【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172613.html
旦那や妻と毎日喧嘩する夫婦が喧嘩しないためのコツ

旦那や妻と毎日喧嘩する夫婦が喧嘩しないためのコツ | LADYCO

LADYCO
旦那や妻と毎日喧嘩する夫婦が喧嘩しないためのコツ

夫婦喧嘩が絶えない夫婦は仮面夫婦、離婚になる可能性が高くなります。

そうならないように、喧嘩しないために出来るコツを見ていきましょう。

  • 頭ごなしに否定しない
  • 価値観が合わないことを受け入れる
  • 朝は文句を言わない
  • 挨拶はする
  • 親、兄弟の悪口は言わない
  • 理想を押し付けない
  • 自分だけの楽しみを作る
  • 疲れている時は議論を避ける
  • 感謝の気持ちはその都度言う
  • 好物を作る、食べる
  • わかって欲しいという思いを捨てる
  • なるべく笑顔で過ごす
  • 言っても仕方ないことは口にしない
  • まとめ

1. 頭ごなしに否定しない

頭ごなしに否定しない

夫婦喧嘩を避けるには相手の言うことを頭ごなしに否定しないことです。

例えば「今日は寒いからもう一枚着たら」と奥さんが言ったら「俺は暑い」「いらない」と答える旦那さん。

こういったやり取りが日常的になりますと何を言っても言う事きかないからと奥さんは旦那さんのことに無関心になっていきますし、旦那さんは放っておかれていることに腹を立てて機嫌が悪くなる一方です。

相手の言うことを頭ごなしに否定してはそこで会話が終る、関係も悪くなるのです。

2. 価値観が合わないことを受け入れる

価値観が合わないことを受け入れる

夫婦だからといって価値観が似ているわけではありません。

むしろ正反対の者同士が一緒になっていることも多いです。

最初は異性としての魅力に夢中で気がつかなかったことが一緒に生活をすることで見えてきて気に入らなくなることはあります。

どちらかに無理やり合わせると、我慢している方は不満が大きくなります。

ですからお互いに自分の価値観を大事にして、価値観が合わないことを受け入れることです。

3. 朝は文句を言わない

朝は文句を言わない

夫に妻に腹が立つことがあっても、朝はぐっと我慢をするようにしましょう。

朝から文句を言えば言われた方はとても気分が悪くなります。

朝ぐらいは気持ちよくスタートさせた方がお互いのためでもあります。

また相手から朝から文句を言われた時も受け流すことです。

反論すれば夫婦喧嘩になるのは目に見えているのですから。

4. 挨拶はする

挨拶はする

夫婦喧嘩をしたら口をききたくないと無視をしあう夫婦がいます。

ですがどんなに腹が立っても挨拶ぐらいはした方がいいのです。

特にお子さんがいる家庭はそうすべきです。

自分が挨拶をしても相手がぶすっとしていた、無視をしたとしてもです。

挨拶をしなくなると目を合わせなくなります。

目を合わせなくなると相手の姿を見なくなる、無関心になるとどんどん夫婦仲も冷めていきます。

男女間が冷めれば当然喧嘩も増えるのです。

5. 親、兄弟の悪口は言わない

親、兄弟の悪口は言わない

夫婦喧嘩をしないコツに相手の親、兄弟の悪口は言わないことがあります。

どちらかといえば悪口ではない普通のことでも話題にしない方が無難かもしれません。

身内のことを悪く言われたと感じますと、自分自身を悪く言われる以上に嫌な気持ちになりますし、相手の人間性を疑ってしまいます。

ですからいくら相手に自分の身内を悪く言われてもそこはぐっと我慢して相手の身内の悪口は言わないようにするのが大事です。

6. 理想を押し付けない

理想を押し付けない

誰だって自分の中に理想の夫婦像、家族像といったものがあるでしょう。

旦那が、嫁が自分の理想とは違った反応をすることでガックリきたり、幻滅することもありますし、時には腹が立って文句を言うこともあるのです。

夫婦喧嘩というのは相手に不満を持つことで起こるものです。

自分の理想は心の中で留めておき、相手に押し付けないことが夫婦円満の秘訣でもあります。

7. 自分だけの楽しみを作る

自分だけの楽しみを作る

夫婦喧嘩にならないコツ、それは自分だけの世界を持つことです。

相手のことを考える時間を減らし、自分の楽しみに時間を使った方が気分良く過ごせますし、有意義です。

趣味でもいいですし、自分のためになる勉強でも仕事でもいいのです。

自分だけで完結できることを持つことで夫婦関係が思い通りにいかなくてもストレスをそこまで感じなくてすむようになります。

8. 疲れている時は議論を避ける

疲れている時は議論を避ける

夫婦喧嘩になりやすいのは、お腹が減っている時、仕事で疲れている時、イライラしている時です。

特に疲れている時は夫婦で何気ない話であっても、かなりの確率で相手にイライラしてくるものです。

仕事で疲れて帰った旦那さんに奥さんがその日あったことや不満を言って、旦那さんがうんざりしたり、怒ってしまって、そのまま夫婦喧嘩に発展というのはよくあるパターンです。

