【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513164603.html
夫婦喧嘩で男性がやってはいけない行動

夫婦喧嘩で男性がやってはいけない行動 | LADYCO

LADYCO
夫婦喧嘩で男性がやってはいけない行動

どんな夫婦でも喧嘩をすると思います。

しかし、してはいけないことを知っておくことも大切!ここでは、男性がやってはいけない言動を紹介します。

「いまは彼女はいらない」という男性の心理を10選まとめました。

  • 奥さんを殴る、蹴る
  • 奥さんに向けて物を投げる
  • 離婚をほのめかす
  • 他の女性に走る
  • 自分がお金を稼いでいるんだと主張する
  • だんまりを決め込む
  • 家を出て朝帰りする
  • まとめ

1. 奥さんを殴る、蹴る

奥さんを殴る、蹴る

これは絶対にだめですね。

いわゆるドメスティック・バイオレンス(DV)に当たります。

そもそも男女には体力に差がありますし、男性が女性を殴るなんてもっての外。

どれだけ腹が立っても、絶対に手を上げてはいけません。

2. 奥さんに向けて物を投げる

奥さんに向けて物を投げる

奥さんを殴ったり蹴ったりしていけないのと同様、奥さんに物を投げてはいけません。

当たったら困ります。

また、当たらないように投げるくらいなら、そもそも投げるべきではないです、だって当たったら困るって分かってるんでしょ?また、壁にぶつかったりして何かが壊れたり傷ついたりしても困ります。

3. 離婚をほのめかす

離婚をほのめかす

これもダメです。

喧嘩のたびに「離婚するぞ!」「捨てるぞ!」なんて言ってはいけません。

いちいち喧嘩のたびに離婚してたら、世界から夫婦なんかいなくなっちゃいますよ。

夫婦は忍耐です。

一度結婚すると決めた相手に、冗談でも離婚をほのめかしたりしてはいけません。

4. 他の女性に走る

他の女性に走る

極端な例ですが、夫婦喧嘩をしたからって「浮気をしてやる!」なんてことをしてはいけません。

浮気をしても何も満たされません。

飲みに行ってそのお店のママと話すくらいなら良いですが、怒りに任せて浮気をするようなことは許されないのです。

5. 自分がお金を稼いでいるんだと主張する

自分がお金を稼いでいるんだと主張する

こういう人はたまにいるようですね。

何かあるたびに、自分が稼ぎ頭である、自分がお金を稼ぐからみんなが生活できるんだと、やたら偉そうに言いたい人。

確かにお金を稼いでいるのは旦那さんかもしれませんが、奥さんは家庭を守っています。

奥さんのおかげで男性は仕事に集中できることもあるでしょう。

子どもがいれば、子供の面倒を見ているのは主に奥さんです。

奥さんなしで同じ生活はできません。

6. だんまりを決め込む

だんまりを決め込む

夫婦喧嘩をするととにかく黙り込んでしまい、まるで一人被害者であるかのような顔をしている人もいます。

それで夫婦が冷戦状態になる...というのがパターンのようですが、これも建設的な喧嘩ではないですね。

そもそも冷戦状態になり、数カ月も喧嘩をしているなんて、いっそ別れた方が健康的かもしれません。

7. 家を出て朝帰りする

家を出て朝帰りする

奥さんに心配をかけさせたいが故に、家を出て朝まで帰ってこない、という人もいます。

お酒を飲んだりして一晩過ごしたり、今はファミレスもありますからお金をかけずに夜を過ごすことは難しくはありません。

しかし、これは褒められたことではありません。

奥さんや子どもに余分な心配をかけるだけです。

まとめ

もちろん、男性のみならず女性がやってもいけないことがありますが、夫婦喧嘩は誰でもするものです。

そのため建設的に解決できるよう、努力をしなければいけません。

どんな夫婦でも喧嘩をすると思います。

しかし、してはいけないことを知っておくことも大切!ここでは、男性がやってはいけない言動を紹介します。

「いまは彼女はいらない」という男性の心理を10選まとめました。


奥さんを殴る、蹴る

これは絶対にだめですね。

いわゆるドメスティック・バイオレンス(DV)に当たります。

そもそも男女には体力に差がありますし、男性が女性を殴るなんてもっての外。

どれだけ腹が立っても、絶対に手を上げてはいけません。

奥さんに向けて物を投げる

奥さんを殴ったり蹴ったりしていけないのと同様、奥さんに物を投げてはいけません。

当たったら困ります。

また、当たらないように投げるくらいなら、そもそも投げるべきではないです、だって当たったら困るって分かってるんでしょ?また、壁にぶつかったりして何かが壊れたり傷ついたりしても困ります。

離婚をほのめかす

これもダメです。

喧嘩のたびに「離婚するぞ!」「捨てるぞ!」なんて言ってはいけません。

いちいち喧嘩のたびに離婚してたら、世界から夫婦なんかいなくなっちゃいますよ。

夫婦は忍耐です。

一度結婚すると決めた相手に、冗談でも離婚をほのめかしたりしてはいけません。

他の女性に走る

極端な例ですが、夫婦喧嘩をしたからって「浮気をしてやる!」なんてことをしてはいけません。

浮気をしても何も満たされません。

飲みに行ってそのお店のママと話すくらいなら良いですが、怒りに任せて浮気をするようなことは許されないのです。

自分がお金を稼いでいるんだと主張する

こういう人はたまにいるようですね。

何かあるたびに、自分が稼ぎ頭である、自分がお金を稼ぐからみんなが生活できるんだと、やたら偉そうに言いたい人。

確かにお金を稼いでいるのは旦那さんかもしれませんが、奥さんは家庭を守っています。

奥さんのおかげで男性は仕事に集中できることもあるでしょう。

子どもがいれば、子供の面倒を見ているのは主に奥さんです。

奥さんなしで同じ生活はできません。

だんまりを決め込む

夫婦喧嘩をするととにかく黙り込んでしまい、まるで一人被害者であるかのような顔をしている人もいます。

それで夫婦が冷戦状態になる...というのがパターンのようですが、これも建設的な喧嘩ではないですね。

そもそも冷戦状態になり、数カ月も喧嘩をしているなんて、いっそ別れた方が健康的かもしれません。

家を出て朝帰りする

奥さんに心配をかけさせたいが故に、家を出て朝まで帰ってこない、という人もいます。

お酒を飲んだりして一晩過ごしたり、今はファミレスもありますからお金をかけずに夜を過ごすことは難しくはありません。

しかし、これは褒められたことではありません。

奥さんや子どもに余分な心配をかけるだけです。

もちろん、男性のみならず女性がやってもいけないことがありますが、夫婦喧嘩は誰でもするものです。

そのため建設的に解決できるよう、努力をしなければいけません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-