【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171109163923.html
小心者の女性の特徴

小心者の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
小心者の女性の特徴

いつもおどおどびくびくしていて、口数も少なく小心者の女性っていますよね。

そんな小心者の女性の性格の特徴は?気になる小心者女性の性格と、おどおどして行動できない理由に迫ります。

  • 慎重でよく考える性格
  • 臆病で怖がりな性格
  • 心配性・予期不安が強い
  • 自信がない、自己肯定感が低い
  • 依存心が強い
  • 世間体や人目を気にする性格
  • 完璧主義
  • まとめ

1. 慎重でよく考える性格

慎重でよく考える性格

小心者の女性は、やってみたいことがあっても、やってみた後に起きるであろう様々なリスクを予想して、やらない傾向があります。

それは、石橋を叩いて渡る慎重な性格だから。

慎重な性格の人は、ただ恐怖や不安を感じて、やりたいことに挑戦できないのではなく、先々のことをマイナスにシミュレーションしているため、慎重にならざるを得ません。

慎重に吟味して、なかなか新しい行動を起こさないので、小心者に見えてしまいます。

2. 臆病で怖がりな性格

臆病で怖がりな性格

臆病で怖がりな性格の女性は、小心者になりやすいです。

なにかを始める際、わくわくしたり楽しみにしたりするよりも、不安や恐怖を先に感じてしまう怖がりな性格だと、なにをやるにもついつい臆病になってしまいます。

臆病な人は、恐怖心を乗り越えて行動することができません。

結果的に、いつも決まったパターンの生活を好み、変化を怖れる小心者になってしまいます。

3. 心配性・予期不安が強い

心配性・予期不安が強い

女性は遺伝子的に、子育てや家庭の維持を得意とするので、先々のことによく気が付く性別です。

男性よりも、心配性で失敗や被害の予期に長けています。

小心者女性の中には、心配性で予期不安が強く、よく気が付くため行動できない方がいます。

行動する前に先々の不安をあらゆる角度で予測してしまうため、実際の行動に踏み切れず、小心者になってしまうのです。

4. 自信がない、自己肯定感が低い

自信がない、自己肯定感が低い

自分に自信がないと、なにかに挑戦するとき、よい結果が予想できません。

行動を起こした結果、「どうせ失敗する」と自分自信で思ってしまうため、行動すること自体をやめてしまい、小心者になってしまいます。

自信がない女性は、控えめで目立たないようにしているため、人になにかの選択を迫られたとき、びくびくおどおどしてしまい、小心者が全面に出てしまいます。

自己肯定感が低い女性も、自分「なんか」が行動することに否定的なため、あらゆる行動に制限を設けてしまう小心者です。

5. 依存心が強い

依存心が強い

誰かやなにかに依存したい気持ちが強いと、自分で判断や決断、選択ができないため、行動できず小心者になってしまいます。

自分が行った行動の責任を、誰かのせいにしたい気持ちが依存心です。

自分で決断し、行動してしまうと、たとえ失敗したとしても誰のせいにもできません。

自分の責任です。

行動がネガティブな結果に終わったとき、自己責任を背負うのが嫌な依存心の強い女性は、必然的に小心者になります。

6. 世間体や人目を気にする性格

世間体や人目を気にする性格

小心者の女性の中には、極度に他人からの評価や意見を気にする性格の人がいます。

目立って人からなにか言われたり、行動して失敗して笑われないか不安なのです。

家族やご近所さんなど、取り換えのきかない人間関係を円満にしておきたい家庭的な性格の持ち主にも、世間体を気にする性格のため小心者になる傾向があります。

人からの意見は、自分の意思ではコントロールできないため、なるべく変わったことをせず、変化や行動を起こさずにいたいのです。

それでも、普通に生活していれば、なにかの選択を迫られる場面に遭遇することがあります。

そんなとき、混乱して挙動不審な態度を取ってしまい、小心者なところが出てきてしまいます。

7. 完璧主義

完璧主義

完璧主義の女性の中には、失敗を極端に避けようとして、確実にできることしか行動に移さない小心者がいます。

絶対に失敗しない行動など、世の中にほとんど存在しないため、新しい挑戦ができず、小心者に。

まとめ

小心者の女性は、行動する前に行動した「結果」をネガティブに予想し、その結果を受け取るのが嫌なため、行動を起こさず、小心者でびくびくしているということがお分かり頂けたと思います。

