【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171103162702.html
メイクが下手な女性の特徴

メイクが下手な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
メイクが下手な女性の特徴

メイクを綺麗にしている女性ってやっぱり素敵ですよね。

その一方で、う〜ん残念!って思ってしまう人いませんか?

そんな人達の特徴をまとめてみました。

  • とにかく薄化粧
  • メイクが終わったあと確認していない
  • 眉やアイラインを描くのが下手
  • 時代遅れのメイクをいつまでもしている
  • 自分の肌の色に合っていない
  • 引き算ができていないメイク
  • TPO をわきまえていないメイク
  • まとめ

1. とにかく薄化粧

とにかく薄化粧

「私、濃いメイク似合わないから」と、とにかく薄化粧。

ナチュラルメイクと薄化粧は全くもって違います。

ファンデーションは塗っただけ、チークも口紅も薄い淡い色で血色が悪く、よく見ないとスッピンにすら見えてしまいます。

ナチュラルメイクに、最も大事なのはしっかりとしたベースメイク。

もちろん厚塗りにしろということではありません。

メイク前のスキンケアは十分に出来てますか?

下地やコンシーラーを上手に使って厚くなりすぎないように肌がキレイに見えるベースメイク、チークやリップは血色がよく見えるようなメイクを目指しましょう。

2. メイクが終わったあと確認していない

メイクが終わったあと確認していない

メイクをするときは、大抵の人が鏡を近づけてメイクしていると思います。

また暗すぎたり、明るさにムラがある環境でメイクをしていたり。

そのせいでやたらとメイクが濃くなってしまったり、逆に薄すぎたりしていることに気づいていない人多いと思います。

普通、人と話す時は鏡で自分の顔を見ている距離より離れています。

全てのメイクが終わったら、洗面台等の明るく大きめの鏡で一歩さがってメイクが濃すぎないか、逆にメイクをしてないように見えるほど薄すぎないか等確認しましょう。

3. 眉やアイラインを描くのが下手

眉やアイラインを描くのが下手

眉がまるで一筆書のようになっていてすごく不自然。

アイラインが眼の際から引けていなく隙間から肌色が見えてしまっている。

眉は一本一本、毛を描くように描いていくのが基本です。

もし上手くできないのであればブラシでぼかしたり、眉マスカラを使うと不器用さんでもある程度は上手にできると思います。

4. 時代遅れのメイクをいつまでもしている

時代遅れのメイクをいつまでもしている

細くて角度のある眉、ばっちりアイメイク、テカテカのグロス。

アムラー時代思い出させてくれるメイク。

流行は常に変化しています。

その昔あなたが一生懸命研究して覚えたメイクも、今や時代遅れ。

その事に気付かずずっと同じメイクで過ごしている人いませんか?

いつも流行に敏感でいろとは言いませんが、半年に一度くらいは ファッション雑誌等に目を通して今の流行を少しは把握しておきましょう。

5. 自分の肌の色に合っていない

自分の肌の色に合っていない

なんだかよくわからないけど似合っていないメイク、なんだか浮いてしまっている。

具合が悪くもないのに今日顔色悪いですよって言われたことありませんか?

人にはそれぞれパーソナルカラーというものがあります。

イエローベースの肌の人に ブルーベースの人に似合う色を塗ると、肌に浮いてしまいなんだか顔色が悪く見えたり違和感のあるメイクに仕上がってしまいます。

今はネットなどで自分のパーソナルカラーを調べられるサイトもあります。

一度自分のパーソナルカラーを知っておくことで、メイクやファッションに生かすことができますのでぜひ調べてみてください。

6. 引き算ができていないメイク

引き算ができていないメイク

しっかり太いアイライン、何度も塗り重ねられたマスカラ、グラデーションで入れられた濃いアイシャドウ、チークもバッチリ入れて宝塚ばりのノーズシャドウ、口紅の上に グロスを塗ってばっちりメイク完成! なんだかどこのパーツもバッチリ過ぎてお面が出てきたような顔の人いませんか?

足し算ばかりのメイクは主張が強すぎてちょっと人を遠ざけてしまうようなメイクです。

綺麗な目元を強調したいのであれば、リップは肌馴染みのいい色選ぶ。

リップの色を際立たせたいのであれば、アイシャドウの色は抑えめにするなど引き算を覚えましょう。

7. TPO をわきまえていないメイク

TPO をわきまえていないメイク

みんなでアウトドアにキャンプに出かける時にやたらと濃いメイクでくる女子。

仕事でクライアントと会うのにすっぴんに見えるような薄い化粧。

いつでもどこでも毎日同じメイクの人。

メイク上手の女性はシチュエーション に応じてメイクを変えています。

カジュアルなアウトドアの場所には、色味を強く使わないメイク。

クライアントと会う時は清潔感を最も大事にする。

プライベートでお出かけする時はどのようなメイクをしても構いませんが、状況に応じたメイクの使い分けは特に初対面の人と会う時は重要だと思います。

メイク上級者になるためにはそんな使い分けも少し意識してみてはいかがでしょうか。

一に努力!二に努力! よく耳にする私不器用だからという女性達。

はじめからメイクが上手な女性なんていません。

もちろん個人差はあるにしろメイクが上手な女性は、少なからず研究して努力をしています。

不器用だからといって諦めて努力をしないままではずっとメイクが下手な人のまま。

不器用なのであれば器用な人の倍練習しないとうまくはなりません。

仕事をしている人ならほぼ毎日のようにメイクはしますよね? その毎日のメイクを少しずつ意識して上手になるよう心掛ければ、日に日に上達してくるはずなのです。

まとめ

不器用だからといって諦めて毎日同じメイクをするのではなく少しずつ課題を持ちながらメイクに取り組むことでメイクが上手になり自分をもっと好きになることができるはず!

