【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029184756.html
文系の女性の特徴

文系の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
文系の女性の特徴

大学を受ける時は「理系」と「文系」がありますが、社会人になると「理系」の女性は減り、「文系」と「体育会系」、または「パーティ系」の女性などのカテゴリーが生まれるようです。

今回は文系女性の特徴を見ていきましょう。

  • 一人の時間を楽しめる
  • 読書が好き
  • ゲームが好き
  • 一人旅が好き
  • 食べ歩きが好き
  • とにかく知識が豊富
  • 派手な場所が苦手
  • まとめ

1. 一人の時間を楽しめる

一人の時間を楽しめる

文系の女性の特徴として、「一人の時間」を大切にするということがあります。

一人遊びが得意で、1日中部屋で一人でいても苦にすることがありません。

何かしら楽しみをみつけて、いつの間にかそのことに集中してしまいます。

仕事が休みな日に「家にいてもやることがない」「休日がむしろ苦痛」という女性もいます。

しかし文系の女性は、「休みがあればあるほどいい」と思っています。

なぜなら自宅には楽しいことが山ほどあり、それをすべてこなすことはできないほどだからです。

文系の彼女ができた場合は、特別な場所にデートに行く必要はそれほどなく、自宅や近所の商店街などでも十分楽しそうにしてくれるでしょう。

2. 読書が好き

読書が好き

文系の女性は、国語力があり、歴史などにも詳しいです。

その基本になっているのが、「読書量」ということになります。

子どもの頃から本が好きで、学校の図書館の本を、すべて貸し出して読んだという猛者も含まれています。

読書は読めば読むほど、読む力が身に付きますし、読書をする面白さも発見することができます。

同じ本を何回読んでも、良い本なら違った面白さをみつけることができます。

会社の通勤時や、ランチを食べた後の空いた時間に、読書をする女性も多いです。

どこか素敵な場所に行った時に「ここで本を読みたい」と思う女性は確実に文系の女性です。

喫茶店巡りも大好きです。

その喫茶店の雰囲気にぴったりの本を探して持って行き、まったりと時間を過ごすことに幸せを感じます。

1日に何軒もの喫茶店で様々な本を読むような休日を過ごす文系の女性も多いでしょう。

3. ゲームが好き

ゲームが好き

読書から派生して、様々な趣味に向かっていく文系の女性も多いです。

その中には「ゲーム好き」も含まれます。

例えば歴史小説が好きな女性なら、織田信長が主人公のシミュレーションゲームをしたり、戦国武将が主人公の格闘技をしたりします。

またRPGは中世ヨーロッパや古代ヨーロッパがモデルになった舞台で主人公が活躍するものが多く、楽しめる要素がたくさんあります。

鉄道が好きになり、鉄道シミュレーションゲームに没頭する女性もいます。

またボードゲームをして、知的なやりとりをすることを好む文系の女性もいます。

4. 一人旅が好き

一人旅が好き

文系の女性は一人で過ごす時間が大好きです。

旅行に行く時も、一人旅をしたほうが良いという女性も多いです。

複数の友達と旅行に行くと、楽しい時間も増えますが、自分が本当に観たい史跡を見ることができなかったり、食事をすることができなかったりします。

一人なら、本当に行きたい場所、行きたい飲食店に行くことができます。

京都に行っても、誰も観光客が行かないような寺社仏閣を訪れたり、歴史的な人物のお墓参りをして楽しむなど、友達が一緒に行ってくれないような場所に行くことに幸せを感じます。

一人旅というと寂しい印象を持つ女性もいますが、文系の女性にとっては至福の時間です。

ただ趣味がどんぴしゃの文系の女子同士の旅行は、一人旅よりさらに楽しいことがあります。

5. 食べ歩きが好き

食べ歩きが好き

文系の女性は食事にも強い興味を持っています。

さらに一人の時間が好きなので、自然と食べ歩きをすることになります。

ただ美味しい料理を食べるだけでなく、写真を撮って食事の感想をメモしたり、点数をつけたりします。

結果的に飲食店の情報量がとても多くなり、友達にお店を教えてあげられるような「グルメ女子」になることもあります。

「焼肉」というジャンルだけでも数十店のお店を紹介できるような、ひとり食べログのような女性も文系の女性には存在します。

6. とにかく知識が豊富

とにかく知識が豊富

飲食店で食事をする時も、そのお店についてすぐに情報を調べるのが文系女子の特徴です。

創業は、グループは、ルーツになったお店は、などの知識を入れていくので、どんどん知識が増えていきます。

飲食店だけでなく、旅行先でも情報を入れていきます。

史跡の前には説明のための札が立っていますが、その説明文も全て読み込むタイプの女性です。

結果的に知識量が豊富になり、さらに知りたいことが増えていくのです。

7. 派手な場所が苦手

派手な場所が苦手

文系の女性の多くは、パーティやクラブなどの派手な場所が苦手です。

基本的に静かで穏やかな雰囲気な場所が好きだからです。

パーティに行くなら一人で部屋にいるほうが好きですし、クラブに行くよりも純喫茶に行くほうが好きです。

もし文系の友達や彼女ができたら、なるべく派手な場所には連れて行かないほうが良いでしょう。

まとめ

文系の女性の基本を作っているのは、読書から始まる知識量の豊富さです。

また一人が好きで、部屋の中で時間を過ごすのが大好きな女性でもあります。

文系の女性は、文系同士なら付き合いやすく、それ以外の人は少し付き合いにくいかもしれません。

大学を受ける時は「理系」と「文系」がありますが、社会人になると「理系」の女性は減り、「文系」と「体育会系」、または「パーティ系」の女性などのカテゴリーが生まれるようです。

