【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519163718.html
好きになれない彼氏との結婚はお勧めできない理由10選

好きになれない彼氏との結婚はお勧めできない理由10選 | LADYCO

LADYCO
好きになれない彼氏との結婚はお勧めできない理由10選

結婚に恋愛感情は関係ないと考える人は少なくないと思います。 確かにそれも一つの選択ではありますが、やはり可能ならば好きな相手との結婚が望ましい理由はいくつかあります。 好きになれない彼氏との結婚はお勧めできない理由をご紹介します。

  • 些細な苛立ちが大きなストレスになる
  • 経済的なトラブルがおきやすい
  • 子供への考え方がずれやすい
  • 子供が生まれたら夫への興味がなくなる
  • お互いに浮気をする可能性が高まる
  • 夫の両親との折り合いが悪くなる
  • 離婚をするときに揉める可能性がある
  • 体の触れ合いがなくなる
  • お金の使い方が合わない
  • 家族旅行が楽しめない
  • まとめ

1. 些細な苛立ちが大きなストレスになる

些細な苛立ちが大きなストレスになる

好きになれない相手ということは、いくつか気に入らないところがあったり、どうしても理解できないところがあると思います。 交際中は、些細なことと目を瞑れていても、結婚をして一緒に暮らすようになるとそういうわけにもいきません。

些細な苛立ちも、日々を積み重ねていく内に大きなストレスになってしまいます。 好きな相手であっても結婚をすると些細なことが気になり喧嘩になってしまう夫婦は多いものです。 それでも好きだからこそ一緒に暮らしていこうと思えるものですが、そもそも好きではない相手であれば、イライラの落とし所も見つからず、閉塞感に襲われてしまう可能性が高いです。

2. 経済的なトラブルがおきやすい

経済的なトラブルがおきやすい

好きになれない相手との結婚では、経済的なトラブルがおきやすい傾向にあります。 好きではない相手とでも結婚する理由は、経済的な面が大きいでしょう。 好きではないけど、経済的には安定している相手だからいいか、と結婚してしまうと、その経済面に不安が生じた時に、共に乗り越えようという意欲が湧きにくくなってしまいます。

今の職場に定年までいられるという絶対的な保障はありません。 経済的に下降気味になっても、共にいたいと思えるかどうかは、やはり相手の人格によるのではないでしょうか。

3. 子供への考え方がずれやすい

子供への考え方がずれやすい

好きになれない相手との結婚では、子供に対する考え方にずれが生じやすいといえます。 相手は子供をつくることを望んでいても、自分はその気になれなかったり、子供ができても、育て方に対する考えが合わないというケースが多いです。

両親がよく揉めてしまうと子供が辛い思いをする可能性があるので、結婚の末に、子供を望むならば特に、好きではない相手と結婚することは避けた方がよいでしょう。

4. 子供が生まれたら夫への興味がなくなる

子供が生まれたら夫への興味がなくなる

子供を望んで好きになれない彼氏と結婚をした場合、子供ができた後に夫への興味が急速になくなり、一緒に暮らすことをストレスと感じてしまうことがあります。 子供はとても可愛いものですし、子供を生むと、女性は身体的にも子育てに集中するようにできているので、男性としての夫に興味を失ってしまう可能性があります。

元々、恋愛感情があれば、時とともに、再び夫を愛おしく感じることもあるでしょうが、元々好きでなければ、ただただ夫を邪魔に感じてしまう可能性もあります。

5. お互いに浮気をする可能性が高まる

お互いに浮気をする可能性が高まる

好きではない相手と結婚すると、お互いに浮気をしてしまう可能性が高くなります。 結婚という誓約を交わしているからといって、人を好きにならずにいられるほど、人間の心は単純ではありません。

好きではない相手と結婚してしまえば、日に日に相手への新鮮さも薄れ、他の人に恋愛感情をもってしまう可能性が高いです。 結婚相手に恋愛感情がないほど、浮気行為を止める自制心は低くなってしまいます。

6. 夫の両親との折り合いが悪くなる

夫の両親との折り合いが悪くなる

好きではない相手と結婚してしまうと、夫の両親、特に姑との関係が悪くなる可能性があります。 たとえ夫を愛して結婚していても、姑との関係性が悪いというケースはよくあることです。 それでも、好きな相手の親だからと思えば頑張れるということもあるかもしれませんが、夫に愛情が感じられなければ、その後ろ盾もないままに、過ごさなければなりません。

