【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519113700.html
専業主婦になりたい女性の理由13選

専業主婦になりたい女性の理由13選 | LADYCO

LADYCO
専業主婦になりたい女性の理由13選

最近では結婚後に仕事を持つ女性が増えていますが、専業主婦になりたいと思っている女性も根強く存在しています。 その理由は何でしょうか。

  • 子育てに専念したい
  • 人間関係でストレスを抱えたくない
  • 体力に自信がない
  • 満員電車や人の多い職場が苦手
  • 稼ぐより節約してお金を残したい
  • 夫に頼って生きていきたい
  • 非常時にすぐ対応できるようにしたい
  • 母親もそうだったから当たり前だと思っている
  • 周りに生活が苦しいと思われたくない
  • 学校や園のPTA活動に参加したい
  • 趣味や勉強の時間がほしい
  • 家でできる仕事をしたい
  • どうせいつか働くのならもう少しゆっくりしたい
  • まとめ

1. 子育てに専念したい

子育てに専念したい

専業主婦になりたい理由のひとつとしてよく聞くのは「子育てに専念したい」ということです。 子供が小さいうちくらいは子供の成長を見届けたいとか、多感な時期にそばにいて見守りたいと思っている母親は多いものです。 子供に求められる時期は限られていますから、その時こそ母親の務めを果たすのが自分の役割だという責任感があります。

2. 人間関係でストレスを抱えたくない

人間関係でストレスを抱えたくない

独身時代に職場での人間関係で悩まされた経験があるとまた仕事に出るという勇気がわきません。 夫に守られることは安心感がありますし、子育てで忙しいという理由もあります。

人間関係でストレスを抱えやすいタイプの女性なら自分がどうなるかを想像できてしまうので家族に迷惑がかからないように専業主婦の道を選ぶということもあるでしょう。

3. 体力に自信がない

体力に自信がない

体力に自信がないと仕事はもうできないと思ってしまう女性もいます。 特に子供を出産して専業主婦の期間が長いとまた働くということにからがついていけるか不安になってしまいます。 病気の後もなかなか勇気が出ません。

専業主婦なら疲れたらすぐに休むこともできますね。 体力に自信がなくても家事と育児を頑張ることで存在意義も保てます。

4. 満員電車や人の多い職場が苦手

満員電車や人の多い職場が苦手

人ごみが苦手という女性なら満員電車などで通勤することも人の多い職場で働くことも相当なストレスがかかるでしょう。 もちろん仕事を選んで近場で働くこともできますが、専業主婦という選択肢があれば静かでマイペースな生活ができるのでその方がいいと感じてしまいます。 人が多い空間では寄ってしまったりドキドキしてしまう人もいます。

5. 稼ぐより節約してお金を残したい

稼ぐより節約してお金を残したい

稼ぐことよりも節約することが得意だと思っているなら専業主婦が向いているかもしれません。 専業主婦ならスーパーのセールにも欠かさず参加できますし、仕事に行く女性のようにファッションやランチ代なども気を遣わなくて済みます。 もしかしてその方が家計のためになるのでは?という考えを持っていたり夫がそういう考えがあると専業主婦でいることこそ妻として正しいと思うでしょう。

6. 夫に頼って生きていきたい

夫に頼って生きていきたい

頼りになる大好きな夫に頼って生きていくことに憧れるために専業主婦になり、養われることに幸せを感じるという女性もいます。 結婚したからこそ感じられる「守られている」という実感と「あなたがいないと生きていけない」という従順さのアピールといったところでしょうか。 頼られて喜びを感じる夫もいますから、夫をたてたいという気持ちもあるのかもしれません。

7. 非常時にすぐ対応できるようにしたい

非常時にすぐ対応できるようにしたい

専業主婦なら夫や子供が急に具合が悪くなっても看病してあげられますし、親の身に何かあった時もかけつけることができます。

からだが弱い家族がいたり地域に問題のある住人がいたり治安が悪い場所に住んでいたりすると少しでも家にいて非常時に対応できるようにしたいと思ったりします。 忙しい夫に代わって妻としての勤めのひとつだと考えています。

8. 母親もそうだったから当たり前だと思っている

母親もそうだったから当たり前だと思っている

自分の母親も専業主婦でそれを見て育つと「母親は専業主婦であることが当たり前」という価値観になります。 夫も同じならますます妻が働くという意識にはなりません。 時代がどうであれ育った環境は価値観に大きく影響しますからね。 逆に母親が専業主婦でも毎日ごろごろしていて嫌だと感じていた女性は働きたいという願望が芽生えるでしょう。 母親が専業主婦として幸せそうだったかが分かれ目です。

