【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171031181045.html
早く結婚する女性の特徴

早く結婚する女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
早く結婚する女性の特徴

男性は18歳から、女性は16歳から、結婚することを許されています。

しかし最近では、結婚年齢の平均がだんだんと高くなってきています。

もちろん結婚の時期は自分たちで決めることなので、結婚に踏み切るきっかけや条件もさまざまでしょう。

ここでは、まだ若い位置に結婚をする人の傾向を考えてみました。

  • 結婚願望が強い
  • 子どもが欲しい
  • 働きたくない
  • お付き合いが長かった
  • 年上男性が相手だった
  • できちゃった結婚
  • まとめ

1. 結婚願望が強い

結婚願望が強い

とにかく結婚をすることに憧れていて、結婚こそが幸せだと思っている女性は、早いうちに結婚しておきたいと思うのでしょう。

最近は、結婚=幸せの定義がなくなったようにも思いますが、結婚することで幸せを感じられることができるのは事実でしょう。

しかし実際結婚をすると大変なことが増えるのも事実です。

新しく家庭を作るということはとても大変で、願望や憧れだけではやっていけないことなので、安易な気持ちで結婚に踏み切るのはやめたほうがいいでしょう。

ただ初めはわからないことだらけでしょうから、徐々に慣れていけそうであれば、頑張っていけそうであれば、早期の結婚でも何の問題もないでしょう。

2. 子どもが欲しい

子どもが欲しい

若いママになりたい、子どもがたくさん欲しい女性は、早期結婚を望みます。

女性にはタイムリミットがあります。

現代では医療の進歩により高齢出産の成功率は上がっていますが、リスクがないわけではありません。

若いうちに出産すればノーリスクというわけでもありませんが、高齢出産よりリスクが低くなります。

そのため、子どもが欲しいと強く望む女性は、まず安定した子育て環境を作るべく結婚します。

また早く出産すれば若いママになれます。

授業参観に行ったときなど、周りより若いことでうれしくもなります。

子どもと遊んだりお出かけしたりするのも若いほうがフットワークが軽いでしょうし、それ目当ての人もいるかもしれません。

3. 働きたくない

働きたくない

高校や大学を卒業したあと就職したくなくて、その時お付き合いしている男性と結婚する人がいます。

お付き合いは好きな人としているでしょうし、問題はありませんが、この理由での早期結婚はあまりお勧めしません。

愛情ではなく、自分が楽をするために、自分が嫌なものを避けるための結婚でしかありません。

これでは軽い気持ちでの結婚なので、周囲は不安の気持ちでいっぱいでしょう。

4. お付き合いが長かった

お付き合いが長かった

小学生のときから、中学生のときから、高校生のときから、お付き合いがずっと続いていたら、20歳で結婚しても、かなり長いお付き合いを経ての結婚になります。

若者の結婚なのでいろいろと不安は付きまとうでしょうが、愛は長い時間をかけてはぐくまれているので、安定はするでしょう。

ただ結婚をして子供を産むとなると経済面もかなり重要になってくるので、好きだからという気持ちだけではやっていけません。

強い意志と覚悟が必要でしょう。

5. 年上男性が相手だった

年上男性が相手だった

相手がかなり年上だったため、すでに経済的にも安定していて早くに結婚する女性です。

たしかに結婚には経済面の安定は欠かせないので、まず一つの問題をクリアしていることは大きいでしょう。

また年上男性であれば、年が上の分経験も豊富でしょうから、ある程度は物知りのはずです。

ですから、遊びや不倫などでない真面目な男性であれば結婚しても申し分ないでしょう。

両親は心配するでしょうが、その年上男性側の気持ちが固いようなら、結婚も決まるでしょう。

6. できちゃった結婚

できちゃった結婚

厄介ですが、早期結婚の理由で一番多いのはできちゃった結婚ではないでしょうか。

お付き合いしている段階で子どもを作ってしまったパターンです。

将来結婚をする気持ちがある相手だったとしても、順番を守ることは大切です。

できちゃった結婚をしても上手くいく場合もありますが、万が一上手くいかなくて別れることになってしまったら、子どもにまで大変な思いをさせてしまうことになります。

2人の将来、また2人の間にできる新しい命、家族を大切に想うのであれば、ちゃんとした順序を踏むべきです。

まとめ

理由はさまざまでしょう。

子どものころは特に、結婚に対して憧れを抱く女の子は多いでしょうから、男性より女性のほうが結婚年齢が若くなるのもわかります。

また男性は30歳がピークで女性は20歳がピークでそこからは肌のきれいさなどの若々しさがなくなる一方だとよく言われるので、女性のほうが早く危機感を感じてしまうのかもしれません。

