【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513100759.html
若いうちに結婚したい女性必見!10代で結婚するメリットやデメリット

若いうちに結婚したい女性必見!10代で結婚するメリットやデメリット | LADYCO

LADYCO
若いうちに結婚したい女性必見!10代で結婚するメリットやデメリット

若いママさんになりたい女性も多いのではないでしょうか?

近年日本では晩婚化が進んでいますが、10代で結婚するカップルもいます。

メリットもデメリットも結婚した夫婦によって色んな意見があると思いますが、ここでは良い意見も悪い意見も、両サイドから10代の結婚を見ていきたいと思います。

  • 女子は就活せずに済むかもしれない
  • 子どものイベントで若い夫婦と言われる
  • 親に早く孫の顔を見せられる
  • 子どもが成人するまで体力は余裕
  • 好きな人とより長くいられる
  • デメリット、自分だけの時間が少なくなる
  • 7.子供が出来たら勉強ができないかもしれない
  • 頼ることから頼られることに代わりプレッシャーができる
  • 結婚後も親の承諾が得られないことも
  • 経験値がないことで暮らしが手探りになりがち
  • 若くて結婚するのも悪いことばかりではない

今まさに結婚しようかと悩んでいる10代は、それぞれのメリット・デメリットを知るところから始めてみましょう。

  • 40代など早く孫が見ることができる
  • 最初に苦労できる
  • 好きな人と長く一緒に入れる
  • 金銭面で苦労する確率が高い
  • みんなより遊べる期間が短い

