【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190609180003.html
告白されて返事の保留期間を作る意味

告白されて返事の保留期間を作る意味 | LADYCO

LADYCO
告白されて返事の保留期間を作る意味

告白をされてすぐに返事をせず保留期間を作る意味とは一体何なのでしょうか。

どんなつもりなのかを知って待つ心構えをしておきましょう。

  • 大切なことだからこそじっくり考えたい
  • いい子だけれど顔はいまいちだから迷っている
  • 周りの人に影響されて告白してきたと疑っている
  • じらすだけじらして相手の気持ちをもっと強くさせたい
  • 今はそれよりもしなければいけないことがある
  • 他の人にも告白されていて決めきれない
  • まとめ

1. 大切なことだからこそじっくり考えたい

大切なことだからこそじっくり考えたい

告白されて内心OKの気持ちでもすぐにOKと言ってしまう人ばかりではありません。

大切なことだからこそ、答えが決まりかかっていても時間をかけてじっくりと考えたいのです。

そうしなければ相手にも失礼ですし、自分が傷つくかもしれないと恐れています。

誠実な人や臆病な人こそ保留期間を作り、相手にますます思いもしない不安を与えてしまうことにもなります。

2. いい子だけれど顔はいまいちだから迷っている

いい子だけれど顔はいまいちだから迷っている

告白してきてくれた相手がいい子であっても顔がタイプではないということもよくあることです。

逆に、顔はバッチリだけどなんだか気が合わないように思ってしまう相手もいて、理想通りの完璧な異性には簡単には出会えません。

そこで、返事を保留してタイプではない相手を嫌にならずに付き合っていけるか考え直そうとします。

「顔がいまいちだけど性格がいい子と、その逆の子と、どっちがいい?」などと友達に聞いて参考にしてみようなどと考えています。

3. 周りの人に影響されて告白してきたと疑っている

周りの人に影響されて告白してきたと疑っている

告白されることに慣れていない人や人を信じられない人にとって、自分が告白をされるということはとても不思議なことで簡単に受け入れられることではありません。

そのため、「周りの友達に恋人ができたから欲しくなっただけではないか」とか、「からかい半分で告白して周りがウケるのを狙っているのではないか」などと疑ってかかってしまいます。

すると、相手の言葉が信用できずに「とりあえず待って」などと適当な返事をしてしまいたくなります。

4. じらすだけじらして相手の気持ちをもっと強くさせたい

じらすだけじらして相手の気持ちをもっと強くさせたい

告白されて返事の保留期間を作るのは相手の真剣な思いが伝わっているからこそ、という場合もあります。

こちらのことが好きで好きでたまらない様子が見てとれるため、もう少しじらして相手の気持ちをもっと強くさせたいなどと考えているのでしょう。

ちょっとSっ気のある小悪魔タイプの異性に多い反応です。

きっといよいよ返事をしてくれるという時も「どっちだと思う?」なんて聞いてはニヤニヤすることでしょう。

5. 今はそれよりもしなければいけないことがある

今はそれよりもしなければいけないことがある

返事の保留期間を作るということは、気持ちが相手というよりも恋愛に向いていないからという可能性も考えられます。

今は仕事が忙しいとか、勉強に力を入れたいなどという時ならとりあえず返事を考えることが面倒で保留にしてしまうこともあるのではないでしょうか。

決して嫌いというわけではないのですが、それよりも上の存在があるせいで具体的に付き合おうとまではまだ言えません。

6. 他の人にも告白されていて決めきれない

他の人にも告白されていて決めきれない

返事の保留期間を作るような相手はモテる相手でもあります。

モテない相手なら少ないチャンスをものにしようとがっついてくるのでわかりやすいですが、モテる相手ならもっといい異性がいるはずという欲も出てきているので簡単に結論を出したくはありません。

