【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171031143546.html
潔癖症の女性の特徴

潔癖症の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
潔癖症の女性の特徴

潔癖症の女性というのは細やかで女性らしい雰囲気ですが、清潔にこだわりすぎていて、それを他人に押しつけるといった面もあります。

それでは潔癖症の女性の特徴をまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

  • 人の手作り料理が苦手である
  • 手が汚れることを嫌がる
  • 女性らしい外見の人が多い
  • 自己主張が激しい、二面性がある
  • 鍋料理、回し飲みは苦手
  • 大勢の人が使うものが使えない
  • 知らない人が触ったものが嫌い
  • 常に除菌ティッシュを持ち歩いている
  • まとめ

1. 人の手作り料理が苦手である

人の手作り料理が苦手である

潔癖症の女性のわかりやすい特徴として人の手料理が苦手ということがあります。

特に素手で握ったおにぎりが食べられないというのが代表格ではないでしょうか。

その割にお寿司やカフェのサンドイッチなどは平気で食べることができるのがちょっと不思議なところでもあります。

2. 手が汚れることを嫌がる

手が汚れることを嫌がる

潔癖症の女性は手が汚れることを極端に嫌がります。

そして、ちょっとしたことでもすぐに手を洗うのが特徴です。

しかも石鹸をつけてゴシゴシとしつこいぐらいなので「ああ、この女性は潔癖症なのだな」と見たらわかりやすいです。

3. 女性らしい外見の人が多い

女性らしい外見の人が多い

潔癖症の女性は清潔にこだわっていることから、見た目にすごく気を使っています。

清潔感がある、きちんとメイクをしていることでしょう。

全身ピカピカといいますか、隙がないですので、とてもお洒落で魅力的に映っています。

当然ながら異性にモテますので彼氏がいる人も多いです。

付き合って潔癖症と気がつく男性も多いことでしょう。

4. 自己主張が激しい、二面性がある

自己主張が激しい、二面性がある

潔癖症の女性は案外気が強い人が多いのが特徴的です。

「これは嫌」「汚い」「気持ち悪い」といった生理的な問題に関することはずばずばと本音を言います。

見た感じほんわかしているので最初はそのギャップに戸惑うかもしれませんが、長くつきあっていれば見た目と性格が違うことに気がついてくることでしょう。

また潔癖症の女性は清潔にこだわって、他の人のことを汚いものとして見なすことが多いのですが、自分のことに関しては甘いのが特徴的です。

つまり人のものは何をしているかわからないから汚いと感じます。

一方で自分のものは自分で管理しているので大丈夫、汚くないと安心感があるのです。

大体潔癖症の人は自分や身の回りの物は綺麗にしているのですが時折ちょっと違和感を感じるような古臭い物を持っていることもあります。

それは自分の物であるから汚くないと考えています。

5. 鍋料理、回し飲みは苦手

鍋料理、回し飲みは苦手

潔癖症の女性はみんなでつつく鍋料理の類は苦手な傾向にあります。

取り箸がある料理であれば大丈夫です。

もちろん場の空気を乱さないように何も言わない女性もいますが、はっきりと嫌がる女性もいましてこのあたりはその女性の性格の強さで変わってくるでしょう。

いずれにしましても、料理を食べる様子がない、手をつけないという感じで見ていたらわかるものです。

潔癖症の女性と食事をするならば、コース料理のようにそれぞれに料理が盛られて運ばれてくるスタイルの方が無難でしょう。

また、ペットボトル、コップなど人にあげたり、もらったりする回し飲みは潔癖症の女性はできません。

嫌がります。

無理をして合わせることがありますが相当に我慢をしていると理解してあげてください。

6. 大勢の人が使うものが使えない

大勢の人が使うものが使えない

潔癖症の女性は外出先でトイレを使う際、和式を選ぶ傾向にあります。

除菌スプレーなどがある場合は大丈夫ですがそうでないのであれば使わないものです。

どうしても洋式しかない場合はトイレットペーパーを敷くとか、自分の除菌ティッシュで拭くなどしないと使いません。

そして仲の良い恋人同士でも一緒の湯舟につかるのは何となく抵抗感があると感じています。

人の垢がつくなど考えてしまうとダメなのです。

そういう意味からあまり温泉なども好まない傾向があります。

また温泉などにつかっても、必ず最後はシャワーで全身を流すなどすれば大丈夫な場合もあります。

7. 知らない人が触ったものが嫌い

知らない人が触ったものが嫌い

誰が触ったかわからないものを触るのが苦手なのが潔癖症の女性の特徴です。

電車のつり革や手すりは気持ち悪くて使わない、エレベーターのボタンも触りたくないという女性もいます。

重度の潔癖症になりますと、ハンカチ越しに触るということもあります。

また潔癖症の女性は図書館の本はばい菌の塊なんて思っている場合もあります。

確かにどのような扱われ方をしていたのかわかりません。

借りて帰ってトイレに置いておくなんてずぼらな人がいるかもしれません。

そういうことを考え出すとどうにも気持ち悪くなるのが潔癖症の女性の特徴といえるでしょう。

それだったら新品の本を買うという考え方になるのです。

8. 常に除菌ティッシュを持ち歩いている

常に除菌ティッシュを持ち歩いている

潔癖症の女性は外に出る時は何があるかわからないと、除菌ティッシュ、スプレーの類を持ち歩いています。

