【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171116173706.html
博多っ子の女性の県民性や恋愛・特徴

博多っ子の女性の県民性や恋愛・特徴 | LADYCO

LADYCO
博多っ子の女性の県民性や恋愛・特徴

博多っ子の女性の特徴をまとめてみました。あなたの周りには博多っ子の女性はいませんか?

  • 歴史的な影響もあって社交性が抜群です
  • 姉さん女房の気質もある博多の女性
  • お洒落好きは女性も男性も同じ
  • 日本のリバプールと言われるぐらい音楽が盛んなので恋愛もノリが大切
  • 祭り好きでお調子者は悪いことではありません
  • 社交辞令が会社と恋愛では考え方も結果も全く違う
  • 「焼けぼっくいに火が点くコーナー」が地元のローカルテレビでもありました
  • 結婚相手の理想は高いことには間違いないようです

1. 歴史的な影響もあって社交性が抜群です

歴史的な影響もあって社交性が抜群です

長崎や大阪の堺と並ぶ古くから国際港として栄えた博多は、国内外のいろんな文化を吸収して来たこともあり、外から来た人にとても親切です。

親しみやすい性格は幅広い世代に受け継がれ、社交性が抜群なのが大きな特徴です。

都会でありながらも物価が安く、日本国内において単身赴任の人気の土地でもあります。

気軽に声を掛けやすい雰囲気なので、気に入っている女性ができれば、恋愛と言うよりも先ずは食事に誘ってみることをおすすめします。

2. 姉さん女房の気質もある博多の女性

姉さん女房の気質もある博多の女性

九州男児と言った言葉を聞かれたことがあるかもしれませんが、イメージしているものとは幾分ギャップがあります。

それでも博多っ子は見栄っ張りで豪快なところや人前であまり弱いところを見せないなど最も当てはまるといっていいかもしれません。

そんな中、外で男を立てる博多の女性は多く、姉さん女房の気質があるがあるので、家庭に入ると仕切られることも珍しくありません。

男性の博多っ子も江戸っ子と似た「宵越しの金は持たぬ」の金銭感覚があるので、むしろ姉御肌の女性の方が福岡では上手く行くケースが多いです。

3. お洒落好きは女性も男性も同じ

お洒落好きは女性も男性も同じ

ファッション雑誌で福岡、博多の街がよく紹介されるほどお洒落な街で、ブランド品だけでなく古着を上手に着こなす人も多いです。

お洒落は足下からとも言われる中、靴に対してもこだわりがあるのが博多の女性と言っても過言ではないでしょう。

飲み会も多く服装にもこだわることで出費が重なることもありますが、決して無駄使いをしているわけではないようです。

それだけ外見を気にする県民性なので、似合っている服があれば口に出して誉めてあげることが望ましいですが、九州男児に足りないのがそこかもしれません。

4. 日本のリバプールと言われるぐらい音楽が盛んなので恋愛もノリが大切

日本のリバプールと言われるぐらい音楽が盛んなので恋愛もノリが大切

博多は日本のリバプールと呼ばれるほど、数多くの著名なミュージシャンを輩出した音楽産業が盛んな街です。

目立ちたがり屋でロマンチックな感性がある博多の男性は、芸能人やプロスポーツ選手も多いです。

