【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513112003.html
結婚するとき両家初顔合わせで気をつけること10選、結婚前の最後の関門

結婚するとき両家初顔合わせで気をつけること10選、結婚前の最後の関門 | LADYCO

LADYCO
結婚するとき両家初顔合わせで気をつけること10選、結婚前の最後の関門

結婚するとき両家初顔合わせできをつけること10選まとめました、こんなことに気を付けて好印象を与えよう。

  • 食事のメニューは事前に予約しておく
  • 程よい量のお酒を両家の父親に呑んでもらう
  • 両家の服装は揃える
  • 料金は自分たちで事前に支払う
  • 一日のスケジュールを決めておく
  • 乾杯の音頭は新郎が行う
  • 手土産を持っていく
  • 日取りに気を付ける
  • 話題を切らさないようにする
  • 記念撮影

1. 食事のメニューは事前に予約しておく

食事のメニューは事前に予約しておく

お互いの両親の顔合わせ時は、自分達だけではなくお互いの両親も緊張しています。

そんな中、お店に入店してからどれを食べようなどと選んでいては、その場の空気が気まずくなってしまいます。

事前に料理のコースを決めておくことで、程よい間隔で料理が運ばれてくるので食事をしながら会話に華を咲かせる事が出来ます。

もちろんお店側にも結婚の顔合わせだという事を伝えておきましょう。

緊張していて会話が弾まない時でも、お店側の方が気を遣って話題を振り、助け舟を出してくれる事もあるからです。

2. 程よい量のお酒を両家の父親に呑んでもらう

程よい量のお酒を両家の父親に呑んでもらう

お酒は緊張をほぐしてくれる魔法のアイテムです。

母親同士は上手く会話を出来たりしますが、父親は緊張しがちです。

もちろん呑みすぎには注意ですが、気持ちよくなる程度ならお互いの父親の緊張もほぐれます。

用意するお酒も好き嫌いがあるので、事前にお酒の好みを聞いておいて用意してもらう事が重要です。

楽しい雰囲気になってくればすぐに打ち解けることができます。

3. 両家の服装は揃える

両家の服装は揃える

結婚の挨拶の時はスーツを着てビシッと決めるのが普通ですが、顔合わせの時には服装をあえてラフなものにする人達が増えています。

服装だけでもラフな方のが緊張もほぐれますし、食事の席でスーツを汚すことを気にする必要もありません。

ただ、何の打ち合わせもなく顔合わせを行うと両家の服装がバラバラになってしまい、気まずい思いをすることがあるので気をつけましょう。

当日どんな服装をしていくか相談しておきましょう。

自分達がこう思っているから、相手側も同じことを思っているはずだ、とは思わずに必ず揃えましょう。

4. 料金は自分たちで事前に支払う

料金は自分たちで事前に支払う

会計の時になるとお互いの両親が気を遣い合ってしまい、レジの前で恥ずかしい思いをしてしまうので、必ず会計は事前に済ませておくことにしましょう。

先に支払いを済ませておくことで、スムーズにお店を出る事が出来ます。

両親に事前に自分たちで支払いを済ませておくことを伝えておくのも良いですが、家庭によっては子供に支払わせるのは気が引けるという事もあると思うので、内緒にしておくのも良いと思います。

