【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171106145105.html
冗談が通じない女性の特徴

冗談が通じない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
冗談が通じない女性の特徴

日常生活の中で冗談を言い合える友人がいると楽しく感じる事が多くなります。

しかし女性は人によって冗談が通じない事があるので注意が必要です。

冗談が通じない女性に冗談を言ってしまうと険悪な雰囲気になってしまうのでどのような特徴があるのか確認していきましょう。

  • すごく真面目な性格をしている
  • プライドが高い
  • 友達がいない
  • 目立ちたがり屋
  • 何事でも上から目線
  • 自信がない
  • 深刻なコンプレックスを抱えている
  • 高級ブランドを身に付けている
  • 肩書きにこだわっている
  • 人と接しない仕事をしている女性
  • お酒を飲まない女性
  • 服装がダサい
  • 細かく言葉の間違いを指摘する人
  • 語彙力がない人
  • 頭の回転の遅い女性
  • まとめ

1. すごく真面目な性格をしている

すごく真面目な性格をしている

すごく真面目な性格をしている人は仕事をする時でも趣味に打ち込む時でも真剣に取り組む事が多いです。

しかしすごく真面目な性格をしている人はどんな時でも馬鹿にした事がないので冗談を言ってしまうと本気で受け取ってしまう事があります。

それで怒り出してしまい喧嘩になってしまう事もあります。

すごく真面目な人と接している時は冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

2. プライドが高い

プライドが高い

プライドが高い人は人に見下される事がすごく嫌いです。

プライドが高い人に対して冗談を言ってしまうと馬鹿にされていると感じてしまうのですごく怒ってしまう事が多いです。

しかもプライドが高い人は根に持つ傾向もあるので冗談を言われて馬鹿にされた事をいつまでも覚えている事が多いです。

それでいろいろな嫌がらせをしてくる事もあるのでプライドが高い人に冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

3. 友達がいない

友達がいない

友達と居酒屋にお酒を飲みに行くとお互い適度に酔うので冗談を言い合ったりして楽しむ事も多いでしょう。

友達が多い人は冗談を言い合う事が多いので馬鹿にされたような冗談を言われても楽しく応対してきます。

しかし友達がいない人は冗談を言い合う事がほとんどないので実際に馬鹿にされたような冗談を言われた時に真面目に受け取ってしまいます。

それで怒り出して喧嘩になる事もあるので友達がいない人に冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

