【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029184152.html
精神年齢が高い女性の特徴

精神年齢が高い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
精神年齢が高い女性の特徴

体組成計で測れる身体年齢のように、人の精神を年齢で判断する精神年齢があります。

この精神年齢も身体年齢と同じく、必ずしも実年齢と比例しているわけではありません。

また精神年齢はただ低ければ良いというものでもありません。

普段はあまり気にしないし意識しないことですが、ここではどういう女性が精神年齢が高い人だと見られやすいか考えてみました。

  • 落ち着きがある
  • マナーをものにしている
  • 聞き上手
  • 知的
  • 時間を無駄にしない
  • 子どもの扱いが上手い
  • 男性の扱いが上手い
  • 悩まない
  • 自分を熟知している
  • 安らぎのオーラを放っている
  • まとめ

1. 落ち着きがある

落ち着きがある

おっとりしていて焦りを感じさせない女性は、精神年齢が高いです。

たとえ慌てるようなことがあったとしてもそれを周囲に流さないところが、大人の強い女性を感じさせるでしょう。

またゆっくりとした動作は女性らしさを表現できるものでもあるので、そこからも落ち着きを感じさせます。

これも大人の女性ならではの魅力の一つでしょう。

2. マナーをものにしている

マナーをものにしている

子どもと大人の大きな違いは、経験の量です。

子どもでもマナーを学び正しく振る舞える子はいますが、大人はそれに加えマナーを披露すべき場を多く踏んでいるためより自然に振る舞えるはずです。

ですから、正しいマナーを自然に披露できる人は大人の中の大人に見えます。

また美しいです。

3. 聞き上手

聞き上手

女性は聞き上手だとモテる、というのはあながち嘘ではないでしょう。

聞いてばかりは話さないのではいけませんが、相づちをうたなかったり自分の話ばかりする女性は好かれないでしょう。

聞くというのは、話を聞き理解することです。

理解ができれば共感でき、わからないと理解できれば質問ができます。

女性であれば聞き上手を目指したいものです。

4. 知的

知的

女性は男性に知識で勝ってはいけない、なんてことはありません。

ただ精神年齢が高く計算もできる女性は、その知識を上手く利用しています。

一番は、知っていても披露しないことです。

知的さは醸し出すだけで秘めておき、知識を披露してきた人に対していち早く共感し話を盛り上げるのです。

5. 時間を無駄にしない

時間を無駄にしない

大人な女性は、時間の使い方も上手です。

今自分に何必要が自分にメリットがあるものは何かなどを判断し、毎日無駄がないように過ごします。

将来も見据えた行動でありなかなか難しいのですが、考え方が大人になれば必然的にとれる行動でしょう。

精神年齢が高いがために挑戦心や無邪気な心を失い冷めてしまっている人も少なくないでしょうが、さらに上をいく人は毎日を楽しむための方法を知っていて、実践までしているでしょう。

