【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171110175154.html
ブランド品が嫌いな女性の特徴

ブランド品が嫌いな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ブランド品が嫌いな女性の特徴

男性からしたらブランド品が大好きでお金がかかる女性よりも、ブランド品を苦手としている女性の方が付き合いやすいでしょう。

では、どんな女性がブランド品を苦手としているのでしょうか?

ブランド品が嫌いな女性の特徴をご紹介します。

  • 誰が見てもすぐに分かるブランド品を持ちたくない
  • 安価なものが好き
  • 反骨精神がある
  • 堅実派
  • 個性的なオシャレを楽しめる
  • 身の丈に合った生活ができている
  • 流行に敏感ではない
  • お金を使いたくない
  • まとめ

1. 誰が見てもすぐに分かるブランド品を持ちたくない

誰が見てもすぐに分かるブランド品を持ちたくない

ブランド品が大好きな女性は誰が見てもブランド品だと分かる物を持って自慢したがります。

ですが、ブランド品が嫌いな女性は「あの人ブランド品のバック持ってる」などとすぐに分かってしまうモノを持ちたくないのです。

ブランド品が嫌いというより、ひと目で分かるブランド品を持っている気恥かしさがあるようです。

2. 安価なものが好き

安価なものが好き

ブランド品はとても高価な物なので耐久性や持ちはかなり良いでしょう。

ですが、ブランド品が嫌いな女性は「高価な物が良いとは限らない」「高価なものだから長持ちして当たり前」という考えを持っています。

物というのは耐久性や持ちは大事ですが、実用性も大事なので、ブランド品が嫌いな女性は実用性を重視した安価な物を選びがちです。

「ケチ」というより「倹約家」といったところでしょう。

3. 反骨精神がある

反骨精神がある

人気のあるブランド品は沢山の人が持っていて、どこでいくらで販売されているのかもすぐに分かってしまうため人と被りやすいだけではなく、「みんなと被るのが嫌」という反骨精神があることでブランド品を嫌っているようです。

人気のある物を持ったり、流行のファッションをするより、自分に合った価格や物を身に付けることを好みやすいのです。

またはみんなと被るのを嫌っていることでオーダーやセミオーダーをして世界に1つだけの自分のモノを作って身に付けたりします。

4. 堅実派

堅実派

ブランド品が大好きな女性は「高い物を持っている私ってどう?」と自慢げに身に付けていたり、自分へのご褒美としてブランド品を購入する女性が多いのですが、ブランド品が嫌いな女性は「似ているモノがノーブランドでもプチプラの店舗で買えるからブランドじゃなくても」などと思い、ブランド品だという事を重視せず、ブランド品に似ているモノをプチプラで購入し、安く見えないコーディネートなどをします。

プチプラの物を購入しているので、他にも必要なものを購入したり、余ったお金を貯金に回したりしています。

5. 個性的なオシャレを楽しめる

個性的なオシャレを楽しめる

ブランド品が大好きな女性はブランド品に着られていたり、誰でもできるコーディネートであったり、ブランド品をメインとしたコーディネートにしかできませんが、ブランド品が嫌いな女性はブランドにこだわりがないため個性的なファッションを楽しむことができます。

ノーブランドの物が多いので、パンツやトップスなどの1つの物同士が主張して喧嘩することもないため「その着方可愛い」「そういう着方があったか」などと周囲の人に褒められたり、参考にされることが良くあります。

6. 身の丈に合った生活ができている

身の丈に合った生活ができている

ブランド品が大好きな女性の中には借金をしてまでブランド品を購入している女性や、自分の生活を犠牲にしてまでブランド品を購入する女性が居ます。

ですがブランド品が嫌いな女性は、そんなブランド品が大好きな女性の事を「バカみたい」「そこまでしなくても」「高価なブランド品買う位なら美味しい物食べたい」などと思っています。

そのため自分の身の丈に合った生活をし、ファッションなどではなく時々エステに行ったり美味しいごはんを食べに行ったりして普段よりも少しお金をかけて楽しんでいたりします。

7. 流行に敏感ではない

流行に敏感ではない

ブランド品が嫌いな女性は流行に疎い人も少なくありません。

そのため「最近○○が流行ってるんだ」と、流行が終わってから気が付く事があります。

オシャレに対してそれほどこだわりがないためブランド品には興味が全くなく、ブランド品に対して「どうしてバックがあんなにするんだろ?」「高い服着なくても」などと思っています。

ブランド品が嫌いな女性は流行に敏感ではないためジーパンにパーカー、Tシャツといったとってもシンプルなファッションを好み、こうしたパターンのファッションばかりします。

8. お金を使いたくない

お金を使いたくない

バックでもブランド品はプチプラの物に比べたら値段が数十倍、何百倍とします。

そのためブランド品が嫌いな女性はこうした高価なブランド品に対して「お金がもったいない」と思っています。

「そのバック買うくらいなら旅行行きたい」「そんなに高いもの買うなら貯金に回したい」とも思い、高価なブランド品を購入することに必要性を感じていないのです。

「ブランド品にお金を使いたくない」と思うことは、元々ブランド品が全く好きではないということから始まっているのかもしれません。

まとめ

ブランド品がそれほど好きでなくても、ワンポイントとしてブランド品を使う女性も多いですが、新作が出るたびにブランド品を購入する女性は”稀”なのかもしれません。

ブランド品が嫌いな女性と交際していたり、結婚している男性は、相手の誕生日や記念日などにブランド品を渡したいと考えているのであれば、ブランド品だと主張していないさりげない感じの物や、他の人が持っていないようなブランド品をプレゼントすると喜ばれるでしょう。

男性からしたらブランド品が大好きでお金がかかる女性よりも、ブランド品を苦手としている女性の方が付き合いやすいでしょう。

では、どんな女性がブランド品を苦手としているのでしょうか?

