【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190609175742.html
恋愛で背伸びしがちな事

恋愛で背伸びしがちな事 | LADYCO

LADYCO
恋愛で背伸びしがちな事

愛とは、背伸びしないことという名言がありますが、色々な恋愛パターンの中で幾つも背伸びをしてしまうことが出てきます。

  • お金があるように振る舞う
  • 恋愛経験が豊富だと見せかける
  • 大人の女性を演じる
  • 自分の感情を抑える
  • 相手の好みに合わせすぎる
  • 自分の理想を求める
  • まとめ

1. お金があるように振る舞う

お金があるように振る舞う

自分にそこまで収入がないのにもかかわらず、相手を喜ばせようと豪華な食事をしたり、ブランド物をプレゼントしたりすることがあります。

男性だとよくありがちなことですが、女性でも好きな男性の前では意外とあることなのです。

その為、お財布の中身は寂しくて、万年金欠状態になってしまいます。

それでも好きな人と少しでも楽しく過ごしたいし、お金の事で喧嘩もしたくないことから、身分不相応の振る舞いをして背伸びすることもあるのです。

2. 恋愛経験が豊富だと見せかける

恋愛経験が豊富だと見せかける

年齢が若いほど恋愛経験が少ないと思われがちになることから、10歳以上離れた男性を好きななってしまいますと、見栄を張ってしまい恋愛経験が多い女性だと演じることがあります。

落ち着いた女性の服装をし、雑誌や体験談をチェックして研究をします。

しかし恋愛経験が浅いほど隙を突かれたり、想定外のことがあればボロが出てしまいます。

ボロが出てしまいますと恥ずかしいなと思ってしまいますが、器の大きい男性だったら可愛い女性と見られることもあることから、背伸びもほどほどにしておきましょう。

3. 大人の女性を演じる

大人の女性を演じる

年齢が離れた男性との恋愛となりますと人生経験や精神年齢にも差があるから、近づかせるための大人の女性として演じることがあります。

服装から立ち振る舞い、感情も抑えつつ余裕がある女性と相手に思われるように振る舞い、高収入の男性と恋愛しますとそれに似合ったデートもしますので、次第にマナーや教養も身に付くようになります。

しかし年齢不相応の立ち振る舞いや彼の前では感情も抑えることが増えますので、次第にストレスが溜まってくるようになります。

4. 自分の感情を抑える

自分の感情を抑える

好きな男性と付き合うことになったら、愛情が強いほど嫌われたくないと思ってしまいます。

その為、相手の我儘や嫌だな感じる振る舞いをしても、自分の意見を言わなく感情を抑える場面も出てきます。

相手がルーズなタイプでしたら、デートのドタキャンやお金を借りることがあっても揉めることもないので、都合の良い女性という扱いになります。

確かに相手からは嫌われないですがお互いのことを知る機会も少なくなりますし、喧嘩をするほど深まる愛もあるので感情を抑えすぎますとと愛情表現もできないですよ。

5. 相手の好みに合わせすぎる

相手の好みに合わせすぎる

愛情表現の1つとして、相手の好みに合わせることがあります。

自分はこの服装や食べ物が好みではなくても、相手が好きだといえば、自分も好きになるように努力をします。

しかし元々は好きではないことも含まれていることから、ストレスも溜まってきます。

また好みが違うことが多いほど普段からの価値観も違っていることから、頑張って相手に合わせている分だけ一旦感情が出れば喧嘩する回数も増えてきますので、最初から背伸びしないで合わせずに自分を出した方が長続きします。

6. 自分の理想を求める

自分の理想を求める

恋愛するパターンとして、自分の理想に合わせたい人がいます。

自分の好みの見た目がいれば猛烈にアタックをし、運が良く見た目と性格が好みの人と恋愛することができても、服装が理想通りでないと強要したり立ち振る舞いがイメージ通りでなかったりダメ出しをします。

1つが理想通りでも、他のこともイメージ通りに当てはまらないとダメだと思い、相手に対する要求が増えてしまします。

相手も要求が増えるほど不満が溜まり、爆発したことで喧嘩が増えて別れることにも繋がりますので、理想を求めるにもほどほどにしましょう。

まとめ

恋愛する相手によって幾つもの背伸びをすることがありますが、頻度が多いほど嫌になったり我慢することにも繋がります。

また背伸びをしますと人生や恋愛経験値がUPしますが、不相応な恋愛を続けることで本来の自分をさらけ出せないので、楽しいはずの恋愛が修行の恋愛へとなってしまいますよ。