メイクを綺麗にしている女性ってやっぱり素敵ですよね。

その一方で、う〜ん残念!って思ってしまう人いませんか?

そんな人達の特徴をまとめてみました。


とにかく薄化粧

「私、濃いメイク似合わないから」と、とにかく薄化粧。

ナチュラルメイクと薄化粧は全くもって違います。

ファンデーションは塗っただけ、チークも口紅も薄い淡い色で血色が悪く、よく見ないとスッピンにすら見えてしまいます。

ナチュラルメイクに、最も大事なのはしっかりとしたベースメイク。

もちろん厚塗りにしろということではありません。

メイク前のスキンケアは十分に出来てますか?

下地やコンシーラーを上手に使って厚くなりすぎないように肌がキレイに見えるベースメイク、チークやリップは血色がよく見えるようなメイクを目指しましょう。

メイクが終わったあと確認していない

メイクをするときは、大抵の人が鏡を近づけてメイクしていると思います。

また暗すぎたり、明るさにムラがある環境でメイクをしていたり。

そのせいでやたらとメイクが濃くなってしまったり、逆に薄すぎたりしていることに気づいていない人多いと思います。

普通、人と話す時は鏡で自分の顔を見ている距離より離れています。

全てのメイクが終わったら、洗面台等の明るく大きめの鏡で一歩さがってメイクが濃すぎないか、逆にメイクをしてないように見えるほど薄すぎないか等確認しましょう。

眉やアイラインを描くのが下手

眉がまるで一筆書のようになっていてすごく不自然。

アイラインが眼の際から引けていなく隙間から肌色が見えてしまっている。

眉は一本一本、毛を描くように描いていくのが基本です。

もし上手くできないのであればブラシでぼかしたり、眉マスカラを使うと不器用さんでもある程度は上手にできると思います。

時代遅れのメイクをいつまでもしている

細くて角度のある眉、ばっちりアイメイク、テカテカのグロス。

アムラー時代思い出させてくれるメイク。

流行は常に変化しています。

その昔あなたが一生懸命研究して覚えたメイクも、今や時代遅れ。

その事に気付かずずっと同じメイクで過ごしている人いませんか?

いつも流行に敏感でいろとは言いませんが、半年に一度くらいは ファッション雑誌等に目を通して今の流行を少しは把握しておきましょう。

自分の肌の色に合っていない

なんだかよくわからないけど似合っていないメイク、なんだか浮いてしまっている。

具合が悪くもないのに今日顔色悪いですよって言われたことありませんか?

人にはそれぞれパーソナルカラーというものがあります。

イエローベースの肌の人に ブルーベースの人に似合う色を塗ると、肌に浮いてしまいなんだか顔色が悪く見えたり違和感のあるメイクに仕上がってしまいます。

今はネットなどで自分のパーソナルカラーを調べられるサイトもあります。

一度自分のパーソナルカラーを知っておくことで、メイクやファッションに生かすことができますのでぜひ調べてみてください。

引き算ができていないメイク

しっかり太いアイライン、何度も塗り重ねられたマスカラ、グラデーションで入れられた濃いアイシャドウ、チークもバッチリ入れて宝塚ばりのノーズシャドウ、口紅の上に グロスを塗ってばっちりメイク完成! なんだかどこのパーツもバッチリ過ぎてお面が出てきたような顔の人いませんか?

足し算ばかりのメイクは主張が強すぎてちょっと人を遠ざけてしまうようなメイクです。

綺麗な目元を強調したいのであれば、リップは肌馴染みのいい色選ぶ。

リップの色を際立たせたいのであれば、アイシャドウの色は抑えめにするなど引き算を覚えましょう。

TPO をわきまえていないメイク

みんなでアウトドアにキャンプに出かける時にやたらと濃いメイクでくる女子。

仕事でクライアントと会うのにすっぴんに見えるような薄い化粧。

いつでもどこでも毎日同じメイクの人。

メイク上手の女性はシチュエーション に応じてメイクを変えています。

カジュアルなアウトドアの場所には、色味を強く使わないメイク。

クライアントと会う時は清潔感を最も大事にする。

プライベートでお出かけする時はどのようなメイクをしても構いませんが、状況に応じたメイクの使い分けは特に初対面の人と会う時は重要だと思います。

メイク上級者になるためにはそんな使い分けも少し意識してみてはいかがでしょうか。

一に努力!二に努力! よく耳にする私不器用だからという女性達。

はじめからメイクが上手な女性なんていません。

もちろん個人差はあるにしろメイクが上手な女性は、少なからず研究して努力をしています。

不器用だからといって諦めて努力をしないままではずっとメイクが下手な人のまま。

不器用なのであれば器用な人の倍練習しないとうまくはなりません。

仕事をしている人ならほぼ毎日のようにメイクはしますよね? その毎日のメイクを少しずつ意識して上手になるよう心掛ければ、日に日に上達してくるはずなのです。

不器用だからといって諦めて毎日同じメイクをするのではなく少しずつ課題を持ちながらメイクに取り組むことでメイクが上手になり自分をもっと好きになることができるはず!

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-