また、すでに他の異性に告白されているせいで決めきれないということもよくあることです。

まとめ

告白されて返事の保留期間を作られてしまうと、大半の方は「いい返事は返ってこなそうだな」と想像してさっさと諦めてしまうのではないでしょうか。

しかし、大切にしたい相手だからこそ簡単にはOKしないで受け入れるタイミングを見計らうという人もいますから一概には言えません。

保留期間を作ったことにより相手がどう感じたかという点もしっかり考えていきながら、ちゃんととした返事をしてその時を待ってみましょう。

告白をされてすぐに返事をせず保留期間を作る意味とは一体何なのでしょうか。

どんなつもりなのかを知って待つ心構えをしておきましょう。


大切なことだからこそじっくり考えたい

告白されて内心OKの気持ちでもすぐにOKと言ってしまう人ばかりではありません。

大切なことだからこそ、答えが決まりかかっていても時間をかけてじっくりと考えたいのです。

そうしなければ相手にも失礼ですし、自分が傷つくかもしれないと恐れています。

誠実な人や臆病な人こそ保留期間を作り、相手にますます思いもしない不安を与えてしまうことにもなります。

いい子だけれど顔はいまいちだから迷っている

告白してきてくれた相手がいい子であっても顔がタイプではないということもよくあることです。

逆に、顔はバッチリだけどなんだか気が合わないように思ってしまう相手もいて、理想通りの完璧な異性には簡単には出会えません。

そこで、返事を保留してタイプではない相手を嫌にならずに付き合っていけるか考え直そうとします。

「顔がいまいちだけど性格がいい子と、その逆の子と、どっちがいい?」などと友達に聞いて参考にしてみようなどと考えています。

周りの人に影響されて告白してきたと疑っている

告白されることに慣れていない人や人を信じられない人にとって、自分が告白をされるということはとても不思議なことで簡単に受け入れられることではありません。

そのため、「周りの友達に恋人ができたから欲しくなっただけではないか」とか、「からかい半分で告白して周りがウケるのを狙っているのではないか」などと疑ってかかってしまいます。

すると、相手の言葉が信用できずに「とりあえず待って」などと適当な返事をしてしまいたくなります。

じらすだけじらして相手の気持ちをもっと強くさせたい

告白されて返事の保留期間を作るのは相手の真剣な思いが伝わっているからこそ、という場合もあります。

こちらのことが好きで好きでたまらない様子が見てとれるため、もう少しじらして相手の気持ちをもっと強くさせたいなどと考えているのでしょう。

ちょっとSっ気のある小悪魔タイプの異性に多い反応です。

きっといよいよ返事をしてくれるという時も「どっちだと思う?」なんて聞いてはニヤニヤすることでしょう。

今はそれよりもしなければいけないことがある

返事の保留期間を作るということは、気持ちが相手というよりも恋愛に向いていないからという可能性も考えられます。

今は仕事が忙しいとか、勉強に力を入れたいなどという時ならとりあえず返事を考えることが面倒で保留にしてしまうこともあるのではないでしょうか。

決して嫌いというわけではないのですが、それよりも上の存在があるせいで具体的に付き合おうとまではまだ言えません。

他の人にも告白されていて決めきれない

返事の保留期間を作るような相手はモテる相手でもあります。

モテない相手なら少ないチャンスをものにしようとがっついてくるのでわかりやすいですが、モテる相手ならもっといい異性がいるはずという欲も出てきているので簡単に結論を出したくはありません。

また、すでに他の異性に告白されているせいで決めきれないということもよくあることです。

告白されて返事の保留期間を作られてしまうと、大半の方は「いい返事は返ってこなそうだな」と想像してさっさと諦めてしまうのではないでしょうか。

しかし、大切にしたい相手だからこそ簡単にはOKしないで受け入れるタイミングを見計らうという人もいますから一概には言えません。

保留期間を作ったことにより相手がどう感じたかという点もしっかり考えていきながら、ちゃんととした返事をしてその時を待ってみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-