【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029185009.html
友達が少ない女性の特徴

友達が少ない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
友達が少ない女性の特徴

友達が多い人もいれば少ない人もいます。

「自分は友だちが少ない」という自覚のある人もいるでしょう。

ここでは、友達の少ない女性の特徴を紹介します。

  • 相手の性別によって態度や接し方が変わる
  • 人の悪口や陰口が好き
  • ネガティブでグチ話が多い
  • ウソつきで話を盛る
  • 内気すぎてコミュニケーションが苦手
  • 自分の話ばかりして人の話を聞かない
  • 彼氏ができると彼氏オンリーの生活になる
  • まとめ

1. 相手の性別によって態度や接し方が変わる

相手の性別によって態度や接し方が変わる

同性から嫌われるタイプなために、なかなか友達ができないというケースがよくあります。

嫌われる理由で多いのが、「相手の性別によって、態度や接し方が変わる」ということ。

相手が男性だと愛嬌をふりまいたり、天然ぶりを見せて関心を買おうとしたり、良く思われようして媚びを売ったりするのに、同性を相手にすると、まったく愛想がなくなり、冷たい態度や、気のない対応をする女性が少なくありません。

そこには女性ならではの計算が働いているわけですが、このような計算高い女性は、間違いなく同性から嫌われます。

相手が男か女かで、人が変わったように対応が変わる女性を、友達にしたいと思う女性はいないでしょう、

2. 人の悪口や陰口が好き

人の悪口や陰口が好き

人の悪口や陰口を言うことが好きというタイプの女性も、同性から嫌われるために友達が少ないということができるでしょう。

このタイプの女性の特徴は、そこにいない人のうわさ話をして、その人を貶すということです。

人の悪口を聞かされること自体が、愉快なものではありません。

その悪口に同調すると、悪口のターゲットになった人に、「あの人がこんなことを言ってたわよ」と、まるでこちらがその人の悪口を言ったかのように伝えられてしまうというリスクもあります。

