【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519105526.html
キスが嫌いになる理由9選

キスが嫌いになる理由9選 | LADYCO

LADYCO
キスが嫌いになる理由9選

恋人がいても相手の受け止め方や気にしすぎる性格のせいでキスが嫌いになってしまうこともあります。 その理由をいくつかまとめてみました。

  • 食後の口の臭いがきつい
  • 恋人の歯並びや虫歯がどうしても気になる
  • キスの仕方がいまいちよくわからない
  • 自分がしたいキスと相手が望んでいるキスが違う
  • キスしようとした時に拒まれた経験があるから
  • いかにもそこから肉体関係スタートという感じがしてイヤ
  • しばらくしていないと恥ずかしくて辛くなる
  • 自分の気持ちが止められなくなるから
  • 昔の恋人とキスしている相手を想像してしまう
  • まとめ

1. 食後の口の臭いがきつい

食後の口の臭いがきつい

食後の口の臭いがきついとキスすることに抵抗を感じますが、それを気にせず迫られるとキスそのものがさらに嫌いになってしまいます。 また、口臭ばかり気にするせいで食後に歯を磨かないととか臭いはどうかな?と考えることが増え、キスするのが面倒に感じてくる人もいるでしょう。 キスが嫌いというよりも、キスのためにあれこれ気にする自分にうんざりしてくるのです。

2. 恋人の歯並びや虫歯がどうしても気になる

恋人の歯並びや虫歯がどうしても気になる

恋人の歯並びが汚かったり虫歯が多い人とのキスはあまりしたいとは思いません。 好きで夢中になっている時なら気になりませんが、付き合って長くなると冷静にそんなところを気にするようになってきます。 一度気になり出すと生理的に無理になることもあり、キスはほっぺやフレンチキスで済ませるようになったりするでしょう。

3. キスの仕方がいまいちよくわからない

キスの仕方がいまいちよくわからない

キスの経験が少ないとやり方がいまいちよくわからなくて、恥をかくのが嫌でキスを躊躇うウブな人もいます。 キスしなければ慣れることもないのに、慣れるまでに少しずつ練習していく行程も恥ずかしさのせいで素直に受け入れることができない状態です。

どんどんキスが嫌いになる恐れもあるため、慣れた相手が上手くリードしてキスに対してどうこう言わないでくれると自然にマスターしていけるでしょう。

4. 自分がしたいキスと相手が望んでいるキスが違う

自分がしたいキスと相手が望んでいるキスが違う

その時の雰囲気によってハードなキスとソフトなキスと、求めるタイプが違うものではないでしょうか。 今は優しい気持ちなのに激しくキスをされたり、迫られたい気分なのに淡白なキスで済まされるともやもやしてキスに対してストレスを感じます。

ちょっとわがままな理由ですが、二人の気持ちを合わせなければこんなすれ違いからキスが嫌いになっていくことだってあります。

5. キスしようとした時に拒まれた経験があるから

キスしようとした時に拒まれた経験があるから

キスをしようとした時に一度でも拒まれた経験があると、次から同じような時に自分からキスをしても受け入れてもらえるかどうか不安になってしまいます。 相手の顔色を伺ううちにキスを迫ることが面倒になり、別にしなくてもいいやという感覚になっていくのでお互いに相手を傷つけないでキスを楽しむ積み重ねが大切です。

6. いかにもそこから肉体関係スタートという感じがしてイヤ

いかにもそこから肉体関係スタートという感じがしてイヤ

キスから肉体関係へ…と流れが読めてしまうことで急にしらけてしまう時もありますね。 ドラマでも何でもキスから始まるのが定番ですし、キスをしてこちらの反応をチェックされている気がして抵抗を感じたりもします。

そんな風に思うということはこちらはまだそんな雰囲気ではない証拠です。 お互いの気持ちが高まっていれば定番の流れも気にならないはずですからね。

7. しばらくしていないと恥ずかしくて辛くなる

しばらくしていないと恥ずかしくて辛くなる

しばらくキスがご無沙汰だと妙に恥ずかしくてキスが辛く感じることもあります。 幸せな切ない気持ちも辛いと感じる理由のひとつですし、キスをする感覚が思い出せずにこれでいいのかと不安になるということもあります。

自然なキスをしていたいならあまり期間を空けず、変に意識し過ぎないように慣れさせておくのがいいですね。 しかし、その恥ずかしさが相手にはたまらなかったりします。 気にしているならむしろそこを見せて魅力にしてしまいましょう。

8. 自分の気持ちが止められなくなるから

自分の気持ちが止められなくなるから

もうお別れしなければいけない時などにキスをしてしまうと自分の気持ちが止められなくなり、キスの罪深さにキスそのものを憎らしいと感じることもあるでしょう。

それほどそのキスがステキでその人が好きな証拠です。 しかし、一緒にいられなくて辛い気持ちが強いとそんな風にポジティブに感じることができず、辛くて泣いてしまうこともあります。

9. 昔の恋人とキスしている相手を想像してしまう

昔の恋人とキスしている相手を想像してしまう

恋人とのキスに幸せを感じれば感じるほど相手が昔の恋人とこうやってキスをしていたんだな…と想像し、やきもちをやいてしまうこともあるのではないでしょうか。 これはキスに限ったことではなく楽しい場所へでかけた時や手を繋いだ時などもそうです。 相手が好きだからこそやきもちをやくのも当然です。 しかしそのせいでキスが嫌いになるなんて悲しいことですね。

