【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521093728.html
フリーターの彼氏と結婚するとき覚悟すべき事10選

フリーターの彼氏と結婚するとき覚悟すべき事10選 | LADYCO

LADYCO
フリーターの彼氏と結婚するとき覚悟すべき事10選

好きになった人がフリーターでも無職でも構わないという女性もいますが、フリーターの彼氏と結婚するということは、色々と覚悟をしなくてはならないことが多いとされています。

では、フリーターの彼氏と結婚をするときはどのような面を覚悟しなくてはならないのでしょうか。

フリーターの彼氏と結婚するときに必要な覚悟をご紹介します。

  • 収入が不安定
  • 我慢が苦手
  • 自由を求める
  • マイホームは期待できない
  • 子供が出来たときの収入が心配
  • 世間体が悪い
  • 将来が不安定
  • 結婚をする自覚がない
  • 夢見がち
  • 金銭的にも精神的にも負担が大きい
  • まとめ

1. 収入が不安定

収入が不安定

フリーターの彼氏と結婚をするということは、言うまでもなく収入が不安定であるとされています。

正社員は様々な福利厚生もついていますし、給料は安定しています。

更に、ボーナスなどもありますので、生活をしていくために必要となるお金というのは女性が働かなくても賄うことができます。

しかし、フリーターの彼氏と結婚をするということは、ボーナスなども期待できませんし、それなりの給料しか見込めませんので、収入が不安定で、月によって差が出るということもあり得ます。

その結果、毎月の生活だけで手一杯になってしまい、貯金なども出来ずに、もしもの時の貯えがなくて毎日不安な思いをしなくてはならない可能性が高いとされています。

2. 我慢が苦手

我慢が苦手

結婚をするというのにフリーターで突き通そうとするというのは、ある意味では我慢が苦手なタイプだと言えます。

フリーターも同じバイト先などで長時間働いていると、正社員の話などもある得るのですが、ずっとフリーターで突き通してきたということは、バイト先も転々としているタイプかもしれません。

そのため、フリーターの男性というのは我慢することが苦手である傾向にあり、結婚をした途端バイトを辞めたりしてしまう可能性も少なくはなく、自分の収入だけでやりくりをしなくてはならなくなる時が来るかもしれないという覚悟は常に必要とされます。

3. 自由を求める

自由を求める

正社員になると、時間に縛られたり制約に縛れてしまい、自由がないというイメージを抱かれている方も多く、自由を求めているためフリーターでいる男性というのも少なくはありません。

そのため、フリーターの男性と結婚をすると、結婚に縛られることが嫌になってしまい、遊び歩いたりし家に帰ってくる頻度が少なくなるという方も多く、自由を求めて離婚なんてこともあり得ない訳ではありません。

自由を求めてフリーターをしている男性と結婚をする場合は、突然離婚を言い渡されるかもしれないという覚悟をしておくことも必要かも知れません。

4. マイホームは期待できない

マイホームは期待できない

結婚をしたらマイホームを購入したいと願う女性も多いと思いますが、結婚をする男性がフリーターの場合はマイホームローンなどを組むことが出来ませんので、マイホームを持つことは物理的に不可能だと覚悟をしておくことが必要です。

女性が高収入で安定しているのであれば、ローンの審査に通る可能性もありますが、出産などを考えると、男性がフリーターであるとマイホーム購入は諦めた方が良いとされています。

5. 子供が出来たときの収入が心配

子供が出来たときの収入が心配

彼女が正社員として働いているため生活には支障がないと思われていても、結婚したからには子供が欲しいと思われる女性も多いとされています。

しかし、フリーターの彼氏と結婚をするということは、自分が妊娠をして出産をし、仕事復帰するまでの収入というのは減少してしまいます。

また、子供が出来ると出費も増えてしまいますので、フリーターでの収入だけでは子供に良い教育をさせてあげられないなどの問題も生じるということを覚悟しておかなくてはなりません。

6. 世間体が悪い

世間体が悪い

フリーターの彼氏と結婚をするのであれば、世間体の悪さというのは覚悟しておかなくてはなりません。

愛する人だから世間体なんて関係ないと思っていても、周りは心配して旦那になる人がフリーターで生活は大丈夫なのかと聞いてきたり、もしかすると両親などがフリーターとの結婚に反対するかもしれません。

また、結婚式を挙げるときなども、フリーターであることがあちこちで話題とされてしまいがちです。

フリーターである男性と結婚をするということで、世間から冷たい視線を投げ掛けられてしまう恐れがあることを知っておかなくてはなりません。

7. 将来が不安定

将来が不安定

フリーターの彼氏と結婚をするというのは、やはり将来が不安定であることは覚悟しておかなくてはなりません。

フリーターというのは収入も仕事も保証がありません。

不況になったら簡単に首を切られてしまう可能性もありますし、今は若いためアルバイト先も転々としていられますが、年齢を重ねたとき、フリーターとしての実績しかない男性を雇用しようとする企業はなかなかありませんので、今よりもますます収入が不安定であったり、住まいについても不安は大きいとされます。

