をいち早く取り入れた地域だけあって外交的です

欧州の文化をいち早く取り入れた地域だけあって外交的です

大分県の戦国武将で全国的に最も知られているのが大友宗麟で、キリシタン大名であることは日本史の教科書や大河ドラマなどでご存じの方も多いと思います。

宗麟の弟である義長は、室町時代の足利将軍の財政支援を行なっていた当時の武将で最も富を誇った山口の大内義隆の養子として迎え入れられました。

ザビエルがイタリアのフィレンツェのメディチ家からメガネなどのプレゼントをしたのが、大内義隆です。

そう言った歴史的背景も重なり、外国留学や海外へ興味を持った女性が大分県は多く、県民性としてとても外交的と言えます。

3. 多様性もありキャパが広い女性が多いのでナーバスな性格は嫌われます

多様性もありキャパが広い女性が多いのでナーバスな性格は嫌われます

大分県は江戸時代には8藩もあったことで、地域間の競争が激しいことがあってプレッシャーに強い男性が多く、大成したプロスポーツ選手が多いことでも知られています。

8藩それぞれ文化や考え方が違うので、大分県の女性は多様性に富んでいることもあって、あまり細かい事は気にしません。

ナーバスな男性は打たれ弱いといったイメージに捉えられるので、あまり好まれません。

包容力があるのも大分県の女性なので、付き合っている男性は仕事で行き詰まったときには、思い切り愚痴ってチャンネルをすぐに切り替えるといいでしょう。

4. 都会的な面と素朴な部分が交差するバランス感覚の良さも見逃せません

都会的な面と素朴な部分が交差するバランス感覚の良さも見逃せません

慶應義塾大学の創始者であり、英語やカントンニーズ(広東語)の単語集を出版した『増訂華英通語』福沢諭吉は大分県の中津市で幼少期に育ちました。

元祖マルチリンガルの偉人を輩出した地域で、中央や大阪で財界人として活躍している人が多いのも大分県です。

さばさばしたキャラクターの女優などの芸能人も多く、都会的な面があります。

一方で、福岡や東京へ行ってその土地に合った言葉は話すものの、言葉の節々に大分弁が抜けないのは素朴な部分の表れといって良いでしょう。

5. 昭和フォークのヒット曲が生まれた土壌から来る恋愛事情

昭和フォークのヒット曲が生まれた土壌から来る恋愛事情

もっとも有名な大分のシンガーソングライターのひとりに挙げられるのが、南こうせつと伊勢正三です。

ヒット曲の『なごり雪』は未だに東京都内のどこかの駅を舞台にしていると思われていますが、実は大分県の津久見市です。

恋愛でもお互い認め合いながら付き合う良さが残っていて、歌詞の中に出て来る?春が来て君は綺麗になった?は、内面から溢れる美しさを表現したと思えるほど大分県の女性の良さを表していると言えます。

6. 大分県の男性は口達者が多いものの口先だけは嫌われます

大分県の男性は口達者が多いものの口先だけは嫌われます

大分の男性は有言実行が多く計画を立てて物事を進める、仕事ができる人が多いです。

人間関係がタイトな地域だけあって、男女とも人付き合いにも長けています。

ただ、口先だけで中身が実行しない、いくらイケメンでもペラペラの中身が薄くて軽い男性はすぐに見抜かれます。

歯切れの良い話し方と社交性もあることで、人前では露骨に嫌な態度をしませんが、飲み会などで本音が出るときもあります。

7. 結婚相手として人気が高い大分県の女性

結婚相手として人気が高い大分県の女性

大分では仲が良い夫婦をよく見かけ、旅行中でもいつも一緒にいるほど理想的な関係を持っていることが多いです。

男性は会社や地域の懇親会に出ることも多いですが、家庭の中はしっかり奥様が守っているという印象です。

大分県は山海の幸やフルーツが豊富なこともあり食材が恵まれているので、料理上手な人が多いです。

独身時代はバリバリの仕事人間の大分の女性も、結婚を機に家庭的になります。

ただ、結婚後も仕事を続けたいと思っている女性も近年は増えてきているので、男性の一方通行にならないように注意が必要です。

8. 愛想の良さと軽さは結び付かない

愛想の良さと軽さは結び付かない

九州の女性は愛想がいいと一般的にいわれていますが、全てがそうではありません。

その中でも大分県の女性は愛想がいい人が多く、恋愛でも好きな男性に対してモーションを掛けることは珍しくありません。

そうかと言って軽いわけではなく、下心が丸見えの恋愛ゲームのテーブルには乗らないので、調子に乗ならない方が賢明です。

9. 大分では繋がりを大切にする人が好まれます

大分は人間関係をとても大切にする地域なので、人との繋がりに付き合いでも重点を置きます。

家族ぐるみで付き合うことも稀ではなく、お友達夫婦を家に招待することが少なくはありません。

おっちょこちょいなところもあって仲良くなると、言い間違いが生じることもありますが、決して挙げ足を取るような言動は好まれません。

言葉足らずであっても、職場でも地域でも老若男女関係なく接することができる男性を大分の女性は好きな様です。

大分県の女性に多い恋愛傾向や性格・特徴をまとめてみました。

あなたの周りには大分県の女性はいませんか?


