【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171116173221.html
おしゃれが苦手な女性の特徴

おしゃれが苦手な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
おしゃれが苦手な女性の特徴

人は、誰しも得て不得手があります。

中でも、おしゃれが苦手な女性とは、どのような特徴があるのでしょうか。

  • ファッション雑誌を読まない
  • 色のバランスが分からない
  • 自分に合う物が分からない
  • 自分が好きな物が分からない
  • 自分に自信がない
  • おしゃれより楽を優先してしまう
  • 見本をそのまま利用する
  • 持っている衣服が少ない
  • おしゃれな姿を見せたい人がいない
  • まとめ

1. ファッション雑誌を読まない

ファッション雑誌を読まない

おしゃれが苦手な人は、そもそもが、おしゃれの知識を持っていないか若しくは知識が乏しいと言えます。

おしゃれの知識を得るものと言えば、ファッション雑誌が主となってきます。

逆を言えば、ファッション雑誌を読まない人は知識を得る場が限られ、なかなかおしゃれを習得することが出来ません。

そのため、おしゃれが苦手な人の多くは、ファッション雑誌を目にすることが無いと言えるのです。

2. 色のバランスが分からない

色のバランスが分からない

ファッションで大事な要素の1つが色合いです。

どんなにおしゃれな服でも、中に着る服と羽織る服、ズボン等の色がバラバラで統一性がなかったり、全く合わない色合いの組み合わせにしてしまうと、一気にダサくなってしまいます。

また、膨張して太って見えてしまう色や柄もあります。

色のバランスが分からない人は、ファッションを上手く組み合わせることができずに、おしゃれにすることが難しくなるのです。

3. 自分に合う物が分からない

自分に合う物が分からない

人にはそれぞれ、似合うコーディネートと似合わないコーディネートがあります。

どんなにおしゃれな服でも、その身の丈にあった人物が着なければ、本当のおしゃれとは言えません。

パンツが好きでも似合わないかもしれません。

スカートが嫌いでも似合うかもしれません。

そのような形で、自分の好き嫌いだけでファッションを選んで、似合う似合わないを考えないと、おしゃれとは言えないのです。

きちんと自分にあったバランスの良いファッションをしたいものです。

4. 自分が好きな物が分からない

自分が好きな物が分からない

先にも述べたように、人にはそれぞれ、似合うコーディネートと似合わないコーディネートがあります。

それを理解するには、まず様々なファッションを試してみるのも一つの手です。

そうなると、大抵は自らの好きなファッションから手をつけるものですが、自らの好きなファッションが分からないと、そのスタートラインに立つことも出来ません。

その結果、おしゃれに苦手意識を持ってしまうこともあるのです。

5. 自分に自信がない

自分に自信がない

自分に自信がない人も、おしゃれを苦手としがちです。

ファッションの知識があり、ファッションセンスに富んでいても、自分に自信がないと、『こんなに素敵な服が自分に似合うわけが無い』『自分には、このコーディネートは高度で似合わない』等と、全てにおいて自分には似合わないと感じてしまい、手を出すことが出来ないのです。

