【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092709.html
好きなのに告白しない男性の心理

好きなのに告白しない男性の心理 | LADYCO

LADYCO
好きなのに告白しない男性の心理

特定の女性のことが好きなのになぜか告白しようとしない男性がいます。

その心理はどういったものなのでしょうか。

  • どうやって告白したらいいかわからない
  • 振られるのが怖い
  • 相手に釣り合う自信がない
  • 関係をギクシャクさせたくない
  • 女性の方から告白されたい
  • 友達に遠慮している
  • 両想いという確信がほしい
  • 見たり話せるだけで満足してしまっている
  • 心の傷がまだ癒えていない
  • まとめ

1. どうやって告白したらいいかわからない

どうやって告白したらいいかわからない

恋愛経験が少ない男性なら女性にどうやって告白したらいいのかわからず、ただうろたえてしまうということもあります。

手紙なら重過ぎるだろうかとか、電話をかけても今出られる状況なのだろうかなどというように頭の中で考え過ぎているうちに勇気が出なくなったり、女性がどのような方法で告白されたいのかイメージできずにただ困っているような状況です。

2. 振られるのが怖い

振られるのが怖い

女性に振られた経験があると、いざ告白したいと思ってもなかなか勇気が出ません。

その時の傷ついた自分を思い出してしまうからです。

また、振る方も辛いだろうと考えてしまう優しい男性もいます。

振られる前からこんな様子では周りに励まされても難しいので、見ているだけの恋で終わってしまうことも多いでしょう。

3. 相手に釣り合う自信がない

相手に釣り合う自信がない

相手がモデルのようにステキだったり、可愛くてモテモテな女性なら相手に釣り合う自信が持てない男性もいるでしょう。

そこで、好きな気持ちを押し殺してただ見ていたり、もう少し格下と言えるような女性に狙いを変えたりしてしまうこともあります。

逆に自分に自信がある男性は周りがうらやむようないい女を堂々と狙います。

それを見るとますます自信をなくして遠慮がちになっていきます。

4. 関係をギクシャクさせたくない

関係をギクシャクさせたくない

友達としていい関係ならこの関係をギクシャクさせたくないと思うことがありますね。

告白して振られると相手もこちらも気を遣いますし、もしうまくいっても今度は恋人として関係性を変えていかなければいけません。

変に意識しすぎて今までのように会話が弾まなくなることもあり、緊張しすぎて恋愛に疲れてしまうこともあります。

それなら友達としての仲を選ぶというわけです。

5. 女性の方から告白されたい

女性の方から告白されたい

プライドの高い男性なら自分からではなく相手から告白して欲しいと望んでしまいます。

そのため、どんなに好きでもひたすら我慢して相手からのアプローチを待ちます。

じれったくなってくると好きな気持ちをちらつかせて告白させやすく努めることもあります。

しかし、相手も同じタイプの女性であった場合、お互いに待つことに疲れて諦めてしまうこともあるので気をつけなくてはいけません。


6. 友達に遠慮している

友達に遠慮している

自分の友達も同じ女性を狙っていたり、好きな女性が友達の元カノだったりする場合は好きでもなかなか告白ができません。

その友達と親しいほど告白はぬけがけだと思ってしまいます。

たとえ両想いだとわかっていても遠慮することもあり、そのまま恋が上手くいかずに終わることもあるでしょう。

また、友達の元カノである時はつい昔を想像してしまい、抵抗を感じることもあります。

7. 両想いという確信がほしい

両想いという確信がほしい

告白するには両想いという確信がほしいという贅沢な男性も多いのではないでしょうか。

一か八かのアタックは勇気が要りますが、相手の気持ちがわかっていればあとは言うだけなのでできそうな気がしてきます。

恥をかいたり傷つきたくないとか、学生なら噂になりたくないなどと思ったりもするでしょう。

だからもう少し様子を見てから…といつまでもそのタイミングを逃してしまいます。

8. 見たり話せるだけで満足してしまっている

見たり話せるだけで満足してしまっている

相手がみんなに人気の女性で惚れ惚れするような容姿である時、遠目から見ていられたりたまに話せるだけで満足してしまう男性もいます。

現実的に恋人としてモノにできなくても身近な存在でいられるならいいという気持ちです。

また、好きなアニメキャラやアイドルのようにリアルに感じずに好きに妄想して楽しみたいという男性も告白を選ばないのではないでしょうか。

9. 心の傷がまだ癒えていない

心の傷がまだ癒えていない

過去の失恋の傷や恋人との別れの傷がまだ癒えていないなら、好きな女性が現れても告白する気分にはなれません。

好きな女性ができたことだけで嬉しく感じたり、あれほど傷ついた後にすぐまた好きな人ができた自分にうんざりしてしまうこともあります。

恋に疲れていると好きになることはあっても進展させる勇気とやる気まではなかなかわきません。

それを癒してくれるのも新しい恋があるからこそ、と気づける日まで時間をかけてしまうことになります。

まとめ

好きな女性に告白しない男性は相手の気持ちをじっくり探っていたり、自分の気持ちと葛藤していることがあります。