今回は文系女性の特徴を見ていきましょう。


一人の時間を楽しめる

文系の女性の特徴として、「一人の時間」を大切にするということがあります。

一人遊びが得意で、1日中部屋で一人でいても苦にすることがありません。

何かしら楽しみをみつけて、いつの間にかそのことに集中してしまいます。

仕事が休みな日に「家にいてもやることがない」「休日がむしろ苦痛」という女性もいます。

しかし文系の女性は、「休みがあればあるほどいい」と思っています。

なぜなら自宅には楽しいことが山ほどあり、それをすべてこなすことはできないほどだからです。

文系の彼女ができた場合は、特別な場所にデートに行く必要はそれほどなく、自宅や近所の商店街などでも十分楽しそうにしてくれるでしょう。

読書が好き

文系の女性は、国語力があり、歴史などにも詳しいです。

その基本になっているのが、「読書量」ということになります。

子どもの頃から本が好きで、学校の図書館の本を、すべて貸し出して読んだという猛者も含まれています。

読書は読めば読むほど、読む力が身に付きますし、読書をする面白さも発見することができます。

同じ本を何回読んでも、良い本なら違った面白さをみつけることができます。

会社の通勤時や、ランチを食べた後の空いた時間に、読書をする女性も多いです。

どこか素敵な場所に行った時に「ここで本を読みたい」と思う女性は確実に文系の女性です。

喫茶店巡りも大好きです。

その喫茶店の雰囲気にぴったりの本を探して持って行き、まったりと時間を過ごすことに幸せを感じます。

1日に何軒もの喫茶店で様々な本を読むような休日を過ごす文系の女性も多いでしょう。

ゲームが好き

読書から派生して、様々な趣味に向かっていく文系の女性も多いです。

その中には「ゲーム好き」も含まれます。

例えば歴史小説が好きな女性なら、織田信長が主人公のシミュレーションゲームをしたり、戦国武将が主人公の格闘技をしたりします。

またRPGは中世ヨーロッパや古代ヨーロッパがモデルになった舞台で主人公が活躍するものが多く、楽しめる要素がたくさんあります。

鉄道が好きになり、鉄道シミュレーションゲームに没頭する女性もいます。

またボードゲームをして、知的なやりとりをすることを好む文系の女性もいます。

一人旅が好き

文系の女性は一人で過ごす時間が大好きです。

旅行に行く時も、一人旅をしたほうが良いという女性も多いです。

複数の友達と旅行に行くと、楽しい時間も増えますが、自分が本当に観たい史跡を見ることができなかったり、食事をすることができなかったりします。

一人なら、本当に行きたい場所、行きたい飲食店に行くことができます。

京都に行っても、誰も観光客が行かないような寺社仏閣を訪れたり、歴史的な人物のお墓参りをして楽しむなど、友達が一緒に行ってくれないような場所に行くことに幸せを感じます。

一人旅というと寂しい印象を持つ女性もいますが、文系の女性にとっては至福の時間です。

ただ趣味がどんぴしゃの文系の女子同士の旅行は、一人旅よりさらに楽しいことがあります。

食べ歩きが好き

文系の女性は食事にも強い興味を持っています。

さらに一人の時間が好きなので、自然と食べ歩きをすることになります。

ただ美味しい料理を食べるだけでなく、写真を撮って食事の感想をメモしたり、点数をつけたりします。

結果的に飲食店の情報量がとても多くなり、友達にお店を教えてあげられるような「グルメ女子」になることもあります。

「焼肉」というジャンルだけでも数十店のお店を紹介できるような、ひとり食べログのような女性も文系の女性には存在します。

とにかく知識が豊富

飲食店で食事をする時も、そのお店についてすぐに情報を調べるのが文系女子の特徴です。

創業は、グループは、ルーツになったお店は、などの知識を入れていくので、どんどん知識が増えていきます。

飲食店だけでなく、旅行先でも情報を入れていきます。

史跡の前には説明のための札が立っていますが、その説明文も全て読み込むタイプの女性です。

結果的に知識量が豊富になり、さらに知りたいことが増えていくのです。

派手な場所が苦手

文系の女性の多くは、パーティやクラブなどの派手な場所が苦手です。

基本的に静かで穏やかな雰囲気な場所が好きだからです。

パーティに行くなら一人で部屋にいるほうが好きですし、クラブに行くよりも純喫茶に行くほうが好きです。

もし文系の友達や彼女ができたら、なるべく派手な場所には連れて行かないほうが良いでしょう。

文系の女性の基本を作っているのは、読書から始まる知識量の豊富さです。

また一人が好きで、部屋の中で時間を過ごすのが大好きな女性でもあります。

文系の女性は、文系同士なら付き合いやすく、それ以外の人は少し付き合いにくいかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-