【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029182025.html
ガードが堅い女性の特徴

ガードが堅い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ガードが堅い女性の特徴

魅力を感じて口説いたりデートに誘おうとしたりしても、そのきっかけさえどうしても掴めない「ガードが堅い女性」がいます。

この記事では、「ガードが堅い女性の特徴」をお伝えしていきます。

  • 簡単に連絡先を交換しない
  • 簡単に遊び・食事の誘いに乗らない
  • 自分のことについてほとんど話さない
  • 人との間に「壁」を作っている雰囲気がある
  • 真面目で緊張した印象を受ける
  • 笑顔がなくて厳しい表情が多い
  • 露出の少ない服装でアクセサリーもほとんどつけない
  • まとめ

1. 簡単に連絡先を交換しない

簡単に連絡先を交換しない

同じ職場で働いていたり、同じ学校に通学していれば、普通は少し仲良くなってくれば、電話番号はちょっとという女性でも「LINEのID・メールアドレス」くらいは教えてくれるものですが、ガードが堅い女性は「個人情報は簡単には教えないという態度・発言・雰囲気」を明確にしています。

「仕事(学校)の用事で連絡する時に便利だからメールアドレスを教えてよ」と気軽に声を掛けても、ガードが堅い女性は「家に帰ってからどんな用事があるんですか?

会社(学校)で会った時に話せばいいじゃないですか」
という正論で返してきて簡単には教えてくれないでしょう。

2. 簡単に遊び・食事の誘いに乗らない

簡単に遊び・食事の誘いに乗らない

二人っきりのデートに誘うのであれば、大半の女性は「一定以上の好意・興味を感じられる男性」でなければ誘いに乗ってきませんが、「複数・集団での食事や遊びの誘い」であれば乗ってくることが多いものです。

しかし、ガードの堅い女性は、男性からの軽い感じのデートの誘いを断るのはもちろんのこと、男性が同席する食事会や遊びにもまず参加しません。

同じ会社(学校)に通っていれば、帰りがけにちょっとカフェに寄るくらいならOKしてくれる女性も多いですが、ガードの堅い女性はただおしゃべりするためだけのカフェの誘いなどもNGを出してくるでしょう。

3. 自分のことについてほとんど話さない

自分のことについてほとんど話さない

ガードの堅い女性は、自分の個人情報や気持ちを男性に知られることを、「付け込まれるスキを見せること」だと考えていますから、おしゃべりしていても「自分のプライベートな情報・感情」はほとんど話してきません。

家族構成がどうであるとか、どこに住んでいるのかとか、自分の趣味や興味が何であるとか、今あなたと話していて楽しいとかいう個人的な事情を話さないことによって、「男性から距離感を詰められる可能性」を低くしているのです。

ガードが堅い女性は、自分のことについて自己開示してくれないので、会話のやり取りがなかなか続かないのです。

4. 人との間に「壁」を作っている雰囲気がある

人との間に「壁」を作っている雰囲気がある

ガードが堅い女性は、気さくに誰とでも口を聞いて親しくなるようなタイプではありません。

何か用事があって話しかければ最低限の返事はしてくれますが、人との間に「壁」を作っている雰囲気があるので、男性側もあまり個人的に突っ込んだ質問をしたり、自分の好意的な気持ちを伝えたりすることができないのです。

話しかけてみても、「返ってくる言葉数・自分の感情表現」が少なすぎるので、相手が自分のことをどのように思っているのかの手がかりが得られないのです。

ガードが堅い女性の作っている「壁」は、男性に対して拒絶的で無感情な印象を与えやすいのです。

5. 真面目で緊張した印象を受ける

真面目で緊張した印象を受ける

ガードが堅い女性の中には、「男性とのコミュニケーションの経験が少なすぎて緊張している人」「男性のいない女子校の環境で育ってきたためにどのように接して良いか分からなくて混乱している人」も含まれています。

会社・学校では非常に真面目なイメージを持たれているのですが、真面目過ぎてユーモアや冗談もないので、会話をして親しくなるとっかかりを掴むことができないのです。

このタイプのガードの堅い女性は、「根っからの男性嫌い」などではないので、安心感や信頼感を持ってもらえれば打ち解けたコミュニケーションができる可能性もあるでしょう。

6. 笑顔がなくて厳しい表情が多い

笑顔がなくて厳しい表情が多い

ガードが堅い女性は、「笑顔が素敵で明るい印象を周囲に振りまくキラキラ系ガール(モテ系ガール)」とは正反対のタイプなので、普段から笑顔や緩んだ表情を見せることはほとんどありません。

ガードが堅い女性にとって、「男性に対して笑顔を出して愛想良く振る舞うこと」「自分を傷つけるかもしれない男性を不用意に近づけてしまう危険な行為」になりますから、いつも非常に厳しくて怒っているようにも見える表情をしています。

男性に呼び止められて話しかけられないように、厳しい表情をして、歩き方もスタスタと早歩きをしていることが多いでしょう。

7. 露出の少ない服装でアクセサリーもほとんどつけない

露出の少ない服装でアクセサリーもほとんどつけない

ガードの堅い女性は、男性が近づいてきそうな服装や身なりは絶対にしません。

女性としての性的魅力をセクシーに強調するような「露出の多い派手な服装」はもっとも嫌う軽蔑すべきファッションであり、腕や脚、胸元が隠れるようなガードの堅さを象徴する服装を好んでいます。