自分の手を拭いたり、対象物を拭いたりすることで安心できるのです。

潔癖症でない人より余分に衛生グッズにお金がかかるのが特徴ですが本人としては必要経費、ないと生活できないと思っているのです。

まとめ

いかがでしたか。

潔癖症の女性の特徴をまとめて紹介しました。

人によって程度の差はありますがあまりひどくなると日常生活が困難になりますし本人も周りも気を使ってばかりで苦しくなってしまいますね。

以上、参考になりましたら幸いです。

潔癖症の女性というのは細やかで女性らしい雰囲気ですが、清潔にこだわりすぎていて、それを他人に押しつけるといった面もあります。

それでは潔癖症の女性の特徴をまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。


人の手作り料理が苦手である

潔癖症の女性のわかりやすい特徴として人の手料理が苦手ということがあります。

特に素手で握ったおにぎりが食べられないというのが代表格ではないでしょうか。

その割にお寿司やカフェのサンドイッチなどは平気で食べることができるのがちょっと不思議なところでもあります。

手が汚れることを嫌がる

潔癖症の女性は手が汚れることを極端に嫌がります。

そして、ちょっとしたことでもすぐに手を洗うのが特徴です。

しかも石鹸をつけてゴシゴシとしつこいぐらいなので「ああ、この女性は潔癖症なのだな」と見たらわかりやすいです。

女性らしい外見の人が多い

潔癖症の女性は清潔にこだわっていることから、見た目にすごく気を使っています。

清潔感がある、きちんとメイクをしていることでしょう。

全身ピカピカといいますか、隙がないですので、とてもお洒落で魅力的に映っています。

当然ながら異性にモテますので彼氏がいる人も多いです。

付き合って潔癖症と気がつく男性も多いことでしょう。

自己主張が激しい、二面性がある

潔癖症の女性は案外気が強い人が多いのが特徴的です。

「これは嫌」「汚い」「気持ち悪い」といった生理的な問題に関することはずばずばと本音を言います。

見た感じほんわかしているので最初はそのギャップに戸惑うかもしれませんが、長くつきあっていれば見た目と性格が違うことに気がついてくることでしょう。

また潔癖症の女性は清潔にこだわって、他の人のことを汚いものとして見なすことが多いのですが、自分のことに関しては甘いのが特徴的です。

つまり人のものは何をしているかわからないから汚いと感じます。

一方で自分のものは自分で管理しているので大丈夫、汚くないと安心感があるのです。

大体潔癖症の人は自分や身の回りの物は綺麗にしているのですが時折ちょっと違和感を感じるような古臭い物を持っていることもあります。

それは自分の物であるから汚くないと考えています。

鍋料理、回し飲みは苦手

潔癖症の女性はみんなでつつく鍋料理の類は苦手な傾向にあります。

取り箸がある料理であれば大丈夫です。

もちろん場の空気を乱さないように何も言わない女性もいますが、はっきりと嫌がる女性もいましてこのあたりはその女性の性格の強さで変わってくるでしょう。

いずれにしましても、料理を食べる様子がない、手をつけないという感じで見ていたらわかるものです。

潔癖症の女性と食事をするならば、コース料理のようにそれぞれに料理が盛られて運ばれてくるスタイルの方が無難でしょう。

また、ペットボトル、コップなど人にあげたり、もらったりする回し飲みは潔癖症の女性はできません。

嫌がります。

無理をして合わせることがありますが相当に我慢をしていると理解してあげてください。

大勢の人が使うものが使えない

潔癖症の女性は外出先でトイレを使う際、和式を選ぶ傾向にあります。

除菌スプレーなどがある場合は大丈夫ですがそうでないのであれば使わないものです。

どうしても洋式しかない場合はトイレットペーパーを敷くとか、自分の除菌ティッシュで拭くなどしないと使いません。

そして仲の良い恋人同士でも一緒の湯舟につかるのは何となく抵抗感があると感じています。

人の垢がつくなど考えてしまうとダメなのです。

そういう意味からあまり温泉なども好まない傾向があります。

また温泉などにつかっても、必ず最後はシャワーで全身を流すなどすれば大丈夫な場合もあります。

知らない人が触ったものが嫌い

誰が触ったかわからないものを触るのが苦手なのが潔癖症の女性の特徴です。

電車のつり革や手すりは気持ち悪くて使わない、エレベーターのボタンも触りたくないという女性もいます。

重度の潔癖症になりますと、ハンカチ越しに触るということもあります。

また潔癖症の女性は図書館の本はばい菌の塊なんて思っている場合もあります。

確かにどのような扱われ方をしていたのかわかりません。

借りて帰ってトイレに置いておくなんてずぼらな人がいるかもしれません。

そういうことを考え出すとどうにも気持ち悪くなるのが潔癖症の女性の特徴といえるでしょう。

それだったら新品の本を買うという考え方になるのです。

常に除菌ティッシュを持ち歩いている

潔癖症の女性は外に出る時は何があるかわからないと、除菌ティッシュ、スプレーの類を持ち歩いています。

自分の手を拭いたり、対象物を拭いたりすることで安心できるのです。

潔癖症でない人より余分に衛生グッズにお金がかかるのが特徴ですが本人としては必要経費、ないと生活できないと思っているのです。

いかがでしたか。

潔癖症の女性の特徴をまとめて紹介しました。

人によって程度の差はありますがあまりひどくなると日常生活が困難になりますし本人も周りも気を使ってばかりで苦しくなってしまいますね。

以上、参考になりましたら幸いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-