【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519112212.html
風水的に寝室で縁起がいい物やダメな事12選

風水的に寝室で縁起がいい物やダメな事12選 | LADYCO

LADYCO
風水的に寝室で縁起がいい物やダメな事12選

今回は「寝室で縁起がいい物やダメな事」を、風水の観点からまとめていきます。

  • 掃除をマメにすると良い
  • 日中はよく換気をすると良い
  • 窓のある部屋を寝室にすべき
  • 水晶を置くと良い
  • ベッドと壁の間に隙間があると良くない
  • 寝ている姿が鏡に映ると良くない
  • 部屋のドアの延長線上に頭が来ないようにする
  • 電化製品はなるべく置かない
  • 柱の角や梁の真下では寝ない
  • 北枕で寝るのが良い
  • 照明はほのかなものを少しだけが良い
  • 寒色系の色味を避ける
  • まとめ

1. 掃除をマメにすると良い

掃除をマメにすると良い

寝室は特にマメに掃除をするよう、心がけてください。

これは基本です。

汚れや不要なものが溜まると、それだけで気の流れが悪くなります。

部屋の隅々まで掃除し、部屋を広く使えるようにしておくべきです。

枕元にはつい不要なものをためてしまいがちですが、こういった習慣を止めていく努力もしましょう。

また、ベッドカバーやシーツを定期的に洗い、こまめに取り換えるようにします。

良い運気を取り入れやすくするのです。

2. 日中はよく換気をすると良い

日中はよく換気をすると良い

日中は家にいないことが多いからといって、換気をしないのは風水的にも良くありません。

換気をしないと湿気が部屋の中にこもるので、部屋中が悪い気に満ちてしまいます。

カーテンも開け、良い気を存分に取り入れるのです。

夜になったら窓とカーテンを閉めて、取り入れた良い気を部屋から出さないように心がけます。

3. 窓のある部屋を寝室にすべき

窓のある部屋を寝室にすべき

窓のある部屋を寝室にするようにしてください。

窓がないと、人が外から持ち込んだ悪い気が溜まる一方です。

睡眠中にその気を取り込んでしまうことにつながります。

しかし、窓が大きすぎると夜でも気が活発に流れこみすぎて、かえって安眠阻害してしまいます。

二重カーテンにしましょう。

部屋に取り込んだ良い気を留めておくのにも有効です。

4. 水晶を置くと良い

水晶を置くと良い

水晶には悪い気を跳ね返す役割があります。

水晶玉タイプや、柱状の水晶クラスタータイプがありますが、どちらでも良いです。

水晶は空間の浄化作用が強いので、寝ているあなたの心身まですっきりと浄化してくれます。

特に水晶玉タイプは、乱れたエネルギーを整える役割があり、結界効果も期待できます。

5. ベッドと壁の間に隙間があると良くない

ベッドと壁の間に隙間があると良くない

ベッドは壁にぴったりとつけるようにしてください。

壁から離れていると、その隙間を気が流れるようになってしまい、気が休まりません。

睡眠中は人は無防備な状態にあります。

気の流れに触れてしまうことで気が休まらず、安眠できないということがあります。

ただし、布団で寝ている場合は特に気にすることはありません。

6. 寝ている姿が鏡に映ると良くない

寝ている姿が鏡に映ると良くない

鏡光殺、という言葉が風水ではあります。

寝ている間に鏡の中の自分と運気を分け合うことになり、運気が下がってしまうことです。

