【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029184602.html
猫好きの女性の特徴

猫好きの女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
猫好きの女性の特徴

猫好きの女性にはいくつかの特徴が存在しますが、ここではそのうちの10個について述べています。

  • いつもペットと一緒にいたい
  • 一人暮らし
  • 散歩させるのが苦手
  • 長生きするペットが好き
  • 可愛いものが好き
  • 訓練するのが苦手
  • マイペース
  • 自宅で過ごすのが好き
  • 我慢強い
  • 愛情の対象が一つでもあれば満足する
  • まとめ

1. いつもペットと一緒にいたい

いつもペットと一緒にいたい

基本的に猫をペットとしている人は、外ではなく家でお世話をします。

そのため一緒にいる時間が多く、好きなときに可愛がることができます。

大型犬などは外で買うことが多いために、戯れたいと感じたときにいつでもそうできるとは限りません。

しかし猫の場合はそれが可能です。

そのためペットを触っていると安心感を感じるという女性の多くは、猫をチョイスします。

2. 一人暮らし

一人暮らし

上記でも考えたように、猫は室内で飼うことのできるペットです。

そのため自宅に帰れば常に猫が待ち構えており、一緒に時を過ごすことができます。

このような状況を求めている女性の多くは、一人暮らしである場合があります。

自宅で一人で過ごすのが寂しいと感じたり、一人でいるよりも人や動物と一緒にいるほうが好きであると感じるのです。

そのため一人暮らしでペットが飼える状況にある女性は、猫をチョイスします。

3. 散歩させるのが苦手

散歩させるのが苦手

猫や犬といった動物は小動物に比べるとそれなりに手間がかかります。

餌を食べる量も多いですし、犬の場合は散歩に連れて行かなければなりません。

しかし猫の場合は散歩というお世話から逃れることができます。

基本的に室内で飼っていても走り回ることができますし、散歩に連れて行かなくてもストレスを感じる動物ではないのです。

しかし室内で走り回るときは様々なものを倒したり、興奮してひっかくなどの動作を取ることがありますので、注意が必要です。

4. 長生きするペットが好き

長生きするペットが好き

小動物は比較的寿命が短いのに対し、猫の寿命は長いことで知られています。

以前は10年から15年が猫の平均的な寿命と考えられてきましたが、現在では20年生きる猫もいます。

これだけ長く生きられると、もはや猫も家族の一員です。

そしてペットを飼う女性の中にはペットを家族の一員のようにして可愛がりたいと感じている人もいます。

このような女性は一緒にいる時間が長く、しかも長生きする猫をチョイスします。

しかしこれほど長生きすると死んでしまったときに非常に悲しい思いをすることになりますので、この点は心得ておくべきです。

5. 可愛いものが好き

可愛いものが好き

どんな動物でも子どもの頃は非常に可愛いものです。

そして愛情を持って育てればその可愛さは性格によって現れることとなり、ご主人とペットの関係はより一層深いものとなります。

そして最近では猫ブームとなり、子猫の可愛い写真や動画がインターネットを介してアップされています。

このようなものに心を動かされ、猫を飼い始める女性もいます。

中にはこれまで動物にはあまり興味がなかったものの、子猫の写真や動画を見るようになってから動物が好きになったという女性もいます。

6. 訓練するのが苦手

訓練するのが苦手

犬は群れで行動する生き物です。

そのため誰が自分のボスであるのかを見極め、その人に従うように行動します。

しかし猫はそれとは異なります。

猫は単体で行動する習性を持っているために、ボスに従うという行動はとりません。

このような違いが犬はご主人に忠実で、猫はそうではないという印象を与えているのです。

しかし猫は訓練しなくてもある程度のことをきちんと自分で行うことができます。

そのためトイレなども砂を入れた容器を置いておけば訓練しなくてもそこがトイレであると認識できるのです。

こうした状況に伴い、ペットを訓練することが苦手な女性も猫をチョイスします。

7. マイペース

マイペース

猫好きの女性は性格も猫にいていることが多々あります。

