【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513114421.html
シンデレラに学ぶ!愛される女性になるため10の方法、理想の王子様を逃さないために

シンデレラに学ぶ!愛される女性になるため10の方法、理想の王子様を逃さないために | LADYCO

LADYCO
シンデレラに学ぶ!愛される女性になるため10の方法、理想の王子様を逃さないために

小さい頃、誰でも一度は映画シンデレラを見た事があるでしょう。

まだ、幼くて純粋だった頃は男性を条件で判断したりする事はなく、純粋に誰かを好きになるという事が誰しもあったはずです。

  • 心が綺麗
  • 欲がない
  • 歌が上手
  • 掃除が上手
  • 希望を持ち続ける
  • 立ち振る舞いが優雅
  • 美人
  • がつがつ相手の事を聞かない
  • 感謝の心を持っている
  • 周りの人も虜にしてしまう

大人になると真面目に生きるよりも、より賢く、計算高く、人生プランを練って生きる方がやっぱりいいという場面を見る事も多いでしょう。

しかし、愛される女性はやっぱりシンデレラの様な女性だと思うんです。

シンデレラは、なぜモテモテの王子様の心を射止める事が出来たのでしょうか。

1. 心が綺麗

心が綺麗

映画の中のシンデレラは、動物と大変仲良しです。

小さな生き物をとても慈しみ、大切にしています。

その描写からとても心優しい女性だという事が伝わってきます。

そして、継母、義理の2人の姉から意地悪をされているにもかかわらず、意地悪をやり返したり、声を荒げたりする事はありません

常に心を平静に保ち、希望を持ち続けるのです。

2. 欲がない

欲がない

例えば、声を荒げて自分の権利を主張する女性ってとっても怖いです。

まさに、継母や義理の姉の様な人達です。

ですが、シンデレラは常に自然体で欲がありません。

魔法使いのおばあさんに、ドレスや馬車を借りて宮殿に行った際も、せっかく宮殿に行ったのに王子様を自分からガツガツ探しに行こうとはしませんでした。

(結果的に知らずに王子様とは一緒に踊りましたが、シンデレラは王子様とは気付いていませんでした)。

現代でも言える事ですが、好条件の男を落としてやろー!と燃えてる女性って、大体選ばれませんよね。

3. 歌が上手

歌が上手

あんな素敵な歌声で歌われたら、うっとりしてしまいます。

芸術的な感性を備えている人は、感性も豊かなのではと期待ができるので、興味をそそられます。

4. 掃除が上手

掃除が上手

あの広いお屋敷の掃除を一手に引き受けているシンデレラは、家事力もかなりのものです。

あの辛い環境で、掃除洗濯をしていたからこそ、シンデレラの慎ましくお人やかな女性らしい性格になったのかもしれません。

5. 希望を持ち続ける

希望を持ち続ける

継母と2人の姉に虐げられながらも、健気に希望を抱き続けるシンデレラには、思わず協力したくなります。

屋根裏の汚い部屋で寝起きをしていながらも、朝の目覚めと共に歌を歌い、楽しく過ごすその姿は素敵でした。

そんなシンデレラだからこそ、魔法使いのおばあさんや動物達も協力したのではないでしょうか。

6. 立ち振る舞いが優雅

立ち振る舞いが優雅

やはり元々はお金持ちのお嬢様なので、身のこなしがとても優雅です。

王子様とのダンスも、とても息がぴったりで育ちのよさや、いい教育を受けてきたことが身に付いている事を感じさせるシーンでした。

7. 美人

美人

美人だけでは何の意味もありませんが、シンデレラの場合、それ以外も全て素晴らしいので「美人」という事が更にいい印象になると思います。

美人ほど、敷居が高くなってしまい、少しの欠点で一気に嫌われるなんて展開も現実ではあります。

しかし、シンデレラは高飛車でもワガママでもないので美人がより引き立ちます。

8. がつがつ相手の事を聞かない

がつがつ相手の事を聞かない

映画を見ていると1つ疑問が湧きます。

シンデレラは王子様の事を実際ダンスしてみて素敵な人だと思っていたにもかかわらず、名前も聞かないし、名乗りもしなかった。

ただ、楽しい時間を心ゆくまで楽しんだだけです。

もし、王子様が探さなかったらどうするつもりだったのでしょうか。

ここにもシンデレラの穏やかで、優雅な女性らしい性格が出ていると思います。

魔法が溶けた後、シンデレラは素敵なパーティの余韻に浸りますよね。

きっとその日一日、素敵に過ごせればそれで充分だと思っていたのでしょう。

もし、あの日シンデレラが名前を聞いて、名前を名乗ってしっかりとあの日に次の約束をつけていたのなら、王子様はここまで必死にならなかった気がします。

あの、王子様が「待って、これでは君を探さない」と言いながら、シンデレラを追いかけてガラスの靴を落とすシーン、こんな事をされては男性はイチコロです。

9. 感謝の心を持っている

感謝の心を持っている

通常なら、あんなに蔑まれて生活しているので捻くれても良さそうなものですが、とても芯の強い女性です。

魔法使いのおばあさんが現れて、ドレスを借りた時、そして魔法が溶けて1日が終わった後、感謝の気持ちを持っている様子が出てきます。

10. 周りの人も虜にしてしまう

ガラスの靴を運んでいた大臣、そして王子様のお父さんもシンデレラにメロメロです。

きっと、虜にしてしまうようなお上品な雰囲気があるのでしょう。

大臣は、シンデレラがガラスの靴を履く前からにっこり笑っていましたし、最後のシーンでシンデレラが王子様のお父さんのおでこに優しくキスをします。