1. 女子は就活せずに済むかもしれない

女子は就活せずに済むかもしれない
  • 相手に収入がある場合は安心ですね。

もし10代で家庭を持って赤ちゃんを産み、子育てをするなら、女子はそのまま家庭に入ってしまうことができます。

最近では景気も上向いてきたとは言いますが、そこまでではありません。

そんな中でしたくない仕事に就くよりは、主婦という仕事に就職してみる方が良いかもしれません。

就活せずに主婦になれるのは、生涯を共にするパートナーがいる時にだけ選べる道ですね。

旦那の収入がいい場合、専業主婦でこどもと暮らすのもいいですね。

2. 子どものイベントで若い夫婦と言われる

子どものイベントで若い夫婦と言われる
  • 若いお母さんは子供から人気が高いです。

子どもが幼稚園や保育園に行きだしたら、お母さん・お父さんが参加する色々なイベントが待ち受けています。

その時、周りからは大変若いとちやほやされちゃうかも。

若いのに頑張っているねと可愛がられて、色々なアドバイスをもらうチャンスです。

なめられるときもあればメリットもデメリットもあります。

3. 親に早く孫の顔を見せられる

親に早く孫の顔を見せられる
  • うまくいけば曽孫まで見せることができます。

子どもを作るのなら、親には早く孫に会わせてあげられるかもしれませんね。

30を超えると、男女ともに結婚は?子どもは?とせかされるうちもある中、口うるさい親が出てこないのもメリットです。

孫の顔を早く見たい親にはうれしいことです。

4. 子どもが成人するまで体力は余裕

子どもが成人するまで体力は余裕

芸能人で遅くに結婚をした方で、赤ちゃんを授かると、その子が成人したらもう親は還暦だという話は珍しくありません。

これだと子が一人前になるまでに自分が退職してしまうことも。

大学に行ったとしたら22歳までは金銭的に自立ができない人が多いので、それまでは親がまだバリバリ健康で働いていられるというのも良い点です。

子供と一緒にお酒を飲みに行ったりしやすいですね。

5. 好きな人とより長くいられる

好きな人とより長くいられる

好きな人ができたら、誰もが長く一緒にいたいと思うものではないでしょうか。

人間の寿命は永遠ではないので、40歳で結婚するのと10代で結婚するのとでは、相手と一緒にいられる時間に大きな差ができます。

早くに結婚すればそれだけ一緒にいられる時間が長くなりますね。

幸せな家庭の場合は本当にいいです。

6. デメリット、自分だけの時間が少なくなる

デメリット、自分だけの時間が少なくなる

結婚したら、それは相手と時間を共有するということです。

さらに子どもができれば、その子が自立するまでは何年間もずっとお世話をしなければならないということです。

10代だとまだ自分が遊びたいと思っても不自然ではないので、その時間が早くに削られるというところはデメリットです。

自分の生活は家族のものと考えて行動しなければなりません。

7.子供が出来たら勉強ができないかもしれない

7.子供が出来たら勉強ができないかもしれない

もともと早く働きたいと思っているなら別ですが、勉強したいと思っていると、結婚して家事と勉強を両立させるというのはなかなか難しいことです。

その上金銭的にも自立していくとなると厳しさは倍増します。

子育てしながら学校に行くのは大変です

8. 頼ることから頼られることに代わりプレッシャーができる

頼ることから頼られることに代わりプレッシャーができる

結婚すると、それを援助してくれるという家庭もあるかもしれませんが、基本はそれぞれの家が自分たちのことは自分たちでしていきます。

となると、今まで親に頼ってきたことも全部自分たちでやらなくてはなりません。

まだ経験値が浅いことから、保険のことや税金のことがわからなくて恥をかいたりすることが多いです。

最初は大変ですがなれれば簡単。

9. 結婚後も親の承諾が得られないことも

結婚後も親の承諾が得られないことも

10代の結婚はわが子のこととなると、親としてはまだ成人していないのに、と心配する気持ちが先立ってしまいます。

よって、結婚は許しても、その後は親からのサポートが得にくいことも覚悟しておかなくてはなりません。

早い結婚自体を悪く思っているのではなく、自分たちからすればまだまだ子どもで未熟なわが子に務まることなのかと危惧していることも多いです。

円満な家族を築くためには、しっかりやっていけるというアプローチが必要ですね。

10. 経験値がないことで暮らしが手探りになりがち

経験値がないことで暮らしが手探りになりがち

家の大黒柱となり、家計をやりくりしていくとなるのは簡単ではありません。

料理ができても、しっかりしていても、まだ社会のいろはを学んでいないことが10代の弱いところです。

勉強で得られる知識ではなく、経験から得らえる知識に乏しいことで、役所などの手続きが手探りになるかもしれません。

ネットで調べようにも、各家庭によってそれぞれだという書類の場合は参考にならないこともあります。

若くて結婚するのも悪いことばかりではない

さて、ここまで10代の結婚のメリットとデメリット、両方を見てきましたが、いかがでしたか?

物事にはほとんどの場合良い面も悪い面もあるので、それらをどのように捉えるかがポイントです。

ここのデメリットも、各家庭によって対策は講じられますし、起きた後でも解決することも可能です。

10代という若いうちから、生涯を共にしたいと思えるような相手に出会えるなんてとても素敵なことです。

周囲の目や自分たちの力量の乏しさもあるのかもしれませんが、それをどのように乗り越えるかを考えられる人は、これからもしっかりやっていける人だと思います。

若いママさんになりたい女性も多いのではないでしょうか?

近年日本では晩婚化が進んでいますが、10代で結婚するカップルもいます。

メリットもデメリットも結婚した夫婦によって色んな意見があると思いますが、ここでは良い意見も悪い意見も、両サイドから10代の結婚を見ていきたいと思います。


今まさに結婚しようかと悩んでいる10代は、それぞれのメリット・デメリットを知るところから始めてみましょう。

  • 40代など早く孫が見ることができる
  • 最初に苦労できる
  • 好きな人と長く一緒に入れる
  • 金銭面で苦労する確率が高い
  • みんなより遊べる期間が短い
女子は就活せずに済むかもしれない
  • 相手に収入がある場合は安心ですね。

