【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519101620.html
海外の遠距離恋愛を持続させるコツ

海外の遠距離恋愛を持続させるコツ | LADYCO

LADYCO
海外の遠距離恋愛を持続させるコツ

ただでさえ難しい遠距離恋愛ですが、これが日本と海外の場合はどうすれば持続できるのでしょうか。

海外の遠距離恋愛を持続させるコツを紹介していきます。

  • 時差を理解する
  • 連絡をこまめに取り合う
  • テレビ電話を活用する
  • エアメールを出す
  • 思っていることをためこまないこと
  • 計画を立てる
  • インスタグラムを始める
  • Facebookを始める
  • ツイッターは控えめにする
  • プレゼントを贈る
  • ひとりの時間を楽しむ
  • 将来を約束する
  • まとめ

1. 時差を理解する

時差を理解する

どの国かによって異なりますが、多少なりとも時差があります。

日本から離れていれば、こちらは昼間なのに向こうは夜中ということもあります。

時差があり、今自分と相手は違う生活リズムであることを最初に理解しておくことが重要です。

日本にいれば、同じ時間を過ごしているので自由に電話もできますが、時差があるとそういうわけにはいきません。

お互いの生活リズムが崩れることのないよう、時差がどの程度あるのかを把握しておきましょう。

2. 連絡をこまめに取り合う

連絡をこまめに取り合う

相手が海外にいると、不安はより大きくなります。

もしかしたら魅力的な相手が現れてこっそり付き合っているかもしれないという不安にかられるかもしれません。

でもその不安は当然のことです。

海外の遠距離恋愛において重要なのは、不安を持っても当然だと受け入れること、そしてその上で連絡をこまめに取り合うことです。

連絡を取ることは、お互いの気持ちを確認することにも繋がりますし、相手の気持ちをこちらに繋ぎとめておく効果もあります。

時差もありすぐには対応できないこともあるでしょうから、1日1回はメールで今日の出来事を報告するといいでしょう。

3. テレビ電話を活用する

テレビ電話を活用する

テレビ電話でコミュニケーションを取ることで、関係を確認し合い、絆を強くすることができます。

もちろん音声通話でもよいのですが、顔が見えることで安心感が生まれます。

また、表情が見えるということは、なかなか顔を合わせることができない海外の遠距離恋愛では貴重なことです。

スカイプのように無料で通話することができるツールを使えば、距離を越えてすぐそこにいるかのように会話ができます。

4. エアメールを出す

エアメールを出す

エアメールなんて古臭いと思われがちですが、手書きの文字はメールやLINEに勝るものがあります。

特に、海外から届く絵葉書は相手の心に響きます。

もしもあなたが海外にいる側ならば、その国の観光名所の写真を使用した絵葉書を購入し、手書きで文面を書いて相手に出しましょう。

エアメールは届くまで時間がかかりますし、電話で話した方が手っ取り早いのですが、それでも手元に残る絵葉書には味わいがあります。

また、相手から届いたものとして恋人は大事にしてくれますから、二人の仲を繋ぐものとして友好的です。

5. 思っていることをためこまないこと

思っていることをためこまないこと

海外の遠距離恋愛をしていると、離れていることへの不安や不満がたまってきます。

また、連絡がスムーズに行かないこともあり焦りも出てくるでしょう。

こういったストレスを抱えていると、相手のことが好きであっても、遠距離という壁の前で挫折してしまい、別れに繋がってしまうこともあります。

そうなる前に、その思いを吐き出してしまいましょう。

しかし間違っても、そのストレスを相手にぶつけてはいけません。

相手もあなたと同じように不安を抱いており、距離の問題はどうにもなりません。

どうにもならない同士で同じ不安を言い合うのは逆効果です。

友達や仕事仲間などに、今思っていることを聞いてもらうのがおすすめです。

当事者ではない分、気楽に話を聞いてもらえますし、思わぬアドバイスやエールをもらえることもあります。

海外の遠距離恋愛へのモチベーションにも繋がります。

6. 計画を立てる

計画を立てる

「8月になったら会いに行くよ」「一緒に〇〇へ旅行に行こう」など、近い将来の計画を二人で立てましょう。

それも、「いつか行こう」という曖昧なものではなく、「いつ」「どこへ」というのを具体的に提案しておくと実現性が高まり、計画しやすくなります。

それにより、自然とこまめに連絡も取るようになります。

普段会えない分、会うことの計画を立てるのは非常に有効です。

7. インスタグラムを始める

インスタグラムを始める

海外の遠距離恋愛をきっかけに、二人ともインスタグラムを始めてみましょう。

インスタグラムは、写真のツイッター版と言われている通り、写真を投稿し呟いたりします。

日常の一コマを投稿してもいいですし、素敵な風景や美味しかった食べ物など、世界中のユーザーが常に何かを投稿しています。

ここでインスタグラムをする目的は、写真でお互いの様子を知り合うということもありますが、「#海外遠距離恋愛中」といったようにハッシュタグをつけることで、同じ境遇の人からコメントをもらえることがあります。

