【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171104161223.html
酒癖が悪い女性の本質や本音

酒癖が悪い女性の本質や本音 | LADYCO

LADYCO
酒癖が悪い女性の本質や本音

普段は優しくて穏やかな人なのに、お酒が入ったとたん別人のようになってしまう人っていますよね。

なぜそこまで豹変してしまうのか、お酒の力というのは本当に怖いものです。

酒癖が悪くなってしまう人の特徴も色々あり、その人の本性を暴けたみたいでとても面白いです。

  • 普段真面目で堅い女性
  • ストレスを抱えている女性
  • 寂しがり屋な女性
  • 目立ちたがり屋な女性
  • 気が小さい女性
  • 頑固すぎる女性
  • まとめ

1. 普段真面目で堅い女性

普段真面目で堅い女性

真面目な人は周りからも「真面目」というイメージがついてる分、そのイメージを守ろうとしてなかなかはっちゃける場面がなかったりします。

元から真面目な人もいますが、仕事場などでは上司や先輩いる場合は真面目を装っている人もいます。

しかしお酒が入ると理性がなかなか抑えられなくなりますから、普段真面目を装っている人は抑えていた理性が爆発しやすくなります。

そのギャップから、酒癖が悪いと思われやすいのも事実です。

2. ストレスを抱えている女性

ストレスを抱えている女性

精神的にストレスを抱えている人も酒癖が悪くなりやすくなります。

お酒が入ると泣きだしたり語り始める人っていますよね。

そういう人は普段胸の内をなかなか周りに打ち明けず、自分の中で消化する人が多いです。

普段言葉にできていない分、お酒が入った時に一気に不満が出てきたりして周りを困らせてしまう傾向があります。

いつも冷静なのに. と思っている人も感情的になる人はそれだけストレスが溜まっているかもしれません。

3. 寂しがり屋な女性

寂しがり屋な女性

酒癖が悪い人の中でもかなり厄介なのが、寂しがり屋な人です。

なぜかというと誰彼構わずやたら絡んでくる人が多いからです。

普段人の愛情に飢えている分、理性が崩壊すると周りに対して当たりがきつくなるようです。

抱きついてきたりスキンシップが激しくなる人も、寂しがり屋といえるでしょう。

好きな人からのスキンシップはむしろ嬉しいですが、あまり良く思ってない人からされるととても苦痛ですよね。

普段サバサバしている人もそうなったら意外と寂しがり屋で愛情に飢えている可能性がありますね。

4. 目立ちたがり屋な女性

目立ちたがり屋な女性

一見いつも目立たずおとなしめの人でも、「もっと人に見られたい」という欲求を持っている人もいます。

もっと自分の事を知ってもらいたい、話を聞いて欲しいという気持ちが暴走して酒癖が悪くなります。

普段自分を抑え込んでいるので、自己アピールが激しくなってしまい周りに面倒くさいと思われてしまうようです。

相手に話す隙を与えないほど、最後まで1人で喋り通してしまう人っていますよね。

周りの話を聞かず自分の事ばかり話している人はあまり良い印象を持たれません。

しかしこういう人はシラフになり酔いが覚めてから反省し、謝ってくる人も多い傾向です。

5. 気が小さい女性

気が小さい女性

気が小さい人、気弱な人も真面目な人同様に普段のイメージからなかなか自分をさらけ出せない人が多いです。

いつもは相手の顔色を伺いながら発言している人も、お酒が入るとそんな余裕は無くなりますよね。

そういう人は逆にハキハキ喋れるようになったり、毒舌になったりします。

ある意味周りの人は「恐ろしい」と感じる事もあります。

お酒の力を借りて気が大きくなると、その状態が心地良くなりお酒の力が欲しいがために飲み過ぎてしまう傾向があるようです。

結果的に泥酔してしまったり動けなくなったりして周りに迷惑をかけるタイプです。

6. 頑固すぎる女性

頑固すぎる女性

気が小さい人とは逆に、自分の意見を絶対に押し通すくらい頑固な女性というのも酒癖が悪い傾向にあります。

周りが「飲み過ぎだよ」と心配しても聞き入れなかったりするからです。

さらにお酒があまり得意では無い人に対しても飲むまでしつこく強要したりと、とにかく面倒です。

自分が飲み足りないとなかなか帰らなかったり、周りを巻き込んだりするくらい頑固な人っていますよね。

男性からするとせっかく気に入って飲みに誘った女性が、自分の節度もわからない程飲みまくっていたらおそらく引いてしまうでしょうし、「この子大丈夫かな」と心配になってしまいます。