ブランド品が嫌いな女性の特徴をご紹介します。


誰が見てもすぐに分かるブランド品を持ちたくない

ブランド品が大好きな女性は誰が見てもブランド品だと分かる物を持って自慢したがります。

ですが、ブランド品が嫌いな女性は「あの人ブランド品のバック持ってる」などとすぐに分かってしまうモノを持ちたくないのです。

ブランド品が嫌いというより、ひと目で分かるブランド品を持っている気恥かしさがあるようです。

安価なものが好き

ブランド品はとても高価な物なので耐久性や持ちはかなり良いでしょう。

ですが、ブランド品が嫌いな女性は「高価な物が良いとは限らない」「高価なものだから長持ちして当たり前」という考えを持っています。

物というのは耐久性や持ちは大事ですが、実用性も大事なので、ブランド品が嫌いな女性は実用性を重視した安価な物を選びがちです。

「ケチ」というより「倹約家」といったところでしょう。

反骨精神がある

人気のあるブランド品は沢山の人が持っていて、どこでいくらで販売されているのかもすぐに分かってしまうため人と被りやすいだけではなく、「みんなと被るのが嫌」という反骨精神があることでブランド品を嫌っているようです。

人気のある物を持ったり、流行のファッションをするより、自分に合った価格や物を身に付けることを好みやすいのです。

またはみんなと被るのを嫌っていることでオーダーやセミオーダーをして世界に1つだけの自分のモノを作って身に付けたりします。

堅実派

ブランド品が大好きな女性は「高い物を持っている私ってどう?」と自慢げに身に付けていたり、自分へのご褒美としてブランド品を購入する女性が多いのですが、ブランド品が嫌いな女性は「似ているモノがノーブランドでもプチプラの店舗で買えるからブランドじゃなくても」などと思い、ブランド品だという事を重視せず、ブランド品に似ているモノをプチプラで購入し、安く見えないコーディネートなどをします。

プチプラの物を購入しているので、他にも必要なものを購入したり、余ったお金を貯金に回したりしています。

個性的なオシャレを楽しめる

ブランド品が大好きな女性はブランド品に着られていたり、誰でもできるコーディネートであったり、ブランド品をメインとしたコーディネートにしかできませんが、ブランド品が嫌いな女性はブランドにこだわりがないため個性的なファッションを楽しむことができます。

ノーブランドの物が多いので、パンツやトップスなどの1つの物同士が主張して喧嘩することもないため「その着方可愛い」「そういう着方があったか」などと周囲の人に褒められたり、参考にされることが良くあります。

身の丈に合った生活ができている

ブランド品が大好きな女性の中には借金をしてまでブランド品を購入している女性や、自分の生活を犠牲にしてまでブランド品を購入する女性が居ます。

ですがブランド品が嫌いな女性は、そんなブランド品が大好きな女性の事を「バカみたい」「そこまでしなくても」「高価なブランド品買う位なら美味しい物食べたい」などと思っています。

そのため自分の身の丈に合った生活をし、ファッションなどではなく時々エステに行ったり美味しいごはんを食べに行ったりして普段よりも少しお金をかけて楽しんでいたりします。

流行に敏感ではない

ブランド品が嫌いな女性は流行に疎い人も少なくありません。

そのため「最近○○が流行ってるんだ」と、流行が終わってから気が付く事があります。

オシャレに対してそれほどこだわりがないためブランド品には興味が全くなく、ブランド品に対して「どうしてバックがあんなにするんだろ?」「高い服着なくても」などと思っています。

ブランド品が嫌いな女性は流行に敏感ではないためジーパンにパーカー、Tシャツといったとってもシンプルなファッションを好み、こうしたパターンのファッションばかりします。

お金を使いたくない

バックでもブランド品はプチプラの物に比べたら値段が数十倍、何百倍とします。

そのためブランド品が嫌いな女性はこうした高価なブランド品に対して「お金がもったいない」と思っています。

「そのバック買うくらいなら旅行行きたい」「そんなに高いもの買うなら貯金に回したい」とも思い、高価なブランド品を購入することに必要性を感じていないのです。

「ブランド品にお金を使いたくない」と思うことは、元々ブランド品が全く好きではないということから始まっているのかもしれません。

ブランド品がそれほど好きでなくても、ワンポイントとしてブランド品を使う女性も多いですが、新作が出るたびにブランド品を購入する女性は”稀”なのかもしれません。

ブランド品が嫌いな女性と交際していたり、結婚している男性は、相手の誕生日や記念日などにブランド品を渡したいと考えているのであれば、ブランド品だと主張していないさりげない感じの物や、他の人が持っていないようなブランド品をプレゼントすると喜ばれるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-