【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171111152535.html
昆虫が好きな女性「虫ガール」に共通する特徴

昆虫が好きな女性「虫ガール」に共通する特徴 | LADYCO

LADYCO
昆虫が好きな女性「虫ガール」に共通する特徴

昆虫が好きという女性にはいくつかの共通する特徴があります。

秘かに増殖中の虫ガールの特徴をご紹介します。

  • 昆虫にロマンや神秘を感じている
  • 幼少期に科学的な教育を受けていることが多い
  • 色や模様に惹かれることが多い
  • 虫好きが高じて植物や地理にも詳しい
  • 特殊な趣味・好みにも寛容である
  • 協調しつつも虫好きの和を広めようとする
  • 想像力豊かで凝り性である
  • 害虫の捕獲は男性に任せたいと思っている
  • アウトドア派である
  • 隠れ&ゆるやか虫ガールも存在します
  • まとめ

1. 昆虫にロマンや神秘を感じている

昆虫にロマンや神秘を感じている

昆虫が好きな女性は、概ねその生態を観察することが好きで、小さなボディに、さまざまな本能が凝縮されている「昆虫」という生物に、限りないロマンも感じています。

その点については女性も男性と同様です。

それと共に、昆虫好きの女性(通称 虫ガール)の皆さんは、昆虫の色の鮮やかさや模様の美しさ、細い脚や触覚等の造形の細やかさに特別な美を感じる方が多いです。

2. 幼少期に科学的な教育を受けていることが多い

幼少期に科学的な教育を受けていることが多い

昆虫は大人になると苦手になる方が多いです。

ところが大人になっても昆虫が好きと言える女性は、この苦手意識を、幼い頃より施された教育を元に、理性的にブロックしていることが多く、学究的な観点で指導された経験から、昆虫も研究素材として見ることができます。

周囲の人が気持ち悪い!と嫌がる虫に関してすら、そうした対応が可能です。

こうした女性は、幼少期に科学的な教育を受けている可能性が高いです。

3. 色や模様に惹かれることが多い

色や模様に惹かれることが多い

好きな昆虫は人それぞれですが、概ね男性は少年期に、カブトムシやクワガタ、セミやトンボ、ダンゴムシ、アリといった戦闘を連想させる虫に夢中になり、大人になるにつれ、昆虫の好みが一気に多様化します。

一方の女性は幼い頃から大人に至るまで、色鮮やかなチョウやガ、模様が綺麗なアゲハチョウ等の幼虫、コロンとした形のコガネムシやカナブン等、ルックスや形の可愛さ、異様さに惹かれることが多いです。

4. 虫好きが高じて植物や地理にも詳しい

虫好きが高じて植物や地理にも詳しい

特別に好みの昆虫がいる場合は、その昆虫が集う植物を判別できるようになり、樹木や草の生態や生息地域に詳しくなります。

名もない山林や樹海などに行くことを喜び、森の中で落ち葉をめくったり、朽ちた樹皮を剥がしたり、木のウロの中を覗いたりして、昆虫を探すのが好きです。

昆虫を小さなケースに入れてルーペで観察したりすることも好みます。

必然的に地理にも詳しいです。

5. 特殊な趣味・好みにも寛容である

特殊な趣味・好みにも寛容である

「昆虫が好き」と口にすると、周囲から変人扱いされていることが少なくありません。

特に女性は男性よりその傾向が強く、そのため昆虫好きを公言できず「隠れ虫ガール」化している場合があります。

そういった偏見を受けたことによる反動で、自らは偏見をなくそうと努力していることも多く、他人のやや特殊な好みや趣味に対して比較的寛容です。

6. 協調しつつも虫好きの和を広めようとする

協調しつつも虫好きの和を広めようとする

昆虫好きな女性は、男性に比べて、友達や家族に虫好き趣味を広めようとする傾向が見られます。

昆虫が嫌いになる原因は、昆虫に関する有害情報が次々に入ってくること、都会的な生活様式が進み昆虫に触れあう機会が減り接し方がわからなくなること、突然に現れる昆虫に驚くことが慣習になり出現だけでなく昆虫自体を嫌うようになる、など様々ですが、こうした虫嫌いをやんわり克服してあげようとします。