9. 周りに生活が苦しいと思われたくない

周りに生活が苦しいと思われたくない

近所の人やママ友などに生活が苦しいと思われたくなくて働こうとしない主婦もいるのではないでしょうか。 夫も見栄を張って「仕事なんてしないでくれ!」と妻にお願いすることもあります。 周りにそんな優雅に暮らす奥さんがいると真似したくなりますし、そのグループから抜けると同情されそうで怖いのです。 決めつけは嫌ですね。 生きがいで働く女性もたくさんいるということに気づいていないのです。

10. 学校や園のPTA活動に参加したい

学校や園のPTA活動に参加したい

子供のことに熱心な母親なら学校や園のPTA活動に参加したいと思う人もいるでしょう。 PTA活動は仕事をしていてもできますが、中心人物になると時間を合わせるのが大変で専業主婦に頼ってしまっている地域もあります。 しかし、子供が小さいうちは様子を見るためにも積極的に活動したいと張り切っているお母さんもいるのは事実です。

11. 趣味や勉強の時間がほしい

趣味や勉強の時間がほしい

独身の頃からの趣味を楽しみたいと思っている女性もいるでしょう。 また、資格を取るために勉強の時間がほしいということで専業主婦でいたいと思う女性もいます。 趣味に関しては「働かなくても趣味を楽しめること」に優越感を感じている場合があります。 資格のための勉強ならいつか働くためにとりあえず今は専業主婦で、というだけかもしれません。

12. 家でできる仕事をしたい

家でできる仕事をしたい

在宅ワークなど、家でできる仕事が性に合っていると感じている女性もいるでしょう。 家で仕事をしているなら専業主婦とは言えませんが、周りから見れば専業主婦と変わりません。 しかし自分の中では仕事を持つ母親としてプライドを持っています。 収入を得ながら家のことや家族のこともできるので、欲張りな女性なら選びたくなる道なのかもしれません。

13. どうせいつか働くのならもう少しゆっくりしたい

どうせいつか働くのならもう少しゆっくりしたい

結婚してすぐくらいは、子供が小さいうちくらいは、地域になれるまでは…と期間を限定して専業主婦を選択する場合もあります。 いつか働くと決めており、だからこそ今くらいゆっくりさせて欲しいと思っています。 慌てなくても生活ができる余裕がある女性にしか無理な話ですね。

まとめ

専業主婦になりたいというのは家事や育児に対する完ぺき主義からきている場合と、単に楽をしたいという場合、夫の価値観に合わせている場合など様々です。 本人だけではなく家族も納得の上なら何の問題もありませんが、専業主婦をしながらもたまにはこれでいいのか振り返り、その時々に合ったスタイルで人生を楽しめたら理想的ですね。

最近では結婚後に仕事を持つ女性が増えていますが、専業主婦になりたいと思っている女性も根強く存在しています。 その理由は何でしょうか。


子育てに専念したい

専業主婦になりたい理由のひとつとしてよく聞くのは「子育てに専念したい」ということです。 子供が小さいうちくらいは子供の成長を見届けたいとか、多感な時期にそばにいて見守りたいと思っている母親は多いものです。 子供に求められる時期は限られていますから、その時こそ母親の務めを果たすのが自分の役割だという責任感があります。

人間関係でストレスを抱えたくない

独身時代に職場での人間関係で悩まされた経験があるとまた仕事に出るという勇気がわきません。 夫に守られることは安心感がありますし、子育てで忙しいという理由もあります。

人間関係でストレスを抱えやすいタイプの女性なら自分がどうなるかを想像できてしまうので家族に迷惑がかからないように専業主婦の道を選ぶということもあるでしょう。

体力に自信がない

体力に自信がないと仕事はもうできないと思ってしまう女性もいます。 特に子供を出産して専業主婦の期間が長いとまた働くということにからがついていけるか不安になってしまいます。 病気の後もなかなか勇気が出ません。

専業主婦なら疲れたらすぐに休むこともできますね。 体力に自信がなくても家事と育児を頑張ることで存在意義も保てます。

満員電車や人の多い職場が苦手

人ごみが苦手という女性なら満員電車などで通勤することも人の多い職場で働くことも相当なストレスがかかるでしょう。 もちろん仕事を選んで近場で働くこともできますが、専業主婦という選択肢があれば静かでマイペースな生活ができるのでその方がいいと感じてしまいます。 人が多い空間では寄ってしまったりドキドキしてしまう人もいます。