会ったこともないけれど同じ状況下の人からコメントをもらうことで、心が救われることもあります。

8. Facebookを始める

Facebookを始める

こちらもインスタグラムと目的は同じですが、お互いの様子を知り合う意味ではFacebookの方が有効です。

また、実名で登録するのでリアルの知り合いとも簡単に繋がることができます。

日記のように毎日出来事を投稿することで、リアルタイムで相手と連絡が取れない時でも、こちらの状況を伝えることができます。

9. ツイッターは控えめにする

ツイッターは控えめにする

もしもあなたがツイッターをしている場合ですが、海外遠距離恋愛のことをツイッターに投稿するのは控えた方がいいでしょう。

なぜかというと、ツイッターは140字以内の非常に短い文章で呟くので利用しやすい反面、愚痴を綴りやすくもなります。

遠距離恋愛ではなくても、彼氏・彼女の不満をいつの間にかツイッターにあげてしまっている人は多くいます。

それを相手が見て破局に繋がることもあります。

そういった愚痴は人の目に触れないよう、直接話したり自分のノートに書いたりして発散しましょう。

10. プレゼントを贈る

プレゼントを贈る

国内での恋愛でも、恋人たちは誕生日や記念日にプレゼントを贈り合いますが、もちろん海外の遠距離恋愛でもプレゼントは有効です。

むしろ、積極的に贈りましょう。

実際に届くまで時間がかかるので、誕生日プレゼントを贈る場合なら多少の前後は覚悟し、早めに贈りましょう。

プレゼントをもらうと、誰だって嬉しいものです。

不安で心が離れかけていたとしても、プレゼントをきっかけに力強くなれたりもします。

11. ひとりの時間を楽しむ

ひとりの時間を楽しむ

相手と会えない分、あなたにはひとりの時間がたっぷりとあります。

これを暇ととらえるか、チャンスととらえるかであなたの成長度合いが変わってきます。

ひとりの時間がたくさんあるのだから、今までチャレンジしたいと思っていたことを思う存分楽しみましょう。

趣味に没頭してもいいですし、一人旅もいいでしょう。

相手に悪いと思う必要はありません。

自分ひとりの時間を楽しむことで心が満たされ、魅力的な人間に成長できます。

そういった余裕が持てるようになれば、海外の遠距離恋愛も大いに楽しむことができます。

12. 将来を約束する

将来を約束する

海外の遠距離恋愛は先が見えません。

留学や仕事など、海外に行ってしまう理由は違いますが、二人の関係をこの先どうするのかを早い段階で話し合っておきましょう。

特に、結婚を考えているのならば、恥ずかしがらずに結婚の話を切り出しましょう。

逆プロポーズになっても構いません。

それだけ、二人の将来を真剣に考えているという証拠です。

結婚をいつするのかまでは決めなくても、「結婚」という人生の節目をお互いが意識することで、海外の遠距離恋愛を安心して進めることができるはずです。

まとめ

ここまで、海外の遠距離恋愛を持続させる12のコツを紹介しました。

不安や迷いはつきものですが、それも受け入れて、相手のことを信じることが大事です。

ぜひ参考にして、海外の遠距離恋愛を実りあるものにしてください。

ただでさえ難しい遠距離恋愛ですが、これが日本と海外の場合はどうすれば持続できるのでしょうか。

海外の遠距離恋愛を持続させるコツを紹介していきます。


時差を理解する

どの国かによって異なりますが、多少なりとも時差があります。

日本から離れていれば、こちらは昼間なのに向こうは夜中ということもあります。