それが例え、周囲から見て『似合う』と思うものでも、当人はお世辞だと思うこともあります。

とても勿体ないタイプです。

6. おしゃれより楽を優先してしまう

おしゃれより楽を優先してしまう

中には、堅苦しい思いをしてまでおしゃれを楽しむよりも、楽な服装を優先する人もいます。

決してファッションセンスが無いわけではなく、自分に自信がないわけでもありませんが、多少おしゃれ度が低くなっても、自分が過ごしやすい服装になりたいと思いがちです。

ゆったりしたワンピースやスウェット等、ルームウェアとして使用するようなものでも、慣れてしまうと外出着として使用することに抵抗がなくなります。

楽さを重視しているだけで、ファッションセンスが悪いわけではない人もいるため、こちらも勿体ないタイプです。

7. 見本をそのまま利用する

見本をそのまま利用する

おしゃれが苦手な女性の中には、その事を恥ずかしく思っている人もいます。

また、周囲から服装のことを言われて嫌気がさす人もいます。

そんな時、お店のマネキンや店員、雑誌のファッションをそのまま使用する事があります。

マネキンや紹介されているものならば、間違いがないと思うのです。

これならば、センスが無くても元々作り上げられているものなので、安心して着ることが出来るのです。

8. 持っている衣服が少ない

持っている衣服が少ない

おしゃれが苦手な人は、そもそもファッションに興味がない人が多いので、拘りがなく、持っている衣服も少ないものです。

『とりあえず着ることが出来れば良い』という認識なので、あえて多くの衣服を所持しようとは思わないのです。

そのため、同じ衣服を繰り返し使用することが多くなります。

それでも、当人は一切気にしないのです。

9. おしゃれな姿を見せたい人がいない

おしゃれな姿を見せたい人がいない

人は、おしゃれな姿を見せたい人がいればいるほど、ファッションに気を遣うものです。

女性ならば尚更であり、相手が異性である場合はより気にかけます。

逆を言えば、そのようなおしゃれな姿を見せたい人がいないと、おしゃれを頑張らないということです。

そのような状況が続くと、ファッションにも疎くなり、おしゃれが苦手となってしまうのです。

まとめ

女性は誰しもおしゃれでいたいと思うものですが、だからと言って、皆が皆おしゃれが得意とは言えません。

おしゃれが苦手な女性のことも受け入れてあげることが出来たら良いと同時に、時には苦手な人には、教えてあげるような優しさを持ちたいものです。

人は、誰しも得て不得手があります。

中でも、おしゃれが苦手な女性とは、どのような特徴があるのでしょうか。


ファッション雑誌を読まない

おしゃれが苦手な人は、そもそもが、おしゃれの知識を持っていないか若しくは知識が乏しいと言えます。

おしゃれの知識を得るものと言えば、ファッション雑誌が主となってきます。

逆を言えば、ファッション雑誌を読まない人は知識を得る場が限られ、なかなかおしゃれを習得することが出来ません。

そのため、おしゃれが苦手な人の多くは、ファッション雑誌を目にすることが無いと言えるのです。

色のバランスが分からない

ファッションで大事な要素の1つが色合いです。

どんなにおしゃれな服でも、中に着る服と羽織る服、ズボン等の色がバラバラで統一性がなかったり、全く合わない色合いの組み合わせにしてしまうと、一気にダサくなってしまいます。

また、膨張して太って見えてしまう色や柄もあります。

色のバランスが分からない人は、ファッションを上手く組み合わせることができずに、おしゃれにすることが難しくなるのです。

自分に合う物が分からない

人にはそれぞれ、似合うコーディネートと似合わないコーディネートがあります。

どんなにおしゃれな服でも、その身の丈にあった人物が着なければ、本当のおしゃれとは言えません。

パンツが好きでも似合わないかもしれません。

スカートが嫌いでも似合うかもしれません。

そのような形で、自分の好き嫌いだけでファッションを選んで、似合う似合わないを考えないと、おしゃれとは言えないのです。

きちんと自分にあったバランスの良いファッションをしたいものです。

自分が好きな物が分からない

先にも述べたように、人にはそれぞれ、似合うコーディネートと似合わないコーディネートがあります。

それを理解するには、まず様々なファッションを試してみるのも一つの手です。

そうなると、大抵は自らの好きなファッションから手をつけるものですが、自らの好きなファッションが分からないと、そのスタートラインに立つことも出来ません。

その結果、おしゃれに苦手意識を持ってしまうこともあるのです。

自分に自信がない

自分に自信がない人も、おしゃれを苦手としがちです。

ファッションの知識があり、ファッションセンスに富んでいても、自分に自信がないと、『こんなに素敵な服が自分に似合うわけが無い』『自分には、このコーディネートは高度で似合わない』等と、全てにおいて自分には似合わないと感じてしまい、手を出すことが出来ないのです。

それが例え、周囲から見て『似合う』と思うものでも、当人はお世辞だと思うこともあります。

とても勿体ないタイプです。

おしゃれより楽を優先してしまう

中には、堅苦しい思いをしてまでおしゃれを楽しむよりも、楽な服装を優先する人もいます。

決してファッションセンスが無いわけではなく、自分に自信がないわけでもありませんが、多少おしゃれ度が低くなっても、自分が過ごしやすい服装になりたいと思いがちです。

ゆったりしたワンピースやスウェット等、ルームウェアとして使用するようなものでも、慣れてしまうと外出着として使用することに抵抗がなくなります。

楽さを重視しているだけで、ファッションセンスが悪いわけではない人もいるため、こちらも勿体ないタイプです。

見本をそのまま利用する

おしゃれが苦手な女性の中には、その事を恥ずかしく思っている人もいます。

また、周囲から服装のことを言われて嫌気がさす人もいます。

そんな時、お店のマネキンや店員、雑誌のファッションをそのまま使用する事があります。

マネキンや紹介されているものならば、間違いがないと思うのです。

これならば、センスが無くても元々作り上げられているものなので、安心して着ることが出来るのです。

持っている衣服が少ない

おしゃれが苦手な人は、そもそもファッションに興味がない人が多いので、拘りがなく、持っている衣服も少ないものです。

『とりあえず着ることが出来れば良い』という認識なので、あえて多くの衣服を所持しようとは思わないのです。

そのため、同じ衣服を繰り返し使用することが多くなります。

それでも、当人は一切気にしないのです。

おしゃれな姿を見せたい人がいない

人は、おしゃれな姿を見せたい人がいればいるほど、ファッションに気を遣うものです。

女性ならば尚更であり、相手が異性である場合はより気にかけます。

逆を言えば、そのようなおしゃれな姿を見せたい人がいないと、おしゃれを頑張らないということです。

そのような状況が続くと、ファッションにも疎くなり、おしゃれが苦手となってしまうのです。

女性は誰しもおしゃれでいたいと思うものですが、だからと言って、皆が皆おしゃれが得意とは言えません。

おしゃれが苦手な女性のことも受け入れてあげることが出来たら良いと同時に、時には苦手な人には、教えてあげるような優しさを持ちたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-