何となく体調が悪くなったりすることもあり、どんどん悪化していきます。

寝ている姿が鏡に映らないような位置に寝所を整える必要があります。

三面鏡であれば閉じてください。

閉じられない鏡でどうしてもその前で寝なければいけない場合は、鏡に布などでカバーをすることも有効です。

7. 部屋のドアの延長線上に頭が来ないようにする

部屋のドアの延長線上に頭が来ないようにする

部屋の入口であるドアの延長線上に頭が来ないよう、ベッドを置いてください。

ドアは気の出入りが多く、悪い影響を受けやすいものです。

ドアから寝室に入ったら、すぐにはベッドが目に入らない位置がベストでしょう。

どうしても頭の位置がドアの延長線上になってしまう時は、パーティションや他の家具などで区切るようにするだけで運気が変わってきます。

8. 電化製品はなるべく置かない

電化製品はなるべく置かない

電化製品は電磁波の影響により気を乱すものであるため、寝室にはなるべく置かないようにしてください。

寝る前のテレビやスマホも風水的には厳禁です。

寝室は1日の活動で入り乱れた気を整え、心身共に休める場所なので、特に電化製品はふさわしくないのです。

またテレビについては、寝姿を映す位置にあるならば注意です。

鏡と同じ意味合いで、運気を下げる原因となってしまいます。

9. 柱の角や梁の真下では寝ない

柱の角や梁の真下では寝ない

風水には「壁刀殺」という言葉があります。

柱や梁の角からは邪気が出ているとされているのです。

それらを避ける位置にベッド等を配置するか、角となる部分に観葉植物等を置いて隠すことをおすすめします。

頭部から特に気を吸収するので、ベッドにはヘッドボードをつけるとよいでしょう。

複雑な形のものは不安定さにつながるので避け、角の少ない柔らかい印象の形状のものを選びます。

10. 北枕で寝るのが良い

北枕で寝るのが良い

日本人は「北枕」を縁起の悪いものとして認識していますが、風水的には「北枕」こそが縁起の良いものとされています。

地球は大きな磁石であり、北から南に磁場が張られているので、その流れに沿った北枕が疲れをとるうえでも良いのです。

良くないとされているのが西や南の方角であるので、できれば北や東の方角の間に枕が来るようにしましょう。

特に北枕では金運、東枕では恋愛運が向上すると言われています。

11. 照明はほのかなものを少しだけが良い

照明はほのかなものを少しだけが良い

照明の真下にベッドを置かないことです。

直接的にエネルギーを受けすぎて疲弊してしまいます。

一方で、真っ暗は「陰」の気につながり、良くない気が蔓延します。

ほのかに照らす程度で睡眠を妨害しないものがよいですが、真っ暗でないと寝られないという人は、間接照明を足元に置くとよいでしょう。

12. 寒色系の色味を避ける

寒色系の色味を避ける

緑や青などは落ち着きを感じさせてくれ、実際に心を休めてくれる色です。

しかしベッドカバー等にそれらの色を用いてしまうと、冷えにつながり、体が疲弊してしまうことにつながります。

だからといって赤色等のきつすぎる色を前面に使うのも、安眠から程遠くなるのでおすすめできません。

ワンポイントで好みの色を使うのは許容範囲となるかもしれませんが、穏やかな暖色系を寝具には選びましょう。

また、色には運気の種類との結びつきがそれぞれあるので、上げたい運気によって色を選んでも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