4. 目立ちたがり屋

目立ちたがり屋

目立ちたがり屋の人は明るい性格をしている事が多いので冗談が通じると思ってしまう人も多いですが、大きな間違いなので注意しなければいけません。

目立ちたがり屋の人は場の空気を盛り上げたいと考えていますが、自分が中心でいないと気が済まない性格でもあります。

それで馬鹿にされたような冗談を言われると自分が他の人より劣っていると感じてしまうので豹変して怒り出す事があります。

目立ちたがり屋の人に冗談を言ってしまう人も多いですが、トラブルに発展する可能性が高いので控えるようにしましょう。

5. 何事でも上から目線

何事でも上から目線

何事でも上から目線で言ってくる人は基本的に人を見下している事が多いです。

人を見下している時は馬鹿にした冗談を平気で行ってくる事があります。

しかし逆に馬鹿にされた冗談を言われた時の免疫力が低い傾向があるので怒りだしてしまう事があります。

何事でも上から目線で人を見下している人は過保護に育っていて何でも思い通りに鳴っていた可能性が高いので冗談が通じない事が多いです。

何事でも上から目線の人に冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

6. 自信がない

自信がない

自信がない人は控えめで大人しい傾向があります。

しかし馬鹿にされた冗談を言われてしまうとネガティブな感情が爆発してしまい怒り出してしまう事があります。

自信がない人は冗談を言われると馬鹿にされたという気持ちが強くなってしまうので注意が必要です。

また自信がない人は心に余裕もない状態なので冗談というものを理解する事が出来ません。

自信がないように見える人には冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

7. 深刻なコンプレックスを抱えている

深刻なコンプレックスを抱えている

世の中に完璧な人間はほとんどいないので誰もが一つぐらいコンプレックスを抱えています。

しかし中には深刻なコンプレックスを抱えている人もいてそのような人はネガティブな発言に敏感に反応してしまいます。

特に冗談を言う時は馬鹿にされたような内容になる事が多いので深刻なコンプレックスを抱えている人は敏感に反応してしまい凝り出してしまう事も多いです。

深刻なコンプレックスを抱えている人に冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

8. 高級ブランドを身に付けている

高級ブランドを身に付けている

高級ブランドを身に付けている人は周囲に自分を良く見せたいという気持ちが強いです。

それで年収がそれほど高くないのに見栄を張って高級ブランドを身に付けている事が多いです。

そんな時に冗談を言われてしまうと自分が見下されたような気分になってしまうのですごく怒りだしてしまう事があります。

集団行動をしている時に高級ブランドのアクセサリーなどを身に付けている人がいたら冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

9. 肩書きにこだわっている

肩書きにこだわっている

会社に所属して働いていると収入を増やしたいと考えて出世する人もいますが、中には肩書きが欲しくて出世する人もいます。

肩書きが欲しい人は人より上の立場にいたいと考えているので冗談を言ってしまうと馬鹿にされたと思い込んでプライドを傷つけてしまいます。

それで怒り出してしまう事も多いので注意が必要です。

常に肩書きのこだわっている人には冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

10. 人と接しない仕事をしている女性

人と接しない仕事をしている女性

仕事でパソコンにばかりに向かっているという人は、仕事上で場の空気を読んだり、人の顔色を読んだりするということが必要ないのでだんだんと「空気を読む」ということをしなくなる傾向にあります。