周りの人間は一緒に飲む度にその人の面倒を見る羽目になりますから、すぐに酒癖が悪い認定をされてしまうでしょう。

まとめ

酒癖の悪い女性の特徴をいくつかまとめてみましたが、お酒が入ると理性が効かなくなるので素の自分が出るものです。

なので普段自分の感情をオープンにさらけ出せている、という人ほど酔ってもあまり変わらないのです。

空気を読む余裕があったり、お酒の量を考えて飲む余裕があればなかなか酒癖が悪いとは言われないですよね。

逆にお酒の力を利用しないとなかなか素直になれない、思った事が言えないという人はついついお酒を飲み過ぎてしまいます。

実際それでストレスを発散している人も多いと思います。

しかしあまりにも普段とのギャップがあると、面白いと思われる反面「この人酒癖悪いんだな」と思われてしまう事もあります。

どんなに好きな男性が目の前にいようとお酒の力を借りたくても、量はほどほどにしたい所ですね。

普段は優しくて穏やかな人なのに、お酒が入ったとたん別人のようになってしまう人っていますよね。

なぜそこまで豹変してしまうのか、お酒の力というのは本当に怖いものです。

酒癖が悪くなってしまう人の特徴も色々あり、その人の本性を暴けたみたいでとても面白いです。


普段真面目で堅い女性

真面目な人は周りからも「真面目」というイメージがついてる分、そのイメージを守ろうとしてなかなかはっちゃける場面がなかったりします。

元から真面目な人もいますが、仕事場などでは上司や先輩いる場合は真面目を装っている人もいます。

しかしお酒が入ると理性がなかなか抑えられなくなりますから、普段真面目を装っている人は抑えていた理性が爆発しやすくなります。

そのギャップから、酒癖が悪いと思われやすいのも事実です。

ストレスを抱えている女性

精神的にストレスを抱えている人も酒癖が悪くなりやすくなります。

お酒が入ると泣きだしたり語り始める人っていますよね。

そういう人は普段胸の内をなかなか周りに打ち明けず、自分の中で消化する人が多いです。

普段言葉にできていない分、お酒が入った時に一気に不満が出てきたりして周りを困らせてしまう傾向があります。

いつも冷静なのに. と思っている人も感情的になる人はそれだけストレスが溜まっているかもしれません。

寂しがり屋な女性

酒癖が悪い人の中でもかなり厄介なのが、寂しがり屋な人です。

なぜかというと誰彼構わずやたら絡んでくる人が多いからです。

普段人の愛情に飢えている分、理性が崩壊すると周りに対して当たりがきつくなるようです。

抱きついてきたりスキンシップが激しくなる人も、寂しがり屋といえるでしょう。

好きな人からのスキンシップはむしろ嬉しいですが、あまり良く思ってない人からされるととても苦痛ですよね。

普段サバサバしている人もそうなったら意外と寂しがり屋で愛情に飢えている可能性がありますね。

目立ちたがり屋な女性

一見いつも目立たずおとなしめの人でも、「もっと人に見られたい」という欲求を持っている人もいます。

もっと自分の事を知ってもらいたい、話を聞いて欲しいという気持ちが暴走して酒癖が悪くなります。

普段自分を抑え込んでいるので、自己アピールが激しくなってしまい周りに面倒くさいと思われてしまうようです。

相手に話す隙を与えないほど、最後まで1人で喋り通してしまう人っていますよね。

周りの話を聞かず自分の事ばかり話している人はあまり良い印象を持たれません。

しかしこういう人はシラフになり酔いが覚めてから反省し、謝ってくる人も多い傾向です。

気が小さい女性

気が小さい人、気弱な人も真面目な人同様に普段のイメージからなかなか自分をさらけ出せない人が多いです。

いつもは相手の顔色を伺いながら発言している人も、お酒が入るとそんな余裕は無くなりますよね。

そういう人は逆にハキハキ喋れるようになったり、毒舌になったりします。

ある意味周りの人は「恐ろしい」と感じる事もあります。

お酒の力を借りて気が大きくなると、その状態が心地良くなりお酒の力が欲しいがために飲み過ぎてしまう傾向があるようです。

結果的に泥酔してしまったり動けなくなったりして周りに迷惑をかけるタイプです。

頑固すぎる女性

気が小さい人とは逆に、自分の意見を絶対に押し通すくらい頑固な女性というのも酒癖が悪い傾向にあります。

周りが「飲み過ぎだよ」と心配しても聞き入れなかったりするからです。

さらにお酒があまり得意では無い人に対しても飲むまでしつこく強要したりと、とにかく面倒です。

自分が飲み足りないとなかなか帰らなかったり、周りを巻き込んだりするくらい頑固な人っていますよね。

男性からするとせっかく気に入って飲みに誘った女性が、自分の節度もわからない程飲みまくっていたらおそらく引いてしまうでしょうし、「この子大丈夫かな」と心配になってしまいます。

周りの人間は一緒に飲む度にその人の面倒を見る羽目になりますから、すぐに酒癖が悪い認定をされてしまうでしょう。

酒癖の悪い女性の特徴をいくつかまとめてみましたが、お酒が入ると理性が効かなくなるので素の自分が出るものです。

なので普段自分の感情をオープンにさらけ出せている、という人ほど酔ってもあまり変わらないのです。

空気を読む余裕があったり、お酒の量を考えて飲む余裕があればなかなか酒癖が悪いとは言われないですよね。

逆にお酒の力を利用しないとなかなか素直になれない、思った事が言えないという人はついついお酒を飲み過ぎてしまいます。

実際それでストレスを発散している人も多いと思います。

しかしあまりにも普段とのギャップがあると、面白いと思われる反面「この人酒癖悪いんだな」と思われてしまう事もあります。

どんなに好きな男性が目の前にいようとお酒の力を借りたくても、量はほどほどにしたい所ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-