【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171113171103.html
男っぽい女性の特徴

男っぽい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
男っぽい女性の特徴

男っぽい女性というのは、男性的で冷静で細かいことを気にしない器の大きな女性です。

とはいえ本当のところ内面では女性らしさを持っていることも少なくありません。

  • 男と話す方が楽しいと感じる
  • とても冷静で感情に流されないところ
  • わりとさっぱりしている
  • 世間体をあまり気にしない
  • 服装や髪型が男性みたい
  • 女性から頼られる
  • 強がりを言ってしまう
  • いつもはっきりとしゃべる
  • ぶりっ子やチャラチャラした女が嫌い
  • まとめ

1. 男と話す方が楽しいと感じる

男と話す方が楽しいと感じる

女なので異性になるのですが、男と普通に会話をする方が気を使わないし話が合うと感じる女性です。

男性たちもその女性にはあまり色気を感じることなくなんだか普通な感じで気さくなところがあります。

そのような女性は女が苦手であり、女が楽しがるような恋愛とか芸能人ネタとか、かわいい系の話題などには興味がなく、男性とふざけたり、また下ネタなども平気という感じで男からすると、なんでも話せるような雰囲気のある女性は男っぽいなと感じます。

2. とても冷静で感情に流されないところ

とても冷静で感情に流されないところ

どちらかというと女性というのは感情が先に来ることがあり、それを表すのに対して、男性というのは理性を働かせて原因や結果などを分析したり、物事を冷静に見ようとするところがあります。

男っぽい女性は、そうした感情に流されず、物事を分析したり、焦ったりすることがなく、慎重であるゆえに頼られやすさがあります。

それゆえに正しい決断ができて、なぜその決断がいいのかが理由を説明できるほどしっかりしている女性は男っぽいのです。

3. わりとさっぱりしている

わりとさっぱりしている

細かいことをねちねちと気にしたりすることがあるのが女性に多いかもしれませんが、非常にさっぱりしていて、嫌なことも過ぎ去ってしまったものとすっきりと忘れることができ、切り替えができる女性、器が大きく、失敗やミスを許してあげることができる女性は男っぽいところがあります。

くよくよといつまでも悩むのではなく、終わったことと過去にとらわれるのではなく、前を見ることができる女性は男性的なところがあります。

4. 世間体をあまり気にしない

世間体をあまり気にしない

他の人からどう思われるだろうか、そんなことを気にせず行動できるのが男性には多いのですが、それができる女性は確かに男性的です。

人からの評価などを気にしていたら仕事も恋もできないと、大胆なことまでできてしまうところがあり、誰と付き合おうが自分の勝手という感じで人の目をあまり気にせず動くことができる女性は羨ましいと同性から思われるほど男性的です。

5. 服装や髪型が男性みたい

服装や髪型が男性みたい

女の子っぽいかわいい服を着ることが嫌で髪はショートヘアであり、ボーイッシュな恰好をすることが多い女性です。

見るからに健康そうに見えますし、ガッツがありそうなそんな雰囲気がします。

男にも負けないようなオーラが出ており、それが服装にも表れているのであり、スカートなどはまず履かない、そのような女性は男っぽさがあります。

6. 女性から頼られる

女性から頼られる

女性というのはとにかく悩みとか起きたことを聞いて欲しいという気持ちがあります。

話好きであり、これといった内容のある会話ではなくても長々と話してしまうことも少なくないのですが、そんな女からの相談をしっかり聞いて、的確なアドバイスを与えることができる女性は頼られるし、どちらかというと姐御のようで恋人でいうと男性役になってくれる女性です。

理想の上司のような存在になっている女性は確かに男っぽさがあります。

7. 強がりを言ってしまう

強がりを言ってしまう

本当はそれほど強いわけではないのですが、いつも強がりを言って、男には負けないという雰囲気を出している女性というのは、つらいときにも自分だけで解決をしようとしますし、ある意味人に助けを求めたり甘えたりすることが苦手ともいえます。

寂しいという気持ちなど絶対に口に出すことはできませんし、そのキャラになってしまっているということもあり、自分に素直になることができないのです。

ちょっと損なところもあると言えるかもしれません。

8. いつもはっきりとしゃべる

いつもはっきりとしゃべる

歯切れがいつも良くて白黒はっきりしていて、何が言いたいのかをはっきり説明することができるし、相手にもそうしたことを要求する女性です。

相手との会話のときでも、要するにこういうこと、という感じで相手の考えていることをまとめることができ、はっきりとさせることができる、つまり結論にまで導くことができる女性は男っぽさがあります。

曖昧さやグレーゾーンのような部分をあまり作らない女性です。

9. ぶりっ子やチャラチャラした女が嫌い

ぶりっ子やチャラチャラした女が嫌い

男にチャラチャラしたり、ぶりっ子したりして、いかにも女の子ぶって男の気を引こうとするようなしぐさをする女が大嫌いであり、そういう女を避けようとします。

決して女の武器のようなものを男に見せることはしませんし、男には全く関心がないというような素振りを見せる女性は男っぽいのですが、内心は本当にそうなのかわからないところがあります。