ピアスやネックレスなどのアクセサリー類も基本的に好みません。

自分をファッションやアクセサリーで飾り立てることによって、自分に関心を持った男性が近づいてくることを警戒しているからです。

ガードが堅い女性は、地味で露出の少ない服装や派手さのない色使いを好むのです。

まとめ

ガードが堅い女性には、「単純に男性が嫌いだからガードが堅い人」もいれば「恋愛経験が少なくて男性に不安を感じている人」もいます。

ガードが堅いということは、男性一般に対してかなりの警戒感を持っていて簡単には心を開かないということですが、そのガードを突破するだけの「興味関心・信頼・好意」を得ることができれば、ガードが堅い女性とお付き合いできる可能性も出てきます。

魅力を感じて口説いたりデートに誘おうとしたりしても、そのきっかけさえどうしても掴めない「ガードが堅い女性」がいます。

この記事では、「ガードが堅い女性の特徴」をお伝えしていきます。


簡単に連絡先を交換しない

同じ職場で働いていたり、同じ学校に通学していれば、普通は少し仲良くなってくれば、電話番号はちょっとという女性でも「LINEのID・メールアドレス」くらいは教えてくれるものですが、ガードが堅い女性は「個人情報は簡単には教えないという態度・発言・雰囲気」を明確にしています。

「仕事(学校)の用事で連絡する時に便利だからメールアドレスを教えてよ」と気軽に声を掛けても、ガードが堅い女性は「家に帰ってからどんな用事があるんですか?

会社(学校)で会った時に話せばいいじゃないですか」
という正論で返してきて簡単には教えてくれないでしょう。

簡単に遊び・食事の誘いに乗らない

二人っきりのデートに誘うのであれば、大半の女性は「一定以上の好意・興味を感じられる男性」でなければ誘いに乗ってきませんが、「複数・集団での食事や遊びの誘い」であれば乗ってくることが多いものです。

しかし、ガードの堅い女性は、男性からの軽い感じのデートの誘いを断るのはもちろんのこと、男性が同席する食事会や遊びにもまず参加しません。

同じ会社(学校)に通っていれば、帰りがけにちょっとカフェに寄るくらいならOKしてくれる女性も多いですが、ガードの堅い女性はただおしゃべりするためだけのカフェの誘いなどもNGを出してくるでしょう。

自分のことについてほとんど話さない

ガードの堅い女性は、自分の個人情報や気持ちを男性に知られることを、「付け込まれるスキを見せること」だと考えていますから、おしゃべりしていても「自分のプライベートな情報・感情」はほとんど話してきません。

家族構成がどうであるとか、どこに住んでいるのかとか、自分の趣味や興味が何であるとか、今あなたと話していて楽しいとかいう個人的な事情を話さないことによって、「男性から距離感を詰められる可能性」を低くしているのです。

ガードが堅い女性は、自分のことについて自己開示してくれないので、会話のやり取りがなかなか続かないのです。

人との間に「壁」を作っている雰囲気がある

ガードが堅い女性は、気さくに誰とでも口を聞いて親しくなるようなタイプではありません。

何か用事があって話しかければ最低限の返事はしてくれますが、人との間に「壁」を作っている雰囲気があるので、男性側もあまり個人的に突っ込んだ質問をしたり、自分の好意的な気持ちを伝えたりすることができないのです。

話しかけてみても、「返ってくる言葉数・自分の感情表現」が少なすぎるので、相手が自分のことをどのように思っているのかの手がかりが得られないのです。

ガードが堅い女性の作っている「壁」は、男性に対して拒絶的で無感情な印象を与えやすいのです。

真面目で緊張した印象を受ける

ガードが堅い女性の中には、「男性とのコミュニケーションの経験が少なすぎて緊張している人」「男性のいない女子校の環境で育ってきたためにどのように接して良いか分からなくて混乱している人」も含まれています。

会社・学校では非常に真面目なイメージを持たれているのですが、真面目過ぎてユーモアや冗談もないので、会話をして親しくなるとっかかりを掴むことができないのです。

このタイプのガードの堅い女性は、「根っからの男性嫌い」などではないので、安心感や信頼感を持ってもらえれば打ち解けたコミュニケーションができる可能性もあるでしょう。

笑顔がなくて厳しい表情が多い

ガードが堅い女性は、「笑顔が素敵で明るい印象を周囲に振りまくキラキラ系ガール(モテ系ガール)」とは正反対のタイプなので、普段から笑顔や緩んだ表情を見せることはほとんどありません。

ガードが堅い女性にとって、「男性に対して笑顔を出して愛想良く振る舞うこと」「自分を傷つけるかもしれない男性を不用意に近づけてしまう危険な行為」になりますから、いつも非常に厳しくて怒っているようにも見える表情をしています。

男性に呼び止められて話しかけられないように、厳しい表情をして、歩き方もスタスタと早歩きをしていることが多いでしょう。

露出の少ない服装でアクセサリーもほとんどつけない

ガードの堅い女性は、男性が近づいてきそうな服装や身なりは絶対にしません。

女性としての性的魅力をセクシーに強調するような「露出の多い派手な服装」はもっとも嫌う軽蔑すべきファッションであり、腕や脚、胸元が隠れるようなガードの堅さを象徴する服装を好んでいます。

ピアスやネックレスなどのアクセサリー類も基本的に好みません。

自分をファッションやアクセサリーで飾り立てることによって、自分に関心を持った男性が近づいてくることを警戒しているからです。

ガードが堅い女性は、地味で露出の少ない服装や派手さのない色使いを好むのです。

ガードが堅い女性には、「単純に男性が嫌いだからガードが堅い人」もいれば「恋愛経験が少なくて男性に不安を感じている人」もいます。

ガードが堅いということは、男性一般に対してかなりの警戒感を持っていて簡単には心を開かないということですが、そのガードを突破するだけの「興味関心・信頼・好意」を得ることができれば、ガードが堅い女性とお付き合いできる可能性も出てきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-