【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104324.html
夫婦で些細な事で喧嘩をしないためにできること

夫婦で些細な事で喧嘩をしないためにできること | LADYCO

LADYCO
夫婦で些細な事で喧嘩をしないためにできること

夫婦がいつまでも仲良くすることは意外に難しいことでもあります。

お互いが我慢をすればそれこそ爆発してしまう可能性だってあり、それが切っ掛けで離婚なんてことも考えられます。

できれば喧嘩をせずに上手くやるにはどうすればいいのか?

夫婦で些細な事で喧嘩をしないためにできることをご紹介します。

  • 否定することをやめる
  • 相槌を打つ
  • 押し付けないこと
  • 当然と思わないこと
  • 相手に感謝を込めて
  • いちいちイラつかない
  • 喧嘩なんて時間の無駄だと思うようにする
  • 話し合いを冷静にする
  • 疲労時に喧嘩は避ける
  • ギクシャクしたとき

1. 否定することをやめる

否定することをやめる

夫婦喧嘩でよくある状況にほんの些細なこととして相手のことを否定してしまうことがあります。

夫婦とはいえ元は他人、それに性格が完全に一致することなど針に糸を通すほど難しいことではないでしょうか。

それなら一層のこと相手を否定せずに受け入れてみてはどうでしょうか。

そのときに話を聞いたり態度を受け入れることが苦痛になるかもしれませんが、それでも受け入れてればそれが普通になり喧嘩にもならないでしょう。

2. 相槌を打つ

相槌を打つ

忙しいとき、話が面倒なとき、あまりにも無視をしてると些細なことから夫婦喧嘩が始まってしまうことは大多数の方が経験されたのではないでしょうか。

そしてその些細なことから喧嘩が始まると収拾が付かなくなり夫婦の間に亀裂が生じてしまう可能性も否めません。

まずは相手がどうしてそうなったのかをよく考え、もし夫婦として会話を望んでるのであれば面倒と思わずにできるだけ相槌を打つようにしてみてください。

そして適当な相槌ではなく上手に使うことが重要です。

3. 押し付けないこと

押し付けないこと

夫婦をしてればお互い気を使うこともあまりなくなるのではないでしょうか。

するとついつい自分のことを平気で押し付けてしまうこともあります。

後で気づいてもまあいいかとなるかもしれませんが、夫婦とはいえやはり強要されれば嬉しいものではありません。

だからこそ何かをやって欲しいときや、こうして欲しいときに無理やり押し付けないようにしてお願いするようにすると些細な事で喧嘩もしなくなるはずです。

4. 当然と思わないこと

当然と思わないこと

夫婦として暮らせば何をしてくれても、それは当たり前のことであり当然のことだと思うようになります。

それを口にこそしませんが、ほんの些細な事で喧嘩にさせてしまう理由にもなってしまいます。

問題なのはやってくれて当然だと思うその考え方であり、そこを改善すればきっと些細な事で喧嘩になることもなくなりますから、まずは当然だと思わないようにして感謝するようにしましょう。

5. 相手に感謝を込めて

相手に感謝を込めて

長年夫婦をやってれば何もかもが当たり前化してしまうのも実際のところ理解はできます。

けれども夫婦の前に人間として人に感謝をすることはいつまでも忘れたくありません。

相手にありがとう、幸せ、感謝という前向きで素晴らしい言葉をプレゼントすることは毎日の中で何気なく使っていくべきで、そしてそれは些細な事で喧嘩にさせない魔法のような言葉でもあります。

6. いちいちイラつかない

いちいちイラつかない

夫婦もやってればいつも一緒に居るのですから、ときにはイラッとしてしまうこともあるかもしれません。

それが蓄積されれば我慢することも難しくなることでしょう。

そしてほんの些細な事から喧嘩に発展してしまう恐れもありますので、イラッとすれば夫婦喧嘩ということにならないためにもイラッとしたときにこそ息抜きをできるようなことをするようにして、いちいちイラッとしないように心が目をしておくといいでしょう。

7. 喧嘩なんて時間の無駄だと思うようにする

喧嘩なんて時間の無駄だと思うようにする

喧嘩をして何か特はあるでしょか?

きっと汚い言葉や悪態をついたことに対して後悔しか残らないはずですし、せっかくの一日が台無しになってしまうでしょう。

もし夫婦間で些細な事で喧嘩になりそうだなと感じたとき、まず考えるべきことは喧嘩をしたところで無駄なことと思うようにしてください。

そして今日一日をそんなことで台無しにしないように楽しく前向きに物事を考えてみてください。

8. 話し合いを冷静にする

話し合いを冷静にする

もし夫婦で些細な事で喧嘩をしないためにできることがあるとするなら、それはまず喧嘩をしても良いことはないと考えておかなければいけません。

そしてなぜ喧嘩になってしまったのか、そのことについて話し合いを冷静にするように心がけてみてください。

ただ感情論だけで喧嘩をしても何の解決策にもなりませんから、ここはお互いが冷静になること、そして喧嘩の根本的理由を明確にして何がいけなかったのかお互いで見つけ出してみてください。

9. 疲労時に喧嘩は避ける

疲労時に喧嘩は避ける

疲れてるとどうしてもイライラしてしまうものです。

そして夫婦ならその状況の中で喧嘩になることも少なくないでしょう。

もし疲労してるときにほんの些細な事から喧嘩になってしまったのであれば、そのときは冷静さを取り戻し今日は疲れてるから明日話し合おうと言ってしまいましょう。

もしくは体調がよくないと言ってしまえば体のことを心配して喧嘩のことも忘れてくれるかもしれません。

10. ギクシャクしたとき

夫婦として生活をしてればギクシャクしてしまうこともありますので、そんなときその場をどうにかしなければと下らないことを言ってしまうことがあります。

それが導火線となり些細な事で喧嘩になってしまうこともありますので、そんなときはむしろ逆効果になるだけですから、ギクシャクしてるときはふざけないで冷静にその場の雰囲気が過ぎ去るのを待つようにしておくことが好ましいでしょう。

夫婦がいつまでも仲良くすることは意外に難しいことでもあります。

お互いが我慢をすればそれこそ爆発してしまう可能性だってあり、それが切っ掛けで離婚なんてことも考えられます。

できれば喧嘩をせずに上手くやるにはどうすればいいのか?