まとめ

男っぽい女性は男性からも女性からも好かれやすさがあります。

とはいえいつも強そうに見え、誰かに相談したり甘えたりすることができないために損をしてしまうこともあります。

そして男っぽさを出し続けることに疲れてしまうこともあるかもしれません。

実は男っぽい女性ほど助けを必要としているということはあるものです。

男っぽい女性というのは、男性的で冷静で細かいことを気にしない器の大きな女性です。

とはいえ本当のところ内面では女性らしさを持っていることも少なくありません。


男と話す方が楽しいと感じる

女なので異性になるのですが、男と普通に会話をする方が気を使わないし話が合うと感じる女性です。

男性たちもその女性にはあまり色気を感じることなくなんだか普通な感じで気さくなところがあります。

そのような女性は女が苦手であり、女が楽しがるような恋愛とか芸能人ネタとか、かわいい系の話題などには興味がなく、男性とふざけたり、また下ネタなども平気という感じで男からすると、なんでも話せるような雰囲気のある女性は男っぽいなと感じます。

とても冷静で感情に流されないところ

どちらかというと女性というのは感情が先に来ることがあり、それを表すのに対して、男性というのは理性を働かせて原因や結果などを分析したり、物事を冷静に見ようとするところがあります。

男っぽい女性は、そうした感情に流されず、物事を分析したり、焦ったりすることがなく、慎重であるゆえに頼られやすさがあります。

それゆえに正しい決断ができて、なぜその決断がいいのかが理由を説明できるほどしっかりしている女性は男っぽいのです。

わりとさっぱりしている

細かいことをねちねちと気にしたりすることがあるのが女性に多いかもしれませんが、非常にさっぱりしていて、嫌なことも過ぎ去ってしまったものとすっきりと忘れることができ、切り替えができる女性、器が大きく、失敗やミスを許してあげることができる女性は男っぽいところがあります。

くよくよといつまでも悩むのではなく、終わったことと過去にとらわれるのではなく、前を見ることができる女性は男性的なところがあります。

世間体をあまり気にしない

他の人からどう思われるだろうか、そんなことを気にせず行動できるのが男性には多いのですが、それができる女性は確かに男性的です。

人からの評価などを気にしていたら仕事も恋もできないと、大胆なことまでできてしまうところがあり、誰と付き合おうが自分の勝手という感じで人の目をあまり気にせず動くことができる女性は羨ましいと同性から思われるほど男性的です。

服装や髪型が男性みたい

女の子っぽいかわいい服を着ることが嫌で髪はショートヘアであり、ボーイッシュな恰好をすることが多い女性です。

見るからに健康そうに見えますし、ガッツがありそうなそんな雰囲気がします。

男にも負けないようなオーラが出ており、それが服装にも表れているのであり、スカートなどはまず履かない、そのような女性は男っぽさがあります。

女性から頼られる

女性というのはとにかく悩みとか起きたことを聞いて欲しいという気持ちがあります。

話好きであり、これといった内容のある会話ではなくても長々と話してしまうことも少なくないのですが、そんな女からの相談をしっかり聞いて、的確なアドバイスを与えることができる女性は頼られるし、どちらかというと姐御のようで恋人でいうと男性役になってくれる女性です。

理想の上司のような存在になっている女性は確かに男っぽさがあります。

強がりを言ってしまう

本当はそれほど強いわけではないのですが、いつも強がりを言って、男には負けないという雰囲気を出している女性というのは、つらいときにも自分だけで解決をしようとしますし、ある意味人に助けを求めたり甘えたりすることが苦手ともいえます。

寂しいという気持ちなど絶対に口に出すことはできませんし、そのキャラになってしまっているということもあり、自分に素直になることができないのです。

ちょっと損なところもあると言えるかもしれません。

いつもはっきりとしゃべる

歯切れがいつも良くて白黒はっきりしていて、何が言いたいのかをはっきり説明することができるし、相手にもそうしたことを要求する女性です。

相手との会話のときでも、要するにこういうこと、という感じで相手の考えていることをまとめることができ、はっきりとさせることができる、つまり結論にまで導くことができる女性は男っぽさがあります。

曖昧さやグレーゾーンのような部分をあまり作らない女性です。

ぶりっ子やチャラチャラした女が嫌い

男にチャラチャラしたり、ぶりっ子したりして、いかにも女の子ぶって男の気を引こうとするようなしぐさをする女が大嫌いであり、そういう女を避けようとします。

決して女の武器のようなものを男に見せることはしませんし、男には全く関心がないというような素振りを見せる女性は男っぽいのですが、内心は本当にそうなのかわからないところがあります。

男っぽい女性は男性からも女性からも好かれやすさがあります。

とはいえいつも強そうに見え、誰かに相談したり甘えたりすることができないために損をしてしまうこともあります。

そして男っぽさを出し続けることに疲れてしまうこともあるかもしれません。

実は男っぽい女性ほど助けを必要としているということはあるものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-