地政学から見られる大分県の女性の明るさ

大分県は室町時代から海運業が盛んな地域で、九州の中では政治経済や文化的な繋がりが関西と古くから最も深い地域です。

隣県との交流も盛んなことで、社交性があって大阪風のノリの明るさを好むのが大分県の女性の特徴のひとつに挙げられます。

沈黙より雄弁が金なので、仕事でも恋愛でもテンポが良くて少々口数が多くても飽きが来ない関係が望まれると言えるでしょう。

欧州の文化をいち早く取り入れた地域だけあって外交的です

大分県の戦国武将で全国的に最も知られているのが大友宗麟で、キリシタン大名であることは日本史の教科書や大河ドラマなどでご存じの方も多いと思います。

宗麟の弟である義長は、室町時代の足利将軍の財政支援を行なっていた当時の武将で最も富を誇った山口の大内義隆の養子として迎え入れられました。

ザビエルがイタリアのフィレンツェのメディチ家からメガネなどのプレゼントをしたのが、大内義隆です。

そう言った歴史的背景も重なり、外国留学や海外へ興味を持った女性が大分県は多く、県民性としてとても外交的と言えます。

多様性もありキャパが広い女性が多いのでナーバスな性格は嫌われます

大分県は江戸時代には8藩もあったことで、地域間の競争が激しいことがあってプレッシャーに強い男性が多く、大成したプロスポーツ選手が多いことでも知られています。

8藩それぞれ文化や考え方が違うので、大分県の女性は多様性に富んでいることもあって、あまり細かい事は気にしません。

ナーバスな男性は打たれ弱いといったイメージに捉えられるので、あまり好まれません。

包容力があるのも大分県の女性なので、付き合っている男性は仕事で行き詰まったときには、思い切り愚痴ってチャンネルをすぐに切り替えるといいでしょう。

都会的な面と素朴な部分が交差するバランス感覚の良さも見逃せません

慶應義塾大学の創始者であり、英語やカントンニーズ(広東語)の単語集を出版した『増訂華英通語』福沢諭吉は大分県の中津市で幼少期に育ちました。

元祖マルチリンガルの偉人を輩出した地域で、中央や大阪で財界人として活躍している人が多いのも大分県です。

さばさばしたキャラクターの女優などの芸能人も多く、都会的な面があります。

一方で、福岡や東京へ行ってその土地に合った言葉は話すものの、言葉の節々に大分弁が抜けないのは素朴な部分の表れといって良いでしょう。

昭和フォークのヒット曲が生まれた土壌から来る恋愛事情

もっとも有名な大分のシンガーソングライターのひとりに挙げられるのが、南こうせつと伊勢正三です。

ヒット曲の『なごり雪』は未だに東京都内のどこかの駅を舞台にしていると思われていますが、実は大分県の津久見市です。

恋愛でもお互い認め合いながら付き合う良さが残っていて、歌詞の中に出て来る?春が来て君は綺麗になった?は、内面から溢れる美しさを表現したと思えるほど大分県の女性の良さを表していると言えます。

大分県の男性は口達者が多いものの口先だけは嫌われます

大分の男性は有言実行が多く計画を立てて物事を進める、仕事ができる人が多いです。

人間関係がタイトな地域だけあって、男女とも人付き合いにも長けています。

ただ、口先だけで中身が実行しない、いくらイケメンでもペラペラの中身が薄くて軽い男性はすぐに見抜かれます。

歯切れの良い話し方と社交性もあることで、人前では露骨に嫌な態度をしませんが、飲み会などで本音が出るときもあります。

結婚相手として人気が高い大分県の女性

大分では仲が良い夫婦をよく見かけ、旅行中でもいつも一緒にいるほど理想的な関係を持っていることが多いです。

男性は会社や地域の懇親会に出ることも多いですが、家庭の中はしっかり奥様が守っているという印象です。

大分県は山海の幸やフルーツが豊富なこともあり食材が恵まれているので、料理上手な人が多いです。

独身時代はバリバリの仕事人間の大分の女性も、結婚を機に家庭的になります。

ただ、結婚後も仕事を続けたいと思っている女性も近年は増えてきているので、男性の一方通行にならないように注意が必要です。

愛想の良さと軽さは結び付かない

九州の女性は愛想がいいと一般的にいわれていますが、全てがそうではありません。

その中でも大分県の女性は愛想がいい人が多く、恋愛でも好きな男性に対してモーションを掛けることは珍しくありません。

そうかと言って軽いわけではなく、下心が丸見えの恋愛ゲームのテーブルには乗らないので、調子に乗ならない方が賢明です。

大分は人間関係をとても大切にする地域なので、人との繋がりに付き合いでも重点を置きます。

家族ぐるみで付き合うことも稀ではなく、お友達夫婦を家に招待することが少なくはありません。

おっちょこちょいなところもあって仲良くなると、言い間違いが生じることもありますが、決して挙げ足を取るような言動は好まれません。

言葉足らずであっても、職場でも地域でも老若男女関係なく接することができる男性を大分の女性は好きな様です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-