【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029183714.html
姉さん女房が向いている女性の特徴

姉さん女房が向いている女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
姉さん女房が向いている女性の特徴

芸能界を見ても、年上の女性と若い男性という組み合わせは意外と多いです。

そして長く結婚生活が続いているカップルも少なくありません。

もちろん誰でも姉さん女房になれるわけではありません。

そこで今回は、憧れる女性も多い姉さん女房に向いている女性の特徴を見ていきましょう。

  • 聞き上手な女性
  • 世話をするのが楽しい女性
  • 弟がいる女性
  • 家事が好きな女性
  • 甘えられるのが好きな女性
  • 男性をリードできる女性
  • いつまでも若くいられる女性
  • まとめ

1. 聞き上手な女性

聞き上手な女性

年上の男性と付き合うメリットは自分のまとまっていない話でも、相槌を打ちながらきちんと聞いてくれることです。

時折短い質問をして話を整理してくれるので、とても話やすい相手です。

年下の男性と付き合うと、話の途中であきてしまったり、自分の話を始めてしまいます。

「そんなところも可愛い」と思えるような女性は、年下の男性とも楽しく生活できるでしょう。

聞き上手な女性は、姉さん女房になる才能があります。

彼の脈絡のない話を聞き出し、彼が整理しやすくなるようにしてあげましょう。

男性はのびのびと会話を楽しめるため、年上の聞き上手な女性と一緒に過ごすことを楽しく感じることができます。

どちらもストレスなく会話ができるため、素敵な時間を過ごすことができるでしょう。

2. 世話をするのが楽しい女性

世話をするのが楽しい女性

年下の男性は、年上の男性と一緒にいると、甘えてきます。

幼児に戻ったような振る舞いをすることもあります。

何かと世話をしてあげないといけない部分が出てきますが、それでも良い、または世話をするのが楽しいと感じる女性は姉さん女房になることができるでしょう。

例えば食事の時にお肉を切り分けてあげられる女性や、靴下を履かせてあげることに抵抗がないような女性が好ましいです。

世話をするのが面倒だと思う女性は、年上の男性と結婚するようにしましょう。

3. 弟がいる女性

弟がいる女性

弟がいる女性は、年下の男性をどう扱えばいいか、良く分かっています。

そのため姉さん女房になっても、問題なく夫をコントロールできるでしょう。

ただし弟がいても、仲が悪く、関係が良くない場合は、その限りではありません。

むしろ年下の男性と上手にコミュニケーションできないことの証明になりますので、姉さん女房はあきらめたほうがいいでしょう。

弟と接するのが楽しく、気持ちが楽な女性は、同じタイプの男性を探して結婚をしましょう。

自分らしい結婚生活を送ることができるでしょう。

4. 家事が好きな女性

家事が好きな女性

年下の男性、若い男性の多くは、自分で洗濯をしたり料理をしたりできないものです。

逆に独身生活が長い、ある程度年齢がいった男性は、ひとりで家事をすべてこなすことができます。

場合によっては家事を趣味にしていて、女性に負けないくらい上手なこともあります。

家事が好きで自分で料理をしたり、洗濯をしたいと思っている女性は、年下の若い男性と結婚することをおすすめします。

男性は特に自分の家事に何も言わず、完全にまかせきってくれるでしょう。

下手に家事ができる男性は、何かと口をはさんでくるので面倒です。

5. 甘えられるのが好きな女性

甘えられるのが好きな女性

男性が甘えてくると「気持ち悪い」と思ったり、「しっかりしろ」と思ってしまう女性もいるでしょう。

しかし年下の男性に甘えられると快感という女性もいます。

甘えられるのが好きな女性は、姉さん女房になると楽しい結婚生活を送ることができるでしょう。

あまり甘やかしてしまうと、夫がダメになってしまったり、ペットのようになってしまうかもしれません。

アメとムチを使い分けるような冷静さも併せ持っているとなお良いでしょう。

6. 男性をリードできる女性

男性をリードできる女性

年下の男性は、年上の女性から見ると少し頼りない面もあるでしょう。

夫が「方向を見失っている」と思えるような時は、妻に家族が進むべき進路を決められるような強さが必要です。

男性をリードすることに抵抗がない、決断力のある女性は姉さん女房になる資格が十分です。

基本は夫のリードに従って、いざという時は前に出る覚悟ができるような女性になりましょう。

7. いつまでも若くいられる女性

いつまでも若くいられる女性

年上の女性が若い男性と結婚をする時に問題になるのが、女性が早く老けてしまうということです。

特に童顔の男性と結婚をすると、客観的に見てかなりの年齢差を感じさせるカップルになります。

若い男性と結婚をする時は、彼に合わせていつまでも若くいるための努力をしたいものです。

逆に年齢が逆転しているように思えるほど、若くいたいものです。

健康的な生活を送り、肌の保湿をしっかりとして食事にもきちんと気を使えば、きっといつまでも若いままでいられます。

逆に若い男性と結婚をしたことで、アンチエイジングを続ける覚悟ができるかもしれません。

まとめ