6. 子どもの扱いが上手い

子どもの扱いが上手い

女性皆が子ども好きなわけではありません。

中には嫌いだったり苦手だったりする人もいるでしょう。

しかし大人な女性は、好き嫌いに関係なく上手に子供に接します。

それは心に余裕ができているからです。

子どもがはしゃいでも落ち着いていられるし、イライラしないでいられるのです。

7. 男性の扱いが上手い

男性の扱いが上手い

精神年齢が高い女性は、男性経験も豊富です。

それはお付き合いの数ではありません。

もちろんお付き合いの数が多ければ男性と関わる時間も多くなるでしょうが、友達や知り合いに男性が多くよく話したり遊んだりするだけでも違います。

女性が何もしないで男性の気持ちを理解するのは困難であり不可能に近いです。

しかし、男性と過ごす時間が多かったり男性を冷静に分析して理解しようとできる人は、何もしない人より理解できるようになります。

大人の女性はそういった人生経験も経て余裕が出てきます。

8. 悩まない

悩まない

これまでの経験を元に知識を得て人生において理解を深めた女性は、たいしたことでは悩まなくなります。

一番わかりやすいのは、子どもを産んだあとの変化です。

子どもができると女性は強くなります。

母として強くなっていきます。

悩んでいる暇なんてないんです。

現代では女性も社会に出て働き続けることが多いですが、基本的には女性が男性を支えることが変わったわけではありません。

男性には男性の苦労があるように、女性には女性の苦労があります。

大人の女性は、そこの部分を理解し上手くやり抜ける力を持っています。

9. 自分を熟知している

自分を熟知している

自分はどんな人間なのか、どこが長所でどこが短所なのかなど、自分自身のことについて知っています。

知っていることが改善できることにも繋がりますし、コンプレックスを個性として生かすことにも繋がります。

自分をわかっていることのメリットは、どんな場面でも冷静な判断ができるようになることと自分に対して絶望的な気持ちにならないことです。

まず前者は、大勢でいるときの自分の役割や立ち位置を把握することができ、客観的にその場を見て行動ができます。

次に後者は、自分に自信が持てるようになるので周囲の目を気にしなくて済むようになります。

自信満々というわけにはいかないかもしれませんが、ありのままの自分を理解できるので人生を諦めることがなくなり毎日幸せを感じられます。

10. 安らぎのオーラを放っている

安らぎのオーラを放っている

内から溢れてくるオーラが、どことなく安らかです。

悟りを開いたかのような落ち着きと優しさから、軟かい安らかな気持ちになるオーラを放つ人は、見た目だけではなく精神までもが大人になっている人でしょう。

これはあくまで一つのタイプです。

精神年齢が高い人は、自分のオーラがどのタイプに属すのか、どのタイプだと極められるかを判断し、自分にとって得意で最適なオーラを選択し極めます。

すると、あることに特化した人になれるので、子どもとは違う魅力があります。

まとめ

身体年齢は、低ければ低いほど若々しく元気な身体であることを表してくれます。

しかし精神年齢は、低ければ低いほど稚拙で幼い印象を人に与えていることを表しています。

またその判断はひとそれぞれの感覚であることが多いので、見る人によってその人に感じる精神年齢は違ってきます。

身体年齢のようにはっきり数値をして出ないため、改善も難しいですし、改善する以前に自分の精神年齢が劣っていることに気がつかない人も少なくないでしょう。

若い思考を全く失ってしまっては刺激のない人生になってしまうでしょうから、若さと落ち着きを兼ね備えた思考を持つことが最善でしょう。

上手にバランスをとりつつ、さらに大人に成長していけるといいのではないでしょうか。

体組成計で測れる身体年齢のように、人の精神を年齢で判断する精神年齢があります。

この精神年齢も身体年齢と同じく、必ずしも実年齢と比例しているわけではありません。

また精神年齢はただ低ければ良いというものでもありません。

普段はあまり気にしないし意識しないことですが、ここではどういう女性が精神年齢が高い人だと見られやすいか考えてみました。


落ち着きがある

おっとりしていて焦りを感じさせない女性は、精神年齢が高いです。

たとえ慌てるようなことがあったとしてもそれを周囲に流さないところが、大人の強い女性を感じさせるでしょう。

またゆっくりとした動作は女性らしさを表現できるものでもあるので、そこからも落ち着きを感じさせます。

これも大人の女性ならではの魅力の一つでしょう。

マナーをものにしている

子どもと大人の大きな違いは、経験の量です。

子どもでもマナーを学び正しく振る舞える子はいますが、大人はそれに加えマナーを披露すべき場を多く踏んでいるためより自然に振る舞えるはずです。

ですから、正しいマナーを自然に披露できる人は大人の中の大人に見えます。

また美しいです。

