【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513141207.html
一見よさそうに見えるが結婚に向かない男性の特徴

一見よさそうに見えるが結婚に向かない男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
一見よさそうに見えるが結婚に向かない男性の特徴

相手の性格を付き合っているときには分からなかった!ということは、誰にでもあることです。 結婚後に発覚した問題で離婚に至るケースも少なくありません。 一見よさそうに見えても結婚に向かない男性ではないか、チェックする意外なポイントを7つご紹介します。

  • デートのときの荷物がやたら多い
  • 手帳に仕事以外のことをたくさん書いている
  • プレゼントをくれる回数が多い
  • 夜中にもよくメールをくれる
  • 仕事の電話が長い
  • なんでも賛成してくれる
  • いつも笑顔を絶やさない

1. デートのときの荷物がやたら多い

デートのときの荷物がやたら多い

性別にかかわらず、荷物が多い人は悩みや不安が多い傾向にあります。 何かあったときのために物を捨てられないというレベルではなく、持ち物として普段から携帯している場合はその傾向が特に顕著です。

デートのときは、相手と会ってコミュニケーションをとることに集中するはずが、自分の心配事の方が勝っているのです。 必要以上に荷物の多い男性は、結婚後にも女性をひっぱることができない可能性が高いです。

大きな鞄を持ち歩く男性は、それとなく何が入っているのか聞いてみましょう。 できれば、中身を見せてもらうことが望ましいです。

また、鞄の中身が整理整頓できていない男性は、優柔不断な性格であることもあります。 結婚してから、大事な選択でかなりの時間を割いてしまい、決断力のなさにイライラすることも多いでしょう。

2. 手帳に仕事以外のことをたくさん書いている

手帳に仕事以外のことをたくさん書いている

ビジネスマンにとって、手帳やスマホのメモは必須です。 しかし、プライベートな予定の方が多い男性は、メモ魔の可能性があります。 記念日以外の楽しいイベント意外に、ささいな行き違いがあったことなど逐一メモを取ります。

自分の気持ちを整理するためであればよいのですが、喧嘩をしたときに過去を持ち出す根に持つタイプの場合は注意が必要です。

結婚してすぐは愛情でカバーできても、後々ネチネチ言われると喧嘩が絶えなくなることを考えると結婚には向いていないと言えます。

3. プレゼントをくれる回数が多い

プレゼントをくれる回数が多い

記念日でもないのにちょっとしたプレゼントをもらうと嬉しくなりますね。 女性が飽きないように考えてくれている場合もあるのですが、プレゼントだけの場合は浪費グセのある男性です。

一人暮らしが長い男性は、遊びにお金をかけられる分、結婚してもそのクセが抜けません。 お金をかけなくてもサプライズはたくさんできるのに、分かりやすく喜んでくれるからと、ついプレゼントを買ってしまうのです。

また、一人暮らしの場合、誰かに気を遣わずにお金を使うことも多いため、女性に相談することなく趣味のために高額な商品を購入してくることもあります。 お金を使うところを間違ってしまうと貯金をすることは難しいでしょう。

4. 夜中にもよくメールをくれる

夜中にもよくメールをくれる

一般的な会社員の場合、昼休憩のときか大金後にメールや電話がくることが多くなります。
問題があるのは、24時以降にメールや電話が頻繁にくるタイプです。

たまにであればよいのですが、プレゼントが多いタイプと同じで、一人暮らしが長いと夜遅くまで起きていても、誰にも迷惑をかけないという考えます。 そのため、生活時間が不規則になってしまいます。

翌日、仕事で朝早いのに、寝る前にメールや電話があると、返事をしてしまいますよね。 結婚後も、女性と就寝時間を合わせることができず苦労します。 自分が男性に時間を合わせることもある程度できますが、子供ができたら、子供主体の生活にしてあげることが大事です。