また、そこにいない人の悪口を言うということは、自分がいない所で、自分の悪口を言われている可能性が大きいと考えていいでしょう。

そんな人とは、なるべく関わらないようにしようとするのが、ふつうの心理です。

周囲の人から敬遠されてしまう人に多くの友達ができることはありません。

3. ネガティブでグチ話が多い

ネガティブでグチ話が多い

友達が少ない女性には、ネガティブで暗いという特徴もあります。

ネガティブな女性は、負のオーラを出しているものです。

たとえば、職場にそういう人がいる場合、同僚たちはできるだけその人に近づかないようにするでしょう。

負のオーラを持っている人に近づくと、こちらまで暗い気持ちになり、気が滅入ってしまうからです。

また、こういうタイプの人は、話す内容もネガティブなものになります。

口を開けば、仕事のグチ、家族のグチ、健康に関するグチなど、聞いていてまったく楽しくない話ばかり。

そんな人と、好んで話をしようと思う人はいないでしょう。

そのため、友達が少ないのです。

4. ウソつきで話を盛る

ウソつきで話を盛る

ミスをした時、自己弁護のためにウソをついたり、自分を良く見せようとして話を盛るという女性も、友達が少ないと考えていいでしょう。

人間には、時にはウソをつくということがあるものです。

やむを得ないウソ、許されるウソもあるに違いありません。

しかし、それがクセのようになって、しょっちゅうウソをつく女性は、間違いなく人から敬遠されますから、結果として友達ができないのです。

特に虚言癖のある女性、信用のできない話ばかりする女性は、友達が少ないものです。

5. 内気すぎてコミュニケーションが苦手

内気すぎてコミュニケーションが苦手

シャイな女性は珍しくありませんし、少々内気な女性は、かえって人に好印象を与えるということもあります。

しかし、それも程度問題。

あまりに内気すぎる女性は、友達が少ないものです。

こういうタイプの女性は、人とうまくコミュニケーションを取ることができません。

自分から人に話しかけることはめったにありませんし、人から話しかけられても、うまく会話することができないのです。

自分ではけっして人を拒んでいるつもりはなくても、コミュニケーションが苦手なために、結果として人を受け入れないような対応になってしまうのです。

内気でコミュニケーションが苦手なこと、これも友達が少ない女性の特徴でしょう。

6. 自分の話ばかりして人の話を聞かない

自分の話ばかりして人の話を聞かない

逆に、おしゃべり好きなのに、友達が少ないという女性もいます。

その特徴は、「自分のことばかり話す」ということ。

会話は言葉のキャッチボールです。

「話し上手な人は聞き上手」という言葉もあります。

女性にはおしゃべり好きな人が多いものですが、会話はあくまでも、それぞれが相手の話を聞くことで成立すると言っていいでしょう。

一方的に自分の話をする人とは、つまり本来の意味での会話が成立しません。

また、こういうタイプの女性は自慢話が多くなりますから、ますます相手は会話を楽しめないのです。

これでは、多くの友達を持つことができないのも当然でしょう。

7. 彼氏ができると彼氏オンリーの生活になる

彼氏ができると彼氏オンリーの生活になる

彼氏ができると、とたんにつきあいが悪くなるというのも、友達が少ない女性の特徴と言っていいでしょう。

彼氏がいない時には、同性の友達と楽しくつきあっているのに、彼氏ができると彼氏オンリーの生活になるというのが、このタイプの女性です。

もちろん、彼氏ができれば誰しも彼氏優先にはなりますが、友達とのつきあいも大切にするのが、ふつうの女性でしょう。

彼氏オンリーになる女性は、彼氏ができると友達の存在を忘れてしまったかのように、友達をつきあわないようになります。

友達と約束をしていても、彼氏に誘われれば友達との約束をドタキャンすることもめずらしくありません。

こういう女性は、新しい友達ができたとしても、彼氏ができると、その友達を失ってしまうのです。

まとめ

友達が少ない女性にはどんな特徴があるのか、主なものを7種類見てきました。

友達が少ないという自覚のある方は、セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

友達が多い人もいれば少ない人もいます。

「自分は友だちが少ない」という自覚のある人もいるでしょう。

ここでは、友達の少ない女性の特徴を紹介します。


相手の性別によって態度や接し方が変わる

同性から嫌われるタイプなために、なかなか友達ができないというケースがよくあります。

嫌われる理由で多いのが、「相手の性別によって、態度や接し方が変わる」ということ。

相手が男性だと愛嬌をふりまいたり、天然ぶりを見せて関心を買おうとしたり、良く思われようして媚びを売ったりするのに、同性を相手にすると、まったく愛想がなくなり、冷たい態度や、気のない対応をする女性が少なくありません。

そこには女性ならではの計算が働いているわけですが、このような計算高い女性は、間違いなく同性から嫌われます。

相手が男か女かで、人が変わったように対応が変わる女性を、友達にしたいと思う女性はいないでしょう、

人の悪口や陰口が好き

人の悪口や陰口を言うことが好きというタイプの女性も、同性から嫌われるために友達が少ないということができるでしょう。

このタイプの女性の特徴は、そこにいない人のうわさ話をして、その人を貶すということです。

人の悪口を聞かされること自体が、愉快なものではありません。

その悪口に同調すると、悪口のターゲットになった人に、「あの人がこんなことを言ってたわよ」と、まるでこちらがその人の悪口を言ったかのように伝えられてしまうというリスクもあります。

また、そこにいない人の悪口を言うということは、自分がいない所で、自分の悪口を言われている可能性が大きいと考えていいでしょう。

そんな人とは、なるべく関わらないようにしようとするのが、ふつうの心理です。

周囲の人から敬遠されてしまう人に多くの友達ができることはありません。

ネガティブでグチ話が多い

友達が少ない女性には、ネガティブで暗いという特徴もあります。

ネガティブな女性は、負のオーラを出しているものです。

たとえば、職場にそういう人がいる場合、同僚たちはできるだけその人に近づかないようにするでしょう。

負のオーラを持っている人に近づくと、こちらまで暗い気持ちになり、気が滅入ってしまうからです。

また、こういうタイプの人は、話す内容もネガティブなものになります。

口を開けば、仕事のグチ、家族のグチ、健康に関するグチなど、聞いていてまったく楽しくない話ばかり。

そんな人と、好んで話をしようと思う人はいないでしょう。

そのため、友達が少ないのです。

ウソつきで話を盛る

ミスをした時、自己弁護のためにウソをついたり、自分を良く見せようとして話を盛るという女性も、友達が少ないと考えていいでしょう。

人間には、時にはウソをつくということがあるものです。

やむを得ないウソ、許されるウソもあるに違いありません。

しかし、それがクセのようになって、しょっちゅうウソをつく女性は、間違いなく人から敬遠されますから、結果として友達ができないのです。

特に虚言癖のある女性、信用のできない話ばかりする女性は、友達が少ないものです。

内気すぎてコミュニケーションが苦手

シャイな女性は珍しくありませんし、少々内気な女性は、かえって人に好印象を与えるということもあります。

しかし、それも程度問題。

あまりに内気すぎる女性は、友達が少ないものです。

こういうタイプの女性は、人とうまくコミュニケーションを取ることができません。

自分から人に話しかけることはめったにありませんし、人から話しかけられても、うまく会話することができないのです。

自分ではけっして人を拒んでいるつもりはなくても、コミュニケーションが苦手なために、結果として人を受け入れないような対応になってしまうのです。

内気でコミュニケーションが苦手なこと、これも友達が少ない女性の特徴でしょう。

自分の話ばかりして人の話を聞かない

逆に、おしゃべり好きなのに、友達が少ないという女性もいます。

その特徴は、「自分のことばかり話す」ということ。

会話は言葉のキャッチボールです。

「話し上手な人は聞き上手」という言葉もあります。

女性にはおしゃべり好きな人が多いものですが、会話はあくまでも、それぞれが相手の話を聞くことで成立すると言っていいでしょう。

一方的に自分の話をする人とは、つまり本来の意味での会話が成立しません。

また、こういうタイプの女性は自慢話が多くなりますから、ますます相手は会話を楽しめないのです。

これでは、多くの友達を持つことができないのも当然でしょう。

彼氏ができると彼氏オンリーの生活になる

彼氏ができると、とたんにつきあいが悪くなるというのも、友達が少ない女性の特徴と言っていいでしょう。

彼氏がいない時には、同性の友達と楽しくつきあっているのに、彼氏ができると彼氏オンリーの生活になるというのが、このタイプの女性です。

もちろん、彼氏ができれば誰しも彼氏優先にはなりますが、友達とのつきあいも大切にするのが、ふつうの女性でしょう。

彼氏オンリーになる女性は、彼氏ができると友達の存在を忘れてしまったかのように、友達をつきあわないようになります。

友達と約束をしていても、彼氏に誘われれば友達との約束をドタキャンすることもめずらしくありません。

こういう女性は、新しい友達ができたとしても、彼氏ができると、その友達を失ってしまうのです。

友達が少ない女性にはどんな特徴があるのか、主なものを7種類見てきました。

友達が少ないという自覚のある方は、セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-