上記でも考えたように、猫は群れで生活する習性を持っていないために、自分の意志で行動します。

そのためマイペースな動物なのです。

このようなマイペースの動物に引かれる女性の多くは、自分もマイペースです。

そのため常にご主人に忠実な犬よりも、甘えたいときに自分のところに来るマイペースな猫を好むのです。

8. 自宅で過ごすのが好き

自宅で過ごすのが好き

猫好きの女性の多くはアウトドア派というよりも、インドア派であるのが一般的です。

なぜなら猫は室内でまったりと過ごす生き物です。

そのためこのような猫と一緒にいることが好きであるという女性も、外に出てアクティブに活動するタイプではなく自宅でゆっくりと過ごすことが好きな人たちです。

それでも自宅に猫がいると気持ちが落ち着きますし、生活にアクセントが加わります。

そのためインドア派であってもエキサイティングな毎日を過ごしたいという人は、猫を飼ってみるのもいいかもしれません。

9. 我慢強い

我慢強い

猫好きの女性は我慢強い傾向にあります。

なぜなら猫は飼い主が示す優しさや愛情に反応しないことがあります。

それでもこのようなペットを愛し続けることができるというのは、我慢強い証拠です。

もちろん猫がこのように振舞うのは先にも考慮したその習性が関係しています。

そのためご主人が嫌いになったわけではありません。

それでも多くの人はペットに忠実さを求めます。

これを気分によって示すときと、示さないときがある猫を愛情深く世話する女性は、間違いなく我慢強い性格です。

10. 愛情の対象が一つでもあれば満足する

愛情の対象が一つでもあれば満足する

これまで考えてきたように、猫好きの女性はなるべく長い時間ペットと一緒にいたいと感じます。

これはペットが可愛らしいからというだけではなく、愛情を注ぐことに喜びを見出すことができるからです。

このような性格は素晴らしいと言えます。

そして自宅でゴロゴロとしている猫はその対象となりやすく、それゆえに猫をチョイスする女性がいるのです。

このような女性に飼われている猫は幸せです。

しかし可愛がり過ぎるあまり、餌をたくさん与えて肥満猫になってしまうこともあります。

まとめ

基本的に動物を愛し、ペットとして飼う女性は心が優しい人です。

またペットはお世話をしなければ生きていけません。

そのためしっかりとしており、お世話ができる女性であるのです。

しかしこのような女性がペットに猫をチョイスするということには、それなりの理由があるのです。

これまで考えてきたようにその理由のメインは女性の性格で、猫との相性が良い性格の持ち主がペットとして猫をチョイスしているのです。

猫好きの女性にはいくつかの特徴が存在しますが、ここではそのうちの10個について述べています。


いつもペットと一緒にいたい

基本的に猫をペットとしている人は、外ではなく家でお世話をします。

そのため一緒にいる時間が多く、好きなときに可愛がることができます。

大型犬などは外で買うことが多いために、戯れたいと感じたときにいつでもそうできるとは限りません。

しかし猫の場合はそれが可能です。

そのためペットを触っていると安心感を感じるという女性の多くは、猫をチョイスします。

一人暮らし

上記でも考えたように、猫は室内で飼うことのできるペットです。

そのため自宅に帰れば常に猫が待ち構えており、一緒に時を過ごすことができます。

このような状況を求めている女性の多くは、一人暮らしである場合があります。

自宅で一人で過ごすのが寂しいと感じたり、一人でいるよりも人や動物と一緒にいるほうが好きであると感じるのです。

そのため一人暮らしでペットが飼える状況にある女性は、猫をチョイスします。

散歩させるのが苦手

猫や犬といった動物は小動物に比べるとそれなりに手間がかかります。

餌を食べる量も多いですし、犬の場合は散歩に連れて行かなければなりません。

しかし猫の場合は散歩というお世話から逃れることができます。

基本的に室内で飼っていても走り回ることができますし、散歩に連れて行かなくてもストレスを感じる動物ではないのです。

しかし室内で走り回るときは様々なものを倒したり、興奮してひっかくなどの動作を取ることがありますので、注意が必要です。

長生きするペットが好き

小動物は比較的寿命が短いのに対し、猫の寿命は長いことで知られています。

以前は10年から15年が猫の平均的な寿命と考えられてきましたが、現在では20年生きる猫もいます。