8. 結婚をする自覚がない

結婚をする自覚がない

フリーターの彼氏と結婚をするということは、結婚をする自覚がない彼氏と結婚をするということを覚悟しておかなくてはなりません。

結婚をするということは、お互いを支え合いながら一緒に生きていくということです。

そのため、これまではフリーターとして自由に生きていた男性であっても、女性を守る意味でも結婚を意識したら正社員を目指すものです。

しかし、フリーターで居続けるということは、共に生きていく、彼女を守ろうという意識が低いということの現れでもあります。

家族として、一家の大黒柱としての自覚がないため、結婚をしても助け合いの精神が見られないなどの不満が生まれる可能性というのは大いにあります。

9. 夢見がち

夢見がち

いくつになってもフリーターの彼氏というのは夢見がちである傾向にあります。

そのため、お金がなくても宝くじやパチンコで増やしたらいいやと、まるで夢のような考えを抱いている傾向にあり、実際にフリーターの人はギャンブルに溺れているという人も少なくはありません。

フリーターの男性というのは、現実に目を向けるよりも、夢を追うタイプが多いため、ギャンブルや宝くじなどで一攫千金を狙い、生活費が足りなくなるという事態も起こり得ます。

10. 金銭的にも精神的にも負担が大きい

金銭的にも精神的にも負担が大きい

フリーターの彼氏と結婚をするということは、金銭的な面の負担が大きいのは言うまでもありませんが、精神的にも負担がかかることは覚悟しておかなくてはなりません。

男性の多くが家事を自分の仕事ではないと思いがちであり、女の人の仕事だと思っている傾向にあり、フリーターの彼氏と結婚をすると、生活のために正社員として働きながら家事も育児も行わなくてはならない可能性が非常に高いと言えます。

フリーターでも働いているからといって、家事に協力的ではないフリーター旦那を見てストレスが溜まってしまうという女性も少なくはありません。

フリーターの彼氏と結婚をすることで、自分の方が働いているという意識が芽生え、彼を見下してしまう時が来るかもしれません。

そうなったときの精神的な負担というのも覚悟しておかなくてはなりません。

まとめ

結婚をするのは、相手を愛する気持ちがあれば十分だと思いたい気持ちは分かりますが、フリーターの彼氏と結婚をするということは、様々な試練が待ち受けるということは理解できたのではないでしょうか。

愛だけでは結婚は続きません。

お金だけがすべてではありませんが、フリーターの彼氏と結婚をすると、常に金銭的な不安を抱えていなくてはならず、始めは愛さえあればいいと考えていたはずなのに、次第に結婚をして二人で生活を送らなくてはならないのにフリーターのままの旦那が何を考えているのか分からなくなり、苛立ちを感じたりする可能性も視野にいれておかなくてはなりません。

好きになった人がフリーターでも無職でも構わないという女性もいますが、フリーターの彼氏と結婚するということは、色々と覚悟をしなくてはならないことが多いとされています。

では、フリーターの彼氏と結婚をするときはどのような面を覚悟しなくてはならないのでしょうか。

フリーターの彼氏と結婚するときに必要な覚悟をご紹介します。


収入が不安定

フリーターの彼氏と結婚をするということは、言うまでもなく収入が不安定であるとされています。

正社員は様々な福利厚生もついていますし、給料は安定しています。

更に、ボーナスなどもありますので、生活をしていくために必要となるお金というのは女性が働かなくても賄うことができます。

しかし、フリーターの彼氏と結婚をするということは、ボーナスなども期待できませんし、それなりの給料しか見込めませんので、収入が不安定で、月によって差が出るということもあり得ます。

その結果、毎月の生活だけで手一杯になってしまい、貯金なども出来ずに、もしもの時の貯えがなくて毎日不安な思いをしなくてはならない可能性が高いとされています。

我慢が苦手

結婚をするというのにフリーターで突き通そうとするというのは、ある意味では我慢が苦手なタイプだと言えます。

フリーターも同じバイト先などで長時間働いていると、正社員の話などもある得るのですが、ずっとフリーターで突き通してきたということは、バイト先も転々としているタイプかもしれません。

そのため、フリーターの男性というのは我慢することが苦手である傾向にあり、結婚をした途端バイトを辞めたりしてしまう可能性も少なくはなく、自分の収入だけでやりくりをしなくてはならなくなる時が来るかもしれないという覚悟は常に必要とされます。

自由を求める

正社員になると、時間に縛られたり制約に縛れてしまい、自由がないというイメージを抱かれている方も多く、自由を求めているためフリーターでいる男性というのも少なくはありません。

そのため、フリーターの男性と結婚をすると、結婚に縛られることが嫌になってしまい、遊び歩いたりし家に帰ってくる頻度が少なくなるという方も多く、自由を求めて離婚なんてこともあり得ない訳ではありません。