7. 離婚をするときに揉める可能性がある

離婚をするときに揉める可能性がある

好きになれない相手だけど、うまくいかなければ離婚をすればいいや、という気持ちで結婚をしても、それほどスムーズに離婚が成立しない場合が多いです。

元々お互いに愛情をもっていた末に離婚をするならば、話し合い円満に離婚することもあり得るかと思いますが、相手に元々愛情がなければ、経済的な面や子供に対して、なるべく自分とってよい条件で離婚をしたいと思うはずです。 それは、相手も同じでしょうから、ズルズルと離婚協議が続いてしまうかもしれません。

8. 体の触れ合いがなくなる

体の触れ合いがなくなる

好きになれない相手との結婚をしてしまうと、子供を望んでいるにもかかわらず、どうしても夫との体の触れ合いがもてなくなってしまう可能性があります。

お互いに子供がほしいのに、それが実現できないということはお互いにとって不幸なことですし、そのような状態でずっと二人で暮らしていくことは、かなり難しいことでしょう。 無理に子供をつくるというのも、生まれてくる子供のことを考えるとお勧めはできません。

9. お金の使い方が合わない

お金の使い方が合わない

どうしても好きになれない相手というのは、根本的に、価値観が合っていないという可能性が高いです。 特に、生活の中で価値観の違いがでやすいのが、金銭面についてのことです。 相手が断りもなく大きな買い物をした時に、その価値が理解できないと、相手に感じる苛立ちはとても大きくなってしまいます。 結婚すると、相手の財産も自分の財産と同義になる場合が多いので、金銭面の価値観というのはとても大きいものだといえます。

10. 家族旅行が楽しめない

家族旅行が楽しめない

結婚をすると、旅行などの大きなお金がかかる遊びについては、お互いの了承が必要になる家庭が多いでしょう。 相手ばかりが勝手に遊んでいると、イライラしてしまうものです。

家族旅行は、お互いが存分にレジャーを楽しめる最大のイベントですが、相手のことが好きでなければ、せっかくの家族旅行も楽しめない状態になってしまうでしょう。 せっかくならば好きな相手と色々な場所へ行きたいところですね。

まとめ

以上のように、好きになれない彼氏との結婚によって、暮らしの中で感じる不自由は思った以上に大きいものだといえるでしょう。

自分と相手だけの関係ならば、うまくいかなければ離婚する、という選択肢も考えられますが、子供ができた場合はそうもいきませんし、結婚にはお互いの両親、家族との繋がりもありますので、スムーズに離婚をすることは困難となるでしょう。 なるべく、様々な困難を楽しみながら共に乗り越えられる相手との結婚をお勧めしたいです。

結婚に恋愛感情は関係ないと考える人は少なくないと思います。 確かにそれも一つの選択ではありますが、やはり可能ならば好きな相手との結婚が望ましい理由はいくつかあります。 好きになれない彼氏との結婚はお勧めできない理由をご紹介します。


些細な苛立ちが大きなストレスになる

好きになれない相手ということは、いくつか気に入らないところがあったり、どうしても理解できないところがあると思います。 交際中は、些細なことと目を瞑れていても、結婚をして一緒に暮らすようになるとそういうわけにもいきません。

些細な苛立ちも、日々を積み重ねていく内に大きなストレスになってしまいます。 好きな相手であっても結婚をすると些細なことが気になり喧嘩になってしまう夫婦は多いものです。 それでも好きだからこそ一緒に暮らしていこうと思えるものですが、そもそも好きではない相手であれば、イライラの落とし所も見つからず、閉塞感に襲われてしまう可能性が高いです。

経済的なトラブルがおきやすい

好きになれない相手との結婚では、経済的なトラブルがおきやすい傾向にあります。 好きではない相手とでも結婚する理由は、経済的な面が大きいでしょう。 好きではないけど、経済的には安定している相手だからいいか、と結婚してしまうと、その経済面に不安が生じた時に、共に乗り越えようという意欲が湧きにくくなってしまいます。

今の職場に定年までいられるという絶対的な保障はありません。 経済的に下降気味になっても、共にいたいと思えるかどうかは、やはり相手の人格によるのではないでしょうか。