本来なら、なにかやりたいことがあれば、積極的に挑戦し、失敗や経験を重ねながら、人は成長していくものです。

しかし、小心者の女性は、挑戦自体を行わないため、いつまで経っても行動による経験値を積むことができません。

行動した結果、成功しても失敗しても、挑戦したことによって、自信とまた挑戦してみようという勇気が得られます。

しかし、小心者で行動したくない、挑戦が怖い方は、行動した経験が少ないため、いつまでも挑戦が怖い気持ちだけしか増えません。

人は慣れる生き物です。

どんなに過酷な状況にも、人は慣れます。

ただし、それは行動すればの話。

いつまでも行動が怖い小心者の自分でいると、どんどん行動のチャンスは減り、年齢を重ねて体力や気力も落ちて、ますます行動できなくなります。

今、できること、やりたいことを、精一杯してみる。

その気持ちが、小心者の女性に勇気と行動力を与えます。

守るべきものができたとき、強くなり小心者を克服する女性もいます。

ですが結局、小心者の女性は、怖がって行動しないという選択を続けているので、それはそれでよいのかもしれませんね。

いつもおどおどびくびくしていて、口数も少なく小心者の女性っていますよね。

そんな小心者の女性の性格の特徴は?気になる小心者女性の性格と、おどおどして行動できない理由に迫ります。


慎重でよく考える性格

小心者の女性は、やってみたいことがあっても、やってみた後に起きるであろう様々なリスクを予想して、やらない傾向があります。

それは、石橋を叩いて渡る慎重な性格だから。

慎重な性格の人は、ただ恐怖や不安を感じて、やりたいことに挑戦できないのではなく、先々のことをマイナスにシミュレーションしているため、慎重にならざるを得ません。

慎重に吟味して、なかなか新しい行動を起こさないので、小心者に見えてしまいます。

臆病で怖がりな性格

臆病で怖がりな性格の女性は、小心者になりやすいです。

なにかを始める際、わくわくしたり楽しみにしたりするよりも、不安や恐怖を先に感じてしまう怖がりな性格だと、なにをやるにもついつい臆病になってしまいます。

臆病な人は、恐怖心を乗り越えて行動することができません。

結果的に、いつも決まったパターンの生活を好み、変化を怖れる小心者になってしまいます。

心配性・予期不安が強い

女性は遺伝子的に、子育てや家庭の維持を得意とするので、先々のことによく気が付く性別です。

男性よりも、心配性で失敗や被害の予期に長けています。

小心者女性の中には、心配性で予期不安が強く、よく気が付くため行動できない方がいます。

行動する前に先々の不安をあらゆる角度で予測してしまうため、実際の行動に踏み切れず、小心者になってしまうのです。

自信がない、自己肯定感が低い

自分に自信がないと、なにかに挑戦するとき、よい結果が予想できません。

行動を起こした結果、「どうせ失敗する」と自分自信で思ってしまうため、行動すること自体をやめてしまい、小心者になってしまいます。

自信がない女性は、控えめで目立たないようにしているため、人になにかの選択を迫られたとき、びくびくおどおどしてしまい、小心者が全面に出てしまいます。

自己肯定感が低い女性も、自分「なんか」が行動することに否定的なため、あらゆる行動に制限を設けてしまう小心者です。

依存心が強い

誰かやなにかに依存したい気持ちが強いと、自分で判断や決断、選択ができないため、行動できず小心者になってしまいます。

自分が行った行動の責任を、誰かのせいにしたい気持ちが依存心です。

自分で決断し、行動してしまうと、たとえ失敗したとしても誰のせいにもできません。

自分の責任です。

行動がネガティブな結果に終わったとき、自己責任を背負うのが嫌な依存心の強い女性は、必然的に小心者になります。

世間体や人目を気にする性格

小心者の女性の中には、極度に他人からの評価や意見を気にする性格の人がいます。

目立って人からなにか言われたり、行動して失敗して笑われないか不安なのです。

家族やご近所さんなど、取り換えのきかない人間関係を円満にしておきたい家庭的な性格の持ち主にも、世間体を気にする性格のため小心者になる傾向があります。

人からの意見は、自分の意思ではコントロールできないため、なるべく変わったことをせず、変化や行動を起こさずにいたいのです。

それでも、普通に生活していれば、なにかの選択を迫られる場面に遭遇することがあります。

そんなとき、混乱して挙動不審な態度を取ってしまい、小心者なところが出てきてしまいます。

完璧主義

完璧主義の女性の中には、失敗を極端に避けようとして、確実にできることしか行動に移さない小心者がいます。

絶対に失敗しない行動など、世の中にほとんど存在しないため、新しい挑戦ができず、小心者に。

小心者の女性は、行動する前に行動した「結果」をネガティブに予想し、その結果を受け取るのが嫌なため、行動を起こさず、小心者でびくびくしているということがお分かり頂けたと思います。

本来なら、なにかやりたいことがあれば、積極的に挑戦し、失敗や経験を重ねながら、人は成長していくものです。

しかし、小心者の女性は、挑戦自体を行わないため、いつまで経っても行動による経験値を積むことができません。

行動した結果、成功しても失敗しても、挑戦したことによって、自信とまた挑戦してみようという勇気が得られます。

しかし、小心者で行動したくない、挑戦が怖い方は、行動した経験が少ないため、いつまでも挑戦が怖い気持ちだけしか増えません。

人は慣れる生き物です。

どんなに過酷な状況にも、人は慣れます。

ただし、それは行動すればの話。

いつまでも行動が怖い小心者の自分でいると、どんどん行動のチャンスは減り、年齢を重ねて体力や気力も落ちて、ますます行動できなくなります。

今、できること、やりたいことを、精一杯してみる。

その気持ちが、小心者の女性に勇気と行動力を与えます。

守るべきものができたとき、強くなり小心者を克服する女性もいます。

ですが結局、小心者の女性は、怖がって行動しないという選択を続けているので、それはそれでよいのかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-