時差があり、今自分と相手は違う生活リズムであることを最初に理解しておくことが重要です。

日本にいれば、同じ時間を過ごしているので自由に電話もできますが、時差があるとそういうわけにはいきません。

お互いの生活リズムが崩れることのないよう、時差がどの程度あるのかを把握しておきましょう。

連絡をこまめに取り合う

相手が海外にいると、不安はより大きくなります。

もしかしたら魅力的な相手が現れてこっそり付き合っているかもしれないという不安にかられるかもしれません。

でもその不安は当然のことです。

海外の遠距離恋愛において重要なのは、不安を持っても当然だと受け入れること、そしてその上で連絡をこまめに取り合うことです。

連絡を取ることは、お互いの気持ちを確認することにも繋がりますし、相手の気持ちをこちらに繋ぎとめておく効果もあります。

時差もありすぐには対応できないこともあるでしょうから、1日1回はメールで今日の出来事を報告するといいでしょう。

テレビ電話を活用する

テレビ電話でコミュニケーションを取ることで、関係を確認し合い、絆を強くすることができます。

もちろん音声通話でもよいのですが、顔が見えることで安心感が生まれます。

また、表情が見えるということは、なかなか顔を合わせることができない海外の遠距離恋愛では貴重なことです。

スカイプのように無料で通話することができるツールを使えば、距離を越えてすぐそこにいるかのように会話ができます。

エアメールを出す

エアメールなんて古臭いと思われがちですが、手書きの文字はメールやLINEに勝るものがあります。

特に、海外から届く絵葉書は相手の心に響きます。

もしもあなたが海外にいる側ならば、その国の観光名所の写真を使用した絵葉書を購入し、手書きで文面を書いて相手に出しましょう。

エアメールは届くまで時間がかかりますし、電話で話した方が手っ取り早いのですが、それでも手元に残る絵葉書には味わいがあります。

また、相手から届いたものとして恋人は大事にしてくれますから、二人の仲を繋ぐものとして友好的です。

思っていることをためこまないこと

海外の遠距離恋愛をしていると、離れていることへの不安や不満がたまってきます。

また、連絡がスムーズに行かないこともあり焦りも出てくるでしょう。

こういったストレスを抱えていると、相手のことが好きであっても、遠距離という壁の前で挫折してしまい、別れに繋がってしまうこともあります。

そうなる前に、その思いを吐き出してしまいましょう。

しかし間違っても、そのストレスを相手にぶつけてはいけません。

相手もあなたと同じように不安を抱いており、距離の問題はどうにもなりません。

どうにもならない同士で同じ不安を言い合うのは逆効果です。

友達や仕事仲間などに、今思っていることを聞いてもらうのがおすすめです。

当事者ではない分、気楽に話を聞いてもらえますし、思わぬアドバイスやエールをもらえることもあります。

海外の遠距離恋愛へのモチベーションにも繋がります。

計画を立てる

「8月になったら会いに行くよ」「一緒に〇〇へ旅行に行こう」など、近い将来の計画を二人で立てましょう。

それも、「いつか行こう」という曖昧なものではなく、「いつ」「どこへ」というのを具体的に提案しておくと実現性が高まり、計画しやすくなります。

それにより、自然とこまめに連絡も取るようになります。

普段会えない分、会うことの計画を立てるのは非常に有効です。

インスタグラムを始める

海外の遠距離恋愛をきっかけに、二人ともインスタグラムを始めてみましょう。