自由を求めてフリーターをしている男性と結婚をする場合は、突然離婚を言い渡されるかもしれないという覚悟をしておくことも必要かも知れません。

マイホームは期待できない

結婚をしたらマイホームを購入したいと願う女性も多いと思いますが、結婚をする男性がフリーターの場合はマイホームローンなどを組むことが出来ませんので、マイホームを持つことは物理的に不可能だと覚悟をしておくことが必要です。

女性が高収入で安定しているのであれば、ローンの審査に通る可能性もありますが、出産などを考えると、男性がフリーターであるとマイホーム購入は諦めた方が良いとされています。

子供が出来たときの収入が心配

彼女が正社員として働いているため生活には支障がないと思われていても、結婚したからには子供が欲しいと思われる女性も多いとされています。

しかし、フリーターの彼氏と結婚をするということは、自分が妊娠をして出産をし、仕事復帰するまでの収入というのは減少してしまいます。

また、子供が出来ると出費も増えてしまいますので、フリーターでの収入だけでは子供に良い教育をさせてあげられないなどの問題も生じるということを覚悟しておかなくてはなりません。

世間体が悪い

フリーターの彼氏と結婚をするのであれば、世間体の悪さというのは覚悟しておかなくてはなりません。

愛する人だから世間体なんて関係ないと思っていても、周りは心配して旦那になる人がフリーターで生活は大丈夫なのかと聞いてきたり、もしかすると両親などがフリーターとの結婚に反対するかもしれません。

また、結婚式を挙げるときなども、フリーターであることがあちこちで話題とされてしまいがちです。

フリーターである男性と結婚をするということで、世間から冷たい視線を投げ掛けられてしまう恐れがあることを知っておかなくてはなりません。

将来が不安定

フリーターの彼氏と結婚をするというのは、やはり将来が不安定であることは覚悟しておかなくてはなりません。

フリーターというのは収入も仕事も保証がありません。

不況になったら簡単に首を切られてしまう可能性もありますし、今は若いためアルバイト先も転々としていられますが、年齢を重ねたとき、フリーターとしての実績しかない男性を雇用しようとする企業はなかなかありませんので、今よりもますます収入が不安定であったり、住まいについても不安は大きいとされます。

結婚をする自覚がない

フリーターの彼氏と結婚をするということは、結婚をする自覚がない彼氏と結婚をするということを覚悟しておかなくてはなりません。

結婚をするということは、お互いを支え合いながら一緒に生きていくということです。

そのため、これまではフリーターとして自由に生きていた男性であっても、女性を守る意味でも結婚を意識したら正社員を目指すものです。

しかし、フリーターで居続けるということは、共に生きていく、彼女を守ろうという意識が低いということの現れでもあります。

家族として、一家の大黒柱としての自覚がないため、結婚をしても助け合いの精神が見られないなどの不満が生まれる可能性というのは大いにあります。

夢見がち

いくつになってもフリーターの彼氏というのは夢見がちである傾向にあります。

そのため、お金がなくても宝くじやパチンコで増やしたらいいやと、まるで夢のような考えを抱いている傾向にあり、実際にフリーターの人はギャンブルに溺れているという人も少なくはありません。

フリーターの男性というのは、現実に目を向けるよりも、夢を追うタイプが多いため、ギャンブルや宝くじなどで一攫千金を狙い、生活費が足りなくなるという事態も起こり得ます。

金銭的にも精神的にも負担が大きい

フリーターの彼氏と結婚をするということは、金銭的な面の負担が大きいのは言うまでもありませんが、精神的にも負担がかかることは覚悟しておかなくてはなりません。

男性の多くが家事を自分の仕事ではないと思いがちであり、女の人の仕事だと思っている傾向にあり、フリーターの彼氏と結婚をすると、生活のために正社員として働きながら家事も育児も行わなくてはならない可能性が非常に高いと言えます。

フリーターでも働いているからといって、家事に協力的ではないフリーター旦那を見てストレスが溜まってしまうという女性も少なくはありません。

フリーターの彼氏と結婚をすることで、自分の方が働いているという意識が芽生え、彼を見下してしまう時が来るかもしれません。

そうなったときの精神的な負担というのも覚悟しておかなくてはなりません。

結婚をするのは、相手を愛する気持ちがあれば十分だと思いたい気持ちは分かりますが、フリーターの彼氏と結婚をするということは、様々な試練が待ち受けるということは理解できたのではないでしょうか。

愛だけでは結婚は続きません。

お金だけがすべてではありませんが、フリーターの彼氏と結婚をすると、常に金銭的な不安を抱えていなくてはならず、始めは愛さえあればいいと考えていたはずなのに、次第に結婚をして二人で生活を送らなくてはならないのにフリーターのままの旦那が何を考えているのか分からなくなり、苛立ちを感じたりする可能性も視野にいれておかなくてはなりません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-