【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190622132432.html
社内恋愛に向かないタイプ

社内恋愛に向かないタイプ | LADYCO

LADYCO
社内恋愛に向かないタイプ

職場で社内恋愛を送っている人は少なくないと思いますが、本来、職場とは仕事をする場所です。

そのため、社内恋愛の相手によっては思わぬトラブルで、結果として職場での評価が落ちてしまうことも少なくありません。

そこで今回は社内恋愛に向かないタイプについて説明します。

  • ヤキモチ焼きタイプ/束縛タイプの人
  • 自分の恋愛事情をすぐに周りに話すタイプ
  • 恋愛至上主義タイプ
  • 過去に別の相手と社内恋愛の噂のあった相手
  • コネ入社タイプ

1. ヤキモチ焼きタイプ/束縛タイプの人

ヤキモチ焼きタイプ/束縛タイプの人

誰しもが恋愛においては、恋人にはいつも自分だけを見ていて欲しいと願うのは当たり前のことです。

しかし中にはその思いの度が過ぎる束縛タイプの人がいます。

こういった相手の場合、例えば仕事関係の話を別の異性としているだけで、ヤキモチを焼いたりしてしまうことも。

ちょっとしたヤキモチなら可愛いものですが、束縛タイプの人の場合、それだけで機嫌を悪くして喧嘩の原因になってしまうことも少なくありません。

職場ではどうしても他の異性とのコミュニケーションも必要になってきますが、同じ職場だとそれが全部相手に見えてしまうので、束縛タイプの相手と社内恋愛するときには注意が必要です。

ただ束縛タイプの人が恋人の場合、自分が相手から愛されているというのが、よく伝わってくるので相手の気持ちに対して不安になることはないというメリットはあります。

2. 自分の恋愛事情をすぐに周りに話すタイプ

自分の恋愛事情をすぐに周りに話すタイプ

聞いてもいないのに、自分の恋愛事情をすぐに周りに話すタイプの人はどこにでもいますよね?ですが恋愛事情というのは非常にプライベートな内容のものです。

社内恋愛の場合、相手が恋愛事情を周りに話すということは、それは自分のプライベートな情報を勝手に話されているということと同じです。

それに社内恋愛の場合、職場で妙な噂が立つことや、自身の職場での評価を気にして、周りには公表したくないと考えている人も多いはずです。

そういった人にとっては、恋人が自分の恋愛事情をすぐに周りに話すタイプだった場合、いつ自分たちの関係をバラされるのかと、ヒヤヒヤしてしまうこともあり、注意が必要です。

このタイプには、「なんでも話したい、話を聞いてほしい」という人が多いので、恋人がこのタイプの場合、隠し事などせずに何かあったら、正直に話してくれるという安心感はあります。

3. 恋愛至上主義タイプ

恋愛至上主義タイプ

どちらかというと女性に多いタイプですが、全てにおいて恋愛が一番!という考えの人との恋愛には注意が必要です。

あくまで会社とは仕事をする場所なので、職場で優先すべきは恋愛などの私情ではなく、あくまで仕事です。

ただ恋愛至上主義者の場合、恋人が近くにいると恋人が気になって仕事が出来なくなってしまったり、仕事よりも私情を優先して、仕事の質が落ちてしまうこともあります。

そうなってしまうと、恋人である自分の評価も下がってしまうかもしれないので注意が必要です。

ただ恋愛至上主義タイプの人には相手に尽くすことが最大の喜びであるケースが多いので、付き合っていると尽くされる恋愛を楽しむことができます。

4. 過去に別の相手と社内恋愛の噂のあった相手

過去に別の相手と社内恋愛の噂のあった相手

このタイプの場合、まずその過去の噂の相手との関係が気まずいものになってしまいます。

また周りも気を遣ってしまいぎこちなくなること間違いなしです。

自分の恋人に過去の恋愛経験を気にしないという人は少なくないとは思いますが、それは過去の相手がどこの誰かもわからない、自分にとっては、言わば架空の人物に近い存在だからです。

しかし過去の相手が具体的に想像できてしまうとどうしても気になってしまいます。

もしかするとその相手と一緒に仕事をすることもあるかもしれないので、その時に私情を挟まずに冷静に仕事をこなすのは非常に難しいものになります。

この相手と社内恋愛をする場合には、そのあたりのことをよく考えて、自分の気持ちの整理をつけてから、交際などに発展させることをお勧めします。

5. コネ入社タイプ

職場にはいろいろな人がいるとは思いますが、中には「会社重役の親族」であったり、「関係取引会社重役の親族」などの、いわゆるコネ入社タイプの人がいます。

このコネ入社タイプとの社内恋愛には注意が必要です。

恋愛において、一つのゴール地点は結婚だと思います。

そしてそのゴールに辿り着くことは非常に難しいのが現状です。

もしコネ入社タイプの人と結婚まで辿り着くことが出来れば、ヤラシイ話ですが、自分の社内である程度の地位は保証されます。

しかし、もしも交際途中で破局などしてしまったら・・・社内での立場が怪しくなってしまうかもしれません。

このタイプとの恋愛の場合には、ギリギリまで職場関係者には内緒にしておくほうが得策かもしれません。

以上、社内恋愛に向かないタイプ5選でした。

社内の気になる相手がいる場合、上記のタイプに当てはまるかチェックしてみてください。

また逆に自分が上記のタイプに当てはまるという人は相手の立場に立って、治せるところ・注意できるところは改善できるように見直してみてください。

ただ、恋愛なんて理屈でどうこうできるものではなく、気が付いたら好きになってしまっているものです。


上記タイプに過度にこだわるのではなく、もし好きになった相手が上記5タイプのいずれかだった場合に、それと上手く付き合っていくためにはどうすればいいかを考えるきっかけになれば幸いです。

