【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171117155242.html
声が大きな女性の特徴

声が大きな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
声が大きな女性の特徴

声が大きい女性というのは周囲の人たちからするとうるさい耳障りという印象を与えてしまいます。

不思議と自分が声が大きいということに気がついていないことも多いために、そうした問題を改善できないこともあります。

これから挙げる9つの点は自己吟味をする助けになることでしょう。

  • 自己主張が強い
  • マイウェイで空気を読めない女性
  • 感情的になりやすい
  • 聴力が落ちてきている
  • 無神経で鈍感
  • 落ち着きのない女性
  • とにかく話の長い人
  • わかりやすい人が多い
  • ざわざわした環境で育ってきた
  • まとめ

1. 自己主張が強い

自己主張が強い

自己主張が強くて自分をアピールしたいモードになっている女性というのは自然と声が大きくなるし、そうすることで注目を集めたいという気持ちも働きます。

自信があるのではっきりと主張することができるしそうしたい、思い通りにしたいという気持ちの表れが大きな声となります。

声の大きな女性はあまりきれいな感じがしないので少しマイナスかもしれません。

2. マイウェイで空気を読めない女性

マイウェイで空気を読めない女性

声が大きいというのは周囲の空気が読めていない証拠かもしれません。

自分の声が聞こえてしまうと良くないということがわかると自然に声のトーンが低くなるものですが、そんなことお構いなしであり、自分の声が聞こえてしまうことに恥ずかしさも感じない、あるいは他人に白い目で見られることがわかっていないのです。

特に自分の話に夢中になってテンションが高くなっていると声が大きくなりひんしゅくを買うことになるかもしれません。

3. 感情的になりやすい

感情的になりやすい

感情の起伏が激しくすぐにカーッとなったり、自分をコントロールすることが難しい女性というのは声が大きくなりやすいです。

びっくりしたことがあると声を張り上げたり、ショックなことに大きく反応し、それが声と行動でオーバーリアクションとなるのです。

その声の大きさに隣にいる人の方が恥ずかしくなったりすることがあるかもしれません。

4. 聴力が落ちてきている

聴力が落ちてきている

本人の聴力が落ちていると自分の声がどのくらい出ているのかがあいまいになってしまいわからないので声の調整が難しくなります。

気がつかず声が大きくなってしまうことがあります。

同時に自分の家族にやはり難聴の親を持っていたりするとどうしても口を大きく開けてゆっくりはっきり大きく話しかける必要があるために、それが習慣になっていて、普段の話し方においても普通の女性よりは声が大きくなりやすいということがあります。

5. 無神経で鈍感

無神経で鈍感

声が大きくても平気でしゃべる女性は無神経で鈍感なのかもしれません。

自分がそうしたボリュームでしゃべることがマナーからすると外れているということに気がついていないのであり鈍感です。

とはいえそのような人が職場では上司ということもありますので、誰もそれを注意できる人がいないということで部下はそれを耐えなければならないというストレスの下にさらされてしまいます。

6. 落ち着きのない女性

落ち着きのない女性

声が大きい女性は見るからに落ち着きがありません。

いつもそわそわとしていたり、なにかしていないとじっとしていられないようなところがあります。

誰かにちょっかいを出してみたり余計なことをする傾向もあります。

声を大きくすることで自分なりの特徴を出したいという思いもあるのかもしれませんが、そんな落ち着きのない女性というのはあまり好感されません。

7. とにかく話の長い人

とにかく話の長い人

話好きなのは悪いことではありませんが、回りくどくて結局何が言いたいのがわからないし、内容そのものも大したことがないのにやたら長くしゃべる女性は全体的に声が大き目であり、とにかく自分の話を聞いてくれる人が大好きです。

聞いてくれるものですから話にも熱が入ってきて、次第に声のトーンがアップしていくのです。

一人で勝手に盛り上がって楽しんでいる寂しい女性であり、かわいそうに思えてくることがあります。

8. わかりやすい人が多い

わかりやすい人が多い

声の大きな女性というのは感情がそのまま表情とか声に表れることが多く、喜怒哀楽がかなりはっきりしていて見ていてわかりやすさがあります。

怒っているときなどは大声になるし、面白い時とかにもかなりの声量になるでしょう。

感情を表に出さない人が多い中で、声が大きい女性は自分の感情を表に出すことが多く、確かにわかりやすさがあります。

9. ざわざわした環境で育ってきた

ざわざわした環境で育ってきた

兄弟が多い、おじいちゃんとおばあちゃんと同居しているなど大家族の中で育つといつも家の中がざわざわとしており、自然に声が大きくなることがあります。

また工場とか居酒屋など快活さを見せるためにある程度大きな声ではっきりとしゃべる必要があるために声は大きめになります。

そうした環境の中では声は大きくなりそれが普通のことになってしまいます。

まとめ

声が大きい女性は性格的に問題があることもありますが、育った環境によるとこともあるということを覚えておくのは良いことです。

そして声の大きい女性は自分で気がつかないこともあるために、友人や家族に自分の声のトーンや声量がふさわしいものとなっているのかどうかということを尋ねてみることができるかもしれません。