聞き上手

女性は聞き上手だとモテる、というのはあながち嘘ではないでしょう。

聞いてばかりは話さないのではいけませんが、相づちをうたなかったり自分の話ばかりする女性は好かれないでしょう。

聞くというのは、話を聞き理解することです。

理解ができれば共感でき、わからないと理解できれば質問ができます。

女性であれば聞き上手を目指したいものです。

知的

女性は男性に知識で勝ってはいけない、なんてことはありません。

ただ精神年齢が高く計算もできる女性は、その知識を上手く利用しています。

一番は、知っていても披露しないことです。

知的さは醸し出すだけで秘めておき、知識を披露してきた人に対していち早く共感し話を盛り上げるのです。

時間を無駄にしない

大人な女性は、時間の使い方も上手です。

今自分に何必要が自分にメリットがあるものは何かなどを判断し、毎日無駄がないように過ごします。

将来も見据えた行動でありなかなか難しいのですが、考え方が大人になれば必然的にとれる行動でしょう。

精神年齢が高いがために挑戦心や無邪気な心を失い冷めてしまっている人も少なくないでしょうが、さらに上をいく人は毎日を楽しむための方法を知っていて、実践までしているでしょう。

子どもの扱いが上手い

女性皆が子ども好きなわけではありません。

中には嫌いだったり苦手だったりする人もいるでしょう。

しかし大人な女性は、好き嫌いに関係なく上手に子供に接します。

それは心に余裕ができているからです。

子どもがはしゃいでも落ち着いていられるし、イライラしないでいられるのです。

男性の扱いが上手い

精神年齢が高い女性は、男性経験も豊富です。

それはお付き合いの数ではありません。

もちろんお付き合いの数が多ければ男性と関わる時間も多くなるでしょうが、友達や知り合いに男性が多くよく話したり遊んだりするだけでも違います。

女性が何もしないで男性の気持ちを理解するのは困難であり不可能に近いです。

しかし、男性と過ごす時間が多かったり男性を冷静に分析して理解しようとできる人は、何もしない人より理解できるようになります。

大人の女性はそういった人生経験も経て余裕が出てきます。

悩まない

これまでの経験を元に知識を得て人生において理解を深めた女性は、たいしたことでは悩まなくなります。

一番わかりやすいのは、子どもを産んだあとの変化です。

子どもができると女性は強くなります。

母として強くなっていきます。

悩んでいる暇なんてないんです。

現代では女性も社会に出て働き続けることが多いですが、基本的には女性が男性を支えることが変わったわけではありません。

男性には男性の苦労があるように、女性には女性の苦労があります。

大人の女性は、そこの部分を理解し上手くやり抜ける力を持っています。

自分を熟知している

自分はどんな人間なのか、どこが長所でどこが短所なのかなど、自分自身のことについて知っています。

知っていることが改善できることにも繋がりますし、コンプレックスを個性として生かすことにも繋がります。

自分をわかっていることのメリットは、どんな場面でも冷静な判断ができるようになることと自分に対して絶望的な気持ちにならないことです。

まず前者は、大勢でいるときの自分の役割や立ち位置を把握することができ、客観的にその場を見て行動ができます。

次に後者は、自分に自信が持てるようになるので周囲の目を気にしなくて済むようになります。

自信満々というわけにはいかないかもしれませんが、ありのままの自分を理解できるので人生を諦めることがなくなり毎日幸せを感じられます。

安らぎのオーラを放っている

内から溢れてくるオーラが、どことなく安らかです。

悟りを開いたかのような落ち着きと優しさから、軟かい安らかな気持ちになるオーラを放つ人は、見た目だけではなく精神までもが大人になっている人でしょう。

これはあくまで一つのタイプです。

精神年齢が高い人は、自分のオーラがどのタイプに属すのか、どのタイプだと極められるかを判断し、自分にとって得意で最適なオーラを選択し極めます。

すると、あることに特化した人になれるので、子どもとは違う魅力があります。

身体年齢は、低ければ低いほど若々しく元気な身体であることを表してくれます。

しかし精神年齢は、低ければ低いほど稚拙で幼い印象を人に与えていることを表しています。

またその判断はひとそれぞれの感覚であることが多いので、見る人によってその人に感じる精神年齢は違ってきます。

身体年齢のようにはっきり数値をして出ないため、改善も難しいですし、改善する以前に自分の精神年齢が劣っていることに気がつかない人も少なくないでしょう。

若い思考を全く失ってしまっては刺激のない人生になってしまうでしょうから、若さと落ち着きを兼ね備えた思考を持つことが最善でしょう。

上手にバランスをとりつつ、さらに大人に成長していけるといいのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-