【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029184358.html
体育会系の女性の特徴

体育会系の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
体育会系の女性の特徴

体育会系の女性が職場にいると目立ちます。

仕事ができて、きちんと振る舞える女性が多く、憧れの対象になりやすい女性です。

自分も体育会系になりたいと思った女性は、体育会系の女性に共通する特徴をチェックしてまねしてみてはいかがでしょうか。

  • 上下関係がきちんとしている
  • 敬語が上手
  • 運動能力が高い
  • 根性がある
  • タフな女性が多い
  • 飲み会で活躍する
  • 中性的な女性が多い
  • まとめ

1. 上下関係がきちんとしている

上下関係がきちんとしている

体育会系の女性は、高校生の時にスポーツ系の部活に入っていたり、大学時代に体育会に入っていた女性です。

体育会の特徴は、「上下関係がきちんとしている」ことです。

1年でも先輩なら、神様のように扱う体育会もあります。

少なくとも年上に対して、なれなれしい態度を取ったり、ため口で話したりすることはありません。

上下関係がきちんとしている女性と付き合うと、自分がその女性の年上か年下かで接し方が決まります。

年上ならちょっと偉そうにしても大丈夫ですし、年下なら敬う必要があります。

面倒くさいと思う女性もいると思いますが、ルールがハッキリしているので分かりやすくて良いと思う女性もいるでしょう。

特に会社は上下関係がハッキリしている職場が多いので、体育会系の女性にとって居心地が良い場所かもしれません。

出世をして上司になる男性も体育会系の男性が多いので、親和性も高いです。

結果的に重要な仕事をまかされやすく、出世しやすいタイプの女性でしょう。

2. 敬語が上手

敬語が上手

体育会時代に敬語を覚えているので、会社に入った後に役に立ちます。

敬語は社会マナーの中でも重要な要素のひとつです。

すでに就活時にも敬語が使えることが役に立っているかもしれません。

体育会時代に先輩に敬語を使わないと、本気で怒られたりキレられたりしてしまいます。

そのような経験を通じて身につけた敬語ですから、社会人になっても忘れることはありません。

生涯を通じて敬語には困らない生活を送ることができるでしょう。

一方で、敬語を使えない年下の社員に厳しく接する傾向があります。

指導された側が好意的に受けとり、敬語を身につけるように努力する場合は良いですが、やる気がない場合は変な関係になってしまうかもしれません。

3. 運動能力が高い

運動能力が高い

体育会系の部活で活躍していた経験があるため、当然ですが運動能力が高いです。

デスクワーク中心の仕事ではあまり運動能力が目立つ場面はないかもしれません。

しかし一緒にスポーツをしたり、登山に出掛けたりすると、運動能力の高さは際立つことになります。

社員旅行で旅館に行き、一緒に卓球をした時に「物が違う」と思うほどの高い運動能力を見せてくれるかもしれません。

取引先との面談に遅刻しそうな時のダッシュ力なども、やはり運動経験のない人から見ると超人的に見えるでしょう。

高校時代や大学時代に本格的に運動に取り組んだ人の運動能力は、一般の人とはかなり違うからです。

4. 根性がある

根性がある

体育会系の女性は、根性が人一倍あります。

スポーツの練習中はテクニックを磨くためのものと、精神力を鍛えるためのものがあります。

1日中グラウンドを走るような練習は、体力よりも精神力を鍛えるための練習でしょう。

このようなことを日常的にしてきた体育会系の女性は、やはり根性があります。

少し辛いくらいのほうが燃えるタイプの女性も多いでしょう。

5. タフな女性が多い

タフな女性が多い

運動をして鍛えた肉体を持っているため、体力がある女性が多いです。

結果として体育会系の女性はタフな女性が多いです。

疲れている時に体力がない女性は、疲れが顔に出てしまいます。

笑顔を作ることもできず、メイクも雑になってしまうかもしれません。

体力がある女性は、疲れていても笑顔でいられますし、メイクを直すための気力も残っています。

結果的に疲れているはずなのに普通に振る舞えるため、とてもタフに映ります。

締め切り近くの緊急事態でも、平然と仕事に取り組むことができるため、周囲の人からとても頼りになる存在です。

6. 飲み会で活躍する

飲み会で活躍する

体育会系の女性は、学生時代に数多くの飲み会に参加して、経験を積んでいます。

単純にお酒が強いという面もありますが、飲み会の場を盛りあげる方法も知っています。

学生時代に先輩から無茶ぶりをされた経験が、社会人になってから生きることになります。

誰でも笑えるような一発芸や物まねのレパートリーをたくさん持っているため、飲み会で活躍することになります。

例えあまり仕事ができなくても、飲み会を楽しくしてくれますので、人気者になることができます。

7. 中性的な女性が多い

中性的な女性が多い

体育会系の女性は、中性的で少し男性的な雰囲気の女性も多いです。

社会人になってロングヘアにしてメイクをバッチリしていても、何となく男性的な雰囲気がします。

筋肉量が多く、姿勢が正しく、少し眼光が鋭いなど、そう見える要素がたくさんあるからでしょう。

女性社員からの人気が高く、年下の女性に慕われる機会も多いでしょう。

まとめ