そうすると、愛想笑いをしたりすることもありません。

普段から、愛想笑いでもよいので笑う習慣がないとだんだんと笑わなくなっていきます。

11. お酒を飲まない女性

お酒を飲まない女性

冗談が多用される場として、最もポピュラーなのはお酒の席ではないでしょうか。

お酒の力を借りれば、普段お堅いような女性でも陽気になったりするものです。

また、お酒が飲めるということは、会社の外でも上司との関係性を良好にしていけるということがあります。

しかしそこでお酒を飲めないという人は、お酒の席の雰囲気が分からずに「どうしてこんなにも笑っているのだろう」と、理解できなかったりするのです。

だから、冗談で言っているのか本気で言っているのか判断がつかないのです。

12. 服装がダサい

服装がダサい

冗談が通じるかどうかと、服装は関係がないかと思われるでしょうが大いに関係があります。

冗談とは、同じような感性を持っているからこそ、笑うツボというものが分かるのです。

その「感性」を目に見える形で現わしているのは、服装です。

時代遅れの格好や、奇抜すぎる格好をしている人というのは人とは違う感性であることが多いのです。

そういった人は「冗談が通じない人」というよりは、「笑うツボが違う人」なのです。

人とは異なる感覚というところにちゃくもくをするなら、天然と呼ばれる女性も当てはまるでしょう。

冗談は意図を持って発せられますが、天然と呼ばれる人には、その核となる言葉から見当違いなものを連想される可能性があります。

13. 細かく言葉の間違いを指摘する人

細かく言葉の間違いを指摘する人

人との会話の中で、いちいち言葉の間違いを指摘する人がたまにいます。

そういった人は、会話の楽しげな空気感よりも「言葉」に重きを置いているのです。

そして、言葉を文字通りにしかとらえないことが多いのです。

例えば、おちゃらけたような表情で発せられる「バカ」という言葉も、眉間にシワを寄せて怒っているような表情で発せられる「バカ」もその人からしたら同じなのです。

こういった特徴を持つのは、研究職に多いと言われています。

言葉を文字通りに理解するということは、言葉をなんでも理論的に受け取れるということなので勉強ができる人が多いです。

だから、何か学問を極めている人や、ひとつのことを追求し続けるという人とはなかなか会話が噛み合わなかったりしませんか。

14. 語彙力がない人

語彙力がない人

冗談は会話の中で、面白さを見出しタイミングや言い換えによって発信されることが多いです。

しかし、語彙力がなければ、会話の流れから発生した言葉の意味を理解できないのです。

理解ができなければ、面白いはずもありません。

15. 頭の回転の遅い女性

頭の回転の遅い女性

冗談というのは、会話の中でのテクニックともいえます。

どの言葉に重点を置いて、面白さを引き出すかや、どのように会話を展開していくかが大事です。

しかし、どうしても頭の回転が遅いとそのテクニックや、展開についていけないのです。

謎かけや、ギャグに説明を伴うような人がたまにいますがそういう人は少し頭の回転が遅いのかもしれません。

まとめ

冗談を言い合っていると基本的に楽しいですが、中にはこのように冗談が通じない人もいるので場の空気を読みながら冗談を言うようにしましょう。

日常生活の中で冗談を言い合える友人がいると楽しく感じる事が多くなります。

しかし女性は人によって冗談が通じない事があるので注意が必要です。

冗談が通じない女性に冗談を言ってしまうと険悪な雰囲気になってしまうのでどのような特徴があるのか確認していきましょう。


すごく真面目な性格をしている

すごく真面目な性格をしている人は仕事をする時でも趣味に打ち込む時でも真剣に取り組む事が多いです。

しかしすごく真面目な性格をしている人はどんな時でも馬鹿にした事がないので冗談を言ってしまうと本気で受け取ってしまう事があります。

それで怒り出してしまい喧嘩になってしまう事もあります。

すごく真面目な人と接している時は冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

プライドが高い

プライドが高い人は人に見下される事がすごく嫌いです。

プライドが高い人に対して冗談を言ってしまうと馬鹿にされていると感じてしまうのですごく怒ってしまう事が多いです。

しかもプライドが高い人は根に持つ傾向もあるので冗談を言われて馬鹿にされた事をいつまでも覚えている事が多いです。

それでいろいろな嫌がらせをしてくる事もあるのでプライドが高い人に冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

友達がいない

友達と居酒屋にお酒を飲みに行くとお互い適度に酔うので冗談を言い合ったりして楽しむ事も多いでしょう。

友達が多い人は冗談を言い合う事が多いので馬鹿にされたような冗談を言われても楽しく応対してきます。

しかし友達がいない人は冗談を言い合う事がほとんどないので実際に馬鹿にされたような冗談を言われた時に真面目に受け取ってしまいます。

それで怒り出して喧嘩になる事もあるので友達がいない人に冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

目立ちたがり屋

目立ちたがり屋の人は明るい性格をしている事が多いので冗談が通じると思ってしまう人も多いですが、大きな間違いなので注意しなければいけません。

目立ちたがり屋の人は場の空気を盛り上げたいと考えていますが、自分が中心でいないと気が済まない性格でもあります。

それで馬鹿にされたような冗談を言われると自分が他の人より劣っていると感じてしまうので豹変して怒り出す事があります。

目立ちたがり屋の人に冗談を言ってしまう人も多いですが、トラブルに発展する可能性が高いので控えるようにしましょう。

何事でも上から目線

何事でも上から目線で言ってくる人は基本的に人を見下している事が多いです。

人を見下している時は馬鹿にした冗談を平気で行ってくる事があります。

しかし逆に馬鹿にされた冗談を言われた時の免疫力が低い傾向があるので怒りだしてしまう事があります。

何事でも上から目線で人を見下している人は過保護に育っていて何でも思い通りに鳴っていた可能性が高いので冗談が通じない事が多いです。

何事でも上から目線の人に冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

自信がない

自信がない人は控えめで大人しい傾向があります。

しかし馬鹿にされた冗談を言われてしまうとネガティブな感情が爆発してしまい怒り出してしまう事があります。

自信がない人は冗談を言われると馬鹿にされたという気持ちが強くなってしまうので注意が必要です。

また自信がない人は心に余裕もない状態なので冗談というものを理解する事が出来ません。

自信がないように見える人には冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

深刻なコンプレックスを抱えている

世の中に完璧な人間はほとんどいないので誰もが一つぐらいコンプレックスを抱えています。

しかし中には深刻なコンプレックスを抱えている人もいてそのような人はネガティブな発言に敏感に反応してしまいます。

特に冗談を言う時は馬鹿にされたような内容になる事が多いので深刻なコンプレックスを抱えている人は敏感に反応してしまい凝り出してしまう事も多いです。

深刻なコンプレックスを抱えている人に冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

高級ブランドを身に付けている

高級ブランドを身に付けている人は周囲に自分を良く見せたいという気持ちが強いです。

それで年収がそれほど高くないのに見栄を張って高級ブランドを身に付けている事が多いです。

そんな時に冗談を言われてしまうと自分が見下されたような気分になってしまうのですごく怒りだしてしまう事があります。

集団行動をしている時に高級ブランドのアクセサリーなどを身に付けている人がいたら冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