稼ぐより節約してお金を残したい

稼ぐことよりも節約することが得意だと思っているなら専業主婦が向いているかもしれません。 専業主婦ならスーパーのセールにも欠かさず参加できますし、仕事に行く女性のようにファッションやランチ代なども気を遣わなくて済みます。 もしかしてその方が家計のためになるのでは?という考えを持っていたり夫がそういう考えがあると専業主婦でいることこそ妻として正しいと思うでしょう。

夫に頼って生きていきたい

頼りになる大好きな夫に頼って生きていくことに憧れるために専業主婦になり、養われることに幸せを感じるという女性もいます。 結婚したからこそ感じられる「守られている」という実感と「あなたがいないと生きていけない」という従順さのアピールといったところでしょうか。 頼られて喜びを感じる夫もいますから、夫をたてたいという気持ちもあるのかもしれません。

非常時にすぐ対応できるようにしたい

専業主婦なら夫や子供が急に具合が悪くなっても看病してあげられますし、親の身に何かあった時もかけつけることができます。

からだが弱い家族がいたり地域に問題のある住人がいたり治安が悪い場所に住んでいたりすると少しでも家にいて非常時に対応できるようにしたいと思ったりします。 忙しい夫に代わって妻としての勤めのひとつだと考えています。

母親もそうだったから当たり前だと思っている

自分の母親も専業主婦でそれを見て育つと「母親は専業主婦であることが当たり前」という価値観になります。 夫も同じならますます妻が働くという意識にはなりません。 時代がどうであれ育った環境は価値観に大きく影響しますからね。 逆に母親が専業主婦でも毎日ごろごろしていて嫌だと感じていた女性は働きたいという願望が芽生えるでしょう。 母親が専業主婦として幸せそうだったかが分かれ目です。

周りに生活が苦しいと思われたくない

近所の人やママ友などに生活が苦しいと思われたくなくて働こうとしない主婦もいるのではないでしょうか。 夫も見栄を張って「仕事なんてしないでくれ!」と妻にお願いすることもあります。 周りにそんな優雅に暮らす奥さんがいると真似したくなりますし、そのグループから抜けると同情されそうで怖いのです。 決めつけは嫌ですね。 生きがいで働く女性もたくさんいるということに気づいていないのです。

学校や園のPTA活動に参加したい

子供のことに熱心な母親なら学校や園のPTA活動に参加したいと思う人もいるでしょう。 PTA活動は仕事をしていてもできますが、中心人物になると時間を合わせるのが大変で専業主婦に頼ってしまっている地域もあります。 しかし、子供が小さいうちは様子を見るためにも積極的に活動したいと張り切っているお母さんもいるのは事実です。

趣味や勉強の時間がほしい

独身の頃からの趣味を楽しみたいと思っている女性もいるでしょう。 また、資格を取るために勉強の時間がほしいということで専業主婦でいたいと思う女性もいます。 趣味に関しては「働かなくても趣味を楽しめること」に優越感を感じている場合があります。 資格のための勉強ならいつか働くためにとりあえず今は専業主婦で、というだけかもしれません。

家でできる仕事をしたい

在宅ワークなど、家でできる仕事が性に合っていると感じている女性もいるでしょう。 家で仕事をしているなら専業主婦とは言えませんが、周りから見れば専業主婦と変わりません。 しかし自分の中では仕事を持つ母親としてプライドを持っています。 収入を得ながら家のことや家族のこともできるので、欲張りな女性なら選びたくなる道なのかもしれません。

どうせいつか働くのならもう少しゆっくりしたい

結婚してすぐくらいは、子供が小さいうちくらいは、地域になれるまでは…と期間を限定して専業主婦を選択する場合もあります。 いつか働くと決めており、だからこそ今くらいゆっくりさせて欲しいと思っています。 慌てなくても生活ができる余裕がある女性にしか無理な話ですね。

専業主婦になりたいというのは家事や育児に対する完ぺき主義からきている場合と、単に楽をしたいという場合、夫の価値観に合わせている場合など様々です。 本人だけではなく家族も納得の上なら何の問題もありませんが、専業主婦をしながらもたまにはこれでいいのか振り返り、その時々に合ったスタイルで人生を楽しめたら理想的ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-