そして、そんなもどかしい自分にいらつきながらもどうにもならずに苦しんでいることもあります。

しかし、言えずに悶々とするくらいなら結果はどうであれ言ってみることが可能性を広げます。

慎重になることも必要ではありますが、いつまでも気持ちを温めすぎると勝手に冷めていってしまうことも覚えておかなければいけません。

女性は告白されると嬉しいものです。

その喜びで気持ちを受け入れてもらえることもあるので頑張ってみてほしいですね。

特定の女性のことが好きなのになぜか告白しようとしない男性がいます。

その心理はどういったものなのでしょうか。


どうやって告白したらいいかわからない

恋愛経験が少ない男性なら女性にどうやって告白したらいいのかわからず、ただうろたえてしまうということもあります。

手紙なら重過ぎるだろうかとか、電話をかけても今出られる状況なのだろうかなどというように頭の中で考え過ぎているうちに勇気が出なくなったり、女性がどのような方法で告白されたいのかイメージできずにただ困っているような状況です。

振られるのが怖い

女性に振られた経験があると、いざ告白したいと思ってもなかなか勇気が出ません。

その時の傷ついた自分を思い出してしまうからです。

また、振る方も辛いだろうと考えてしまう優しい男性もいます。

振られる前からこんな様子では周りに励まされても難しいので、見ているだけの恋で終わってしまうことも多いでしょう。

相手に釣り合う自信がない

相手がモデルのようにステキだったり、可愛くてモテモテな女性なら相手に釣り合う自信が持てない男性もいるでしょう。

そこで、好きな気持ちを押し殺してただ見ていたり、もう少し格下と言えるような女性に狙いを変えたりしてしまうこともあります。

逆に自分に自信がある男性は周りがうらやむようないい女を堂々と狙います。

それを見るとますます自信をなくして遠慮がちになっていきます。

関係をギクシャクさせたくない

友達としていい関係ならこの関係をギクシャクさせたくないと思うことがありますね。

告白して振られると相手もこちらも気を遣いますし、もしうまくいっても今度は恋人として関係性を変えていかなければいけません。

変に意識しすぎて今までのように会話が弾まなくなることもあり、緊張しすぎて恋愛に疲れてしまうこともあります。

それなら友達としての仲を選ぶというわけです。

女性の方から告白されたい

プライドの高い男性なら自分からではなく相手から告白して欲しいと望んでしまいます。

そのため、どんなに好きでもひたすら我慢して相手からのアプローチを待ちます。

じれったくなってくると好きな気持ちをちらつかせて告白させやすく努めることもあります。

しかし、相手も同じタイプの女性であった場合、お互いに待つことに疲れて諦めてしまうこともあるので気をつけなくてはいけません。


友達に遠慮している

自分の友達も同じ女性を狙っていたり、好きな女性が友達の元カノだったりする場合は好きでもなかなか告白ができません。

その友達と親しいほど告白はぬけがけだと思ってしまいます。

たとえ両想いだとわかっていても遠慮することもあり、そのまま恋が上手くいかずに終わることもあるでしょう。

また、友達の元カノである時はつい昔を想像してしまい、抵抗を感じることもあります。

両想いという確信がほしい

告白するには両想いという確信がほしいという贅沢な男性も多いのではないでしょうか。

一か八かのアタックは勇気が要りますが、相手の気持ちがわかっていればあとは言うだけなのでできそうな気がしてきます。

恥をかいたり傷つきたくないとか、学生なら噂になりたくないなどと思ったりもするでしょう。

だからもう少し様子を見てから…といつまでもそのタイミングを逃してしまいます。

見たり話せるだけで満足してしまっている

相手がみんなに人気の女性で惚れ惚れするような容姿である時、遠目から見ていられたりたまに話せるだけで満足してしまう男性もいます。

現実的に恋人としてモノにできなくても身近な存在でいられるならいいという気持ちです。

また、好きなアニメキャラやアイドルのようにリアルに感じずに好きに妄想して楽しみたいという男性も告白を選ばないのではないでしょうか。

心の傷がまだ癒えていない

過去の失恋の傷や恋人との別れの傷がまだ癒えていないなら、好きな女性が現れても告白する気分にはなれません。

好きな女性ができたことだけで嬉しく感じたり、あれほど傷ついた後にすぐまた好きな人ができた自分にうんざりしてしまうこともあります。

恋に疲れていると好きになることはあっても進展させる勇気とやる気まではなかなかわきません。

それを癒してくれるのも新しい恋があるからこそ、と気づける日まで時間をかけてしまうことになります。

好きな女性に告白しない男性は相手の気持ちをじっくり探っていたり、自分の気持ちと葛藤していることがあります。

そして、そんなもどかしい自分にいらつきながらもどうにもならずに苦しんでいることもあります。

しかし、言えずに悶々とするくらいなら結果はどうであれ言ってみることが可能性を広げます。

慎重になることも必要ではありますが、いつまでも気持ちを温めすぎると勝手に冷めていってしまうことも覚えておかなければいけません。

女性は告白されると嬉しいものです。

その喜びで気持ちを受け入れてもらえることもあるので頑張ってみてほしいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-