【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171106183727.html
損をする女性の特徴

損をする女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
損をする女性の特徴

女性の中には損をしてしまうような性格的特徴を持つ人がいます。

人生を生きにくくさせるその特徴とはどういったものなのでしょうか。

  • ネガティブである
  • 極度の人見知り
  • 優し過ぎる
  • 人の目ばかり気にしてしまう
  • 自分を追い込んでしまう
  • 人を信用できない
  • 真面目過ぎる
  • まとめ

1. ネガティブである

ネガティブである

ネガティブな性格の人は様々な面で損をしてしまいます。

例えば、自分自身の能力、センス、運の良さ、人望などが「どれもない」と判断してしまうことで何かに挑戦してもどうせ失敗するだろうと考えてしまい、挑戦しようとしたり仲良くなってみようなどという勇気が持てません。

そのため、やる前から結果どころかチャンスすら無駄にしてしまいます。

また、少しトラブルがあっただけで「もうだめだ」と諦めてしまうためにやる気がない人などと誤解されたり、問題を解決できないままもっと自分に自信が持てなくなっていきます。

2. 極度の人見知り

極度の人見知り

極度の人見知りだと自分から誰かの懐に入っていくことができず、人脈を広げていくことが不可能です。

もし誰かが心配して駆けつけてくれても「大丈夫です!」と突っぱねてしまい、そのうち相手にされなくなっていくでしょう。

恥ずかしがりやさんと違う点は愛嬌のなさです。

恥ずかしがりやさん程度なら本音が見え隠れしますし可愛く見えたりもしますが、極度の人見知りによって拒絶が強く表れてしまうと相手に不快感を与え、時には悲しくさせることもあります。

3. 優し過ぎる

優し過ぎる

優し過ぎる性格の女性も考えものです。

優しいと人に好かれやすいと思われがちですが、それも度が過ぎてしまうとお人よしなせいでトラブルに巻き込まれたり利用されて馬鹿を見ることになります。

それを見た周りの人は「あの人と関わるとろくなことがない」と立ち去っていくような場合もあるでしょう。

すると、せっかく人のために尽くしていたつもりが損ばかりし、気づけば孤立しているなんていう事態になります。

その時に初めて自分が優し過ぎたと気づくほど鈍感な場合もあるので気をつける必要があります。

4. 人の目ばかり気にしてしまう

人の目ばかり気にしてしまう

人の目ばかりが気になってしまって仕事や勉強に集中できないとその分伸びるはずの能力も伸びず、学歴や出世にも影響してきます。

恋人選びにおいても人からの印象ばかり気にして選り好みしすぎるせいでチャンスを逃し、婚期を逃すことにもなり得ます。

人の目を気にすることは場の空気を読んだり人に気遣うことにもなることがありますが、やりすぎて自分が本当にしたいことやすべきことまで見失ってしまっては元も子もありません。

5. 自分を追い込んでしまう

自分を追い込んでしまう

頑張る自分に酔ってしまうタイプの女性は時に引っ込みがつかなくなってグズグズな結果に終わることがあり、何でも頑張ればいいというわけでもないことがわかります。

自分を追い込むことでできそうになかったところまでたどり着くこともできることはあるものの、何でもボロボロになるまでやればできるというわけではなく、むしろそのせいで身体を壊したり人を巻き込んでトラブルに発展していくこともあります。

追い込みながらも人の意見や自分を客観的に見ることを意識しておくといいでしょう。

6. 人を信用できない

人を信用できない

人を信用できない用心深い性格の女性は悪い人間にだまされたり傷つけられる危険性が減るので良い特徴とも言えます。

しかし、どんな時もそんなようでは友達と腹を割って話すこともできませんし、恋人にも寂しい思いをさせてしまいます。

時には人を信用しなければ先に進まないようなこともありますし、失敗したとしても信じてみたいと思える人に出会う時もあります。

その時にどうするべきか判断できるためには多くの人との関わりを経験し、失敗も経験してきた人だからこそとも言えます。

7. 真面目過ぎる

真面目過ぎる

真面目過ぎる性格の女性は仕事中の私語を許すことができず、周りにつまらない人だと誤解されたり避けられてしまうこともあるでしょう。

それがルールだとしてもノリでちょっとだけ羽目を外した方が空気を悪くしないような場面もあるのにそれをわかっていません。

例えば飲み会で上司にちょっとふざけてちょっかいをかけてみるようなこともコミュニケーションとなることもあります。

もちろん相手にもよりますが、それを機会に仲良くなれることもあるのです。

また、真面目過ぎると精神が磨り減ってストレスもかかってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

損をしてしまう女性は性格的に応用が利かず頭がかたいという特徴が目立っています。

それは人から見られる自分の印象を悪くしたり、自分自身を辛い方へと追い込んでしまうことになるため、何でもほどよく臨機応変に考えられることが大切だと理解しておくといいでしょう。

