【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521113011.html
冷めきった夫婦仲を良くする秘訣

冷めきった夫婦仲を良くする秘訣 | LADYCO

LADYCO
冷めきった夫婦仲を良くする秘訣

夫婦仲が冷めきってしまった場合修復するのは困難でしょう。 でも、ちょっとしたことをやるだけでも夫婦仲は改善することもあるようです。 そこで、今回は冷めきった夫婦仲を良くする方法についてご紹介したいと思います。 意外に簡単なことで夫婦仲が改善されるようですよ。

  • 「ありがとう」「ゴメンね」を言うようにしてみる
  • 名前で呼んでみる
  • 話をするようにする
  • たまにはケンカをしてみる
  • 小旅行に誘ってみる
  • 相手を責めることをやめる
  • スキンシップをする
  • LINEやメールでの連絡をとるようにする
  • まとめ

1. 「ありがとう」「ゴメンね」を言うようにしてみる

「ありがとう」「ゴメンね」を言うようにしてみる

冷めきった夫婦の仲よ良くするための簡単な方法は、「ありがとう」「ゴメンね」をいうようにすることです。 「ありがとう」や「ゴメンね」という短いフレーズを言うことで心のわだかまりがとれて今まで冷めきった関係だったのが無くなることが期待できるのです。

「ありがとう」や「ゴメンね」というフレーズには感謝や自分の間違いに対して許しを乞うというとても謙虚な意味ありがこめられています。 そんな謙虚な気持ちで接してこられたら誰だって悪い気はしませんよね。 「こちらも悪かったんだから. . 」「いつも感謝してるよ」なんて気持ちになってきて冷めた感情が薄れていくのです。

2. 名前で呼んでみる

名前で呼んでみる

結婚生活が長くなってくると、恋人の時のように甘い気持ちなんて薄れてきます。 男女の関係が家族の関係に変わったと感じるのは呼び方でしょう。 恋人同士のときは「○○ちゃん」「○○くん」など名前で呼んでいたのが、「おい!」「ねえねえ」や「お父さん」「ママ」など名前ではない呼び方をする人も多いでしょう。

でも、昔のように「○○ちゃん」「○○くん」などの名前で呼ぶことで気持ちの中で男と女の時の感情が目覚めてくることもあるのです。

3. 話をするようにする

話をするようにする

冷めきった過程には、お互いのコミュニケーション不足が挙げられます。 食事のときは黙ってテレビを見て食べたり、一緒に暮していても自分の部屋にすぐに入ってしまい話をするタイミングが無くなっている夫婦はお互いの話をするよう心掛けてみましょう。 テレビの話や今日の出来事など短くても良いので話をするということがコミュニケーションの始まりです。

4. たまにはケンカをしてみる

たまにはケンカをしてみる

冷めきった夫婦はお互いの思っていることを口にだしたりしません。 話をしてお互い気分が悪くなってしまうのなら黙って見過ごすほうが楽だと思っているからです。 そのため、相手に無関心なフリをしてしまいがちです。

でも、夫婦仲を改善したいのなら自分の気持ちをしっかり言うことも大事です。 ケンカになっても構わないつもりで気持ちを伝えあうことは冷めきった夫婦には必要なのです。 気をつけたいのは、絶対言ってはいけないことは言わないことです。 例えば、相手の両親のことやプライドを傷つけてしまうことなどはタブーです。

5. 小旅行に誘ってみる

小旅行に誘ってみる

環境をかえるのも冷めきった夫婦には必要なことでしょう。 いつも家でばかり顏を突き合わせているとお互い気持ちが和みません。 思い切って環境をかえる意味で小旅行に誘ってみるのも改善策だといえるでしょう。

宿泊しなくても日帰りでも良いのです。 キレイな景色や空気に触れることで今までの冷めた感情が和らぐはずです。 あまり話をしなくても自然と居心地の良い雰囲気を取り戻せたりするのも小旅行の良さかもしれません。

6. 相手を責めることをやめる

相手を責めることをやめる

冷めきった夫婦は、常に相手のことよりも自分の事ばかりを優先しまいがちです。 相手が一生懸命何かをしてくれていることを認めようとはせず、「自分ばかりが大変」、「どうして自分ばかり辛いのだろう」と自分中心で物事を考えています。

でも、冷めた夫婦仲を改善するためには相手を責めることをやめることです。 「相手も頑張ってくれているんだな」「こんなに大変だったんだ」などと、相手の立場にたって考えるようにすることで、お互いが歩よることができるのではないでしょうか。

7. スキンシップをする

スキンシップをする

夫婦仲の冷めてしまう原因はスキンシップ不足が大きいといわれています。 もちろん、セックスレスもそのひとつでしょう。 セックスレスをいきなり治すのは難しいかもしれませんが、軽いスキンシップをするだけでも夫婦仲は随分改善されるはずです。

寝るとき手を握る、出かけた時軽く腕を掴む、肩をポンポン叩くなどなど、ほんの少しのスキンシップでも気持ちが繋がるのです。 大胆なスキンシップでなくても良いのです、少しずつ相手にあゆみ寄る姿勢が大事なのです。

8. LINEやメールでの連絡をとるようにする

LINEやメールでの連絡をとるようにする

冷めきった夫婦の仲を良くするためにはコミュニケーションが大事だということはお分かりでしょう。 でも、なかなか面と向かっては出来ないコミュニケーションですが、LINEやメールだったら素直のなれることもあります。

長い文章や、気の利いた文章が苦手だという人もLINEやメールのスタンプや絵文字だけでも気持ちが伝わります。 ちょっとしたコミュニケーションのつもりでLINEやメールなどを利用してみるのも夫婦仲を改善するのには良い方法かもしれませんね。

まとめ

冷めきった夫婦の仲を良くするための秘訣についてご紹介しましたがいかがでしたか?夫婦の形はさまざまですが、冷めきった夫婦の仲を良くするのには、あまり深く考えないで自分でできるコミュニケーション方法を試してみるのも良いかもしれませんよね。

夫婦仲が冷めきってしまった場合修復するのは困難でしょう。 でも、ちょっとしたことをやるだけでも夫婦仲は改善することもあるようです。 そこで、今回は冷めきった夫婦仲を良くする方法についてご紹介したいと思います。 意外に簡単なことで夫婦仲が改善されるようですよ。


「ありがとう」「ゴメンね」を言うようにしてみる

冷めきった夫婦の仲よ良くするための簡単な方法は、「ありがとう」「ゴメンね」をいうようにすることです。 「ありがとう」や「ゴメンね」という短いフレーズを言うことで心のわだかまりがとれて今まで冷めきった関係だったのが無くなることが期待できるのです。

「ありがとう」や「ゴメンね」というフレーズには感謝や自分の間違いに対して許しを乞うというとても謙虚な意味ありがこめられています。 そんな謙虚な気持ちで接してこられたら誰だって悪い気はしませんよね。 「こちらも悪かったんだから. . 」「いつも感謝してるよ」なんて気持ちになってきて冷めた感情が薄れていくのです。

名前で呼んでみる

結婚生活が長くなってくると、恋人の時のように甘い気持ちなんて薄れてきます。 男女の関係が家族の関係に変わったと感じるのは呼び方でしょう。 恋人同士のときは「○○ちゃん」「○○くん」など名前で呼んでいたのが、「おい!」「ねえねえ」や「お父さん」「ママ」など名前ではない呼び方をする人も多いでしょう。

でも、昔のように「○○ちゃん」「○○くん」などの名前で呼ぶことで気持ちの中で男と女の時の感情が目覚めてくることもあるのです。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-