【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171109163746.html
自我の強い女性の特徴

自我の強い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自我の強い女性の特徴

我が強いことと自我が強いことは、似ているようでいて全く異なります。

わがままで自分勝手な「我が強い」女性とは異なる、一本芯の通った「自我の強い」女性の特徴をご紹介します。

  • 自分の考えを持っている
  • 自分の意見を言うことを恐れない
  • 立ち居振る舞いに芯がある
  • 自分の時間を大切にする
  • 負けを認められる
  • 他人を思いやれる
  • 自慢をしない
  • 自我が強い女性が陥りやすい「依存」
  • まとめ

1. 自分の考えを持っている

自分の考えを持っている

「自我」と言う言葉には、アイデンティティという意味があります。

アイデンティティは、簡単に言うと、他者と自分を区別する能力のことです。

赤ちゃんが成長して、自分と母親は一心同体ではないと気づくことを「アイデンティティが芽生える」と言ったりします。

自我の強い女性は、他人とは違う自分の考えをしっかりと持っています。

情報や流行に惑わされず、内容を吟味して、取捨選択し、しっかりと自分の頭で考えて意見を形成することができるのです。

2. 自分の意見を言うことを恐れない

自分の意見を言うことを恐れない

自我の強い女性は自分の考えがしっかりいているので、自分の意見を言うことを恐れません。

その意見にはちゃんとした根拠があり、しっかりと考えぬかれたものだからです。

自分の言っていることに自信があるので、語尾を上げて話したり、語尾が小さくなったりはしません。

言葉遣いは丁寧で、理路整然と話します。

会議で一人だけ冷静に反対意見を言えたり、流行のスカートは自分の体形に合わないからと購買を控えたり、上司からのお酒の席の誘いを断ったりするのも、自我の強い女性の特徴です。

3. 立ち居振る舞いに芯がある

立ち居振る舞いに芯がある

自我の強い女性の自信は、行動にも表れます。

女性は小さなころから、乱暴な立ち居振る舞いを注意され、スカートをはいている時には膝を開かないように、両手を膝の上に乗せて、と、すべての動作を小さくするように育てられています。