そして素敵な社内恋愛を楽しんで下さい。


職場で社内恋愛を送っている人は少なくないと思いますが、本来、職場とは仕事をする場所です。

そのため、社内恋愛の相手によっては思わぬトラブルで、結果として職場での評価が落ちてしまうことも少なくありません。

そこで今回は社内恋愛に向かないタイプについて説明します。


ヤキモチ焼きタイプ/束縛タイプの人

誰しもが恋愛においては、恋人にはいつも自分だけを見ていて欲しいと願うのは当たり前のことです。

しかし中にはその思いの度が過ぎる束縛タイプの人がいます。

こういった相手の場合、例えば仕事関係の話を別の異性としているだけで、ヤキモチを焼いたりしてしまうことも。

ちょっとしたヤキモチなら可愛いものですが、束縛タイプの人の場合、それだけで機嫌を悪くして喧嘩の原因になってしまうことも少なくありません。

職場ではどうしても他の異性とのコミュニケーションも必要になってきますが、同じ職場だとそれが全部相手に見えてしまうので、束縛タイプの相手と社内恋愛するときには注意が必要です。

ただ束縛タイプの人が恋人の場合、自分が相手から愛されているというのが、よく伝わってくるので相手の気持ちに対して不安になることはないというメリットはあります。

自分の恋愛事情をすぐに周りに話すタイプ

聞いてもいないのに、自分の恋愛事情をすぐに周りに話すタイプの人はどこにでもいますよね?ですが恋愛事情というのは非常にプライベートな内容のものです。

社内恋愛の場合、相手が恋愛事情を周りに話すということは、それは自分のプライベートな情報を勝手に話されているということと同じです。

それに社内恋愛の場合、職場で妙な噂が立つことや、自身の職場での評価を気にして、周りには公表したくないと考えている人も多いはずです。

そういった人にとっては、恋人が自分の恋愛事情をすぐに周りに話すタイプだった場合、いつ自分たちの関係をバラされるのかと、ヒヤヒヤしてしまうこともあり、注意が必要です。

このタイプには、「なんでも話したい、話を聞いてほしい」という人が多いので、恋人がこのタイプの場合、隠し事などせずに何かあったら、正直に話してくれるという安心感はあります。

恋愛至上主義タイプ

どちらかというと女性に多いタイプですが、全てにおいて恋愛が一番!という考えの人との恋愛には注意が必要です。

あくまで会社とは仕事をする場所なので、職場で優先すべきは恋愛などの私情ではなく、あくまで仕事です。

ただ恋愛至上主義者の場合、恋人が近くにいると恋人が気になって仕事が出来なくなってしまったり、仕事よりも私情を優先して、仕事の質が落ちてしまうこともあります。

そうなってしまうと、恋人である自分の評価も下がってしまうかもしれないので注意が必要です。

ただ恋愛至上主義タイプの人には相手に尽くすことが最大の喜びであるケースが多いので、付き合っていると尽くされる恋愛を楽しむことができます。

過去に別の相手と社内恋愛の噂のあった相手

このタイプの場合、まずその過去の噂の相手との関係が気まずいものになってしまいます。

また周りも気を遣ってしまいぎこちなくなること間違いなしです。

自分の恋人に過去の恋愛経験を気にしないという人は少なくないとは思いますが、それは過去の相手がどこの誰かもわからない、自分にとっては、言わば架空の人物に近い存在だからです。

しかし過去の相手が具体的に想像できてしまうとどうしても気になってしまいます。

もしかするとその相手と一緒に仕事をすることもあるかもしれないので、その時に私情を挟まずに冷静に仕事をこなすのは非常に難しいものになります。

この相手と社内恋愛をする場合には、そのあたりのことをよく考えて、自分の気持ちの整理をつけてから、交際などに発展させることをお勧めします。

職場にはいろいろな人がいるとは思いますが、中には「会社重役の親族」であったり、「関係取引会社重役の親族」などの、いわゆるコネ入社タイプの人がいます。

このコネ入社タイプとの社内恋愛には注意が必要です。

恋愛において、一つのゴール地点は結婚だと思います。

そしてそのゴールに辿り着くことは非常に難しいのが現状です。

もしコネ入社タイプの人と結婚まで辿り着くことが出来れば、ヤラシイ話ですが、自分の社内である程度の地位は保証されます。

しかし、もしも交際途中で破局などしてしまったら・・・社内での立場が怪しくなってしまうかもしれません。

このタイプとの恋愛の場合には、ギリギリまで職場関係者には内緒にしておくほうが得策かもしれません。

以上、社内恋愛に向かないタイプ5選でした。

社内の気になる相手がいる場合、上記のタイプに当てはまるかチェックしてみてください。

また逆に自分が上記のタイプに当てはまるという人は相手の立場に立って、治せるところ・注意できるところは改善できるように見直してみてください。

ただ、恋愛なんて理屈でどうこうできるものではなく、気が付いたら好きになってしまっているものです。


上記タイプに過度にこだわるのではなく、もし好きになった相手が上記5タイプのいずれかだった場合に、それと上手く付き合っていくためにはどうすればいいかを考えるきっかけになれば幸いです。

そして素敵な社内恋愛を楽しんで下さい。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-