売れ残るのもの怖いですし、焦ってしまいますよね。

また近年では働く女性が多いので、若いうちに子どもを産んで自身が元気に身体を動かせるうちに仕事と育児を両立したいと考える人も多いのではないでしょうか。

もっと景気がよくなって、結婚し子どもを作ることへのリスクが減ったら、結婚する人が増えることが見込めるでしょう。

結婚生活はどんなはじまりだったとしても、幸せにできるかどうかはやり方次第です。

早くに結婚しても遅くに結婚しても幸せになれるはずです。

皆さんが幸せな結婚生活を送れますように。

男性は18歳から、女性は16歳から、結婚することを許されています。

しかし最近では、結婚年齢の平均がだんだんと高くなってきています。

もちろん結婚の時期は自分たちで決めることなので、結婚に踏み切るきっかけや条件もさまざまでしょう。

ここでは、まだ若い位置に結婚をする人の傾向を考えてみました。


結婚願望が強い

とにかく結婚をすることに憧れていて、結婚こそが幸せだと思っている女性は、早いうちに結婚しておきたいと思うのでしょう。

最近は、結婚=幸せの定義がなくなったようにも思いますが、結婚することで幸せを感じられることができるのは事実でしょう。

しかし実際結婚をすると大変なことが増えるのも事実です。

新しく家庭を作るということはとても大変で、願望や憧れだけではやっていけないことなので、安易な気持ちで結婚に踏み切るのはやめたほうがいいでしょう。

ただ初めはわからないことだらけでしょうから、徐々に慣れていけそうであれば、頑張っていけそうであれば、早期の結婚でも何の問題もないでしょう。

子どもが欲しい

若いママになりたい、子どもがたくさん欲しい女性は、早期結婚を望みます。

女性にはタイムリミットがあります。

現代では医療の進歩により高齢出産の成功率は上がっていますが、リスクがないわけではありません。

若いうちに出産すればノーリスクというわけでもありませんが、高齢出産よりリスクが低くなります。

そのため、子どもが欲しいと強く望む女性は、まず安定した子育て環境を作るべく結婚します。

また早く出産すれば若いママになれます。

授業参観に行ったときなど、周りより若いことでうれしくもなります。

子どもと遊んだりお出かけしたりするのも若いほうがフットワークが軽いでしょうし、それ目当ての人もいるかもしれません。

働きたくない

高校や大学を卒業したあと就職したくなくて、その時お付き合いしている男性と結婚する人がいます。

お付き合いは好きな人としているでしょうし、問題はありませんが、この理由での早期結婚はあまりお勧めしません。

愛情ではなく、自分が楽をするために、自分が嫌なものを避けるための結婚でしかありません。

これでは軽い気持ちでの結婚なので、周囲は不安の気持ちでいっぱいでしょう。

お付き合いが長かった

小学生のときから、中学生のときから、高校生のときから、お付き合いがずっと続いていたら、20歳で結婚しても、かなり長いお付き合いを経ての結婚になります。

若者の結婚なのでいろいろと不安は付きまとうでしょうが、愛は長い時間をかけてはぐくまれているので、安定はするでしょう。

ただ結婚をして子供を産むとなると経済面もかなり重要になってくるので、好きだからという気持ちだけではやっていけません。

強い意志と覚悟が必要でしょう。

年上男性が相手だった

相手がかなり年上だったため、すでに経済的にも安定していて早くに結婚する女性です。

たしかに結婚には経済面の安定は欠かせないので、まず一つの問題をクリアしていることは大きいでしょう。

また年上男性であれば、年が上の分経験も豊富でしょうから、ある程度は物知りのはずです。

ですから、遊びや不倫などでない真面目な男性であれば結婚しても申し分ないでしょう。

両親は心配するでしょうが、その年上男性側の気持ちが固いようなら、結婚も決まるでしょう。

できちゃった結婚

厄介ですが、早期結婚の理由で一番多いのはできちゃった結婚ではないでしょうか。

お付き合いしている段階で子どもを作ってしまったパターンです。

将来結婚をする気持ちがある相手だったとしても、順番を守ることは大切です。

できちゃった結婚をしても上手くいく場合もありますが、万が一上手くいかなくて別れることになってしまったら、子どもにまで大変な思いをさせてしまうことになります。

2人の将来、また2人の間にできる新しい命、家族を大切に想うのであれば、ちゃんとした順序を踏むべきです。

理由はさまざまでしょう。

子どものころは特に、結婚に対して憧れを抱く女の子は多いでしょうから、男性より女性のほうが結婚年齢が若くなるのもわかります。

また男性は30歳がピークで女性は20歳がピークでそこからは肌のきれいさなどの若々しさがなくなる一方だとよく言われるので、女性のほうが早く危機感を感じてしまうのかもしれません。

売れ残るのもの怖いですし、焦ってしまいますよね。

また近年では働く女性が多いので、若いうちに子どもを産んで自身が元気に身体を動かせるうちに仕事と育児を両立したいと考える人も多いのではないでしょうか。

もっと景気がよくなって、結婚し子どもを作ることへのリスクが減ったら、結婚する人が増えることが見込めるでしょう。

結婚生活はどんなはじまりだったとしても、幸せにできるかどうかはやり方次第です。

早くに結婚しても遅くに結婚しても幸せになれるはずです。

皆さんが幸せな結婚生活を送れますように。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-