しかし、早く寝てほしくても、なかなか身についた習慣を改善することができないのです。

5. 仕事の電話が長い

仕事の電話が長い

営業職の場合、休日に会社やクライアントから電話がかかるのは必然です。 中でも、仕事の電話が必ず長くなる場合は、公私混同が当たり前になっている可能性があります。

できる営業マンはプライベートを充実させて、仕事のモチベーションを上げるのですが、優しいけれど仕事がいまいちな男性は割り切って仕事をすることができません。 仕事に熱心なあまり、家族との時間を極端に割いてしまうことがあります。

いくら優しくても、家族との時間が少ないと長続きは難しいでしょう。 それでも支えてあげたいと思う場合は、相当な忍耐力が必要です。

6. なんでも賛成してくれる

なんでも賛成してくれる

女性にとって、悩み事を相談しても同調してくれて、自分の見方になってくれる男性は、一緒にいても楽しく過ごせますね。

ただ、たまに同調するだけで、本当はこうしたらいいのにと思っていることも口に出さないタイプは、溜まりに溜まったときに大爆発して、急に離婚話を切り出す可能性があります。 離婚理由のランキングには性格の不一致がつきものです。

気のない返事ばかりする男性は、あまり話を聞いていないのかもしれないと気づきますが、同調ばかりする男性は、親身に聞いてくれていると勘違いしてしまう女性も多いのです。 勘違いしたまま長く一緒に過ごすと危険です。

この場合は、同調・賛成してくれたときに、「ありがとう」と一旦受け止め、「あなたはこのことについてどう思う?」と意見を聞いてみましょう。 そこでも過剰に同調するだけの男性は、隠れ溜め込みタイプです。

大きな喧嘩で修復できない関係になるのであれば、小さな喧嘩を繰り返して、相手の納得できない部分も理解して生活する方が結婚生活は長続きすると言えます。

7. いつも笑顔を絶やさない

常に笑顔で対応してくれる男性が、理想という女性も多いはず。 しかし、残念ながら、笑顔の対応が優しくて明るいことに一致しない場合もあります。

揉め事を避けたいために普段から笑顔でなんでも対処する男性は、実際に自分が巻き込まれたときに解決する力が乏しいのです。 さらに、八方美人な性格であると、女性に悩み事を打ち明けられたら断りきれず、流れで浮気につながることも。

子供が学校で何かあっても、「大丈夫だから」と片付けてしまい、頼りがいのないパパになってしまいます。

このように、一見いい人に見えても思わぬ思考の持ち主であることがあります。 普段の何気ない行動から、隠れた心理を探ることで、結婚に向いている人物か確認してみてください。

相手の性格を付き合っているときには分からなかった!ということは、誰にでもあることです。 結婚後に発覚した問題で離婚に至るケースも少なくありません。 一見よさそうに見えても結婚に向かない男性ではないか、チェックする意外なポイントを7つご紹介します。


デートのときの荷物がやたら多い

性別にかかわらず、荷物が多い人は悩みや不安が多い傾向にあります。 何かあったときのために物を捨てられないというレベルではなく、持ち物として普段から携帯している場合はその傾向が特に顕著です。

デートのときは、相手と会ってコミュニケーションをとることに集中するはずが、自分の心配事の方が勝っているのです。 必要以上に荷物の多い男性は、結婚後にも女性をひっぱることができない可能性が高いです。

大きな鞄を持ち歩く男性は、それとなく何が入っているのか聞いてみましょう。 できれば、中身を見せてもらうことが望ましいです。

また、鞄の中身が整理整頓できていない男性は、優柔不断な性格であることもあります。 結婚してから、大事な選択でかなりの時間を割いてしまい、決断力のなさにイライラすることも多いでしょう。

手帳に仕事以外のことをたくさん書いている

ビジネスマンにとって、手帳やスマホのメモは必須です。 しかし、プライベートな予定の方が多い男性は、メモ魔の可能性があります。 記念日以外の楽しいイベント意外に、ささいな行き違いがあったことなど逐一メモを取ります。

