【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171104161115.html
休日引きこもり女子の特徴

休日引きこもり女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
休日引きこもり女子の特徴

「あの子はいつも何して過ごしているんだろ?」と周囲から思われている女子も少なくないでしょう。

休日に引きこもることは決して悪い事ではないですが、たまには外に遊びに行ってもいいのではないでしょうか?

では、どんな女子が休日に引きこもっているのでしょうか?

  • 休日に体力を温存
  • 肌を休めたい
  • 休日にしかできない事をやる
  • ダラダラしたい
  • 遊ぶ人が居ない
  • 無駄なお金を使いたくない
  • インドア派
  • ハンドメイドが趣味
  • 体力がない
  • 誰とも会いたくない
  • まとめ

1. 休日に体力を温存

休日に体力を温存

仕事で疲れている女子は休日に自宅に引きこもって次の出勤までに体力を温存しています。

同僚や職場の先輩、友人に「遊ぼうよ」と誘われても、次の出勤までに体力を温存したいという事から誘いを断ってしまうのが特徴でもあります。

こうした引きこもり女子にはしつこく誘わない方が良いでしょう。

2. 肌を休めたい

肌を休めたい

普段メイクをしている女性からしたら肌を休めるために休日は引きこもりたいのでしょう。

「ちょっとそこまで」といった距離でも、「メイクをしてなくちゃ行けない」という女子は少なくありません。

その結果肌を休めるために自宅から数分のコンビニやスーパーにも行かずに1日自宅に引きこもってしまいます。

3. 休日にしかできない事をやる

休日にしかできない事をやる

仕事や学校の日は家に居る時間が少ないため、1人暮らしや既婚者の場合は普段できなかった家事をまとめてやったり、ゲームをするなどして休日にしかできない事をやります。

周囲からしたら「そんなのあとでやればいいじゃん」と思うかもしれませんが、こうした引きこもり女子は休日にしかできない事だからこそ引きこもってまでやってしまうのです。

4. ダラダラしたい

ダラダラしたい

仕事柄お堅い職業であったり、仕事着がキチッとしていると「休日位ダラダラしたい」と思ってしまい、休日は引きこもりになってしまいます。

普段からこうした環境に居ると休日はオシャレをして外に行く気にはなれず、家でダラダラと好きな事をしたり、ジャージやスウェットなどの緩い部屋着を着てゴロゴロしたい気持ちなのです。

5. 遊ぶ人が居ない

遊ぶ人が居ない

「遊びたい」という気持ちはあるけれど、遊ぶ人が居ないという事から必然的に休日は引きこもりになってしまいます。

「友達は居るけれど遊ぶ人となると」といったような交友関係の人が引きこもりになってしまいがちです。

普段から引きこもっている女子が近くに居るのであれば誘ってあげるのも良いかもしれませんね。

6. 無駄なお金を使いたくない

無駄なお金を使いたくない

外へ出かけるとなると微小でもお金を使ってしまうため、「誰かと一緒に出掛けて無駄な出費は避けたい」「今月はお金がピンチだから」といった理由で休日は引きこもりがちです。

お金に余裕があっても「無駄なお金は使いたくない」と思っている女子も少なくありません。

もちろん1人暮らしであれば生活が厳しいために「無駄なお金は使いたくない」と思っている場合もあります。

7. インドア派

インドア派

元々外に出る事がそれほど好きではなく、インドア派という女子も居ます。

自宅で「何かをしたい」「○〇をする」といった用はないのですが、外に出ることがそれほど好きではないという事から休日は引きこもりがちです。

8. ハンドメイドが趣味

ハンドメイドが趣味

ハンドメイドは自宅でしか作業が行えないため、休日は趣味のハンドメイドに没頭するために引きこもりやすくなってしまいます。

趣味に没頭することで日頃のストレスを発散することもできているので、休日は自宅に引きこもって趣味のハンドメイドに没頭しながらストレスを発散しているという事もあります。

9. 体力がない

体力がない

勤務時間がバラバラであったり、仕事量が多く毎日毎日仕事に追われている女子の場合休日に外へ遊びに行く体力がありません。

そのため「遊びに行きたい」という気持ちがあっても体力がない事で結局休日は引きこもるという選択肢しかないのです。

その結果休日だけではなく、平日もどこにも寄らずに直帰しかしません。

10. 誰とも会いたくない

誰とも会いたくない

日頃から人との関わりが多い環境に居ると休日は自然と人気を避けたくなってしまいます。

関わるまではいかなくても通勤ラッシュや人との接触が多かったり、サービス業等で人との関わりが多い人達は「休日位誰にも会いたくない」と思い、休日は誰とも会わない引きこもりをしたくなるようです。

引きこもるだけではなく、こうした女子は「誰とも関わりたくない」という気持ちから休日はスマホの電源を切ったり、電源が入っていて誰かから連絡が来てもすぐに返信しないようです。

まとめ

休日に引きこもる女子の特徴は様々ですが、こうした引きこもり女子を頻繁に遊びに誘うと、「この人めんどくさい」と思われて距離を置かれてしまう事もあります。

そのため1度誘って引きこもり女子に断られたのであれば「いいじゃん!遊ぼうよー」などとしつこくするのではなく、「また今度ねー」と言うのが良いでしょう。

休日に引きこもる女子は、休日に引きこもるということが1週間のルーティーンにもなっているのも特徴になります。

引きこもって何をするわけでもなくただただ「家が好き」と言う女子も少なくないはずです。

平日に頑張っている分、休日は引きこもっている事を周囲の人は理解してあげましょう。

「あの子はいつも何して過ごしているんだろ?」と周囲から思われている女子も少なくないでしょう。

休日に引きこもることは決して悪い事ではないですが、たまには外に遊びに行ってもいいのではないでしょうか?