愛とは、背伸びしないことという名言がありますが、色々な恋愛パターンの中で幾つも背伸びをしてしまうことが出てきます。


お金があるように振る舞う

自分にそこまで収入がないのにもかかわらず、相手を喜ばせようと豪華な食事をしたり、ブランド物をプレゼントしたりすることがあります。

男性だとよくありがちなことですが、女性でも好きな男性の前では意外とあることなのです。

その為、お財布の中身は寂しくて、万年金欠状態になってしまいます。

それでも好きな人と少しでも楽しく過ごしたいし、お金の事で喧嘩もしたくないことから、身分不相応の振る舞いをして背伸びすることもあるのです。

恋愛経験が豊富だと見せかける

年齢が若いほど恋愛経験が少ないと思われがちになることから、10歳以上離れた男性を好きななってしまいますと、見栄を張ってしまい恋愛経験が多い女性だと演じることがあります。

落ち着いた女性の服装をし、雑誌や体験談をチェックして研究をします。

しかし恋愛経験が浅いほど隙を突かれたり、想定外のことがあればボロが出てしまいます。

ボロが出てしまいますと恥ずかしいなと思ってしまいますが、器の大きい男性だったら可愛い女性と見られることもあることから、背伸びもほどほどにしておきましょう。

大人の女性を演じる

年齢が離れた男性との恋愛となりますと人生経験や精神年齢にも差があるから、近づかせるための大人の女性として演じることがあります。

服装から立ち振る舞い、感情も抑えつつ余裕がある女性と相手に思われるように振る舞い、高収入の男性と恋愛しますとそれに似合ったデートもしますので、次第にマナーや教養も身に付くようになります。

しかし年齢不相応の立ち振る舞いや彼の前では感情も抑えることが増えますので、次第にストレスが溜まってくるようになります。

自分の感情を抑える

好きな男性と付き合うことになったら、愛情が強いほど嫌われたくないと思ってしまいます。

その為、相手の我儘や嫌だな感じる振る舞いをしても、自分の意見を言わなく感情を抑える場面も出てきます。

相手がルーズなタイプでしたら、デートのドタキャンやお金を借りることがあっても揉めることもないので、都合の良い女性という扱いになります。

確かに相手からは嫌われないですがお互いのことを知る機会も少なくなりますし、喧嘩をするほど深まる愛もあるので感情を抑えすぎますとと愛情表現もできないですよ。

相手の好みに合わせすぎる

愛情表現の1つとして、相手の好みに合わせることがあります。

自分はこの服装や食べ物が好みではなくても、相手が好きだといえば、自分も好きになるように努力をします。

しかし元々は好きではないことも含まれていることから、ストレスも溜まってきます。

また好みが違うことが多いほど普段からの価値観も違っていることから、頑張って相手に合わせている分だけ一旦感情が出れば喧嘩する回数も増えてきますので、最初から背伸びしないで合わせずに自分を出した方が長続きします。

自分の理想を求める

恋愛するパターンとして、自分の理想に合わせたい人がいます。

自分の好みの見た目がいれば猛烈にアタックをし、運が良く見た目と性格が好みの人と恋愛することができても、服装が理想通りでないと強要したり立ち振る舞いがイメージ通りでなかったりダメ出しをします。

1つが理想通りでも、他のこともイメージ通りに当てはまらないとダメだと思い、相手に対する要求が増えてしまします。

相手も要求が増えるほど不満が溜まり、爆発したことで喧嘩が増えて別れることにも繋がりますので、理想を求めるにもほどほどにしましょう。

恋愛する相手によって幾つもの背伸びをすることがありますが、頻度が多いほど嫌になったり我慢することにも繋がります。

また背伸びをしますと人生や恋愛経験値がUPしますが、不相応な恋愛を続けることで本来の自分をさらけ出せないので、楽しいはずの恋愛が修行の恋愛へとなってしまいますよ。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-