自分の気持ちを整理するためであればよいのですが、喧嘩をしたときに過去を持ち出す根に持つタイプの場合は注意が必要です。

結婚してすぐは愛情でカバーできても、後々ネチネチ言われると喧嘩が絶えなくなることを考えると結婚には向いていないと言えます。

プレゼントをくれる回数が多い

記念日でもないのにちょっとしたプレゼントをもらうと嬉しくなりますね。 女性が飽きないように考えてくれている場合もあるのですが、プレゼントだけの場合は浪費グセのある男性です。

一人暮らしが長い男性は、遊びにお金をかけられる分、結婚してもそのクセが抜けません。 お金をかけなくてもサプライズはたくさんできるのに、分かりやすく喜んでくれるからと、ついプレゼントを買ってしまうのです。

また、一人暮らしの場合、誰かに気を遣わずにお金を使うことも多いため、女性に相談することなく趣味のために高額な商品を購入してくることもあります。 お金を使うところを間違ってしまうと貯金をすることは難しいでしょう。

夜中にもよくメールをくれる

一般的な会社員の場合、昼休憩のときか大金後にメールや電話がくることが多くなります。
問題があるのは、24時以降にメールや電話が頻繁にくるタイプです。

たまにであればよいのですが、プレゼントが多いタイプと同じで、一人暮らしが長いと夜遅くまで起きていても、誰にも迷惑をかけないという考えます。 そのため、生活時間が不規則になってしまいます。

翌日、仕事で朝早いのに、寝る前にメールや電話があると、返事をしてしまいますよね。 結婚後も、女性と就寝時間を合わせることができず苦労します。 自分が男性に時間を合わせることもある程度できますが、子供ができたら、子供主体の生活にしてあげることが大事です。

しかし、早く寝てほしくても、なかなか身についた習慣を改善することができないのです。

仕事の電話が長い

営業職の場合、休日に会社やクライアントから電話がかかるのは必然です。 中でも、仕事の電話が必ず長くなる場合は、公私混同が当たり前になっている可能性があります。

できる営業マンはプライベートを充実させて、仕事のモチベーションを上げるのですが、優しいけれど仕事がいまいちな男性は割り切って仕事をすることができません。 仕事に熱心なあまり、家族との時間を極端に割いてしまうことがあります。

いくら優しくても、家族との時間が少ないと長続きは難しいでしょう。 それでも支えてあげたいと思う場合は、相当な忍耐力が必要です。

なんでも賛成してくれる

女性にとって、悩み事を相談しても同調してくれて、自分の見方になってくれる男性は、一緒にいても楽しく過ごせますね。

ただ、たまに同調するだけで、本当はこうしたらいいのにと思っていることも口に出さないタイプは、溜まりに溜まったときに大爆発して、急に離婚話を切り出す可能性があります。 離婚理由のランキングには性格の不一致がつきものです。

気のない返事ばかりする男性は、あまり話を聞いていないのかもしれないと気づきますが、同調ばかりする男性は、親身に聞いてくれていると勘違いしてしまう女性も多いのです。 勘違いしたまま長く一緒に過ごすと危険です。

この場合は、同調・賛成してくれたときに、「ありがとう」と一旦受け止め、「あなたはこのことについてどう思う?」と意見を聞いてみましょう。 そこでも過剰に同調するだけの男性は、隠れ溜め込みタイプです。

大きな喧嘩で修復できない関係になるのであれば、小さな喧嘩を繰り返して、相手の納得できない部分も理解して生活する方が結婚生活は長続きすると言えます。

常に笑顔で対応してくれる男性が、理想という女性も多いはず。 しかし、残念ながら、笑顔の対応が優しくて明るいことに一致しない場合もあります。

揉め事を避けたいために普段から笑顔でなんでも対処する男性は、実際に自分が巻き込まれたときに解決する力が乏しいのです。 さらに、八方美人な性格であると、女性に悩み事を打ち明けられたら断りきれず、流れで浮気につながることも。

子供が学校で何かあっても、「大丈夫だから」と片付けてしまい、頼りがいのないパパになってしまいます。

このように、一見いい人に見えても思わぬ思考の持ち主であることがあります。 普段の何気ない行動から、隠れた心理を探ることで、結婚に向いている人物か確認してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-