つまり疲れている時は議論は避けることがいいのです。

9. 感謝の気持ちはその都度言う

感謝の気持ちはその都度言う

夫婦も長くやっていますと、何をしてもされても当たり前となってしまいます。

そういった小さなことの積み重ねが不満となって相手への愛情がすり減ったり、別の異性に惹かれたりと家庭が上手くいかなくなる原因ともなるのですから気をつけないといけません。

感謝の気持ちは常に持って「ありがとう」「ごめんね」と言葉にして伝えましょう。

その一言があるだけで心がほっこりして相手への不満も「まあ、いいか」となるのです。

10. 好物を作る、食べる

好物を作る、食べる

夫婦喧嘩をしないコツ、それは美味しい物を毎日食べることでしょう。

旦那の好物を出してあげる、嫁の好物やスイーツなどをお土産に買って帰ってあげる、こういったことができていれば喧嘩になる回数も減るのです。

お腹が満たされたら機嫌がよくなりますし、好物を食べるというのは誰でも嬉しいものだからです。

11. わかって欲しいという思いを捨てる

わかって欲しいという思いを捨てる

夫婦喧嘩になった人たちの言い分を聞いていると「感謝の気持ちがない」「無関心」「自分のことを理解してくれない」という意見が多いのです。

相手に不満を持つとストレスが溜まります。

自分のことを気遣ってほしい、わかって欲しいといった思い自体を捨てた方が精神的に楽です。

配偶者というのは親ではありません。

親のように無償の愛情を注いでくれるわけではないのです。

12. なるべく笑顔で過ごす

なるべく笑顔で過ごす

夫婦喧嘩にならないためには、常日頃から笑顔でいることです。

むすっとした表情の人が家に一人いると家の中の雰囲気が悪くなりますよね。

もしも相手がそんな表情であっても自分は笑顔を心がけましょう。

13. 言っても仕方ないことは口にしない

言っても仕方ないことは口にしない

夫婦喧嘩になる理由は大体いつも同じことだったりするものです。

お姑さんのこと、お金のこと、子供のことと色々あるでしょうが、毎回同じ言い争いになっていることが多いと気づきませんか?

言っても仕方ないことはこの際口にしない方がいいのです。

時間の無駄も防げますし、離婚危機になるリスクも回避できます。

いつも同じことで相手を責めるとそれが嫌で離婚と言い出されることもあるのです。

まとめ

以上、毎日喧嘩する夫婦が喧嘩しないために出来るコツをお伝えしました。

毎日喧嘩して神経をすり減らすのはお互い何のいいこともありません。

せっかく夫婦になったのですから、お互いが気持ちよく暮らせるようにちょっと考え方と行動の癖を変えるといいですね。

夫婦喧嘩が絶えない夫婦は仮面夫婦、離婚になる可能性が高くなります。

そうならないように、喧嘩しないために出来るコツを見ていきましょう。


頭ごなしに否定しない

夫婦喧嘩を避けるには相手の言うことを頭ごなしに否定しないことです。

例えば「今日は寒いからもう一枚着たら」と奥さんが言ったら「俺は暑い」「いらない」と答える旦那さん。

こういったやり取りが日常的になりますと何を言っても言う事きかないからと奥さんは旦那さんのことに無関心になっていきますし、旦那さんは放っておかれていることに腹を立てて機嫌が悪くなる一方です。