では、どんな女子が休日に引きこもっているのでしょうか?


休日に体力を温存

仕事で疲れている女子は休日に自宅に引きこもって次の出勤までに体力を温存しています。

同僚や職場の先輩、友人に「遊ぼうよ」と誘われても、次の出勤までに体力を温存したいという事から誘いを断ってしまうのが特徴でもあります。

こうした引きこもり女子にはしつこく誘わない方が良いでしょう。

肌を休めたい

普段メイクをしている女性からしたら肌を休めるために休日は引きこもりたいのでしょう。

「ちょっとそこまで」といった距離でも、「メイクをしてなくちゃ行けない」という女子は少なくありません。

その結果肌を休めるために自宅から数分のコンビニやスーパーにも行かずに1日自宅に引きこもってしまいます。

休日にしかできない事をやる

仕事や学校の日は家に居る時間が少ないため、1人暮らしや既婚者の場合は普段できなかった家事をまとめてやったり、ゲームをするなどして休日にしかできない事をやります。

周囲からしたら「そんなのあとでやればいいじゃん」と思うかもしれませんが、こうした引きこもり女子は休日にしかできない事だからこそ引きこもってまでやってしまうのです。

ダラダラしたい

仕事柄お堅い職業であったり、仕事着がキチッとしていると「休日位ダラダラしたい」と思ってしまい、休日は引きこもりになってしまいます。

普段からこうした環境に居ると休日はオシャレをして外に行く気にはなれず、家でダラダラと好きな事をしたり、ジャージやスウェットなどの緩い部屋着を着てゴロゴロしたい気持ちなのです。

遊ぶ人が居ない

「遊びたい」という気持ちはあるけれど、遊ぶ人が居ないという事から必然的に休日は引きこもりになってしまいます。

「友達は居るけれど遊ぶ人となると」といったような交友関係の人が引きこもりになってしまいがちです。

普段から引きこもっている女子が近くに居るのであれば誘ってあげるのも良いかもしれませんね。

無駄なお金を使いたくない

外へ出かけるとなると微小でもお金を使ってしまうため、「誰かと一緒に出掛けて無駄な出費は避けたい」「今月はお金がピンチだから」といった理由で休日は引きこもりがちです。

お金に余裕があっても「無駄なお金は使いたくない」と思っている女子も少なくありません。

もちろん1人暮らしであれば生活が厳しいために「無駄なお金は使いたくない」と思っている場合もあります。

インドア派

元々外に出る事がそれほど好きではなく、インドア派という女子も居ます。

自宅で「何かをしたい」「○〇をする」といった用はないのですが、外に出ることがそれほど好きではないという事から休日は引きこもりがちです。

ハンドメイドが趣味

ハンドメイドは自宅でしか作業が行えないため、休日は趣味のハンドメイドに没頭するために引きこもりやすくなってしまいます。

趣味に没頭することで日頃のストレスを発散することもできているので、休日は自宅に引きこもって趣味のハンドメイドに没頭しながらストレスを発散しているという事もあります。

体力がない

勤務時間がバラバラであったり、仕事量が多く毎日毎日仕事に追われている女子の場合休日に外へ遊びに行く体力がありません。

そのため「遊びに行きたい」という気持ちがあっても体力がない事で結局休日は引きこもるという選択肢しかないのです。

その結果休日だけではなく、平日もどこにも寄らずに直帰しかしません。

誰とも会いたくない

日頃から人との関わりが多い環境に居ると休日は自然と人気を避けたくなってしまいます。

関わるまではいかなくても通勤ラッシュや人との接触が多かったり、サービス業等で人との関わりが多い人達は「休日位誰にも会いたくない」と思い、休日は誰とも会わない引きこもりをしたくなるようです。

引きこもるだけではなく、こうした女子は「誰とも関わりたくない」という気持ちから休日はスマホの電源を切ったり、電源が入っていて誰かから連絡が来てもすぐに返信しないようです。

休日に引きこもる女子の特徴は様々ですが、こうした引きこもり女子を頻繁に遊びに誘うと、「この人めんどくさい」と思われて距離を置かれてしまう事もあります。

そのため1度誘って引きこもり女子に断られたのであれば「いいじゃん!遊ぼうよー」などとしつこくするのではなく、「また今度ねー」と言うのが良いでしょう。

休日に引きこもる女子は、休日に引きこもるということが1週間のルーティーンにもなっているのも特徴になります。

引きこもって何をするわけでもなくただただ「家が好き」と言う女子も少なくないはずです。

平日に頑張っている分、休日は引きこもっている事を周囲の人は理解してあげましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-