もし10代で家庭を持って赤ちゃんを産み、子育てをするなら、女子はそのまま家庭に入ってしまうことができます。

最近では景気も上向いてきたとは言いますが、そこまでではありません。

そんな中でしたくない仕事に就くよりは、主婦という仕事に就職してみる方が良いかもしれません。

就活せずに主婦になれるのは、生涯を共にするパートナーがいる時にだけ選べる道ですね。

旦那の収入がいい場合、専業主婦でこどもと暮らすのもいいですね。

子どものイベントで若い夫婦と言われる
  • 若いお母さんは子供から人気が高いです。

子どもが幼稚園や保育園に行きだしたら、お母さん・お父さんが参加する色々なイベントが待ち受けています。

その時、周りからは大変若いとちやほやされちゃうかも。

若いのに頑張っているねと可愛がられて、色々なアドバイスをもらうチャンスです。

なめられるときもあればメリットもデメリットもあります。

親に早く孫の顔を見せられる
  • うまくいけば曽孫まで見せることができます。

子どもを作るのなら、親には早く孫に会わせてあげられるかもしれませんね。

30を超えると、男女ともに結婚は?子どもは?とせかされるうちもある中、口うるさい親が出てこないのもメリットです。

孫の顔を早く見たい親にはうれしいことです。

子どもが成人するまで体力は余裕

芸能人で遅くに結婚をした方で、赤ちゃんを授かると、その子が成人したらもう親は還暦だという話は珍しくありません。

これだと子が一人前になるまでに自分が退職してしまうことも。

大学に行ったとしたら22歳までは金銭的に自立ができない人が多いので、それまでは親がまだバリバリ健康で働いていられるというのも良い点です。

子供と一緒にお酒を飲みに行ったりしやすいですね。

好きな人とより長くいられる

好きな人ができたら、誰もが長く一緒にいたいと思うものではないでしょうか。

人間の寿命は永遠ではないので、40歳で結婚するのと10代で結婚するのとでは、相手と一緒にいられる時間に大きな差ができます。

早くに結婚すればそれだけ一緒にいられる時間が長くなりますね。

幸せな家庭の場合は本当にいいです。

デメリット、自分だけの時間が少なくなる

結婚したら、それは相手と時間を共有するということです。

さらに子どもができれば、その子が自立するまでは何年間もずっとお世話をしなければならないということです。

10代だとまだ自分が遊びたいと思っても不自然ではないので、その時間が早くに削られるというところはデメリットです。

自分の生活は家族のものと考えて行動しなければなりません。

7.子供が出来たら勉強ができないかもしれない

もともと早く働きたいと思っているなら別ですが、勉強したいと思っていると、結婚して家事と勉強を両立させるというのはなかなか難しいことです。

その上金銭的にも自立していくとなると厳しさは倍増します。

子育てしながら学校に行くのは大変です

頼ることから頼られることに代わりプレッシャーができる

結婚すると、それを援助してくれるという家庭もあるかもしれませんが、基本はそれぞれの家が自分たちのことは自分たちでしていきます。

となると、今まで親に頼ってきたことも全部自分たちでやらなくてはなりません。

まだ経験値が浅いことから、保険のことや税金のことがわからなくて恥をかいたりすることが多いです。

最初は大変ですがなれれば簡単。

結婚後も親の承諾が得られないことも

10代の結婚はわが子のこととなると、親としてはまだ成人していないのに、と心配する気持ちが先立ってしまいます。

よって、結婚は許しても、その後は親からのサポートが得にくいことも覚悟しておかなくてはなりません。

早い結婚自体を悪く思っているのではなく、自分たちからすればまだまだ子どもで未熟なわが子に務まることなのかと危惧していることも多いです。

円満な家族を築くためには、しっかりやっていけるというアプローチが必要ですね。

経験値がないことで暮らしが手探りになりがち

家の大黒柱となり、家計をやりくりしていくとなるのは簡単ではありません。

料理ができても、しっかりしていても、まだ社会のいろはを学んでいないことが10代の弱いところです。

勉強で得られる知識ではなく、経験から得らえる知識に乏しいことで、役所などの手続きが手探りになるかもしれません。

ネットで調べようにも、各家庭によってそれぞれだという書類の場合は参考にならないこともあります。

さて、ここまで10代の結婚のメリットとデメリット、両方を見てきましたが、いかがでしたか?

物事にはほとんどの場合良い面も悪い面もあるので、それらをどのように捉えるかがポイントです。

ここのデメリットも、各家庭によって対策は講じられますし、起きた後でも解決することも可能です。

10代という若いうちから、生涯を共にしたいと思えるような相手に出会えるなんてとても素敵なことです。

周囲の目や自分たちの力量の乏しさもあるのかもしれませんが、それをどのように乗り越えるかを考えられる人は、これからもしっかりやっていける人だと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-