そのようにして適正な声量で周囲に気を配ることのできる女性は人間関係も良好になります。

声が大きい女性というのは周囲の人たちからするとうるさい耳障りという印象を与えてしまいます。

不思議と自分が声が大きいということに気がついていないことも多いために、そうした問題を改善できないこともあります。

これから挙げる9つの点は自己吟味をする助けになることでしょう。


自己主張が強い

自己主張が強くて自分をアピールしたいモードになっている女性というのは自然と声が大きくなるし、そうすることで注目を集めたいという気持ちも働きます。

自信があるのではっきりと主張することができるしそうしたい、思い通りにしたいという気持ちの表れが大きな声となります。

声の大きな女性はあまりきれいな感じがしないので少しマイナスかもしれません。

マイウェイで空気を読めない女性

声が大きいというのは周囲の空気が読めていない証拠かもしれません。

自分の声が聞こえてしまうと良くないということがわかると自然に声のトーンが低くなるものですが、そんなことお構いなしであり、自分の声が聞こえてしまうことに恥ずかしさも感じない、あるいは他人に白い目で見られることがわかっていないのです。

特に自分の話に夢中になってテンションが高くなっていると声が大きくなりひんしゅくを買うことになるかもしれません。

感情的になりやすい

感情の起伏が激しくすぐにカーッとなったり、自分をコントロールすることが難しい女性というのは声が大きくなりやすいです。

びっくりしたことがあると声を張り上げたり、ショックなことに大きく反応し、それが声と行動でオーバーリアクションとなるのです。

その声の大きさに隣にいる人の方が恥ずかしくなったりすることがあるかもしれません。

聴力が落ちてきている

本人の聴力が落ちていると自分の声がどのくらい出ているのかがあいまいになってしまいわからないので声の調整が難しくなります。

気がつかず声が大きくなってしまうことがあります。

同時に自分の家族にやはり難聴の親を持っていたりするとどうしても口を大きく開けてゆっくりはっきり大きく話しかける必要があるために、それが習慣になっていて、普段の話し方においても普通の女性よりは声が大きくなりやすいということがあります。

無神経で鈍感

声が大きくても平気でしゃべる女性は無神経で鈍感なのかもしれません。

自分がそうしたボリュームでしゃべることがマナーからすると外れているということに気がついていないのであり鈍感です。

とはいえそのような人が職場では上司ということもありますので、誰もそれを注意できる人がいないということで部下はそれを耐えなければならないというストレスの下にさらされてしまいます。

落ち着きのない女性

声が大きい女性は見るからに落ち着きがありません。

いつもそわそわとしていたり、なにかしていないとじっとしていられないようなところがあります。

誰かにちょっかいを出してみたり余計なことをする傾向もあります。

声を大きくすることで自分なりの特徴を出したいという思いもあるのかもしれませんが、そんな落ち着きのない女性というのはあまり好感されません。

とにかく話の長い人

話好きなのは悪いことではありませんが、回りくどくて結局何が言いたいのがわからないし、内容そのものも大したことがないのにやたら長くしゃべる女性は全体的に声が大き目であり、とにかく自分の話を聞いてくれる人が大好きです。

聞いてくれるものですから話にも熱が入ってきて、次第に声のトーンがアップしていくのです。

一人で勝手に盛り上がって楽しんでいる寂しい女性であり、かわいそうに思えてくることがあります。

わかりやすい人が多い

声の大きな女性というのは感情がそのまま表情とか声に表れることが多く、喜怒哀楽がかなりはっきりしていて見ていてわかりやすさがあります。

怒っているときなどは大声になるし、面白い時とかにもかなりの声量になるでしょう。

感情を表に出さない人が多い中で、声が大きい女性は自分の感情を表に出すことが多く、確かにわかりやすさがあります。

ざわざわした環境で育ってきた

兄弟が多い、おじいちゃんとおばあちゃんと同居しているなど大家族の中で育つといつも家の中がざわざわとしており、自然に声が大きくなることがあります。

また工場とか居酒屋など快活さを見せるためにある程度大きな声ではっきりとしゃべる必要があるために声は大きめになります。

そうした環境の中では声は大きくなりそれが普通のことになってしまいます。

声が大きい女性は性格的に問題があることもありますが、育った環境によるとこともあるということを覚えておくのは良いことです。

そして声の大きい女性は自分で気がつかないこともあるために、友人や家族に自分の声のトーンや声量がふさわしいものとなっているのかどうかということを尋ねてみることができるかもしれません。

そのようにして適正な声量で周囲に気を配ることのできる女性は人間関係も良好になります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-