相手の言うことを頭ごなしに否定してはそこで会話が終る、関係も悪くなるのです。

価値観が合わないことを受け入れる

夫婦だからといって価値観が似ているわけではありません。

むしろ正反対の者同士が一緒になっていることも多いです。

最初は異性としての魅力に夢中で気がつかなかったことが一緒に生活をすることで見えてきて気に入らなくなることはあります。

どちらかに無理やり合わせると、我慢している方は不満が大きくなります。

ですからお互いに自分の価値観を大事にして、価値観が合わないことを受け入れることです。

朝は文句を言わない

夫に妻に腹が立つことがあっても、朝はぐっと我慢をするようにしましょう。

朝から文句を言えば言われた方はとても気分が悪くなります。

朝ぐらいは気持ちよくスタートさせた方がお互いのためでもあります。

また相手から朝から文句を言われた時も受け流すことです。

反論すれば夫婦喧嘩になるのは目に見えているのですから。

挨拶はする

夫婦喧嘩をしたら口をききたくないと無視をしあう夫婦がいます。

ですがどんなに腹が立っても挨拶ぐらいはした方がいいのです。

特にお子さんがいる家庭はそうすべきです。

自分が挨拶をしても相手がぶすっとしていた、無視をしたとしてもです。

挨拶をしなくなると目を合わせなくなります。

目を合わせなくなると相手の姿を見なくなる、無関心になるとどんどん夫婦仲も冷めていきます。

男女間が冷めれば当然喧嘩も増えるのです。

親、兄弟の悪口は言わない

夫婦喧嘩をしないコツに相手の親、兄弟の悪口は言わないことがあります。

どちらかといえば悪口ではない普通のことでも話題にしない方が無難かもしれません。

身内のことを悪く言われたと感じますと、自分自身を悪く言われる以上に嫌な気持ちになりますし、相手の人間性を疑ってしまいます。

ですからいくら相手に自分の身内を悪く言われてもそこはぐっと我慢して相手の身内の悪口は言わないようにするのが大事です。

理想を押し付けない

誰だって自分の中に理想の夫婦像、家族像といったものがあるでしょう。

旦那が、嫁が自分の理想とは違った反応をすることでガックリきたり、幻滅することもありますし、時には腹が立って文句を言うこともあるのです。

夫婦喧嘩というのは相手に不満を持つことで起こるものです。

自分の理想は心の中で留めておき、相手に押し付けないことが夫婦円満の秘訣でもあります。

自分だけの楽しみを作る

夫婦喧嘩にならないコツ、それは自分だけの世界を持つことです。

相手のことを考える時間を減らし、自分の楽しみに時間を使った方が気分良く過ごせますし、有意義です。

趣味でもいいですし、自分のためになる勉強でも仕事でもいいのです。

自分だけで完結できることを持つことで夫婦関係が思い通りにいかなくてもストレスをそこまで感じなくてすむようになります。

疲れている時は議論を避ける

夫婦喧嘩になりやすいのは、お腹が減っている時、仕事で疲れている時、イライラしている時です。

特に疲れている時は夫婦で何気ない話であっても、かなりの確率で相手にイライラしてくるものです。

仕事で疲れて帰った旦那さんに奥さんがその日あったことや不満を言って、旦那さんがうんざりしたり、怒ってしまって、そのまま夫婦喧嘩に発展というのはよくあるパターンです。

つまり疲れている時は議論は避けることがいいのです。

感謝の気持ちはその都度言う

夫婦も長くやっていますと、何をしてもされても当たり前となってしまいます。

そういった小さなことの積み重ねが不満となって相手への愛情がすり減ったり、別の異性に惹かれたりと家庭が上手くいかなくなる原因ともなるのですから気をつけないといけません。

感謝の気持ちは常に持って「ありがとう」「ごめんね」と言葉にして伝えましょう。

その一言があるだけで心がほっこりして相手への不満も「まあ、いいか」となるのです。

好物を作る、食べる

夫婦喧嘩をしないコツ、それは美味しい物を毎日食べることでしょう。

旦那の好物を出してあげる、嫁の好物やスイーツなどをお土産に買って帰ってあげる、こういったことができていれば喧嘩になる回数も減るのです。

お腹が満たされたら機嫌がよくなりますし、好物を食べるというのは誰でも嬉しいものだからです。

わかって欲しいという思いを捨てる

夫婦喧嘩になった人たちの言い分を聞いていると「感謝の気持ちがない」「無関心」「自分のことを理解してくれない」という意見が多いのです。

相手に不満を持つとストレスが溜まります。

自分のことを気遣ってほしい、わかって欲しいといった思い自体を捨てた方が精神的に楽です。

配偶者というのは親ではありません。

親のように無償の愛情を注いでくれるわけではないのです。

なるべく笑顔で過ごす

夫婦喧嘩にならないためには、常日頃から笑顔でいることです。

むすっとした表情の人が家に一人いると家の中の雰囲気が悪くなりますよね。

もしも相手がそんな表情であっても自分は笑顔を心がけましょう。

言っても仕方ないことは口にしない

夫婦喧嘩になる理由は大体いつも同じことだったりするものです。

お姑さんのこと、お金のこと、子供のことと色々あるでしょうが、毎回同じ言い争いになっていることが多いと気づきませんか?

言っても仕方ないことはこの際口にしない方がいいのです。

時間の無駄も防げますし、離婚危機になるリスクも回避できます。

いつも同じことで相手を責めるとそれが嫌で離婚と言い出されることもあるのです。

以上、毎日喧嘩する夫婦が喧嘩しないために出来るコツをお伝えしました。

毎日喧嘩して神経をすり減らすのはお互い何のいいこともありません。

せっかく夫婦になったのですから、お互いが気持ちよく暮らせるようにちょっと考え方と行動の癖を変えるといいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-