数多くのミュージシャンが日本のコンサート会場で最もノリが良い場所と言われるのが博多で、恋愛も男性は面白い人が好まれます。

正に音楽に共通する点があるので、ナルシストでイケメンでも話がつまらなければもてません。

絶叫マシンが好きな女性も多く、映画でもアクションものが受けたりします。

5. 祭り好きでお調子者は悪いことではありません

祭り好きでお調子者は悪いことではありません

音楽同様盛んなのがお祭りで、ゴールデンウィークの博多どんたくと9月の半ばに開催される放生会(ほうじょうや)に加え、博多祇園山笠の存在を忘れるわけにはいきません。

ユネスコの無形文化遺産に登録されている博多祇園山笠は、博多っ子が最も熱くなるお祭りで、福岡で悪口を言おうものなら怒鳴りつけられるほどみんなが大好きです。

祭りの時に気持ちが良い感覚は普段の会話でも見られ、ちょっとした豆知識などを裏付け取って話す人が少ないのも県民性として面白いと言えます。

講釈と言うより、調子良くリズミカルな感覚でデートをした方が良いでしょう。

6. 社交辞令が会社と恋愛では考え方も結果も全く違う

社交辞令が会社と恋愛では考え方も結果も全く違う

カッと頭に血が上りやすいのも博多っ子の男性の特徴で、一箇所の会社に定年まで働くケースがほかの都道府県と比べると低いと言えます。

「立つ鳥跡を濁さず」のことわざや社交辞令で、離職時には会社の方も辞める側も潔く握手をして格好良く別れます。

地元の戦国武将では有名な黒田官兵衛の『黒田節』の世界で、男らしさとは何かを考える場合が多いです。

ただし、恋愛では男女とも若ければお互いブライドがぶつかることもあるので、女性の場合は後悔まではしないとしてもたまに気になったりするケースも中にはあるようです。

7. 「焼けぼっくいに火が点くコーナー」が地元のローカルテレビでもありました

「焼けぼっくいに火が点くコーナー」が地元のローカルテレビでもありました

恋愛では男の浪漫とは全く違って情が深い博多の女性も多くて、よりを戻す ケースも他県では考えられないほど多いです。

焼けぼっくいに火が点くことも多く、過去は今までそして今からが未来と考えるところはアメリカっぽい外国でも大陸的な考えを持っています。

お互い会えなかった間に成長していたと考える上に、別れたあとでも恨むことより男性の成功を願っている人が多いのが博多の女性のいいところです。

言い換えれば、付き合っていた男性が格好悪いことをよしとしないプライドの表れでもあります。

8. 結婚相手の理想は高いことには間違いないようです

博多っ子の結婚年齢は比較的高いのですが、遅くなればどうしても理想が高くなってしまいます。

本州の政令都市と比べると上場会社も多くはなく、県民所得に関しても福岡は経済規模のわりにはそれほど高くはありません。

高学歴で高収入が人気なのですが、全てそうとは限りませんので、どうしても婚期が遅れてしまう女性がいます。

また、意外にも出会いの場所と言うのがそこまで多くなく、恋愛や結婚では友達の紹介と言うのが多いようです。

そのためにも日頃から異性だけでなく同性にも気遣いができる人が好まれるのが博多です。

博多っ子の女性の特徴をまとめてみました。あなたの周りには博多っ子の女性はいませんか?