しかし、自我の強い女性は、自分が一人の人間であり、委縮する必要がないことを知っているので、自分の場所を主張することを恐れません。

机の上で両手を組んで相手の目を見て話したり、胸を張って堂々と歩いたりします。

相手のご機嫌を取るために無暗と愛想笑いをしたりもしません。

4. 自分の時間を大切にする

自分の時間を大切にする

自我の強い女性の自信は、決して根拠のないものではありません。

自分の頭で考え、行動してきた時間が、自信を育んだのです。

なので、これからも時間を大切に使いたいと考えています。

予定が空いているのが不安だからと友達との予定を入れることはありません。

その時間はリラックスしたり、スキルアップしたりするために必要な時間なのです。

男性とも対等な付き合いをしています。

相手のことが好きだから付き合っているのであって、相手に寄りかかって生きているわけではないのです。

5. 負けを認められる

負けを認められる

自我の強い女性は、素直に負けを認めることができます。

会議で自分の意見よりもいい意見が出たり、自分の意見が認められなかったりしても、自分の意見を主張し続けたりはしません。

自分の意見が通らなかったのには必ず理由があるからです。

自我の強い女性は、その理由を考え、自分の考えを豊かにするための糧にすることができます。

6. 他人を思いやれる

他人を思いやれる

負けを認められる自我の強い女性は、負ける悔しさや、理解されない悲しさも知っているので、他人の感情に寄り添うことも得意です。

ひたすら愚痴を聞いてほしい、という時があることも知っているので、無暗に意見を押し付けてくることもありません。

しかし、ひとたび意見を求めれば、しっかりと考えられたアドバイスをしてくれるでしょう。

同時に、他人を攻撃したり、批判をしたりすることもありません。

自我の強い女性は、反対意見を言うときも、相手の心情を思いやって、冷静に指摘することができます。

7. 自慢をしない

自慢をしない

自慢をしないことが、自我の強い女性と、我の強い女性との大きな違いです。

我の強い女性は自己主張ばかりします。

自分の意見を常に優先し、話すことは自分のことばかりです。

他の人が会話をしていても「私の場合はね、」と話しに割り込んできます。

相手がどう思うかを考えずに発言し、自分が話題の中心でないと拗ねてしまいます。

対して、自我の強い女性は自慢をする必要がありません。

自分に自信があるので、自慢をして、他人に認めてもらう必要がないのです。

8. 自我が強い女性が陥りやすい「依存」

自我が強い女性が陥りやすい「依存」

自我の強い女性にも、落とし穴はあります。

自分をしっかり持った自我の強い女性はリーダーシップを期待されます。

例えば、職場では部下や同僚に頼られ、上司からは放っておいても大丈夫と放置され、気づけば頼る相手がいなくなっているのです。

いつもは自信のある自我の強い女性でも、こういう時には逃げ場が必要になってしまい、ついつい物や人に依存してしまいます。

自信のある自我の強い女性で居続けるには、日ごろから頼る相手や相談する相手を作っておくことが必要です。

まとめ

自分に自信を持って生きている女性は格好いいですよね。

あなたが自我の強い女性になりたいと思うのなら、今日から堂々と歩き、常に自分の頭で考え、相手の目を見て話しましょう。

ただ、我の強い女性にならないために、相手を思いやることも大切です。

そして、依存に陥らないために、日ごろから人に相談をする習慣をつけてください。

思いがけない意見を聞けることもあるので、あなたの考えを豊かにしてくれるでしょう。

我が強いことと自我が強いことは、似ているようでいて全く異なります。

わがままで自分勝手な「我が強い」女性とは異なる、一本芯の通った「自我の強い」女性の特徴をご紹介します。


自分の考えを持っている

「自我」と言う言葉には、アイデンティティという意味があります。

アイデンティティは、簡単に言うと、他者と自分を区別する能力のことです。

赤ちゃんが成長して、自分と母親は一心同体ではないと気づくことを「アイデンティティが芽生える」と言ったりします。

自我の強い女性は、他人とは違う自分の考えをしっかりと持っています。

情報や流行に惑わされず、内容を吟味して、取捨選択し、しっかりと自分の頭で考えて意見を形成することができるのです。

自分の意見を言うことを恐れない

自我の強い女性は自分の考えがしっかりいているので、自分の意見を言うことを恐れません。

その意見にはちゃんとした根拠があり、しっかりと考えぬかれたものだからです。

自分の言っていることに自信があるので、語尾を上げて話したり、語尾が小さくなったりはしません。

言葉遣いは丁寧で、理路整然と話します。

会議で一人だけ冷静に反対意見を言えたり、流行のスカートは自分の体形に合わないからと購買を控えたり、上司からのお酒の席の誘いを断ったりするのも、自我の強い女性の特徴です。

立ち居振る舞いに芯がある

自我の強い女性の自信は、行動にも表れます。

女性は小さなころから、乱暴な立ち居振る舞いを注意され、スカートをはいている時には膝を開かないように、両手を膝の上に乗せて、と、すべての動作を小さくするように育てられています。

しかし、自我の強い女性は、自分が一人の人間であり、委縮する必要がないことを知っているので、自分の場所を主張することを恐れません。

机の上で両手を組んで相手の目を見て話したり、胸を張って堂々と歩いたりします。

相手のご機嫌を取るために無暗と愛想笑いをしたりもしません。

自分の時間を大切にする

自我の強い女性の自信は、決して根拠のないものではありません。

自分の頭で考え、行動してきた時間が、自信を育んだのです。

なので、これからも時間を大切に使いたいと考えています。

予定が空いているのが不安だからと友達との予定を入れることはありません。

その時間はリラックスしたり、スキルアップしたりするために必要な時間なのです。

男性とも対等な付き合いをしています。

相手のことが好きだから付き合っているのであって、相手に寄りかかって生きているわけではないのです。

負けを認められる

自我の強い女性は、素直に負けを認めることができます。

会議で自分の意見よりもいい意見が出たり、自分の意見が認められなかったりしても、自分の意見を主張し続けたりはしません。

自分の意見が通らなかったのには必ず理由があるからです。

自我の強い女性は、その理由を考え、自分の考えを豊かにするための糧にすることができます。

他人を思いやれる

負けを認められる自我の強い女性は、負ける悔しさや、理解されない悲しさも知っているので、他人の感情に寄り添うことも得意です。

ひたすら愚痴を聞いてほしい、という時があることも知っているので、無暗に意見を押し付けてくることもありません。

しかし、ひとたび意見を求めれば、しっかりと考えられたアドバイスをしてくれるでしょう。

同時に、他人を攻撃したり、批判をしたりすることもありません。

自我の強い女性は、反対意見を言うときも、相手の心情を思いやって、冷静に指摘することができます。

自慢をしない

自慢をしないことが、自我の強い女性と、我の強い女性との大きな違いです。

我の強い女性は自己主張ばかりします。

自分の意見を常に優先し、話すことは自分のことばかりです。

他の人が会話をしていても「私の場合はね、」と話しに割り込んできます。

相手がどう思うかを考えずに発言し、自分が話題の中心でないと拗ねてしまいます。

対して、自我の強い女性は自慢をする必要がありません。

自分に自信があるので、自慢をして、他人に認めてもらう必要がないのです。

自我が強い女性が陥りやすい「依存」

自我の強い女性にも、落とし穴はあります。

自分をしっかり持った自我の強い女性はリーダーシップを期待されます。

例えば、職場では部下や同僚に頼られ、上司からは放っておいても大丈夫と放置され、気づけば頼る相手がいなくなっているのです。

いつもは自信のある自我の強い女性でも、こういう時には逃げ場が必要になってしまい、ついつい物や人に依存してしまいます。

自信のある自我の強い女性で居続けるには、日ごろから頼る相手や相談する相手を作っておくことが必要です。

自分に自信を持って生きている女性は格好いいですよね。

あなたが自我の強い女性になりたいと思うのなら、今日から堂々と歩き、常に自分の頭で考え、相手の目を見て話しましょう。

ただ、我の強い女性にならないために、相手を思いやることも大切です。

そして、依存に陥らないために、日ごろから人に相談をする習慣をつけてください。

思いがけない意見を聞けることもあるので、あなたの考えを豊かにしてくれるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-