5. 一日のスケジュールを決めておく

一日のスケジュールを決めておく

食事が終わり、どちらかの家にお邪魔したりすることもあると思いますが、必ず一日どういったスケジュールで行動するのか決めておきましょう。

次はどうしよう、なんてなっていたらお互い気を遣いあっているのにさらに困ってしまいます。

何時から何時までどうして、何時に終了して見送るのかお互いが知っておく必要があります。

スムーズに一日を過ごせるように事前準備はしっかり行いましょう。

6. 乾杯の音頭は新郎が行う

乾杯の音頭は新郎が行う

食事が運ばれてきて、いざ乾杯をする時に誰がするの?なんて事にならないように、誰が行うのか決めておきましょう。

一般的には新郎側の男性が行いますが、緊張してしまって出来ないとなれば、新郎の父親に乾杯の音頭を取ってもらうのも良いかと思います。

思い通りに進まないとパニックに陥ってしまうので必ず決めておきましょう。

食事を始める前の、とても重要な役割なので念には念を入れておきましょう。

7. 手土産を持っていく

手土産を持っていく

新郎側は必ず手土産を持っていきましょう。

お酒や地元の名産物など様々ですが、間違えても何も聞かずに勝手に選んで買っていくことだけはしてはいけません。

持って行ったは良いが、嫌いなものだったら失礼極まりないので、事前に何が好きかを聞いておきましょう。

8. 日取りに気を付ける

日取りに気を付ける

最近ではあまり気にしない人たちが増えてきましたが、せめて顔合わせの日だけでも六輝を気にしましょう。

仏滅に顔合わせなんてしたら縁起が悪いので、大安や友引などに行うのが良いです。

結婚式を仏滅に行うことで割引になるプランなどが最近人気だそうですが、さわざわざ縁起の悪い日に行う必要はないので出来る限り避けましょう。

特に親世代は六輝を気にしている方が多いので、悪い印象を与えないようにしましょう。

9. 話題を切らさないようにする

話題を切らさないようにする

食事の席や、家にお邪魔した時に会話が途切れるほど気まずいことはありません。

ある程度で良いので話題を決めておきましょう。

振ってはいけない話題などを振ってしまって相手側の機嫌を損ねてしまったり...なんて話もよくある話です。

司会進行役を決める必要はないですが、ある程度その場をリードする役割は必要なので、新郎に役割を担ってもらいましょう。

10. 記念撮影

記念撮影は行った方が良いです。

これからお互いが家族になる記念すべき日なので、思い出に写真を残しておきましょう。

食事の席でお酒が入ると顔が赤くなってしまうので、食事の前に撮影しておくのが良いでしょう。

表情が、かたくなってしまう場合は顔が赤くならない程度にお酒を呑むのもアリです。

なかなか両家が揃う機会はないので、是非撮影しておきましょう。

結婚した後にその写真を見ながら昔話ができるのでおススメです。

結婚するとき両家初顔合わせできをつけること10選まとめました、こんなことに気を付けて好印象を与えよう。


食事のメニューは事前に予約しておく

お互いの両親の顔合わせ時は、自分達だけではなくお互いの両親も緊張しています。

そんな中、お店に入店してからどれを食べようなどと選んでいては、その場の空気が気まずくなってしまいます。

事前に料理のコースを決めておくことで、程よい間隔で料理が運ばれてくるので食事をしながら会話に華を咲かせる事が出来ます。

もちろんお店側にも結婚の顔合わせだという事を伝えておきましょう。

緊張していて会話が弾まない時でも、お店側の方が気を遣って話題を振り、助け舟を出してくれる事もあるからです。

程よい量のお酒を両家の父親に呑んでもらう

お酒は緊張をほぐしてくれる魔法のアイテムです。

母親同士は上手く会話を出来たりしますが、父親は緊張しがちです。

もちろん呑みすぎには注意ですが、気持ちよくなる程度ならお互いの父親の緊張もほぐれます。

用意するお酒も好き嫌いがあるので、事前にお酒の好みを聞いておいて用意してもらう事が重要です。

楽しい雰囲気になってくればすぐに打ち解けることができます。

両家の服装は揃える

結婚の挨拶の時はスーツを着てビシッと決めるのが普通ですが、顔合わせの時には服装をあえてラフなものにする人達が増えています。

服装だけでもラフな方のが緊張もほぐれますし、食事の席でスーツを汚すことを気にする必要もありません。

ただ、何の打ち合わせもなく顔合わせを行うと両家の服装がバラバラになってしまい、気まずい思いをすることがあるので気をつけましょう。

当日どんな服装をしていくか相談しておきましょう。

自分達がこう思っているから、相手側も同じことを思っているはずだ、とは思わずに必ず揃えましょう。

料金は自分たちで事前に支払う

会計の時になるとお互いの両親が気を遣い合ってしまい、レジの前で恥ずかしい思いをしてしまうので、必ず会計は事前に済ませておくことにしましょう。

先に支払いを済ませておくことで、スムーズにお店を出る事が出来ます。

両親に事前に自分たちで支払いを済ませておくことを伝えておくのも良いですが、家庭によっては子供に支払わせるのは気が引けるという事もあると思うので、内緒にしておくのも良いと思います。

一日のスケジュールを決めておく

食事が終わり、どちらかの家にお邪魔したりすることもあると思いますが、必ず一日どういったスケジュールで行動するのか決めておきましょう。

次はどうしよう、なんてなっていたらお互い気を遣いあっているのにさらに困ってしまいます。

何時から何時までどうして、何時に終了して見送るのかお互いが知っておく必要があります。

スムーズに一日を過ごせるように事前準備はしっかり行いましょう。

乾杯の音頭は新郎が行う

食事が運ばれてきて、いざ乾杯をする時に誰がするの?なんて事にならないように、誰が行うのか決めておきましょう。

一般的には新郎側の男性が行いますが、緊張してしまって出来ないとなれば、新郎の父親に乾杯の音頭を取ってもらうのも良いかと思います。

思い通りに進まないとパニックに陥ってしまうので必ず決めておきましょう。

食事を始める前の、とても重要な役割なので念には念を入れておきましょう。

手土産を持っていく

新郎側は必ず手土産を持っていきましょう。

お酒や地元の名産物など様々ですが、間違えても何も聞かずに勝手に選んで買っていくことだけはしてはいけません。

持って行ったは良いが、嫌いなものだったら失礼極まりないので、事前に何が好きかを聞いておきましょう。

日取りに気を付ける

最近ではあまり気にしない人たちが増えてきましたが、せめて顔合わせの日だけでも六輝を気にしましょう。

仏滅に顔合わせなんてしたら縁起が悪いので、大安や友引などに行うのが良いです。

結婚式を仏滅に行うことで割引になるプランなどが最近人気だそうですが、さわざわざ縁起の悪い日に行う必要はないので出来る限り避けましょう。

特に親世代は六輝を気にしている方が多いので、悪い印象を与えないようにしましょう。

話題を切らさないようにする

食事の席や、家にお邪魔した時に会話が途切れるほど気まずいことはありません。

ある程度で良いので話題を決めておきましょう。

振ってはいけない話題などを振ってしまって相手側の機嫌を損ねてしまったり...なんて話もよくある話です。

司会進行役を決める必要はないですが、ある程度その場をリードする役割は必要なので、新郎に役割を担ってもらいましょう。

記念撮影は行った方が良いです。

これからお互いが家族になる記念すべき日なので、思い出に写真を残しておきましょう。

食事の席でお酒が入ると顔が赤くなってしまうので、食事の前に撮影しておくのが良いでしょう。

表情が、かたくなってしまう場合は顔が赤くならない程度にお酒を呑むのもアリです。

なかなか両家が揃う機会はないので、是非撮影しておきましょう。

結婚した後にその写真を見ながら昔話ができるのでおススメです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-