これだけ長く生きられると、もはや猫も家族の一員です。

そしてペットを飼う女性の中にはペットを家族の一員のようにして可愛がりたいと感じている人もいます。

このような女性は一緒にいる時間が長く、しかも長生きする猫をチョイスします。

しかしこれほど長生きすると死んでしまったときに非常に悲しい思いをすることになりますので、この点は心得ておくべきです。

可愛いものが好き

どんな動物でも子どもの頃は非常に可愛いものです。

そして愛情を持って育てればその可愛さは性格によって現れることとなり、ご主人とペットの関係はより一層深いものとなります。

そして最近では猫ブームとなり、子猫の可愛い写真や動画がインターネットを介してアップされています。

このようなものに心を動かされ、猫を飼い始める女性もいます。

中にはこれまで動物にはあまり興味がなかったものの、子猫の写真や動画を見るようになってから動物が好きになったという女性もいます。

訓練するのが苦手

犬は群れで行動する生き物です。

そのため誰が自分のボスであるのかを見極め、その人に従うように行動します。

しかし猫はそれとは異なります。

猫は単体で行動する習性を持っているために、ボスに従うという行動はとりません。

このような違いが犬はご主人に忠実で、猫はそうではないという印象を与えているのです。

しかし猫は訓練しなくてもある程度のことをきちんと自分で行うことができます。

そのためトイレなども砂を入れた容器を置いておけば訓練しなくてもそこがトイレであると認識できるのです。

こうした状況に伴い、ペットを訓練することが苦手な女性も猫をチョイスします。

マイペース

猫好きの女性は性格も猫にいていることが多々あります。

上記でも考えたように、猫は群れで生活する習性を持っていないために、自分の意志で行動します。

そのためマイペースな動物なのです。

このようなマイペースの動物に引かれる女性の多くは、自分もマイペースです。

そのため常にご主人に忠実な犬よりも、甘えたいときに自分のところに来るマイペースな猫を好むのです。

自宅で過ごすのが好き

猫好きの女性の多くはアウトドア派というよりも、インドア派であるのが一般的です。

なぜなら猫は室内でまったりと過ごす生き物です。

そのためこのような猫と一緒にいることが好きであるという女性も、外に出てアクティブに活動するタイプではなく自宅でゆっくりと過ごすことが好きな人たちです。

それでも自宅に猫がいると気持ちが落ち着きますし、生活にアクセントが加わります。

そのためインドア派であってもエキサイティングな毎日を過ごしたいという人は、猫を飼ってみるのもいいかもしれません。

我慢強い

猫好きの女性は我慢強い傾向にあります。

なぜなら猫は飼い主が示す優しさや愛情に反応しないことがあります。

それでもこのようなペットを愛し続けることができるというのは、我慢強い証拠です。

もちろん猫がこのように振舞うのは先にも考慮したその習性が関係しています。

そのためご主人が嫌いになったわけではありません。

それでも多くの人はペットに忠実さを求めます。

これを気分によって示すときと、示さないときがある猫を愛情深く世話する女性は、間違いなく我慢強い性格です。

愛情の対象が一つでもあれば満足する

これまで考えてきたように、猫好きの女性はなるべく長い時間ペットと一緒にいたいと感じます。

これはペットが可愛らしいからというだけではなく、愛情を注ぐことに喜びを見出すことができるからです。

このような性格は素晴らしいと言えます。

そして自宅でゴロゴロとしている猫はその対象となりやすく、それゆえに猫をチョイスする女性がいるのです。

このような女性に飼われている猫は幸せです。

しかし可愛がり過ぎるあまり、餌をたくさん与えて肥満猫になってしまうこともあります。

基本的に動物を愛し、ペットとして飼う女性は心が優しい人です。

またペットはお世話をしなければ生きていけません。

そのためしっかりとしており、お世話ができる女性であるのです。

しかしこのような女性がペットに猫をチョイスするということには、それなりの理由があるのです。

これまで考えてきたようにその理由のメインは女性の性格で、猫との相性が良い性格の持ち主がペットとして猫をチョイスしているのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-