まとめ

幸せであるせいでキスが嫌いになってしまうこともあるのですね。 キスしている瞬間に他の異性や他の行為を想像したり、正しいやり方はどうなんだろうなんて考えてしまうとせっかくの幸せな気分も台無しです。

キスが嫌いになる前にキスを考え過ぎないことを意識しましょう。 好きな気持ちはキスだけで表現するものではありません。 あまり気にしていると大好きな恋人とのキスが楽しめなくなり、恋愛も辛くなってしまいます。 相手の吐息と体温を感じながらステキなキスを楽しんでください。

恋人がいても相手の受け止め方や気にしすぎる性格のせいでキスが嫌いになってしまうこともあります。 その理由をいくつかまとめてみました。


食後の口の臭いがきつい

食後の口の臭いがきついとキスすることに抵抗を感じますが、それを気にせず迫られるとキスそのものがさらに嫌いになってしまいます。 また、口臭ばかり気にするせいで食後に歯を磨かないととか臭いはどうかな?と考えることが増え、キスするのが面倒に感じてくる人もいるでしょう。 キスが嫌いというよりも、キスのためにあれこれ気にする自分にうんざりしてくるのです。

恋人の歯並びや虫歯がどうしても気になる

恋人の歯並びが汚かったり虫歯が多い人とのキスはあまりしたいとは思いません。 好きで夢中になっている時なら気になりませんが、付き合って長くなると冷静にそんなところを気にするようになってきます。 一度気になり出すと生理的に無理になることもあり、キスはほっぺやフレンチキスで済ませるようになったりするでしょう。

キスの仕方がいまいちよくわからない

キスの経験が少ないとやり方がいまいちよくわからなくて、恥をかくのが嫌でキスを躊躇うウブな人もいます。 キスしなければ慣れることもないのに、慣れるまでに少しずつ練習していく行程も恥ずかしさのせいで素直に受け入れることができない状態です。

どんどんキスが嫌いになる恐れもあるため、慣れた相手が上手くリードしてキスに対してどうこう言わないでくれると自然にマスターしていけるでしょう。

自分がしたいキスと相手が望んでいるキスが違う

その時の雰囲気によってハードなキスとソフトなキスと、求めるタイプが違うものではないでしょうか。 今は優しい気持ちなのに激しくキスをされたり、迫られたい気分なのに淡白なキスで済まされるともやもやしてキスに対してストレスを感じます。

ちょっとわがままな理由ですが、二人の気持ちを合わせなければこんなすれ違いからキスが嫌いになっていくことだってあります。

キスしようとした時に拒まれた経験があるから

キスをしようとした時に一度でも拒まれた経験があると、次から同じような時に自分からキスをしても受け入れてもらえるかどうか不安になってしまいます。 相手の顔色を伺ううちにキスを迫ることが面倒になり、別にしなくてもいいやという感覚になっていくのでお互いに相手を傷つけないでキスを楽しむ積み重ねが大切です。

いかにもそこから肉体関係スタートという感じがしてイヤ

キスから肉体関係へ…と流れが読めてしまうことで急にしらけてしまう時もありますね。 ドラマでも何でもキスから始まるのが定番ですし、キスをしてこちらの反応をチェックされている気がして抵抗を感じたりもします。

そんな風に思うということはこちらはまだそんな雰囲気ではない証拠です。 お互いの気持ちが高まっていれば定番の流れも気にならないはずですからね。

しばらくしていないと恥ずかしくて辛くなる

しばらくキスがご無沙汰だと妙に恥ずかしくてキスが辛く感じることもあります。 幸せな切ない気持ちも辛いと感じる理由のひとつですし、キスをする感覚が思い出せずにこれでいいのかと不安になるということもあります。

自然なキスをしていたいならあまり期間を空けず、変に意識し過ぎないように慣れさせておくのがいいですね。 しかし、その恥ずかしさが相手にはたまらなかったりします。 気にしているならむしろそこを見せて魅力にしてしまいましょう。

自分の気持ちが止められなくなるから

もうお別れしなければいけない時などにキスをしてしまうと自分の気持ちが止められなくなり、キスの罪深さにキスそのものを憎らしいと感じることもあるでしょう。

それほどそのキスがステキでその人が好きな証拠です。 しかし、一緒にいられなくて辛い気持ちが強いとそんな風にポジティブに感じることができず、辛くて泣いてしまうこともあります。

昔の恋人とキスしている相手を想像してしまう

恋人とのキスに幸せを感じれば感じるほど相手が昔の恋人とこうやってキスをしていたんだな…と想像し、やきもちをやいてしまうこともあるのではないでしょうか。 これはキスに限ったことではなく楽しい場所へでかけた時や手を繋いだ時などもそうです。 相手が好きだからこそやきもちをやくのも当然です。 しかしそのせいでキスが嫌いになるなんて悲しいことですね。

幸せであるせいでキスが嫌いになってしまうこともあるのですね。 キスしている瞬間に他の異性や他の行為を想像したり、正しいやり方はどうなんだろうなんて考えてしまうとせっかくの幸せな気分も台無しです。

キスが嫌いになる前にキスを考え過ぎないことを意識しましょう。 好きな気持ちはキスだけで表現するものではありません。 あまり気にしていると大好きな恋人とのキスが楽しめなくなり、恋愛も辛くなってしまいます。 相手の吐息と体温を感じながらステキなキスを楽しんでください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-