たかが風水と侮っていては、知らず識らずのうちに運気を下げてしまうことにつながりかねません。

単なる気休めのつもりで始めても、風水的要素に少し気を配っていくと、自分の運気を上げることができます。

特に寝室は1日のうちの大半を過ごす場所なので、気の流れは特に重要となってきます。

ひとつだけでも風水アイテムを取り入れることで、運気が激変することはよくあることです。

生活の中に上手に風水的考え方を取り入れていきたいものです。

今回は「寝室で縁起がいい物やダメな事」を、風水の観点からまとめていきます。


掃除をマメにすると良い

寝室は特にマメに掃除をするよう、心がけてください。

これは基本です。

汚れや不要なものが溜まると、それだけで気の流れが悪くなります。

部屋の隅々まで掃除し、部屋を広く使えるようにしておくべきです。

枕元にはつい不要なものをためてしまいがちですが、こういった習慣を止めていく努力もしましょう。

また、ベッドカバーやシーツを定期的に洗い、こまめに取り換えるようにします。

良い運気を取り入れやすくするのです。

日中はよく換気をすると良い

日中は家にいないことが多いからといって、換気をしないのは風水的にも良くありません。

換気をしないと湿気が部屋の中にこもるので、部屋中が悪い気に満ちてしまいます。

カーテンも開け、良い気を存分に取り入れるのです。

夜になったら窓とカーテンを閉めて、取り入れた良い気を部屋から出さないように心がけます。

窓のある部屋を寝室にすべき

窓のある部屋を寝室にするようにしてください。

窓がないと、人が外から持ち込んだ悪い気が溜まる一方です。

睡眠中にその気を取り込んでしまうことにつながります。

しかし、窓が大きすぎると夜でも気が活発に流れこみすぎて、かえって安眠阻害してしまいます。

二重カーテンにしましょう。

部屋に取り込んだ良い気を留めておくのにも有効です。

水晶を置くと良い

水晶には悪い気を跳ね返す役割があります。

水晶玉タイプや、柱状の水晶クラスタータイプがありますが、どちらでも良いです。

水晶は空間の浄化作用が強いので、寝ているあなたの心身まですっきりと浄化してくれます。

特に水晶玉タイプは、乱れたエネルギーを整える役割があり、結界効果も期待できます。

ベッドと壁の間に隙間があると良くない

ベッドは壁にぴったりとつけるようにしてください。

壁から離れていると、その隙間を気が流れるようになってしまい、気が休まりません。

睡眠中は人は無防備な状態にあります。

気の流れに触れてしまうことで気が休まらず、安眠できないということがあります。

ただし、布団で寝ている場合は特に気にすることはありません。

寝ている姿が鏡に映ると良くない

鏡光殺、という言葉が風水ではあります。

寝ている間に鏡の中の自分と運気を分け合うことになり、運気が下がってしまうことです。

何となく体調が悪くなったりすることもあり、どんどん悪化していきます。

寝ている姿が鏡に映らないような位置に寝所を整える必要があります。

三面鏡であれば閉じてください。

閉じられない鏡でどうしてもその前で寝なければいけない場合は、鏡に布などでカバーをすることも有効です。

部屋のドアの延長線上に頭が来ないようにする

部屋の入口であるドアの延長線上に頭が来ないよう、ベッドを置いてください。

ドアは気の出入りが多く、悪い影響を受けやすいものです。

ドアから寝室に入ったら、すぐにはベッドが目に入らない位置がベストでしょう。

どうしても頭の位置がドアの延長線上になってしまう時は、パーティションや他の家具などで区切るようにするだけで運気が変わってきます。

電化製品はなるべく置かない

電化製品は電磁波の影響により気を乱すものであるため、寝室にはなるべく置かないようにしてください。

寝る前のテレビやスマホも風水的には厳禁です。

寝室は1日の活動で入り乱れた気を整え、心身共に休める場所なので、特に電化製品はふさわしくないのです。

またテレビについては、寝姿を映す位置にあるならば注意です。

鏡と同じ意味合いで、運気を下げる原因となってしまいます。

柱の角や梁の真下では寝ない

風水には「壁刀殺」という言葉があります。

柱や梁の角からは邪気が出ているとされているのです。

それらを避ける位置にベッド等を配置するか、角となる部分に観葉植物等を置いて隠すことをおすすめします。

頭部から特に気を吸収するので、ベッドにはヘッドボードをつけるとよいでしょう。

複雑な形のものは不安定さにつながるので避け、角の少ない柔らかい印象の形状のものを選びます。

北枕で寝るのが良い

日本人は「北枕」を縁起の悪いものとして認識していますが、風水的には「北枕」こそが縁起の良いものとされています。

地球は大きな磁石であり、北から南に磁場が張られているので、その流れに沿った北枕が疲れをとるうえでも良いのです。

良くないとされているのが西や南の方角であるので、できれば北や東の方角の間に枕が来るようにしましょう。

特に北枕では金運、東枕では恋愛運が向上すると言われています。

照明はほのかなものを少しだけが良い

照明の真下にベッドを置かないことです。

直接的にエネルギーを受けすぎて疲弊してしまいます。

一方で、真っ暗は「陰」の気につながり、良くない気が蔓延します。

ほのかに照らす程度で睡眠を妨害しないものがよいですが、真っ暗でないと寝られないという人は、間接照明を足元に置くとよいでしょう。

寒色系の色味を避ける

緑や青などは落ち着きを感じさせてくれ、実際に心を休めてくれる色です。

しかしベッドカバー等にそれらの色を用いてしまうと、冷えにつながり、体が疲弊してしまうことにつながります。

だからといって赤色等のきつすぎる色を前面に使うのも、安眠から程遠くなるのでおすすめできません。

ワンポイントで好みの色を使うのは許容範囲となるかもしれませんが、穏やかな暖色系を寝具には選びましょう。

また、色には運気の種類との結びつきがそれぞれあるので、上げたい運気によって色を選んでも良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。

たかが風水と侮っていては、知らず識らずのうちに運気を下げてしまうことにつながりかねません。

単なる気休めのつもりで始めても、風水的要素に少し気を配っていくと、自分の運気を上げることができます。

特に寝室は1日のうちの大半を過ごす場所なので、気の流れは特に重要となってきます。

ひとつだけでも風水アイテムを取り入れることで、運気が激変することはよくあることです。

生活の中に上手に風水的考え方を取り入れていきたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-