それができないから苦労しているんだというのであれば、自分の中のルールを緩めようという意識を持っておくといいです。

ネガティブでもここまではやってみてから考えようと思うようにするとか、人を信じられなくても自分ならもしもの時に何とかできるはずだと自分を信じることで懐に入っていけたりします。

視点を変えて工夫する柔軟性、身につけていきたいですね。

女性の中には損をしてしまうような性格的特徴を持つ人がいます。

人生を生きにくくさせるその特徴とはどういったものなのでしょうか。


ネガティブである

ネガティブな性格の人は様々な面で損をしてしまいます。

例えば、自分自身の能力、センス、運の良さ、人望などが「どれもない」と判断してしまうことで何かに挑戦してもどうせ失敗するだろうと考えてしまい、挑戦しようとしたり仲良くなってみようなどという勇気が持てません。

そのため、やる前から結果どころかチャンスすら無駄にしてしまいます。

また、少しトラブルがあっただけで「もうだめだ」と諦めてしまうためにやる気がない人などと誤解されたり、問題を解決できないままもっと自分に自信が持てなくなっていきます。

極度の人見知り

極度の人見知りだと自分から誰かの懐に入っていくことができず、人脈を広げていくことが不可能です。

もし誰かが心配して駆けつけてくれても「大丈夫です!」と突っぱねてしまい、そのうち相手にされなくなっていくでしょう。

恥ずかしがりやさんと違う点は愛嬌のなさです。

恥ずかしがりやさん程度なら本音が見え隠れしますし可愛く見えたりもしますが、極度の人見知りによって拒絶が強く表れてしまうと相手に不快感を与え、時には悲しくさせることもあります。

優し過ぎる

優し過ぎる性格の女性も考えものです。

優しいと人に好かれやすいと思われがちですが、それも度が過ぎてしまうとお人よしなせいでトラブルに巻き込まれたり利用されて馬鹿を見ることになります。

それを見た周りの人は「あの人と関わるとろくなことがない」と立ち去っていくような場合もあるでしょう。

すると、せっかく人のために尽くしていたつもりが損ばかりし、気づけば孤立しているなんていう事態になります。

その時に初めて自分が優し過ぎたと気づくほど鈍感な場合もあるので気をつける必要があります。

人の目ばかり気にしてしまう

人の目ばかりが気になってしまって仕事や勉強に集中できないとその分伸びるはずの能力も伸びず、学歴や出世にも影響してきます。

恋人選びにおいても人からの印象ばかり気にして選り好みしすぎるせいでチャンスを逃し、婚期を逃すことにもなり得ます。

人の目を気にすることは場の空気を読んだり人に気遣うことにもなることがありますが、やりすぎて自分が本当にしたいことやすべきことまで見失ってしまっては元も子もありません。

自分を追い込んでしまう

頑張る自分に酔ってしまうタイプの女性は時に引っ込みがつかなくなってグズグズな結果に終わることがあり、何でも頑張ればいいというわけでもないことがわかります。

自分を追い込むことでできそうになかったところまでたどり着くこともできることはあるものの、何でもボロボロになるまでやればできるというわけではなく、むしろそのせいで身体を壊したり人を巻き込んでトラブルに発展していくこともあります。

追い込みながらも人の意見や自分を客観的に見ることを意識しておくといいでしょう。

人を信用できない

人を信用できない用心深い性格の女性は悪い人間にだまされたり傷つけられる危険性が減るので良い特徴とも言えます。

しかし、どんな時もそんなようでは友達と腹を割って話すこともできませんし、恋人にも寂しい思いをさせてしまいます。

時には人を信用しなければ先に進まないようなこともありますし、失敗したとしても信じてみたいと思える人に出会う時もあります。

その時にどうするべきか判断できるためには多くの人との関わりを経験し、失敗も経験してきた人だからこそとも言えます。

真面目過ぎる

真面目過ぎる性格の女性は仕事中の私語を許すことができず、周りにつまらない人だと誤解されたり避けられてしまうこともあるでしょう。

それがルールだとしてもノリでちょっとだけ羽目を外した方が空気を悪くしないような場面もあるのにそれをわかっていません。

例えば飲み会で上司にちょっとふざけてちょっかいをかけてみるようなこともコミュニケーションとなることもあります。

もちろん相手にもよりますが、それを機会に仲良くなれることもあるのです。

また、真面目過ぎると精神が磨り減ってストレスもかかってしまいます。

いかがでしたか?

損をしてしまう女性は性格的に応用が利かず頭がかたいという特徴が目立っています。

それは人から見られる自分の印象を悪くしたり、自分自身を辛い方へと追い込んでしまうことになるため、何でもほどよく臨機応変に考えられることが大切だと理解しておくといいでしょう。

それができないから苦労しているんだというのであれば、自分の中のルールを緩めようという意識を持っておくといいです。

ネガティブでもここまではやってみてから考えようと思うようにするとか、人を信じられなくても自分ならもしもの時に何とかできるはずだと自分を信じることで懐に入っていけたりします。

視点を変えて工夫する柔軟性、身につけていきたいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-