【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029184530.html
童顔の女性の特徴

童顔の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
童顔の女性の特徴

初対面で、どこか安心させてくれるルックスの女性の多くは「童顔」の女性です。

かわいいイメージが強い童顔の女性の特徴を紹介します。

  • 目が大きい
  • かわいいイメージが強い
  • 若く見える
  • 話しやすい
  • 優しそう
  • モテる女性が多い
  • まとめ

1. 目が大きい

目が大きい

「童顔」という言葉には、子どもっぽいという意味合いがあります。

子どもの顔と大人の顔の違いは、目の位置にあります。

顔全体から見て、目が下に寄っているほど子どもっぽい顔に見えて、上に寄っているほど大人っぽい顔に見えます。

さらに顔に対する目の割合が大きいのが、子どもの顔の特徴です。

大人になっても童顔に見えるのは、目の位置がやや下に寄っているということもありますが、「目が大きい」という要素が強いです。

大人になっても子ども時代と変わらないほど大きな目の持ち主は童顔と言われやすいです。

目が大きいだけでなく、「黒目がち」なことも童顔に重要な要素です。

白目部分が目立つと、あまり子どもらしさはなくなりますが、黒目部分が目立つとより子ども感が出ます。

「ぬいぐるみ」のような印象も与えることになるでしょう。

2. かわいいイメージが強い

かわいいイメージが強い

童顔の女性は、「かわいい」と言われることが多いです。

子どもを見た時に「かわいい」とつい言ってしまいますが、同じような意味で、童顔の女性には可愛いと言ってしまいがちです。

童顔の女性と言っても、中身は子どもではありません。

どちらかと言うと、大人っぽいサバサバした性格の童顔の女性もたくさんいます。

しかし外見が子どもの様なので、つい「かわいい」と言ってしまいたくなります。

服によって、またはバッグによっては本当の子どものように見えてしまいます。

もし童顔の女性であまり子どもっぽく見られたくない場合は、かなりコーディネートを工夫する必要があるでしょう。

3. 若く見える

若く見える

童顔の女性は、何歳になっても若く見られます。

基本的に童顔の女性は一生童顔のままですので、50歳になっても60歳になっても童顔のままです。

どの世代の時期でも、年齢よりはかなり若く見られるでしょう。

特に海外旅行に行くと、さらに若く見られてしまいます。

30代の女性なのに、パスポートを提示しないとお酒を購入できないような事態になりやすいです。

若作りをせずに、いつまでも若いイメージでいられる女性ですので、うらやましいと感じる女性も多いでしょう。

日本の社会では女性は若く見られるほうが何かと得をします。

一方で男性の場合は、若く見られると「なめられてしまう」ことになり、仕事の妨げになることも多いようです。

同じようにキャリアを積み、将来的に経営者になりたいようなタイプの女性にとって、童顔はなめられる要素になりがちです。

若く見られることを素直に喜べないかもしれません。

4. 話しやすい

話しやすい

初対面の時に、童顔の女性と、大人っぽい顔の女性がいた時に、どちらに話しかけるでしょうか。

ほとんどの人が、「童顔の女性」と答えるのではないでしょうか。

童顔の女性は、威圧感がありません。

迫力もあまりないため、初対面で話しやすい相手になります。

また初対面に限らず、童顔の女性はリラックスして話しかけられる存在です。

自分からコミュニケーションをしようとしなくても、周囲の人から話しかけられるため人間関係が円滑に行きそうです。

一方で美人で大人びた雰囲気の女性は、周囲に緊張感を与えてしまいます。

なかなか話しかけられることがありませんので、自分から声をかけていかないと孤立してしまうこともあります。

職場の人間関係がうまく行きやすいというメリットはとても大きいです。

仕事を離職してしまう女性の多くは、人間関係がうまくかないという理由だからです。

童顔で嫌だなと思う女性もいるかもしれませんが、人間関係で得をしていると思えば納得できるかもしれません。

5. 優しそう

優しそう

童顔の女性は優しそうなイメージがあります。

子どもっぽいイメージとぬいぐるみのようなイメージがそうさせるのでしょう。

一般的に身長が小さな女性ほど、気が強いと言います。

童顔の女性も身長が低い傾向がありますので、実はとても気が強いのかもしれません。

じっくりと言動をチェックすると、毒舌だったり、結構下世話な話をしているかもしれません。

しかし童顔のイメージがその毒を抜いてくれるため、とても優しい印象を与えることができます。

大人びたルックスの女性は、何を言っても恐れられてしまう傾向がありますので、優しそうに見える童顔の女性がうらやましい面もあるでしょう。

6. モテる女性が多い

モテる女性が多い

ここまで童顔の女性の特徴を見ていると薄々わかることですが、童顔の女性は「モテる」女性が多いです。

かわいくて、若くて、優しくて、話しやすいのですから、当然と言えば当然でしょう。

まとめ

童顔の女性は「モテる」ことが分かりました。