肩書きにこだわっている

会社に所属して働いていると収入を増やしたいと考えて出世する人もいますが、中には肩書きが欲しくて出世する人もいます。

肩書きが欲しい人は人より上の立場にいたいと考えているので冗談を言ってしまうと馬鹿にされたと思い込んでプライドを傷つけてしまいます。

それで怒り出してしまう事も多いので注意が必要です。

常に肩書きのこだわっている人には冗談を言うのは控えた方がいいでしょう。

人と接しない仕事をしている女性

仕事でパソコンにばかりに向かっているという人は、仕事上で場の空気を読んだり、人の顔色を読んだりするということが必要ないのでだんだんと「空気を読む」ということをしなくなる傾向にあります。

そうすると、愛想笑いをしたりすることもありません。

普段から、愛想笑いでもよいので笑う習慣がないとだんだんと笑わなくなっていきます。

お酒を飲まない女性

冗談が多用される場として、最もポピュラーなのはお酒の席ではないでしょうか。

お酒の力を借りれば、普段お堅いような女性でも陽気になったりするものです。

また、お酒が飲めるということは、会社の外でも上司との関係性を良好にしていけるということがあります。

しかしそこでお酒を飲めないという人は、お酒の席の雰囲気が分からずに「どうしてこんなにも笑っているのだろう」と、理解できなかったりするのです。

だから、冗談で言っているのか本気で言っているのか判断がつかないのです。

服装がダサい

冗談が通じるかどうかと、服装は関係がないかと思われるでしょうが大いに関係があります。

冗談とは、同じような感性を持っているからこそ、笑うツボというものが分かるのです。

その「感性」を目に見える形で現わしているのは、服装です。

時代遅れの格好や、奇抜すぎる格好をしている人というのは人とは違う感性であることが多いのです。

そういった人は「冗談が通じない人」というよりは、「笑うツボが違う人」なのです。

人とは異なる感覚というところにちゃくもくをするなら、天然と呼ばれる女性も当てはまるでしょう。

冗談は意図を持って発せられますが、天然と呼ばれる人には、その核となる言葉から見当違いなものを連想される可能性があります。

細かく言葉の間違いを指摘する人

人との会話の中で、いちいち言葉の間違いを指摘する人がたまにいます。

そういった人は、会話の楽しげな空気感よりも「言葉」に重きを置いているのです。

そして、言葉を文字通りにしかとらえないことが多いのです。

例えば、おちゃらけたような表情で発せられる「バカ」という言葉も、眉間にシワを寄せて怒っているような表情で発せられる「バカ」もその人からしたら同じなのです。

こういった特徴を持つのは、研究職に多いと言われています。

言葉を文字通りに理解するということは、言葉をなんでも理論的に受け取れるということなので勉強ができる人が多いです。

だから、何か学問を極めている人や、ひとつのことを追求し続けるという人とはなかなか会話が噛み合わなかったりしませんか。

語彙力がない人

冗談は会話の中で、面白さを見出しタイミングや言い換えによって発信されることが多いです。

しかし、語彙力がなければ、会話の流れから発生した言葉の意味を理解できないのです。

理解ができなければ、面白いはずもありません。

頭の回転の遅い女性

冗談というのは、会話の中でのテクニックともいえます。

どの言葉に重点を置いて、面白さを引き出すかや、どのように会話を展開していくかが大事です。

しかし、どうしても頭の回転が遅いとそのテクニックや、展開についていけないのです。

謎かけや、ギャグに説明を伴うような人がたまにいますがそういう人は少し頭の回転が遅いのかもしれません。

冗談を言い合っていると基本的に楽しいですが、中にはこのように冗談が通じない人もいるので場の空気を読みながら冗談を言うようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-