歴史的な影響もあって社交性が抜群です

長崎や大阪の堺と並ぶ古くから国際港として栄えた博多は、国内外のいろんな文化を吸収して来たこともあり、外から来た人にとても親切です。

親しみやすい性格は幅広い世代に受け継がれ、社交性が抜群なのが大きな特徴です。

都会でありながらも物価が安く、日本国内において単身赴任の人気の土地でもあります。

気軽に声を掛けやすい雰囲気なので、気に入っている女性ができれば、恋愛と言うよりも先ずは食事に誘ってみることをおすすめします。

姉さん女房の気質もある博多の女性

九州男児と言った言葉を聞かれたことがあるかもしれませんが、イメージしているものとは幾分ギャップがあります。

それでも博多っ子は見栄っ張りで豪快なところや人前であまり弱いところを見せないなど最も当てはまるといっていいかもしれません。

そんな中、外で男を立てる博多の女性は多く、姉さん女房の気質があるがあるので、家庭に入ると仕切られることも珍しくありません。

男性の博多っ子も江戸っ子と似た「宵越しの金は持たぬ」の金銭感覚があるので、むしろ姉御肌の女性の方が福岡では上手く行くケースが多いです。

お洒落好きは女性も男性も同じ

ファッション雑誌で福岡、博多の街がよく紹介されるほどお洒落な街で、ブランド品だけでなく古着を上手に着こなす人も多いです。

お洒落は足下からとも言われる中、靴に対してもこだわりがあるのが博多の女性と言っても過言ではないでしょう。

飲み会も多く服装にもこだわることで出費が重なることもありますが、決して無駄使いをしているわけではないようです。

それだけ外見を気にする県民性なので、似合っている服があれば口に出して誉めてあげることが望ましいですが、九州男児に足りないのがそこかもしれません。

日本のリバプールと言われるぐらい音楽が盛んなので恋愛もノリが大切

博多は日本のリバプールと呼ばれるほど、数多くの著名なミュージシャンを輩出した音楽産業が盛んな街です。

目立ちたがり屋でロマンチックな感性がある博多の男性は、芸能人やプロスポーツ選手も多いです。

数多くのミュージシャンが日本のコンサート会場で最もノリが良い場所と言われるのが博多で、恋愛も男性は面白い人が好まれます。

正に音楽に共通する点があるので、ナルシストでイケメンでも話がつまらなければもてません。

絶叫マシンが好きな女性も多く、映画でもアクションものが受けたりします。

祭り好きでお調子者は悪いことではありません

音楽同様盛んなのがお祭りで、ゴールデンウィークの博多どんたくと9月の半ばに開催される放生会(ほうじょうや)に加え、博多祇園山笠の存在を忘れるわけにはいきません。

ユネスコの無形文化遺産に登録されている博多祇園山笠は、博多っ子が最も熱くなるお祭りで、福岡で悪口を言おうものなら怒鳴りつけられるほどみんなが大好きです。

祭りの時に気持ちが良い感覚は普段の会話でも見られ、ちょっとした豆知識などを裏付け取って話す人が少ないのも県民性として面白いと言えます。

講釈と言うより、調子良くリズミカルな感覚でデートをした方が良いでしょう。

社交辞令が会社と恋愛では考え方も結果も全く違う

カッと頭に血が上りやすいのも博多っ子の男性の特徴で、一箇所の会社に定年まで働くケースがほかの都道府県と比べると低いと言えます。

「立つ鳥跡を濁さず」のことわざや社交辞令で、離職時には会社の方も辞める側も潔く握手をして格好良く別れます。

地元の戦国武将では有名な黒田官兵衛の『黒田節』の世界で、男らしさとは何かを考える場合が多いです。

ただし、恋愛では男女とも若ければお互いブライドがぶつかることもあるので、女性の場合は後悔まではしないとしてもたまに気になったりするケースも中にはあるようです。

「焼けぼっくいに火が点くコーナー」が地元のローカルテレビでもありました

恋愛では男の浪漫とは全く違って情が深い博多の女性も多くて、よりを戻す ケースも他県では考えられないほど多いです。

焼けぼっくいに火が点くことも多く、過去は今までそして今からが未来と考えるところはアメリカっぽい外国でも大陸的な考えを持っています。

お互い会えなかった間に成長していたと考える上に、別れたあとでも恨むことより男性の成功を願っている人が多いのが博多の女性のいいところです。

言い換えれば、付き合っていた男性が格好悪いことをよしとしないプライドの表れでもあります。

博多っ子の結婚年齢は比較的高いのですが、遅くなればどうしても理想が高くなってしまいます。

本州の政令都市と比べると上場会社も多くはなく、県民所得に関しても福岡は経済規模のわりにはそれほど高くはありません。

高学歴で高収入が人気なのですが、全てそうとは限りませんので、どうしても婚期が遅れてしまう女性がいます。

また、意外にも出会いの場所と言うのがそこまで多くなく、恋愛や結婚では友達の紹介と言うのが多いようです。

そのためにも日頃から異性だけでなく同性にも気遣いができる人が好まれるのが博多です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-