インスタグラムは、写真のツイッター版と言われている通り、写真を投稿し呟いたりします。

日常の一コマを投稿してもいいですし、素敵な風景や美味しかった食べ物など、世界中のユーザーが常に何かを投稿しています。

ここでインスタグラムをする目的は、写真でお互いの様子を知り合うということもありますが、「#海外遠距離恋愛中」といったようにハッシュタグをつけることで、同じ境遇の人からコメントをもらえることがあります。

会ったこともないけれど同じ状況下の人からコメントをもらうことで、心が救われることもあります。

Facebookを始める

こちらもインスタグラムと目的は同じですが、お互いの様子を知り合う意味ではFacebookの方が有効です。

また、実名で登録するのでリアルの知り合いとも簡単に繋がることができます。

日記のように毎日出来事を投稿することで、リアルタイムで相手と連絡が取れない時でも、こちらの状況を伝えることができます。

ツイッターは控えめにする

もしもあなたがツイッターをしている場合ですが、海外遠距離恋愛のことをツイッターに投稿するのは控えた方がいいでしょう。

なぜかというと、ツイッターは140字以内の非常に短い文章で呟くので利用しやすい反面、愚痴を綴りやすくもなります。

遠距離恋愛ではなくても、彼氏・彼女の不満をいつの間にかツイッターにあげてしまっている人は多くいます。

それを相手が見て破局に繋がることもあります。

そういった愚痴は人の目に触れないよう、直接話したり自分のノートに書いたりして発散しましょう。

プレゼントを贈る

国内での恋愛でも、恋人たちは誕生日や記念日にプレゼントを贈り合いますが、もちろん海外の遠距離恋愛でもプレゼントは有効です。

むしろ、積極的に贈りましょう。

実際に届くまで時間がかかるので、誕生日プレゼントを贈る場合なら多少の前後は覚悟し、早めに贈りましょう。

プレゼントをもらうと、誰だって嬉しいものです。

不安で心が離れかけていたとしても、プレゼントをきっかけに力強くなれたりもします。

ひとりの時間を楽しむ

相手と会えない分、あなたにはひとりの時間がたっぷりとあります。

これを暇ととらえるか、チャンスととらえるかであなたの成長度合いが変わってきます。

ひとりの時間がたくさんあるのだから、今までチャレンジしたいと思っていたことを思う存分楽しみましょう。

趣味に没頭してもいいですし、一人旅もいいでしょう。

相手に悪いと思う必要はありません。

自分ひとりの時間を楽しむことで心が満たされ、魅力的な人間に成長できます。

そういった余裕が持てるようになれば、海外の遠距離恋愛も大いに楽しむことができます。

将来を約束する

海外の遠距離恋愛は先が見えません。

留学や仕事など、海外に行ってしまう理由は違いますが、二人の関係をこの先どうするのかを早い段階で話し合っておきましょう。

特に、結婚を考えているのならば、恥ずかしがらずに結婚の話を切り出しましょう。

逆プロポーズになっても構いません。

それだけ、二人の将来を真剣に考えているという証拠です。

結婚をいつするのかまでは決めなくても、「結婚」という人生の節目をお互いが意識することで、海外の遠距離恋愛を安心して進めることができるはずです。

ここまで、海外の遠距離恋愛を持続させる12のコツを紹介しました。

不安や迷いはつきものですが、それも受け入れて、相手のことを信じることが大事です。

ぜひ参考にして、海外の遠距離恋愛を実りあるものにしてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-