夫婦で些細な事で喧嘩をしないためにできることをご紹介します。


否定することをやめる

夫婦喧嘩でよくある状況にほんの些細なこととして相手のことを否定してしまうことがあります。

夫婦とはいえ元は他人、それに性格が完全に一致することなど針に糸を通すほど難しいことではないでしょうか。

それなら一層のこと相手を否定せずに受け入れてみてはどうでしょうか。

そのときに話を聞いたり態度を受け入れることが苦痛になるかもしれませんが、それでも受け入れてればそれが普通になり喧嘩にもならないでしょう。

相槌を打つ

忙しいとき、話が面倒なとき、あまりにも無視をしてると些細なことから夫婦喧嘩が始まってしまうことは大多数の方が経験されたのではないでしょうか。

そしてその些細なことから喧嘩が始まると収拾が付かなくなり夫婦の間に亀裂が生じてしまう可能性も否めません。

まずは相手がどうしてそうなったのかをよく考え、もし夫婦として会話を望んでるのであれば面倒と思わずにできるだけ相槌を打つようにしてみてください。

そして適当な相槌ではなく上手に使うことが重要です。

押し付けないこと

夫婦をしてればお互い気を使うこともあまりなくなるのではないでしょうか。

するとついつい自分のことを平気で押し付けてしまうこともあります。

後で気づいてもまあいいかとなるかもしれませんが、夫婦とはいえやはり強要されれば嬉しいものではありません。

だからこそ何かをやって欲しいときや、こうして欲しいときに無理やり押し付けないようにしてお願いするようにすると些細な事で喧嘩もしなくなるはずです。

当然と思わないこと

夫婦として暮らせば何をしてくれても、それは当たり前のことであり当然のことだと思うようになります。

それを口にこそしませんが、ほんの些細な事で喧嘩にさせてしまう理由にもなってしまいます。

問題なのはやってくれて当然だと思うその考え方であり、そこを改善すればきっと些細な事で喧嘩になることもなくなりますから、まずは当然だと思わないようにして感謝するようにしましょう。

相手に感謝を込めて

長年夫婦をやってれば何もかもが当たり前化してしまうのも実際のところ理解はできます。

けれども夫婦の前に人間として人に感謝をすることはいつまでも忘れたくありません。

相手にありがとう、幸せ、感謝という前向きで素晴らしい言葉をプレゼントすることは毎日の中で何気なく使っていくべきで、そしてそれは些細な事で喧嘩にさせない魔法のような言葉でもあります。

いちいちイラつかない

夫婦もやってればいつも一緒に居るのですから、ときにはイラッとしてしまうこともあるかもしれません。

それが蓄積されれば我慢することも難しくなることでしょう。

そしてほんの些細な事から喧嘩に発展してしまう恐れもありますので、イラッとすれば夫婦喧嘩ということにならないためにもイラッとしたときにこそ息抜きをできるようなことをするようにして、いちいちイラッとしないように心が目をしておくといいでしょう。

喧嘩なんて時間の無駄だと思うようにする

喧嘩をして何か特はあるでしょか?

きっと汚い言葉や悪態をついたことに対して後悔しか残らないはずですし、せっかくの一日が台無しになってしまうでしょう。

もし夫婦間で些細な事で喧嘩になりそうだなと感じたとき、まず考えるべきことは喧嘩をしたところで無駄なことと思うようにしてください。

そして今日一日をそんなことで台無しにしないように楽しく前向きに物事を考えてみてください。

話し合いを冷静にする

もし夫婦で些細な事で喧嘩をしないためにできることがあるとするなら、それはまず喧嘩をしても良いことはないと考えておかなければいけません。

そしてなぜ喧嘩になってしまったのか、そのことについて話し合いを冷静にするように心がけてみてください。

ただ感情論だけで喧嘩をしても何の解決策にもなりませんから、ここはお互いが冷静になること、そして喧嘩の根本的理由を明確にして何がいけなかったのかお互いで見つけ出してみてください。

疲労時に喧嘩は避ける

疲れてるとどうしてもイライラしてしまうものです。

そして夫婦ならその状況の中で喧嘩になることも少なくないでしょう。

もし疲労してるときにほんの些細な事から喧嘩になってしまったのであれば、そのときは冷静さを取り戻し今日は疲れてるから明日話し合おうと言ってしまいましょう。

もしくは体調がよくないと言ってしまえば体のことを心配して喧嘩のことも忘れてくれるかもしれません。

夫婦として生活をしてればギクシャクしてしまうこともありますので、そんなときその場をどうにかしなければと下らないことを言ってしまうことがあります。

それが導火線となり些細な事で喧嘩になってしまうこともありますので、そんなときはむしろ逆効果になるだけですから、ギクシャクしてるときはふざけないで冷静にその場の雰囲気が過ぎ去るのを待つようにしておくことが好ましいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-