素敵な恋愛をしたい女性にとって、童顔の女性はうらやましい存在になるでしょう。

一方で仕事で成功したい女性にとって、童顔はなめられる理由になってしまいます。

恋愛はかキャリア派かで、童顔がメリットになるかデメリットになるかが決まるかもしれません。

初対面で、どこか安心させてくれるルックスの女性の多くは「童顔」の女性です。

かわいいイメージが強い童顔の女性の特徴を紹介します。


目が大きい

「童顔」という言葉には、子どもっぽいという意味合いがあります。

子どもの顔と大人の顔の違いは、目の位置にあります。

顔全体から見て、目が下に寄っているほど子どもっぽい顔に見えて、上に寄っているほど大人っぽい顔に見えます。

さらに顔に対する目の割合が大きいのが、子どもの顔の特徴です。

大人になっても童顔に見えるのは、目の位置がやや下に寄っているということもありますが、「目が大きい」という要素が強いです。

大人になっても子ども時代と変わらないほど大きな目の持ち主は童顔と言われやすいです。

目が大きいだけでなく、「黒目がち」なことも童顔に重要な要素です。

白目部分が目立つと、あまり子どもらしさはなくなりますが、黒目部分が目立つとより子ども感が出ます。

「ぬいぐるみ」のような印象も与えることになるでしょう。

かわいいイメージが強い

童顔の女性は、「かわいい」と言われることが多いです。

子どもを見た時に「かわいい」とつい言ってしまいますが、同じような意味で、童顔の女性には可愛いと言ってしまいがちです。

童顔の女性と言っても、中身は子どもではありません。

どちらかと言うと、大人っぽいサバサバした性格の童顔の女性もたくさんいます。

しかし外見が子どもの様なので、つい「かわいい」と言ってしまいたくなります。

服によって、またはバッグによっては本当の子どものように見えてしまいます。

もし童顔の女性であまり子どもっぽく見られたくない場合は、かなりコーディネートを工夫する必要があるでしょう。

若く見える

童顔の女性は、何歳になっても若く見られます。

基本的に童顔の女性は一生童顔のままですので、50歳になっても60歳になっても童顔のままです。

どの世代の時期でも、年齢よりはかなり若く見られるでしょう。

特に海外旅行に行くと、さらに若く見られてしまいます。

30代の女性なのに、パスポートを提示しないとお酒を購入できないような事態になりやすいです。

若作りをせずに、いつまでも若いイメージでいられる女性ですので、うらやましいと感じる女性も多いでしょう。

日本の社会では女性は若く見られるほうが何かと得をします。

一方で男性の場合は、若く見られると「なめられてしまう」ことになり、仕事の妨げになることも多いようです。

同じようにキャリアを積み、将来的に経営者になりたいようなタイプの女性にとって、童顔はなめられる要素になりがちです。

若く見られることを素直に喜べないかもしれません。

話しやすい

初対面の時に、童顔の女性と、大人っぽい顔の女性がいた時に、どちらに話しかけるでしょうか。

ほとんどの人が、「童顔の女性」と答えるのではないでしょうか。

童顔の女性は、威圧感がありません。

迫力もあまりないため、初対面で話しやすい相手になります。

また初対面に限らず、童顔の女性はリラックスして話しかけられる存在です。

自分からコミュニケーションをしようとしなくても、周囲の人から話しかけられるため人間関係が円滑に行きそうです。

一方で美人で大人びた雰囲気の女性は、周囲に緊張感を与えてしまいます。

なかなか話しかけられることがありませんので、自分から声をかけていかないと孤立してしまうこともあります。

職場の人間関係がうまく行きやすいというメリットはとても大きいです。

仕事を離職してしまう女性の多くは、人間関係がうまくかないという理由だからです。

童顔で嫌だなと思う女性もいるかもしれませんが、人間関係で得をしていると思えば納得できるかもしれません。

優しそう

童顔の女性は優しそうなイメージがあります。

子どもっぽいイメージとぬいぐるみのようなイメージがそうさせるのでしょう。

一般的に身長が小さな女性ほど、気が強いと言います。

童顔の女性も身長が低い傾向がありますので、実はとても気が強いのかもしれません。

じっくりと言動をチェックすると、毒舌だったり、結構下世話な話をしているかもしれません。

しかし童顔のイメージがその毒を抜いてくれるため、とても優しい印象を与えることができます。

大人びたルックスの女性は、何を言っても恐れられてしまう傾向がありますので、優しそうに見える童顔の女性がうらやましい面もあるでしょう。

モテる女性が多い

ここまで童顔の女性の特徴を見ていると薄々わかることですが、童顔の女性は「モテる」女性が多いです。

かわいくて、若くて、優しくて、話しやすいのですから、当然と言えば当然でしょう。

童顔の女性は「モテる」ことが分かりました。

素敵な恋愛をしたい女性にとって、童顔の女性はうらやましい存在になるでしょう。

一方で仕事で成功したい女性にとって、童顔はなめられる理由になってしまいます。

恋愛はかキャリア派かで、童顔がメリットになるかデメリットになるかが決まるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-