子供への考え方がずれやすい

好きになれない相手との結婚では、子供に対する考え方にずれが生じやすいといえます。 相手は子供をつくることを望んでいても、自分はその気になれなかったり、子供ができても、育て方に対する考えが合わないというケースが多いです。

両親がよく揉めてしまうと子供が辛い思いをする可能性があるので、結婚の末に、子供を望むならば特に、好きではない相手と結婚することは避けた方がよいでしょう。

子供が生まれたら夫への興味がなくなる

子供を望んで好きになれない彼氏と結婚をした場合、子供ができた後に夫への興味が急速になくなり、一緒に暮らすことをストレスと感じてしまうことがあります。 子供はとても可愛いものですし、子供を生むと、女性は身体的にも子育てに集中するようにできているので、男性としての夫に興味を失ってしまう可能性があります。

元々、恋愛感情があれば、時とともに、再び夫を愛おしく感じることもあるでしょうが、元々好きでなければ、ただただ夫を邪魔に感じてしまう可能性もあります。

お互いに浮気をする可能性が高まる

好きではない相手と結婚すると、お互いに浮気をしてしまう可能性が高くなります。 結婚という誓約を交わしているからといって、人を好きにならずにいられるほど、人間の心は単純ではありません。

好きではない相手と結婚してしまえば、日に日に相手への新鮮さも薄れ、他の人に恋愛感情をもってしまう可能性が高いです。 結婚相手に恋愛感情がないほど、浮気行為を止める自制心は低くなってしまいます。

夫の両親との折り合いが悪くなる

好きではない相手と結婚してしまうと、夫の両親、特に姑との関係が悪くなる可能性があります。 たとえ夫を愛して結婚していても、姑との関係性が悪いというケースはよくあることです。 それでも、好きな相手の親だからと思えば頑張れるということもあるかもしれませんが、夫に愛情が感じられなければ、その後ろ盾もないままに、過ごさなければなりません。

離婚をするときに揉める可能性がある

好きになれない相手だけど、うまくいかなければ離婚をすればいいや、という気持ちで結婚をしても、それほどスムーズに離婚が成立しない場合が多いです。

元々お互いに愛情をもっていた末に離婚をするならば、話し合い円満に離婚することもあり得るかと思いますが、相手に元々愛情がなければ、経済的な面や子供に対して、なるべく自分とってよい条件で離婚をしたいと思うはずです。 それは、相手も同じでしょうから、ズルズルと離婚協議が続いてしまうかもしれません。

体の触れ合いがなくなる

好きになれない相手との結婚をしてしまうと、子供を望んでいるにもかかわらず、どうしても夫との体の触れ合いがもてなくなってしまう可能性があります。

お互いに子供がほしいのに、それが実現できないということはお互いにとって不幸なことですし、そのような状態でずっと二人で暮らしていくことは、かなり難しいことでしょう。 無理に子供をつくるというのも、生まれてくる子供のことを考えるとお勧めはできません。

お金の使い方が合わない

どうしても好きになれない相手というのは、根本的に、価値観が合っていないという可能性が高いです。 特に、生活の中で価値観の違いがでやすいのが、金銭面についてのことです。 相手が断りもなく大きな買い物をした時に、その価値が理解できないと、相手に感じる苛立ちはとても大きくなってしまいます。 結婚すると、相手の財産も自分の財産と同義になる場合が多いので、金銭面の価値観というのはとても大きいものだといえます。

家族旅行が楽しめない

結婚をすると、旅行などの大きなお金がかかる遊びについては、お互いの了承が必要になる家庭が多いでしょう。 相手ばかりが勝手に遊んでいると、イライラしてしまうものです。

家族旅行は、お互いが存分にレジャーを楽しめる最大のイベントですが、相手のことが好きでなければ、せっかくの家族旅行も楽しめない状態になってしまうでしょう。 せっかくならば好きな相手と色々な場所へ行きたいところですね。

以上のように、好きになれない彼氏との結婚によって、暮らしの中で感じる不自由は思った以上に大きいものだといえるでしょう。

自分と相手だけの関係ならば、うまくいかなければ離婚する、という選択肢も考えられますが、子供ができた場合はそうもいきませんし、結婚にはお互いの両親、家族との繋がりもありますので、スムーズに離婚をすることは困難となるでしょう。 なるべく、様々な困難を楽しみながら共に乗り越えられる相手との結婚をお勧めしたいです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-