7. 想像力豊かで凝り性である

想像力豊かで凝り性である

昆虫には、その小さなボディに生命に必要な活動のメカニズムがギュッと凝縮されています。

昆虫はそれぞれ独自の行動様式をもっており、それらに進化の過程で生き延びることができた理由を見出すこともできます。

昆虫の動き一つ一つにロマンや神秘性を見いだせる女性は、想像力がとても豊かで、きめ細かく観察を行う凝り性であるといえます。

8. 害虫の捕獲は男性に任せたいと思っている

害虫の捕獲は男性に任せたいと思っている

一般的に女性は「男性なら、たとえ虫が嫌いでも、家に出た害虫くらいは頑張って捕殺して欲しい」と思っています。

一般女性とはちょっと異なる昆虫好きな女性も、害虫に関しては観察対象の昆虫とは区別して考えることが多く、世の女性と同様、害虫の捕獲は男性にやってもらいたいと考える方が多いです。

そのため、もし男性が極度の虫嫌いであり、害虫の捕殺を昆虫好き女性に担せた場合でも、男性がお礼を言った方が丸く収まります。

9. アウトドア派である

アウトドア派である

昆虫といえば(稀に家の中にいて驚くこともありますが)基本的に屋外に生息しています。

昆虫の捕獲や観察は戸外の活動が欠かせないため、昆虫好きの女性は必然的にアウトドア派が多いです。

虫の生態にあわせて朝早く行動したり、厳しい自然環境の中でも頑張りがききます。

彼氏となる男性にもそれに沿った行動をしてもらえると喜びます。

10. 隠れ&ゆるやか虫ガールも存在します

隠れ&ゆるやか虫ガールも存在します

昆虫が好きといっても観察日記を書いたり、ペアで飼って繁殖させたり、蛹から蝶になる様子を愛でたりするような本格的な女性ばかりではありません。

虫好きをあえて公言しない「隠れ虫ガール」や、草むらにいるショウリョウバッタ、初秋の田畑に飛ぶアキアカネ、春の花壇にひらひら舞うモンシロチョウのような、周囲の景観と昆虫を一緒に眺めて楽しむ「ゆるやか虫ガール」も存在します。

これらは一般的な害虫が苦手な場合も多いですが、ミツバチ程度なら自分の周りに飛ぶのを許します。

自然保護や環境問題への関心が高い方が多いです。

まとめ

昨今では益虫といわれる昆虫ですら「見るだけで不快」という理由で駆除する世の中です。

都会的な生活において昆虫はむしろ不要であり、それに従って更に馴染みにくい生物になっています。

そんな中で、昆虫という小さな生き物を見たり、飼育したりして楽しむ昆虫好き女性は、想像力が大変豊かであり、寛容な心の持ち主といえます。

ぜひみなさんも、こういった特徴を参考にしながら、昆虫が好きな女性と接してみてください。

虫が出てくる夢を見たときはスピトピ

昆虫が好きという女性にはいくつかの共通する特徴があります。

秘かに増殖中の虫ガールの特徴をご紹介します。


昆虫にロマンや神秘を感じている

昆虫が好きな女性は、概ねその生態を観察することが好きで、小さなボディに、さまざまな本能が凝縮されている「昆虫」という生物に、限りないロマンも感じています。

その点については女性も男性と同様です。

それと共に、昆虫好きの女性(通称 虫ガール)の皆さんは、昆虫の色の鮮やかさや模様の美しさ、細い脚や触覚等の造形の細やかさに特別な美を感じる方が多いです。

幼少期に科学的な教育を受けていることが多い

昆虫は大人になると苦手になる方が多いです。

ところが大人になっても昆虫が好きと言える女性は、この苦手意識を、幼い頃より施された教育を元に、理性的にブロックしていることが多く、学究的な観点で指導された経験から、昆虫も研究素材として見ることができます。

周囲の人が気持ち悪い!と嫌がる虫に関してすら、そうした対応が可能です。

こうした女性は、幼少期に科学的な教育を受けている可能性が高いです。

1 / 5
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-