姉さん女房になるということは、年下の「自分より未成熟」の男性と生活を共にするということになります。

男性に頼りがいがあるタイプを望む女性は、姉さん女房になることはできません。

極端に言えば、年下の男性の母親になるような気持ちで、結婚をする必要があります。

男性の世話をしたり、家事をすべて取り仕切るのが楽しいと思える女性が、姉さん女房に向いている女性です。

芸能界を見ても、年上の女性と若い男性という組み合わせは意外と多いです。

そして長く結婚生活が続いているカップルも少なくありません。

もちろん誰でも姉さん女房になれるわけではありません。

そこで今回は、憧れる女性も多い姉さん女房に向いている女性の特徴を見ていきましょう。


聞き上手な女性

年上の男性と付き合うメリットは自分のまとまっていない話でも、相槌を打ちながらきちんと聞いてくれることです。

時折短い質問をして話を整理してくれるので、とても話やすい相手です。

年下の男性と付き合うと、話の途中であきてしまったり、自分の話を始めてしまいます。

「そんなところも可愛い」と思えるような女性は、年下の男性とも楽しく生活できるでしょう。

聞き上手な女性は、姉さん女房になる才能があります。

彼の脈絡のない話を聞き出し、彼が整理しやすくなるようにしてあげましょう。

男性はのびのびと会話を楽しめるため、年上の聞き上手な女性と一緒に過ごすことを楽しく感じることができます。

どちらもストレスなく会話ができるため、素敵な時間を過ごすことができるでしょう。

世話をするのが楽しい女性

年下の男性は、年上の男性と一緒にいると、甘えてきます。

幼児に戻ったような振る舞いをすることもあります。

何かと世話をしてあげないといけない部分が出てきますが、それでも良い、または世話をするのが楽しいと感じる女性は姉さん女房になることができるでしょう。

例えば食事の時にお肉を切り分けてあげられる女性や、靴下を履かせてあげることに抵抗がないような女性が好ましいです。

世話をするのが面倒だと思う女性は、年上の男性と結婚するようにしましょう。

弟がいる女性

弟がいる女性は、年下の男性をどう扱えばいいか、良く分かっています。

そのため姉さん女房になっても、問題なく夫をコントロールできるでしょう。

ただし弟がいても、仲が悪く、関係が良くない場合は、その限りではありません。

むしろ年下の男性と上手にコミュニケーションできないことの証明になりますので、姉さん女房はあきらめたほうがいいでしょう。

弟と接するのが楽しく、気持ちが楽な女性は、同じタイプの男性を探して結婚をしましょう。

自分らしい結婚生活を送ることができるでしょう。

家事が好きな女性

年下の男性、若い男性の多くは、自分で洗濯をしたり料理をしたりできないものです。

逆に独身生活が長い、ある程度年齢がいった男性は、ひとりで家事をすべてこなすことができます。

場合によっては家事を趣味にしていて、女性に負けないくらい上手なこともあります。

家事が好きで自分で料理をしたり、洗濯をしたいと思っている女性は、年下の若い男性と結婚することをおすすめします。

男性は特に自分の家事に何も言わず、完全にまかせきってくれるでしょう。

下手に家事ができる男性は、何かと口をはさんでくるので面倒です。

甘えられるのが好きな女性

男性が甘えてくると「気持ち悪い」と思ったり、「しっかりしろ」と思ってしまう女性もいるでしょう。

しかし年下の男性に甘えられると快感という女性もいます。

甘えられるのが好きな女性は、姉さん女房になると楽しい結婚生活を送ることができるでしょう。

あまり甘やかしてしまうと、夫がダメになってしまったり、ペットのようになってしまうかもしれません。

アメとムチを使い分けるような冷静さも併せ持っているとなお良いでしょう。

男性をリードできる女性

年下の男性は、年上の女性から見ると少し頼りない面もあるでしょう。

夫が「方向を見失っている」と思えるような時は、妻に家族が進むべき進路を決められるような強さが必要です。

男性をリードすることに抵抗がない、決断力のある女性は姉さん女房になる資格が十分です。

基本は夫のリードに従って、いざという時は前に出る覚悟ができるような女性になりましょう。

いつまでも若くいられる女性

年上の女性が若い男性と結婚をする時に問題になるのが、女性が早く老けてしまうということです。

特に童顔の男性と結婚をすると、客観的に見てかなりの年齢差を感じさせるカップルになります。

若い男性と結婚をする時は、彼に合わせていつまでも若くいるための努力をしたいものです。

逆に年齢が逆転しているように思えるほど、若くいたいものです。

健康的な生活を送り、肌の保湿をしっかりとして食事にもきちんと気を使えば、きっといつまでも若いままでいられます。

逆に若い男性と結婚をしたことで、アンチエイジングを続ける覚悟ができるかもしれません。

姉さん女房になるということは、年下の「自分より未成熟」の男性と生活を共にするということになります。

男性に頼りがいがあるタイプを望む女性は、姉さん女房になることはできません。

極端に言えば、年下の男性の母親になるような気持ちで、結婚をする必要があります。

男性の世話をしたり、家事をすべて取り仕切るのが楽しいと思える女性が、姉さん女房に向いている女性です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-