体育会系の女性は、上下関係がしっかりしていて、敬語も使えるなど社会人として「即戦力」の人材です。

実際に体力もあり、根性もあり、飲み会でも座持ちが良いので、使える人材として扱われることが多い女性です。

文系の女性からすると、少し怖い面もありますが、分かりやすい言動が多いため慣れれば問題なく付き合うことができるでしょう。

体育会系の女性が職場にいると目立ちます。

仕事ができて、きちんと振る舞える女性が多く、憧れの対象になりやすい女性です。

自分も体育会系になりたいと思った女性は、体育会系の女性に共通する特徴をチェックしてまねしてみてはいかがでしょうか。


上下関係がきちんとしている

体育会系の女性は、高校生の時にスポーツ系の部活に入っていたり、大学時代に体育会に入っていた女性です。

体育会の特徴は、「上下関係がきちんとしている」ことです。

1年でも先輩なら、神様のように扱う体育会もあります。

少なくとも年上に対して、なれなれしい態度を取ったり、ため口で話したりすることはありません。

上下関係がきちんとしている女性と付き合うと、自分がその女性の年上か年下かで接し方が決まります。

年上ならちょっと偉そうにしても大丈夫ですし、年下なら敬う必要があります。

面倒くさいと思う女性もいると思いますが、ルールがハッキリしているので分かりやすくて良いと思う女性もいるでしょう。

特に会社は上下関係がハッキリしている職場が多いので、体育会系の女性にとって居心地が良い場所かもしれません。

出世をして上司になる男性も体育会系の男性が多いので、親和性も高いです。

結果的に重要な仕事をまかされやすく、出世しやすいタイプの女性でしょう。

敬語が上手

体育会時代に敬語を覚えているので、会社に入った後に役に立ちます。

敬語は社会マナーの中でも重要な要素のひとつです。

すでに就活時にも敬語が使えることが役に立っているかもしれません。

体育会時代に先輩に敬語を使わないと、本気で怒られたりキレられたりしてしまいます。

そのような経験を通じて身につけた敬語ですから、社会人になっても忘れることはありません。

生涯を通じて敬語には困らない生活を送ることができるでしょう。

一方で、敬語を使えない年下の社員に厳しく接する傾向があります。

指導された側が好意的に受けとり、敬語を身につけるように努力する場合は良いですが、やる気がない場合は変な関係になってしまうかもしれません。

運動能力が高い

体育会系の部活で活躍していた経験があるため、当然ですが運動能力が高いです。

デスクワーク中心の仕事ではあまり運動能力が目立つ場面はないかもしれません。

しかし一緒にスポーツをしたり、登山に出掛けたりすると、運動能力の高さは際立つことになります。

社員旅行で旅館に行き、一緒に卓球をした時に「物が違う」と思うほどの高い運動能力を見せてくれるかもしれません。

取引先との面談に遅刻しそうな時のダッシュ力なども、やはり運動経験のない人から見ると超人的に見えるでしょう。

高校時代や大学時代に本格的に運動に取り組んだ人の運動能力は、一般の人とはかなり違うからです。

根性がある

体育会系の女性は、根性が人一倍あります。

スポーツの練習中はテクニックを磨くためのものと、精神力を鍛えるためのものがあります。

1日中グラウンドを走るような練習は、体力よりも精神力を鍛えるための練習でしょう。

このようなことを日常的にしてきた体育会系の女性は、やはり根性があります。

少し辛いくらいのほうが燃えるタイプの女性も多いでしょう。

タフな女性が多い

運動をして鍛えた肉体を持っているため、体力がある女性が多いです。

結果として体育会系の女性はタフな女性が多いです。

疲れている時に体力がない女性は、疲れが顔に出てしまいます。

笑顔を作ることもできず、メイクも雑になってしまうかもしれません。

体力がある女性は、疲れていても笑顔でいられますし、メイクを直すための気力も残っています。

結果的に疲れているはずなのに普通に振る舞えるため、とてもタフに映ります。

締め切り近くの緊急事態でも、平然と仕事に取り組むことができるため、周囲の人からとても頼りになる存在です。

飲み会で活躍する

体育会系の女性は、学生時代に数多くの飲み会に参加して、経験を積んでいます。

単純にお酒が強いという面もありますが、飲み会の場を盛りあげる方法も知っています。

学生時代に先輩から無茶ぶりをされた経験が、社会人になってから生きることになります。

誰でも笑えるような一発芸や物まねのレパートリーをたくさん持っているため、飲み会で活躍することになります。

例えあまり仕事ができなくても、飲み会を楽しくしてくれますので、人気者になることができます。

中性的な女性が多い

体育会系の女性は、中性的で少し男性的な雰囲気の女性も多いです。

社会人になってロングヘアにしてメイクをバッチリしていても、何となく男性的な雰囲気がします。

筋肉量が多く、姿勢が正しく、少し眼光が鋭いなど、そう見える要素がたくさんあるからでしょう。

女性社員からの人気が高く、年下の女性に慕われる機会も多いでしょう。

体育会系の女性は、上下関係がしっかりしていて、敬語も使えるなど社会人として「即戦力」の人材です。

実際に体力もあり、根性もあり、飲み会でも座持ちが良いので、使える人材として扱われることが多い女性です。

文系の女性からすると、少し怖い面もありますが、分かりやすい言動が多いため慣れれば問題なく付き合うことができるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-