すると、王子様のお父さんも真っ赤かに顔を染めとっても嬉しそうな表情をします。

こんなに周りの評判もいいシンデレラなら、王子様もさぞ嬉しいことと思います。

こうして書き出してみて改めて、シンデレラの素晴らしさが分かりました。

見た目も美しい上に、心も綺麗で、礼儀作法も完璧。

そして、家事や歌も上手で周りを虜にする魅力がある、これなら選ばれて当然ですね。

小さい頃、誰でも一度は映画シンデレラを見た事があるでしょう。

まだ、幼くて純粋だった頃は男性を条件で判断したりする事はなく、純粋に誰かを好きになるという事が誰しもあったはずです。


大人になると真面目に生きるよりも、より賢く、計算高く、人生プランを練って生きる方がやっぱりいいという場面を見る事も多いでしょう。

しかし、愛される女性はやっぱりシンデレラの様な女性だと思うんです。

シンデレラは、なぜモテモテの王子様の心を射止める事が出来たのでしょうか。

心が綺麗

映画の中のシンデレラは、動物と大変仲良しです。

小さな生き物をとても慈しみ、大切にしています。

その描写からとても心優しい女性だという事が伝わってきます。

そして、継母、義理の2人の姉から意地悪をされているにもかかわらず、意地悪をやり返したり、声を荒げたりする事はありません

常に心を平静に保ち、希望を持ち続けるのです。

欲がない

例えば、声を荒げて自分の権利を主張する女性ってとっても怖いです。

まさに、継母や義理の姉の様な人達です。

ですが、シンデレラは常に自然体で欲がありません。

魔法使いのおばあさんに、ドレスや馬車を借りて宮殿に行った際も、せっかく宮殿に行ったのに王子様を自分からガツガツ探しに行こうとはしませんでした。

(結果的に知らずに王子様とは一緒に踊りましたが、シンデレラは王子様とは気付いていませんでした)。

現代でも言える事ですが、好条件の男を落としてやろー!と燃えてる女性って、大体選ばれませんよね。

歌が上手

あんな素敵な歌声で歌われたら、うっとりしてしまいます。

芸術的な感性を備えている人は、感性も豊かなのではと期待ができるので、興味をそそられます。

掃除が上手

あの広いお屋敷の掃除を一手に引き受けているシンデレラは、家事力もかなりのものです。

あの辛い環境で、掃除洗濯をしていたからこそ、シンデレラの慎ましくお人やかな女性らしい性格になったのかもしれません。

希望を持ち続ける

継母と2人の姉に虐げられながらも、健気に希望を抱き続けるシンデレラには、思わず協力したくなります。

屋根裏の汚い部屋で寝起きをしていながらも、朝の目覚めと共に歌を歌い、楽しく過ごすその姿は素敵でした。

そんなシンデレラだからこそ、魔法使いのおばあさんや動物達も協力したのではないでしょうか。

立ち振る舞いが優雅

やはり元々はお金持ちのお嬢様なので、身のこなしがとても優雅です。

王子様とのダンスも、とても息がぴったりで育ちのよさや、いい教育を受けてきたことが身に付いている事を感じさせるシーンでした。

美人

美人だけでは何の意味もありませんが、シンデレラの場合、それ以外も全て素晴らしいので「美人」という事が更にいい印象になると思います。

美人ほど、敷居が高くなってしまい、少しの欠点で一気に嫌われるなんて展開も現実ではあります。

しかし、シンデレラは高飛車でもワガママでもないので美人がより引き立ちます。

がつがつ相手の事を聞かない

映画を見ていると1つ疑問が湧きます。

シンデレラは王子様の事を実際ダンスしてみて素敵な人だと思っていたにもかかわらず、名前も聞かないし、名乗りもしなかった。

ただ、楽しい時間を心ゆくまで楽しんだだけです。

もし、王子様が探さなかったらどうするつもりだったのでしょうか。

ここにもシンデレラの穏やかで、優雅な女性らしい性格が出ていると思います。

魔法が溶けた後、シンデレラは素敵なパーティの余韻に浸りますよね。

きっとその日一日、素敵に過ごせればそれで充分だと思っていたのでしょう。

もし、あの日シンデレラが名前を聞いて、名前を名乗ってしっかりとあの日に次の約束をつけていたのなら、王子様はここまで必死にならなかった気がします。

あの、王子様が「待って、これでは君を探さない」と言いながら、シンデレラを追いかけてガラスの靴を落とすシーン、こんな事をされては男性はイチコロです。

感謝の心を持っている

通常なら、あんなに蔑まれて生活しているので捻くれても良さそうなものですが、とても芯の強い女性です。

魔法使いのおばあさんが現れて、ドレスを借りた時、そして魔法が溶けて1日が終わった後、感謝の気持ちを持っている様子が出てきます。

ガラスの靴を運んでいた大臣、そして王子様のお父さんもシンデレラにメロメロです。

きっと、虜にしてしまうようなお上品な雰囲気があるのでしょう。

大臣は、シンデレラがガラスの靴を履く前からにっこり笑っていましたし、最後のシーンでシンデレラが王子様のお父さんのおでこに優しくキスをします。

すると、王子様のお父さんも真っ赤かに顔を染めとっても嬉しそうな表情をします。

こんなに周りの評判もいいシンデレラなら、王子様もさぞ嬉しいことと思います。

こうして書き出してみて改めて、シンデレラの素晴らしさが分かりました。

見た目も美しい上に、心も綺麗で、礼儀作法も完璧。

そして、家事や歌も上手で周りを虜にする魅力がある、これなら選ばれて当然ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-